このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
特定非営利活動法人里地里山問題研究所
丹波篠山 さともん黒豆オーナー

「丹波篠山の黒大豆栽培」が
日本農業遺産に認定されました!

自分だけの黒豆。
育てる、見守る、
もっと好きになる。

「獣害から地域を守る」
さともん

黒豆オーナー2021

オーナー募集中!


家族で楽しく自然に触れたい。畑で農作業をやってみたい…
丹波篠山をフィールドに
週末やってみたいこと しませんか?

美味しい黒豆が味わえる
だけじゃない!
そんな
さともんの
黒豆オーナーです。


オーナーイベントや、月に約2回開催している「黒豆ボランティア」を通じて、
地域の方、参加者同士のつながりが
日々生まれています。

『農業や畑作業に興味がある。』
『子どもと自然の中で体を動かしたい!』
そんな方にもおすすめです!

黒豆オーナーに申し込む

兵庫県丹波篠山市特産・日本農業遺産にも認定された、
黒豆の魅力。ご存知ですか?

全国区の黒大豆から超・ローカルなピンク黒豆まで、様々な姿があります。
乾燥黒豆

おせち料理の黒豆で有名な「丹波の黒豆」。丹波篠山特有の濃い霧が育むといわれる、大粒で白く粉の吹いた見た目が特徴です。味噌、菓子、きなこと万能です。
黒枝豆

黒大豆に熟する前の若さやです。
一度食べたら普通の枝豆が食べれないという人もいるほどの、特有の深い甘味とコクがあります。収穫の期間がごく限られた丹波篠山の秋の味覚の代表です!
ピンク黒豆

みどりのわかさやから黒大豆になる間のわずかな間だけ見られる、ピンク色の黒枝豆!市場にほとんど出回らない地元の味ですが、この豆ごはんが濃厚でとっても美味しいのです。
編集画面では動画は再生されません。

そんな美味しい黒豆を作る農村地域は
獣害の最前線でもあります。

近年、農家にとって非常に苦しい状態が続いています。

担い手がいないことや、農家の所得が低いために、
兼業農家が増えたり農業をやめてしまう人が増え、
特に山際の条件不利な箇所を中心に、農地を手放す人が増加。

動物たちのひそみ場となる耕作放棄地が増加することで獣害が深刻化し、
さらに耕作をあきらめてしまう人が出てきてしまう…
という悪循環が起こっています。

地域の人・さともん・ボランティア・遠くから見守り隊…
多様な人が地域を支える・素敵なモデルづくり

高齢化する地域にはどうしても人が足りません。
そこで、都市部や地域外から趣旨に共感していただける方に黒豆のオーナーになっていただくことで、農村と都市が連携して「獣害から地域を守る」新しい対策のモデルづくりを行う当企画が生まれました。

全国から申込いただいている「オーナー」に加えて、
丹波篠山に来れる方には「黒豆ボランティア」として黒豆畑などで作業していただいたり、地域の活動に参加してもらうことで、地域を支えてもらっています。

↓黒豆オーナーとは?こちらもチェック↓

黒豆オーナーに申し込む

黒豆オーナーの嬉しい!ポイント

  • なんといっても!
    旬の黒豆・黒枝豆が年4回食べられる!!

  • 黒豆オーナー限定イベントを開催!
    自然の中で自分の手で黒豆収穫。試食も味わえる。
  • 黒豆ボランティアを月2回以上開催中!
    広い畑でのびのび!自然と触れ合い遊んだり農作業ができる!

  • 定期的に畑や地域のようす・いろんな情報をお知らせ!

    美味しい黒豆ができるまでのストーリーが分かる。

  • オーナー畑は地域の耕作放棄地を活用。獣害対策も担っているので
    美味しく・気軽に地域貢献ができる!

  • なんといっても!
    旬の黒豆・黒枝豆が年4回食べられる!!

