領収書送る?それ、電話でやりましょう。

SMSで領収証が送付できる。タイムラグがないからお客様も満足、受け取りも確認できる新しいシステム
電話番号しか知らない相手に領収証だけ送りたいー。
それ、Kvitanco Invoiceでできます。
コールセンターなどで対応した後、領収証だけ送りたいー。そのようなことはありませんか。
例えば領収証を印刷するプリンタが壊れた時。また、購入/駐車の証明が必要なケースもあるかもしれません。
そのようなケースの際に、お客様に対して領収証をすぐに送りたい、というケースはあるかと思います。
kvitanco Invoiceでは、領収証をPDFで作成しダウンロードリンクをお客様に送信。
SMSだから、メールアドレスの聞き間違いなどは起こりません。

領収証送信に特化

今までのサービスでは、領収証作成サイトで作成したダウンロードリンクをSMS送信サービスで貼り付けて送信する、といった手間が発生していました。本サービスは領収証の作成と送信に特化しているので、オペレータの方にもわかりやすい作りとなっています。

quick

メールでの書類送付の際に問題になる「送付先の認識違い・聞き違い」「誰が対応したかがわからない」問題。kvitanco Invoiceはポータルで一括管理するから、誰が対応したか?送信したか?の確認も容易です。

潔い作りを目指します

「あれもこれも入れる」ではなく「それしかできない」。Kvitancoは領収証から業務効率を考える組織として、領収証について真摯に考え続けます。

領収証送信特化サービス。
請求書作成などもないから、必要な機能をシンプルに伝えられる。使用できる。

領収証の発行…というと「請求書を発行して、それに対する入金があれば…」というケースも考えられます。でも実際は自自動券売機での領収証発行エラーなどでは、請求書発行を行うことはフローとして不自然です(請求⇨領収までは自動販売機で実施しているため)
発行担当者も1IDのなかで選択して管理できるから、シンプルisベスト。あとで「誰が領収証送った?」となった時でもスピーディに検索して証跡を追うことが可能です。

「送った・送っていない」問題にサヨナラを。
受取状況がわかるから、無用なトラブルを削減することが可能に。

受取はURLベース。
電話番号を打ち込む形だからPCでも受け取れる

URLと受け取った電話の電話番号がわかれば、PCでも受け取れます。印刷するときに「プリンタと繋げない…」といった問題もありません。

APIアクセスに対応

APIでのアクセスにも対応。既存システムと統合する形で、ワンストップでの領収証発行ができます。
※無料プラン以外で標準対応いたしますが、別途申し込みが必要です。
※インテグレートにも対応します。要件などについては相談ください。

郵送に比べ圧倒的なスピード・低コスト

ハガキなら52円、封書なら82
円。SMSなら15円と、郵送に比べて圧倒的に低コストです。その上で配達記録に相当する開封履歴もつくため、業務効率化などに大きく寄与します。

料金プラン

領収証のみ作成プラン

  • 領収証の作成のみできます。
  • リンクの作成はできますが、メールでの送信などはお客様ご自身で行なっていただく必要があります。

メール送信プラン

  • 領収証の作成はできます。
  • 領収証の作成に加え、作成した領収証のメール送信に対応します。
  • メール送信した領収証の開封状況の確認などもできます。
  • SMS送信には対応しません。
  • APIでの領収証発行に対応

見出し

  • 領収証の作成に対応します。
  • 領収証の作成に加え、作成した領収証をSMSまたはメールにて送付いただけます。
  • 送信した領収証の開封状況の確認が可能。
  • APIでの領収証発行にも対応


事前登録受付中!申し込みは下記のボタンから