日時 2018年11月3日(土)~ 4日(日)

   3日(土)11:20 しなの鉄道北しなの線黒姫駅 (11:16着の電車があります)
        *黒姫駅からシンポジウム会場までの移動には、無料のシャトルバスをご利用いただけます。 

   4日(日)11:00 物語とわたしをめぐる旅 終了
         11:15 1便バス ホテルエルボスコ 出発 (黒姫駅へ送迎)                  
                       12:15 2便バス ホテルエルボスコ 出発(黒姫駅へ送迎)
        *ホテル〜黒姫駅までのシャトルバスは2便ご用意しております。

会場 黒姫童話館(長野県信濃町)
   野尻湖ホテルエルボスコ (長野県信濃町)

定員 30名(定員になり次第、受付を終了します)

参加費 36,500円
     プログラム費16,500円(事前振込)
     +宿泊費・食費20,000円(現地清算、1日目昼食・夕食、2日目朝食込み)
     *宿泊は相部屋となりますので、予めご了承ください。

物語とわたしをめぐる2日間

自分らしく生きているのって、どういう時間なんだろう。
あわただしい毎日だけど、本当に大切にしたいものってなんだっけ。

『モモ』という物語をヒントに、日常から少し離れて、「じぶんの時間」について考えてみませんか?

まずは、「準備のじかん」。
初めて出会う人たち同士でも安心して参加してもらえるように、旅のオリエンテーションをしたり自己紹介をしたりする時間をもちます。

その後は「昼のじかん」へ。黒姫童話館にみんなで移動して、シンポジウムに参加します。多彩な切り口からひもとかれる『モモ』という物語。ヒントになるような言葉がきっと見つかるはずです。

「夜のじかん」は、自分の興味があるテーマにわかれて、ゲストや他の参加者と語らう時間に。人とじっくり対話することで、一人でじっと考えるだけでは見えてこなかった「自分の言葉」に出会える時間になるかもしれません。

森や湖のそばでゆっくり過ごしながら、今の自分を振り返り、帰っていくときには、ちょっとだけ新しい角度で物事が見えるようになっている。そんな2日間をつくっていきたいと思っています。

11/3(土)
<準備のじかん>
11:20 しなの鉄道北しなの線黒姫駅 集合
11:30 旅のオリエンテーション、参加者同士の紹介
12:30 昼食(お弁当)
13:30 シンポジウムの会場にシャトルバスで移動

<昼のじかん>
14:00~17:00 
シンポジウム
*終了後、シャトルバスで移動

<夜のじかん>
18:00 夕食を食べながら交流会
20:00 ゲストを交えた対話会
21:30 思い思いに過ごす自由時間

11/4(日)
8:00  朝食
9:00  ワークショップ ーわたしをめぐる、新しい物語をつむぐー
 *任意参加のプログラムですので、お部屋でゆっくり過ごしていただくこともできます。
11:00  物語とわたしをめぐる旅 終了
11:15  1便バス出発(黒姫駅11:55出発-12:29長野駅着に乗車する方向け)
12:15  2便バス出発(黒姫駅12:52出発-13:26長野駅着に乗車する方向け)
 *チェックアウトは11時になります。
 *11時の全行程終了後、黒姫駅への2つのバスを用意しております。早めにお帰りになりたい場合には1便バスを、ゆっくり過ごしたい方は2便バスをご利用ください。

ゲスト

佐渡島庸平

                 株式会社コルク代表取締役社長

2002年講談社入社。週刊モーニング編集部にて、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)などの編集を担当する。2012年講談社退社後、クリエイターのエージェント会社、コルクを創業。著名作家陣とエージェント契約を結び、作品編集、著作権管理、ファンコミュニティ形成・運営などを行う。従来の出版流通の形の先にあるインターネット時代のエンターテイメントのモデル構築を目指している。Photo: KENTARO KAMBE

西村佳哲

リビングワールド代表・働き方研究家

1964年 東京生まれ。リビングワールド代表。働き方研究家。つくる・書く・教える、大きく3つの領域で働く。開発的な仕事の相談を受けることが多い。近年は東京と、徳島県神山町で二拠点居住を始め、同町の「まちを将来世代につなぐプロジェクト」に参画。著書に『自分の仕事をつくる』『一緒に冒険をする』など。

増田喜昭

子どもの本の専門店 メリーゴーランド店主

1950年三重県四日市市生まれ。1976年に、子どもの本専門店「メリーゴーランド」を開く。プロの絵本作家・童話作家の養成ワークショップ「絵本塾」「童話塾」を主宰。また、月に一回、子どもと子どもの本を考える「レクチャー」を開催している。著作に『子どもの本屋、全力投球!』(晶文社)などがある。

野尻湖ホテル エルボスコについて

湖畔の森の中にたたずむホテル。ゲストや参加者同士での交流を楽しみながら、ゆったり過ごす時間をつくりたいと思います。

エルボスコでは、ゲストや参加者とともに、夕食と朝食をいただきます。自慢のシェフがつくる、地元の食材を生かした美味しい食事をお楽しみください。

旅の2日間は、ちょうどエルボスコ周辺の紅葉が見頃を迎えます。ホテル周辺には美しい自然に囲まれた散策路も。部屋からも美しい湖畔の紅葉を楽しむことができます。