不器用でもできる?ものづくり仕事における適正

さまざまある仕事の中で、ものづくり、製造の仕事に就いている人は数多くいます。自分でつくったものが形として目に見える仕事なので、やりがいを感じられる仕事とも言えるでしょう。しかし、中には不器用だけれどものづくり仕事がしたいという人も少なくありません。ものづくり仕事はどのような人が向いているのでしょうか?ものづくりの仕事における適正について見ていきます。

正確で緻密な作業ができる

食品や電気、電気通信、機械、自動車、輸送用機器、金属、化学品などさまざまな分野において、製造業や技術職、開発・設計、生産管理や品質管理など、ものづくりに関する仕事があります。どういった職種でも、ものづくりをするうえで必要なのは、正確で緻密な作業をしていかなければならないことです。

特に製造や検査などにおいてはちょっとしたミスが大きなトラブルを引き起こす原因となることもあります。部品の一片を誤って使用しただけでも、一つの製品を丸ごと製造しなおさなければならなくなることもります。ものづくりの仕事では、マニュアルや設計図に従い、正確につくっていくことが求められるのです。

一人でコツコツ仕事をするのが苦にならない

ものづくりの世界では、緻密な作業をコツコツと進めていくことが多いです。一つの作業を続ける集中力も必要です。人とコミュニケーションを取りながら仕事を進めていく、という仕事とは違い、物を相手に、自分の手でつくりあげていくのが仕事です。中には、誰かとしゃべっていないとストレスになる、という人もいますが、そうではなく、一人でじっくりとものをつくっていける人の方が向いているでしょう。

製造業などものづくりの仕事においては口下手で人と話すことが苦手、自分を上手にアピールできない、という性格は関係ありません。自分でつくったものが目に見えることにやりがいを感じられる人が向いていると言えます。

ただし、生産技術職など、自らつくるという仕事だけではなく、予算や時間、材料管理などコスト管理をする仕事は、たくさんのスタッフとコミュニケーションを取り、仕事をしていくことが多くなるので、コミュニケーションスキルが必要になります。

細かい点に気づき、改善する向上心がある

同じものをつくるライン作業などは単純作業で、神経を使わずにすむのでは?と思うかもしれませんがそうではありません。少しでも違った部品が入っていたら、それは取り除かなければなりません。それに気づけることも重要です。

また、技術職であれば常に新しい情報を入手し、より質の高いものをつくっていこうとする向上心が大切です。そのためにも、さまざまな人の意見を参考にしたり、意見を聞き入れたりする柔軟性も必要です。それらを含め、現在の状況や製品に対して、よりよくしていきたいという思いを持てることが大切です。

未経験でもできる?ものづくりの仕事

採用条件の中に「未経験でも可」という言葉が入っていることも少なくありません。職種によっては資格が必要なものもありますが、製造業などにおいては社内で研修を受けたり、先輩から教えてもらったりすることでできる仕事もあり、未経験でも採用してくれる会社も多いです。

また、手先が器用でなくてもそれが採用できない理由、とはなりません。同じ作業を繰り返していくことで慣れていき、体が自然と覚えていくものです。ものづくりが好きで、どのようにすればできるのか、を自分で見つけていく努力ができれば、ほとんど問題はないでしょう。

ただし、技術職として採用されるには、機械の知識が必要になるため、大学院などを卒業している方が有利な場合もあります。転職する際も、経験があった方が有利でしょう。さらに海外生産をする会社も多いため、英語や中国語などが得意だと採用されやすいでしょう。

女性でもできる?

製造業というと男性の仕事、という印象が強いかもしれませんが、もちろん女性でもできる仕事です。ものづくりの現場にはさまざまな仕事があります。中でも検査や検品などは女性が活躍できる職場です。検査や検品は品質の高さを保つためのチェック機能です。少しでも違っているものがあれば指摘する気配りも必要です。

また、シフト制を導入している企業も多く、育児をしながら仕事をする働くママにはおすすめの職場でもあります。周りには同じ境遇で仕事をしている仲間も多く、働きやすいでしょう。短時間勤務など女性が働きやすい環境を整えている会社もあります。

まとめ

ものづくりの仕事は、正確で緻密な作業をコツコツとすることが好きな人に向いているでしょう。細かな点に気づく観察力や洞察力も必要です。不器用だから向いていない、とは一概には言えません。ライン作業などは同じ作業を繰り返していくので、経験を積むことで上手にできるようになります。近年では育児をしながら働く女性をサポートする環境を整えている会社も増えているので、女性にとっても働きやすいでしょう。

ものづくり仕事について詳しく知りたい方はこちら