特産黒枝豆、ここだけのピンク豆、おせちの黒豆…
本場ならでは!
4度の旬の黒豆が味わえる。

黒豆オーナー費は
1口12,000円(年間・送料込)
(黒豆の商品代+送料+地域での活動費
に充てさせていただきます。)

1口で7株分の枝豆+乾燥黒豆
をお家までお送り、もしくはイベントで収穫していただけます。
スケジュールと内容は右の通りです。
※配送は基本的に莢の状態ですが枝付きのご要望にも対応いたします(送料が追加でかかります)。

【発送時期】
(イベントで収穫する場合のイベント開催日)
●10月中旬 (10/10・10/16)
篠山が賑わう頃の黒枝豆3株分

●10月下旬(10/24)
 コク・旨味濃厚!黒枝豆2株分

●11月上旬(10/13)
 ここだけのピンク黒豆2株分

●12月中~下旬
 おせちに最適。乾燥黒豆500g

※自然のもので年により収量に差がでてしまうため最低保証量として①1kg②500g③500g④500gと定めております。

オーナー様からいただいた
嬉しいお声

  • 匿名希望 さま
『どれもそれぞれの味わいがあり、また一定の量があるので色々な楽しみ方が出来ます。 が、ピンク枝豆は特に最高ですね。芋にも近いようなホクホク感、味の濃さ。最高です。』

  • 内藤将さま
『どれもこれもとても美味しかったです!今年は乾燥黒豆についていたの調理の仕方をやってみたらとても美味しくおせちで食べるのに飽きなかったです。』

  • 田瀬佑美さま
『どの段階の黒豆もおいしく、日々の食卓に黒豆が並びました! 焼き枝豆が1番好きです!!』

  • M.Oさま
『自分達が生産したものは何でも美味しいものだ。オーナーでしか味わえないもの。』

畑に行って自分の手で収穫して味わう!
オーナー限定イベント
●オーナーさまのご家族等同伴が可能です。●新型コロナウイルス対策のため、一昨年より内容を変更しております。ご確認下さい。
※感染状況に応じてイベントの開催内容の変更や中止・延期とさせていただく場合がございます。変更がある場合は随時ご連絡いたします。

黒豆の苗植え・
プレートづくり
イベント

6月26日(土)午前の部・午後の部
6月27日(日)午前の部・午後の部
※雨天中止

オーナーとなる自分の苗を自分の手で植えてみませんか?
「ここから大きくなっていくんだ」と生長が楽しみになること間違いなし。
ご自身のオーナープレートもつくっていただきます!

の黒枝豆収穫イベント

【とれはじめ期】10月10日(日)16日(土)
【濃厚な味わい期】24日(日)
各日午前の部・午後の部

試食用黒枝豆もご用意!
現地に来て黒枝豆を収穫しませんか?
「自分でとったものを食べる」喜びを感じることが出来ます。

そして丹波篠山は一年で一番賑わう時期です。地域をめぐるのもおすすめです!


ピンク黒豆収穫イベント

11月13日(日)午前の部・午後の部

※さともんの畑でとれたさつまいもを使った焼き芋を用意予定!
さともんの黒豆オーナーイチ押し、
豆ごはんにぴったりの【ピンク黒豆】。

黄色がかった葉や茎と鮮やかなピンク色が、
ステキなコントラストをみせる、黒豆畑に是非お越しください。

黒豆みそづくりイベント

2022年2月6日(日)※予定

※参加費・材料費(ひと家族)4000円程度 2.5㎏程度お味噌ができます!
※感染状況を考慮して現在はオンライン・現地など開催方法を検討中です。
巷ではなかなかお目にかかれない、黒豆を使ったお味噌づくり。
地域の方に教えていただきながら行います。熟成させて次の年に食べるのをお楽しみに…。

おうちから気軽に篠山の地域の人や全国のオーナーと話せる
オンラインイベントも開催予定!

移動や飲食に不安のあるコロナ禍。
昨年、どうにか地域の方やオーナーさん同士の関わりを作りたい、とオンライン企画を実施したのですが、
今年も実施を予定しています!
『小さなこどもがいて、遠くに行くのが大変』
『篠山に行きたいけどコロナが心配…』
と感じる方も安心してご参加ください。

昨年度のオンライン収穫祭①
の様子はこちらから

【今年度の開催予定】
オンライン収穫祭
参加費:オーナーの方は無料
日時:黒枝豆の旬の時期(10月~11月)
◎オーナー限定黒豆味噌づくり
(詳細は上ページの通り)

※追加イベントの企画も検討中です。

昨年度のオンライン収穫祭②
の様子はこちらから

↑↑オンライン収穫祭①では黒豆が枝豆になるまでの生長やボランティア作業の様子を報告。↑↑
②では黒豆オーナー担当の地域再生協働員(兵庫県版地域おこし協力隊)が活動報告を行いました。
黒豆オーナーに申し込む

畑で農作業をしたり豊かな自然と触れ合いませんか?

