歌川国芳が描いた黒船艦隊来航図
国芳筆「東都名所両国の涼」を考察す
る。
ペリー提督率いる黒船艦隊の来航
を描いた画である。ペリー提督はアメ

リカ大統領の国書を携え来日した。

歌川国芳筆「東都名所シリーズ」から
「東都名所両国の涼」「東都名所 両国
柳橋」「東都名所 鉄砲州」を考察。
、ペリー提督が1853年アメリカ
大統領
の国書を携え、4艘の黒船を率
浦賀
に来航した黒船来航を描いた画
である。2
艘の蒸気船が2艘の帆船を
曳き来航した。
白頭鷲、ガラガラ蛇、
ロバも登場する。画中には四
艘の黒船
が描かれている。構図は三画共「鳥獣
人物戯画」から採っている。


国芳筆「東都名所両国の涼」を考察
1853年ペリー提督率いる黒船艦隊の
来航を描いた画。画面中央はペリー提
督である。先に画像を掲載、次に画か
ら考察。最後に関連画像を掲載する。

国芳筆「東都名所両国の涼」
中央の男がペリー提督船首にアメリ
カ大統領旗の白頭鷲。屋形船
に老中阿
部正弘、幕府の役人、三味線を弾く芸
者が乗り込む。右にアメリカ
海軍旗の
ガラガラ蛇の帽子を被る
アメリカの水
兵達が剣を振り上げ騒ぐ。

先に画から考察。
1、中央の男がアメリカ大統領の国書
を押し付けるペリー提督である。
2、十三星を冠する白頭鷲が画面中央
に鎮座する、
白頭鷲はアメリカ大統領
旗である。白頭鷲はアメリカ大統
領の
国書の受け渡しを見届けている。
3、屋形船で浦賀奉行戸田氏栄と井戸
弘道がアメリカの国書を受け取る。
舟の奥には
老中 阿部正弘が控える。
芸者が三味線を弾く、アメリカ艦隊は
見かけ倒しで三味を弾いている。
4、アメリカ海軍機のガラガラ蛇を頭
に載せた
アメリカの水兵達が鵜群の如
く来る。(鵜群が来た)
5、花火が上がる。これは黒船艦隊
が打ち上げた威嚇の空砲である。
幕府はこの威嚇により国書を受理。
6、右の提灯に千八百五十三の文字。
1853年は黒船来航の年である。

次に画題から考察。
画題「東都名所両国の涼」に(鵜群が
来た)をいれる。「東都名所鵜群が来
た両国の涼」=「とうとう名将軍が来
た両国の令」となる。画題の両国とは
日本とアメリカの事。幕府はついにペ
リー艦隊の威嚇に屈しアメリカの国書
を受理する。構図は「鳥獣人物戯画」
から採る。
以下に画像を掲載する。


「鳥獣人物戯画」甲巻
中央の兎がペリー提督である。鹿は船
に描き替わる。右で泳ぐ猿はアメリカ
海軍の水兵達。左の兎は船の一団に描
き替えられる


国芳筆「東都名所両国柳橋」を考察
1853年黒船艦隊来航を描いた画であ
る。
構図は「鳥獣人物戯画」甲巻から
採る。先に
画像を掲載。次に画、画題
から考察。最後に関連画像を掲載。


国芳筆「東都名所両国柳橋」
画面中央に四艘の黒船が停泊。
ブチの
狗がペリー提督。
左に中老阿部正弘と
遊女。右の
木陰からロバが覗き見る。
ロバはアメリカ民主党のマスコット。

先に画から考察。
1、4艘の黒船の前に立ちアメリカの
国書を渡すブチの
狗がペリー提督。
木陰からロバがアメリカの
国書の受け
渡しを見届けている。ロバ
はアメリカ
民主党のマスコット。時の
アメリカ大
統領ピアースは民主党員である。
2、2匹の小狗は浦賀奉行戸田氏栄
井戸弘道である。(幕府の狗)
3、話を立ち聞きする男は老中阿部
正弘である。(幕府の提灯持ち)。
4、遊女が男(帆立)を引く。黒船は
蒸気船が二艘の帆立船を曳いて来航。

次に画題から考察。
画題「東都名所両国柳橋」=「とうと
う名将軍が来た両国の矢無き話」=
「とうとうペリー提督が来た両国の
矢無き話」。両国は日本とアメリカ。
その後、アメリカの威嚇に屈し日本は
開国に向かう。
「鳥獣人物戯画」から
構図を採る。以下に画像を掲載。


「鳥獣人物戯画」甲巻
右端のブチの蛙がペリー提督。二匹の
兎は幕府の役人。猪は木陰に隠れるロ
バに描き替わる。左から中老阿部正弘
と遊女が歩み寄る。

国芳筆「東都名所鉄砲洲」を考察
ペリー艦隊が浦賀に来航するとのオラ
ンダの情報により海岸を監視
する幕府
の役人を描いた画。
画面奥に四艘の黒
船艦隊が見える。
中央の釣り人は帆立
貝を背に敷く。
艦隊は蒸気船が帆船を
曳き来航。構図は「鳥獣人物戯画」か
ら採る。
先に画像を掲載。次に画、画
題から考察。最後に関連画像を掲載。


国芳筆「東都名所鉄砲洲」
三人の幕府の役人が釣り人に身を変
海岸沿いを監視している。真ん中の男
は背中にド派手な帆立貝を敷く。


先に画から考察。
1、三人の役人が釣り人に身を変え海
面を監
視する。中央の男は輝く帆立貝
を背に敷く。
黒船艦隊は、蒸気船が帆
立船を曳いて来日した事を揶揄する。
2、沖に4艘の黒船が微かに見える。
アメリカから海軍が来た(軍が来た)

次に画題から考察。

1、鉄砲州はピストルの国アメリカ
2、「東都名所 鉄砲洲」=「とうと
う名将軍が来たアメリカから」=
「とうとうペリー将軍がアメリカか
ら来た」となる。構図は「鳥獣人物
戯画」から採る。以下に画像を掲載。


「鳥獣人物戯画」甲巻
真ん中の猿は背を掻く(背に貝)
左の兎は杓の棹を持つ(竿をもつ)。

他の「東都名所シリーズ」の考察は、
(ペライチ岩瀬道夫)を参照ください。
岐阜県不破郡垂井町 岩瀬道夫09050046818 12、08、2018
画像はhttps://blogs.yahoo.co.jp様wikipedia.org 様から転載。