中高6年間学んだはずなのに
英語が話せないのはなぜ?
そんな私たちが
子どもを英会話スクールに通わせても
なかなか上達しないって本当?

「約10年も英語を勉強していて、
 高校も大学も英語科なのにその程度ってどういうこと?」

「親に謝った方がいいんじゃない?」

これは私が二十歳の頃、大学で出会ったアジア人留学生に言われた言葉です。

第二言語である英語をあまりに堂々・スラスラ話す姿に
呆気にとられるだけで会話に入れず、更には日本語まで操り言われたこの言葉。
ぐうの音も出ませんでした。

「英語も日本語も会話の学校に行ったことなんてないよ」
「日本語は高校で授業を受けた。あとは、日本のドラマを見たよ。」

わたしは、中学入学後から英会話にも通わせてもらったこともあり、
それなりに自信があった。
学校の英語の成績も良く、何より英語が好きだったので、
高校も大学も英語に関係する科に進学した。


それなのに、
長年お金と時間を費やしてきた私の「英語」よりも、
英語はおろか、たった数年学校で学び、あとは”テレビドラマ”で勉強したという
彼の「日本語」の方がレベルが高いという事実。



まるでハンマーで頭を殴られたような衝撃でした。

少なくとも6年間
学校で英語を学んでいる日本人。
それなのに話せないのはなぜ?

実は日本人は頭の構造的に英語を話せないのだ・・・
・・・なんてことはもちろんありません。
原因は、学校の授業の内容です。
「これからの時代、英語は重要だ」
と何十年も前から言われ続けているにも関わらず、
日本の英語教育はずっとずっと「入試」(文法理解・読解メイン)を
一番に意識した作りだったのです。

東京オリンピックの影響もあり、
2020年の教育改革に向けて学校の授業内容にもやっと変化がありましたが、

少なくとも現在
の中学生より上のも世代は、
「英語を使えるようになる」・「話せるようになる」
ための訓練をそもそも受けていないのです。



また、”専門用語を用いながら文法を小難しく説明されること”
”一言一句間違えずに単語を覚えるよう強いられること”
そして、間違えないようにハラハラしながらテストを受けること”

これらも、「英語は楽しくない」「間違えてはいけないんだ」
             ↓
「英語を話せるわけない」「ミスが怖くて話す勇気がない」
に繋がっていると考えます。

「今世では英語は無理。私はもういいや…」
と思っているお母さん。

とは言え、英語の重要性は重々承知している。

だからこそ自分の子どもには英語を話せるようになって欲しい!!

そう思い、お子さんには英会話に通わせているご家庭は多いです。

「わたしは英語は全然ダメだから・・先生にお任せ!」

それなのに・・
もしかして…英会話に通わせているのに

話せるようになっていない・・?

英会話に入れたはいいけど、本当に上達しているのかしら?
まだ入ったばかりだからこんなものよね・・

心の隅にある不安・・

また、ご自身が
「英会話スクールに入会さえすれば、話せるようになると思ったのに!」
「この教材さえ購入すれば、話せるようになるんじゃないの?」
と、悲しみの渦中にある方もいらっしゃるかもしれません。

もちろん、英会話に通うこと・通わせることは意味のあることです。
何もしないよりは100倍良い。
でも、それだけでは思うように話せるようにならない現実・・・。

その理由は・・・

話せるようになるには数千時間かかる!?

個人差・スタート時のレベルにもよるため、
正確に何時間とは断言することはできません。

しかし、仮に最短1000時間で
ある程度のコミュニケーションを取れるようになるとしても、
英語に触れる頻度によっては膨大な年数が必要となります。

例)週1回、1時間英会話に通っている場合。

・一ヶ月・・・1時間×4回=4時間
・一年間・・・4時間×12ヶ月=48時間

→1000時間÷48時間=20.83333333

週1回1時間のペースでは、
約20年以上かかるのです。

つまり、英会話に週1回英会話に足を運ぶだけでは、
なかなか上達を感じられなくて当然ということです。

だからこそ、家庭での環境作りが超重要!

