デリケートゾーンの黒ずみの写真やビフォーアフター画像を公開!

デリケートゾーンの黒ずみって、どれくらいが平均の色だと思いますか?アジア人はメラニン色素が多いので、どうしても白人に比べ色が濃くなりがちです。仕方がないと言ったらそれまでですが、お手入れ次第で十分改善できます。

まずはデリケートゾーンの黒ずみを写真で比較し、自分の肌状態を知りながら適した方法でお手入れをしていきましょう。

このページを作る際に参考にしたのは以下のサイトです。
デリケートゾーンの黒ずみの写真・ビフォアフター画像を公開

デリケートゾーンの黒ずみを写真・画像で比較しよう

デリケートゾーンの黒ずみは意識していないと意外とスルーされがちです。また、表に見えている場所ではないので、たとえ美白をしても「本当にキレイになっているの?」と不安になる方は少なくありません。ここでは、デリケートゾーンの黒ずみを改善した前と後の状態を写真・画像で比較してみました。

デリケートゾーンの黒ずみ改善前の状態

デリケートゾーンの黒ずみを改善する前の状態は、個人差はありますがゴワゴワしていたり、キメが荒かったり、いわゆる「肌トラブル」を起こしているような状態になります。黒ずんでいるので色素沈着もひどいですし、ターンオーバーがきちんと行われていないので、このままお手入れしないでいるとどんどん状態は悪くなっていってしまいます。

デリケートゾーンの黒ずみ改善後の状態

黒ずみのお手入れをすると、徐々に肌質が変わってくるのが分かります。まずターンオーバーが正常に働くのでキメが整いますし、うるおいがあるのでスベスベします。色素沈着の変化はどうしても個人差があるため時間がかかる方もいますが、きちんとお手入れを続けていれば必ず効果を得られるでしょう。

ちなみに、軽度の黒ずみであれば1ヶ月程度で効果を実感できるようになると言われています。頑固な黒ずみでも、半年以上経つとキレイになってきているのが目に見えて分かるようになります。

写真比較で疑問に思うデリケートゾーンの黒ずみ原因

デリケートゾーンの黒ずみは、普通に生活をしているだけで起こります。それにはいくつかの原因があるからです。その原因を突き止めれば、改善法が見つかるかもしれません。

お手入れをする前に、まずはデリケートゾーンの黒ずみ原因を知りましょう。

なぜデリケートゾーンの黒ずみが気になるの?

衣類による摩擦

デリケートゾーンの黒ずみ原因No.1と言っても良いほど、もっとも大きな原因になっているのが「摩擦」です。衣類はもちろんのこと、自己処理によるカミソリによっても黒ずみが起こります。衣類やカミソリによって肌が擦れると、メラニンの生成が増えるのでどんどん黒くなってしまうのです。特にVラインはカミソリによる色素沈着が多いので、できればサロンやクリニックなどで脱毛をしたほうが、黒ずみを起こさずに済むでしょう。

とはいえ、下着を付けずにいることはできません。この場合、どのようにして黒ずみを改善したら良いのかというと、「下着の種類を変える」ことです。オシャレや可愛さなど見た目で下着を選ぶ方が多いと思いますが、デザインが魅力的なものは窮屈だったり肌に優しくない素材だったり、肌への負担を大きくしてしまいます。デリケートゾーンは皮膚が薄く、その名のとおり「デリケート」な部分ですから、負担をかけてしまうようなものを身につけるのは避けなければいけません。

対策法としては、下着はデザイン性より肌に優しいものを選ぶと良いでしょう。

ストレスが原因?ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスが乱れることで、ターンオーバーも乱れ新しいが生成できなくなってしまいます。新しい肌が生成されないということは、言ってしまえば肌は古い状態です。色素沈着で黒ずんでしまのも無理ないでしょう。

特に女性の体はとても繊細で、ホルモンバランスが乱れやすいと言われています。たとえば、睡眠不足や食生活の乱れ、運動不足など。もちろん、ストレスも大きな原因になります。

下着にも気を使い、脱毛サロンでお手入れしているのにデリケートゾーンの黒ずみが気になる場合は、ホルモンバランスの乱れが原因かもしれません。不規則な生活を改め、バランスの取れた食事や十分な睡眠を取るようにしましょう。

自己処理によるもの

「摩擦」でも触れましたが、自己処理でもデリケートゾーンの黒ずみを引き起こすと言われています。デリケートゾーンをキレイにしたいと思っての行為が、逆に黒ずみを引き起こしていたと思うとショックでしょう。しかし、自己処理による摩擦は黒ずみの原因になるので注意しなければいけません。

おすすめはサロンやクリニックでの脱毛ですが、すべての人ができるわけではないので、自己処理を行ったあとはしっかり保湿・美白し肌状態を整えてあげましょう。また刃をこまめに替えることも大切です。

ターンオーバーの変化

ターンオーバーは、ストレスや睡眠不足などで悪くなります。もちろん、それだけではありません。ターンオーバーは、不摂生や加齢でも低下すると言われています。ただ気にしすぎもストレスになりターンオーバーを低下させてしまいますから、あまり気に病まないようにしてください。しっかりと睡眠を取り、栄養バランスのとれた食生活を送るだけでもずいぶん違います。