黒豆ボランティアのすすめ

月2回 黒豆畑で開催中!

黒豆のお世話や、耕作放棄地を活用した畑の農作業を一緒にしていただける
仲間を募集しています!

作業日は
毎月第1・第3土曜日午前中
農繁期(6-9月頃)は毎週実施しています!

都会ではなかなかできない、広い畑での農作業。
参加者の中にはボランティア作業を経て黒豆農家を目指されている方もいらっしゃるほど、奥深い面白さがあります。
小さなお子さんも、畑の周りや小川で自由に遊んでいただけます!

今年は黒豆畑の農作業に加えて
●山の芋・小豆など丹波篠山の特産物の栽培
●夏野菜づくり(カボチャ・トウモロコシ・さつまいも等)
●ひまわり畑づくり🌻
を行う予定です!

美味しい食べ物がどのようにできるのか?農業の楽しさ、大変さ…そして、獣害対策の大切さが感じられます。ぜひご参加ください!

※ボランティア作業についてはオーナーになっていただかなくても参加いただけます。

黒豆ボランティアの活動予定
第1・第3土曜日に、農繁期には毎週土曜日に開催しています!
※天候等により日時が変更の可能性がございます。

日時 活動内容
6/8(火)9時~ 黒豆苗ポットづくりのお手伝い
6/12(土)9時~ 草刈り、さつまいものマルチはり、耕うん
6/16(水)9時~ オーナーの黒豆苗ポットづくり
6/19(土)9時~ さつまいも植え・カワラの畑での黒豆苗植え
6/26(土)・27(日)9時~ 苗植えイベントの運営のお手伝い・サツマイモ植え
7/3(土)9時~ 草刈り・草引き
6/8(火)9時~ 黒豆苗ポットづくりのお手伝い
黒豆オーナーに申し込む

今日の畑はどんなようすかな?
Facebook・ブログにて
畑や地域の様子をお届け。

 オーナーになると入ることが出来るFacebookのプライベートグループにて、畑や地域のことを随時情報発信しています。
それに加え、
さともんのブログでも記事を公開中。

見れば、黒豆や丹波篠山に愛着をもってしまうかもしれません。届いた黒豆も、一段と美味しく感じられるかも?

【黒豆オーナーブログ】
はこちらから

獣害対策に取り組むさともんの黒豆オーナーだからこそ。
農村の未来のための

”美味しい地域貢献”していただけます。

黒豆オーナーに参加いただくと…

獣害の拡大要因となる
耕作放棄地の活用が進む
+
農業所得が安定的となる
モデルが作られる
↓↓↓
農村が住みよい場所になり、

農産物の生産や地域の文化・歴史、
ゆたかな暮らしを守ることに繋がります。


豊かな里地里山を
次世代に継承するために
ーわたしたちの想いー

日本の里地里山には豊かな自然と調和した人の暮らしがあり、長年継承されてきた伝統・文化があります。
また熟練した生産者によって育まれる新鮮かつ良質な農林産物は、私たちの豊かな食生活や暮らしを支えてくれています。

ところが近年このような豊かな里地里山の暮らしの継承が脅かされています。
各地の農山村でサルやシカ・イノシシ等の野生動物による「獣害問題」が深刻な問題となっているからです。
全国の野生鳥獣による農作物の被害額は年間約160億円。
とくに山際に立地している地域は野生動物の被害にあいやすく、
獣害対策を行うために大変な苦労を強いられています。

地域の獣害対策が機能しなくなると、
今後問題はさらに都市部へと拡大することが予想されます。
見方を変えれば、被害を受けている地域が最前線となって野生動物のそれ以上の進入を食い止めている現状であるといえますが、このような農山村の問題は都市部ではあまり知られていないかもしれません。