少しでも早く英語を身につけるには、できるだけ多くの時間英語に触れるしかないのです。

「私はもういいんです」
「先生にお任せします」なんて言っている場合ではありません。

特にお子さんの上達には、お母さんのサポートが必要不可欠。

では、お母さんも英会話スクールに通う?
それも一つの手です。

しかし、
実は、多くの英会話スクールでは、
万人に対応できるようなカリキュラムを採用。

裏を返せば、
知らず知らずの内にあなたのゴール(=話せるようになりたい内容)には
関係のないことばかりを練習しているということがよくあるのです。

ただでさえ時間を要するのに、

これでは、理想の力を身につけるまでにますます時間がかかるばかり・・。
そして、

「なかなか話せるようにならない・・」

というモンモンとした気持ちから結局諦めてしまったり、
時間だけを浪費して英語力はなかなか伸びない・・ということが起こるのです。

忙しい日々の中、せっかくやると決めたなら
やっぱり、最短距離で上達を感じながら、
楽しんで続けたくありませんか?

英語が簡単に話せるようになる「魔法」は
残念ながらありません。


でも、楽しみながら”あなた”の最短距離で
”あなた”のゴールに楽しくたどり着ける「方法」は
ここにあります!

“あなた”のレベル × “あなただけ”の「ゴール」で作る
マンツーマン・オーダーメイドカリキュラムを作成。

あなたに必要のないことは一切しない。

だから最速最短で理想の英語力が身につく。


  英会話スクールと比較した英語コーチングの特徴  

従来の英語コーチングでは、直接の指導ではなく、
「学習管理」と「習得度の確認」が中心。

しかし、勉強法のサポートがあるとはいえ、
0からスタートするには不安もあるはず。

そこで、私の英語コーチングでは、
必要に応じて中学レベルまでの文法のやり直し指導も行います。

通算8年以上、学習塾・英会話スクールにて
英語ビギナー・英語嫌いに指導し、
なぜだかいつも「楽しい!」「担当は先生がいい!」と言われ、
楽しませながら結果に繋げた私が
自信を持ってマンツーマン指導させていただきます!


英語コーチングの流れ

STEP

1

コーチングセッション(60分〜90分)

本当にあなたが望む「ゴール」と現在のレベルを確認。
日々のスケジュールをヒアリングした上で、最適な学習方法や使用する教材などを提案します。
その他、途中で学習をあきらめないモチベーションキープの方法をお伝えし、
目標の期間でゴールを達成する基礎を作りをします。

STEP

自主トレ(7日〜10日目安)

コーチングセッションでのヒアリングから作成した
オーダーメイドカリキュラムに従って、毎日の課題を行います。

課題の進捗は日々メール報告。
自主トレにて出てきた質問には随時メールにて受付・回答します。

STEP

コーチングセッション(60分〜90分)

課題の進捗を確認し、テスト、会話のロープレなどを行います。
習得状況に応じて、次回までに行う課題を調整・追加して出します。
次回セッションの日時を決めて終了です。

上記のステップを期間中(3ヶ月/6ヶ月)繰り返し目標達成です!

STEP

1

コーチングセッション(60分〜90分)

本当にあなたが望む「ゴール」と現在のレベルを確認。
日々のスケジュールをヒアリングした上で、最適な学習方法や使用する教材などを提案します。
その他、途中で学習をあきらめないモチベーションキープの方法をお伝えし、
目標の期間でゴールを達成する基礎を作りをします。

まずは体験レッスンへのお申し込みください!
期間限定3,000円→無料にて受付中!

LINE@にて最新情報をご案内しています。
定期的にLINE@限定の英会話プチレッスンや英語を上達させるコツを無料配信中♪
ぜひお友達になってください!

こんにちは!
英語講師・英語コーチのMOMOKOです。

大学1年生で始めたの塾講師のアルバイトをきっかけに
中高の英語教員免許を取得。
大手学習塾に就職し、英語をはじめとする主要教科指導や英会話クラスの受け持ちなどを通して約8年間で500名以上の生徒とその保護者とのご縁を頂きました。
未就学児から受験まで3ヶ月を切った駆け込みの中学3年生など様々なバックグラウンドの方の指導を致しました。

「本当に英語ができるようになるだろうか」と不安いっぱいのビギナーや、「英語だけはどうしても無理」という根っからの英語嫌いも多い中、たった一度レッスンをしただけでも「今日のレッスンは楽しかった!」「絶対先生が担当して欲しい」「誰よりもわかりやすい」「先生のおかげで英語が楽しくなった!」と本当に嬉しい言葉をたくさん頂いています。

英語が話せる=「楽しい!」という未来を実現するには、学ぶプロセスから楽しむことが大切です。

「楽しさ」×「効率化」で、サクッと英語のある理想の未来を手に入れましょう!