なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

NPO法人
Stay Alive

個を尊重し個を活かす
自立援助ホーム
Stay Alive Ⅰ
「Stay Alive Ⅰ」は、令和3年4月1日に開設された定員6名(男子)の自立援助ホームです。
自立援助ホームとは、義務教育終了後、なんらかの理由で家庭で暮らすことのできない、原則として15歳から20歳まで(状況によって22歳まで)の青少年たちが暮らすところです。
生き生きと生活できる場、安心して生活できる場を提供し、大人との信頼関係を通して社会で生き抜く力を身に付け、青少年たちが経済的にも精神的にも自立できるように援助する事を目的としています。
児童福祉法第6条の3、児童福祉法第33条の6「児童自立生活援助事業」として第2種社会福祉事業に位置付けられます。


★利用方法
 「Stay Alive Ⅰ」または児童相談所へ相談ください。
 子ども本人、または相談を受けた大人(児童相談所、
 学校、弁護士、医師、近所の方など)

【 実際の入所ケース 】  
 〇児童養護施設などを退所して、なおかつ援助を必要
  としている児童
 〇家庭から離れて働かざるを得なくなった中卒以上の
  児童
 〇家庭から通学が困難になった高校生以上の学生児童

★料金
 1ヵ月の利用料 30,000円
 (家賃8,000円、食費朝夕18,000円、水道光熱費4,000
 円)
 毎月25日「Stay Alive Ⅰ」に支払います。

 その他必要経費
 昼食代、シャンプーや洗剤などの日用品代などが必要
 です。

★サポート内容
 スタッフのサポートを受けながら身体的自立、精神的自
 立、経済的自立、社会的自立の4つの自立を目指します

【 生活 】
〇 一人部屋の各個室にトイレと浴室がついています。
〇 Wi-Fi完備、ベッド、布団、衣装ケース、机等貸出
〇 食事は朝食と夕食を提供します。
  食堂で食べます。
〇 掃除やゴミ出しは自分で行います。
〇 携帯電話使用は自由です。

【 自立支援 】
幅広い分野の職場開拓に力を入れています。
希望者は、就職先の視野を拡げるため、企業見学や職場体験に行くことができます。

履歴書の作成や面接対策、職場での対人関係や社会人マナー、マネーリテラシーなどを学んだり、サポートが受けられます。

【 イベント(参加自由) 】
〇自立支援勉強会(毎月1回 昼食付)
〇BBQ(不定期)
ファミリーホーム

【 令和3年秋 開設予定!! 】

「ファミリーホーム」は、家庭環境を失ったこどもを里親や児童養護施設職員など経験豊かな養育者がその家庭に迎え入れて養育する「家庭養護」です。

 事業という言葉がつきますが、あくまでも養育者の家庭の中で、5~6人のこどもを預かり、こども同士の相互の交流を活かしながら、基本的な生活習慣を確立するとともに、豊かな人間性及び社会性を養い、将来自立した生活を営むために必要な知識及び経験を得ることに主要な目的があります。

ショートステイ事業
トワイライト事業
保護者の疾病等により家庭において養育することが一時的に困難となった場合、一定期間、養育・保護を行います。
子育て相談
子ども・若者向け相談

子育ての不安や悩み、「虐待をしてしまいそう」、「虐待をうけているかも」など、相談窓口を設けています。


ショートステイ事業
トワイライト事業
保護者の疾病等により家庭において養育することが一時的に困難となった場合、一定期間、養育・保護を行います。

私たちの活動をご支援いただける賛助会員を募集しています。

入会金1000円(初年度のみ)
年会費3000円

※年会費の有効期限は毎年3月31日までとなります。年度途中での入会も年度末3月31日までとなりますのでご了承ください。
※一度納入された入会金、年会費は返却いたしかねますのであらかじめご了承ください。

お申し込みは下の【賛助会員新規入会フォーム】ボタンより、必要事項をご入力ください。登録されたメールアドレスに振込先等の詳細をお送りいたします。

法人本部:470-3235愛知県知多郡美浜町野間北向井32-2
連絡先 :0569-87-5121
メール :npo.stayalive@gmail.com