丹波篠山の特産品といえば黒大豆や山の芋が有名ですが、
栽培農家は60-70代が主です。
高齢化する地域社会において獣害対策の負担は今後ますます増加し、特産品を作る担い手がいなくなってしまう心配があります。

そこで、NPO法人里地里山問題研究所(さともん)では
兵庫県丹波篠山市で農村と都市が連携して地域の獣害対策を支援しながら、耕作放棄地で特産品の黒豆畑を再生するプロジェクトを
2017年から開始しています。

獣害対策や黒豆栽培の苦労を知りながら
みんなで地域の魅力を発見し、
豊かな恵みをわかちあう人と人とのつながりで
豊かな里地里山を守っていいきたいと考えています。

ぜひ皆さまのご支援をお願いいたします。

さともん鈴木代表地域社会への貢献を表彰する
貝原俊民美しい兵庫づくり賞
を受賞しました!

昨年(令和2年)11月26日、さともん代表の鈴木が「第5回 貝原俊民美しい兵庫づくり賞」を受賞いたしました。

この賞は前兵庫県知事の故貝原俊民氏がめざした「美しい兵庫づくり」に寄与する次の分野
  • 共に生きる地域づくり(教育・文化、生活や福祉、環境の保全・創造等に関する活動等) 
  • 安全安心なまちづくり(防災文化の高揚、防災減災社会の構築、防犯、交通安全活動等)
  • 地方自治の振興(地方自治の振興に関する研究や取組等)

で長年活躍し、今後も一層の活躍が期待される兵庫県内の個人・団体または兵庫県にゆかりのある個人・団体に贈られる賞です。

さともんは2015年に丹波篠山市に設立して以来
地域を元気にする「獣がい対策で農村の未来を創る」ことを目指して活動してまいりました。
人口減少・高齢化が進行する農村では今後さらに担い手が不足していくことが予想される中、地域を守るために関係人口を創出・拡大しみんなで豊かな里地里山を次世代に継承するための挑戦を続けてまいりました。

黒豆オーナー制度もその活動の中で生まれたものです。

貝原前知事が目指された「美しい兵庫づくり」を推進するためのこの賞を賜ることはさともんにとって身に余る栄誉であり、
またこれまでの活動を評価していただいたことが大変嬉しく自信となるものでした。
授賞式の様子は以下からご覧いただけます。

授賞式の様子はこちら

【畑のある集落】
兵庫県丹波篠山市 安口集落・川原集落

黒豆オーナーの畑は
丹波篠山市福住地区の安口(はだかす)・川原(かわら)両集落にあります。

篠山城下と京都を結ぶ宿場町だった福住地区は
国の重要伝統的建造物保存地区にも指定されとても美しい景観が維持されています。

地域の豊かさは農産物や自然環境だけではありません。
長年継承されてきた歴史や伝統など文化的要素も含め、地域の魅力を肌で感じ取ってくださいね。


【黒豆畑へのアクセス】

集合場所 安口西(はだかすにし)公民館
ナビ等では「ささやまの森公園」を目指してきてください。
篠山市街からですと国道372号線上にある「ささやまの森公園」の看板を右折(京都方面からは左折)してすぐです。

372号線を曲がって正面に見える建物が集合場所です。

ここです!

新しい道ができているので
直進でそのまま駐車場に停めていただけます。

さともんの黒豆オーナー制度は
おかげさまで5年目を迎えました。

 2017年よりさともんと地域の方々、オーナーやボランティアの皆さんと一緒に取り組んできた「獣害から地域を守る」黒豆オーナー制度は、今年で5年目を迎えます。
 今年は新たな場所も活用するなど、地域での活用の幅も広がっています。今後もご支援・見守っていただけますと幸いです。

よくあるご質問

Q

感染の恐れもあり、現地に行くのが不安です。
必ずイベントやボランティア作業には参加しなければいけませんか?

A
気が向いた時だけのご参加で大丈夫です!
オーナー特典の黒豆は収穫イベントに参加いただかなくても、郵送でお届けいたします。
ボランティア作業も、もちろんいつ来ていただいても結構です◎
北海道の黒豆オーナーさまもいらっしゃるなど、”現地に来なくても”楽しんでいただけるような企画となっております。
Q
黒豆ボランティア作業の準備物はありますか?
A
長靴・軍手・汚れても良い恰好(長袖長ズボン推奨)でお越しください。農器具などはこちらで用意いたします。また着替えていただけるような場所がございます。
Q

感染の恐れもあり、現地に行くのが不安です。
必ずイベントやボランティア作業には参加しなければいけませんか?