これでビフォーアフターの違いが分かる?デリケートゾーンの黒ずみ改善商品

生活習慣を改善し、ストレスを溜めないようにするだけでデリケートゾーンの黒ずみを防げることが分かりましたが、それだけでは改善までに時間がかかってしまうのも事実です。少しでも早くデリケートゾーンの黒ずみをキレイにしたいなら、黒ずみを撲滅してくれる商品を使うのが一番でしょう。ここでは、おすすめの商品を紹介しています。

スウィープホワイト

肌に優しく高品質ということで、安心して使える美白美容液になります。美白有効成分である「トラネキサム酸」を配合しているので、メラニン生成を抑え黒ずみを防いでくれます。またグリチルリチン酸ジカリウムで、炎症性色素沈着もシャットアウトしてくれるでしょう。無添加なのも嬉しいですし、敏感肌でも安心して使えるということでデリケートゾーンの黒ずみケアとして使っても問題ありません。さらには保湿成分・美肌成分もしっかり配合されていますから、乾燥によるトラブルも防いでくれるでしょう。

ラスター

クリームタイプで、ぷるんとしたテクスチャーが肌にしっとり浸透していきます。またダマスクローズ・ゼラニウム・ジャスミンと3種類の精油も入っているので、優しい香りでリラックスできるのも女性には嬉しいところです。もちろん、デリケートゾーンの黒ずみ以外にもポツポツ肌や硬くなったかかと、乾燥による粉吹きなどを改善するのにも適しています。

ターンオーバーを正常にしてくれるので、蓄積したメラニンもしっかり排出し白い肌を手に入れることができるでしょう。

ちなみに、主な配合成分は「トラネキサム酸」「グリチルリチン酸ステアリル」になります。さらに油溶性甘草エキスや天然和漢成分も含まれているので、すべての成分の相乗効果で肌の内側からしっかり改善してくれます。

アットベリー

デリケートゾーンの黒ずみをケアしたいけれど、高い商品は買えない…という方におすすめなのが「アットベリー」です。この商品は、黒ずみはもちろんのことニオイもケアしてくれる優れもので、医薬部外品の「水溶性プラセンタ」「グリチルリチン酸」といった2大有効成分が配合されています。そのうえ美容成分もたっぷり含まれていますから、肌を守りながら黒ずみを改善してくれるでしょう。日本製なのも嬉しいところです。

ホワイトエッセンスforデリケートスキン

大手脱毛サロン「ミュゼ」から出ている美容液です。サロン専売ということで、デリケートゾーンの黒ずみはもちろんのこと透明感のある肌へと導いてくれます。このシリーズは美容液以外にも洗浄ウォッシュもありますから、W使いするとより効果を実感できるでしょう。

和漢西洋ハーブが心を落ち着かせ、ビタミンC誘導体とアルブチンが黒ずみに働きかけ白く美しい肌にしてくれます。さらに保湿成分もしっかり含まれていますから、肌も守ってくれるでしょう。

脱毛サロンから出ているということで、信頼性が高いのも良いところです。

WHITE LUXURY PREMIUM

メディアでも多数紹介されている美白クリームです。3種類のビタミンCがメラニン生成を抑え、黒ずみはもちろんのことそばかすやシミも防いでくれます。全身に使えるので、皮膚が薄いデリケートゾーンでも安心して使うことができます。

またヒアルロン酸やプラセンタといった美容成分をふんだんに使用しているのも魅力のひとつです。

デリケートゾーンの黒ずみの平均って?

そもそもデリケートゾーンの黒ずみの色は、どのくらいが平均になるのでしょうか?自分がどのくらい黒ずんでいるのか知っておけば、お手入れのレベルも分かるかもしれません。

デリケートゾーンの黒ずみはメラニン色素の量

メラニン色素の量は、住んでいる国によって大きく異なります。そのため、日本人もといアジア系の女性の場合、「赤黒い色」が一般的になります。メラニン色素というのは、肌の色によって変わってきます。色黒と色白で分けると、前者はメラニン色素が多く、後者は色素が薄くなります。要するに色白な人ほどデリケートゾーンの黒ずみも薄いのが特徴です。

アジア系の女性はメラニン色素が多い人が多いので、どうしてもデリケートゾーンの黒ずみは濃くなってしまいます。また加齢によっても黒ずんでいきますから、「昔は気にならなかったのに…」という方は年齢によるものなのかもしれません。

日本人は外国人よりデリケートゾーンの黒ずみが気になる

日本人はメラニン色素が多いので、どうしてもデリケートゾーンの黒ずみが気になりがちです。人種によって差があるのは当然で、白人ならベージュに近い色、黒人ならこげ茶が平均色になります。もちろん日本人でも、メラニン色素が薄いと白人のようにベージュに近い薄い色になるでしょう。

要するに、白人と黒人の中間色が日本人のデリケートゾーンの黒ずみの色ということになるわけです。ただ生活習慣や摩擦、カミソリの使用によって個人差が出てきますので、すべての日本人が同じような色をしているわけではありません。