A
気が向いた時だけのご参加で大丈夫です!
オーナー特典の黒豆は収穫イベントに参加いただかなくても、郵送でお届けいたします。
ボランティア作業も、もちろんいつ来ていただいても結構です◎
北海道の黒豆オーナーさまもいらっしゃるなど、”現地に来なくても”楽しんでいただけるような企画となっております。

オーナー様の声

これまでのオーナー様のお声から抜粋させていただいています。
黒豆オーナーはいかがでしたか?

🌳木下麗子様
『予想していた以上に楽しく活動させて頂きました。素人でも農作に関われること、子連れでも気軽に参加できること、農作の消費者からは見えない大変さやとれたてだからこその楽しみなど、毎回発見ばかりでした。黒枝豆の最初はやはり特別美味しく感じ、毎日でも食べれます。ピンクの黒豆も手軽な黒豆ご飯として感動しました。お正月の黒豆は、新年のおせちをよりおいしく思い入れができていいスタートとなりました。』

🌳W.T様
『良かったです。おいしいものを作るのは、手間と時間がかかり、大変なことが良く分かります。自然と触れ合うこともでき、良かった。ピンクの黒豆が良かった。豆ご飯にするとご飯もピンクになり、美味しくいただきました。』

🌳E.K様
『ボランティアにもイベントにも参加できず残念でしたが、定期的に情報を得ることができて多少でもつながりができたかなと思いました。来年度はもっと活動にも参加できればと思います。山の芋も美味しかったです!枝豆もたくさん食べることができて幸せでした。』

🌳匿名様
『味噌づくりイベントに楽しく参加できました。黒豆がこんなにおいしいと思いませんでした。びっくりです。ほかのイベントにも東京からの参加ですが、機会があれば参加します。』

🌳匿名様
『とにかく届く豆が美味しいので辞める理由がないです。』
2021の黒豆オーナー参加者に向けてメッセージ!

🌳匿名 さま
『単に黒豆が食べられるだけの活動ではなく、苗植え等の現場の楽しさが味わえます。』

🌳田瀬佑美 さま
『2020年度、初めて黒豆オーナーに参加しました! 畑で出会った全ての方がとても気さくで優しい方ばかりでした! 今年も参加します!!』

🌳内藤将 さま

『貴重でとても美味しい黒豆が食べられます!!ぜひお楽しみに!!』

🌳MO さま
『ストレス発散に持ってこいです。それにもまして自分たちが頑張って作った物はめちゃ美味しいです。』

🌳平尾 さま

『植えから収穫までやると、黒豆がいっそう美味しいです』

🌳A.H さま

『食べるだけではなくそこまでの作業や思いを知るとさらにおいしくいただけます。また、食品ロスについても考えがふかまります。高齢化していく農家の問題や後継者問題、日本のこれからの農業について思いが深まりますよ。豊かな自然の中で遊ぶ子どもたちの姿が地元に笑顔を届けています。故郷をつくりましょう。』

🌳匿名 さま
『今まで食べてた枝豆はなんだったの?と思うかもしれませんよ!』


おわりに
プレゼント
に【黒豆オーナー】
いかがですか?

特別感のある【黒豆オーナー】はプレゼントにも大変おすすめです。

美味しいもの好きビール好きの方への贈り物、誕生日プレゼント父の日・母の日のお祝いとしていかがですか?

お送り先をお伝えいただければ、お申込者様以外の方にお送りさせていただきます。
以下フォームの【その他お問合せ欄】にその旨をお書きください。

お申込み

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

お問い合わせ

特定非営利活動法人 里地里山問題研究所(さともん)
〒669-2214 丹波篠山市味間新315
TEL&FAX 079-550-9037
E-mail: infoアットsatomon.jp(送信時アットを@に変換して送信して下さい。)
URL: http://satomon.jp
Facebook: www.facebook.com/npo.satomon

ご参加お待ちしております!