KUROFUNE株式会社と一緒に、
地方創生をしていきませんか?

KUROFUNEと一緒に地方で、
外国人が活躍できる仕組みを作りたい方はこちら

2045年ほとんどの都道府県で人口が90%以下に....

▷37年で2200万人の人口が減る

日本は2008年の1億2808万人をピークに人口が減少に転じました。国立社会保障・人口問題研究所によると2045年にはピーク時から約2200万人の人口が減少すると予想されています。しかし主に人口減少するのは地方であり、東京都の人口は2045年になっても、2015年の水準とほとんど変わらないと推計されています。つまり地方での過疎化はこれからさらに深刻になります。

画像:https://www.saga-s.co.jp/articles/-/199421

特に地方での人手不足が進む....

▷45年ぶりの人手不足


日本は深刻な人手不足に悩まされています。独立行政法人労働政策研究・研修機構によると2018年の有効求人倍率は1.61となり、45ぶりの高さとなっています。人口減少社会に突入したため、今後はさらに人手不足が進み、特に地方での人手不足が進むと予想されます。

帝国データバンクのデータによると、すでに2社に1社は正社員が不足していると答えています。

外国人の採用を導入する企業が急増!!

▷3社に1社の中小企業が留学生を採用


人手不足を解消するために外国人の採用に取り組む企業が増加しています。2013年にはわずか16.9%しか留学生の採用を行ってきませんでしたが、5年後の2018年には3社に1社の中小企業が留学生を採用したと回答しています。今後は留学生を中心に、外国人の採用を検討する企業が増えてくるのではないかと予想され、地方においても外国人の活用が急務になるはずです。

今後は外国人労働者は急増していく

▷2025年には260万人の外国人が働く


2012年には68万人しかいなかった外国人労働者が、2018年には146万人に急増しました。6年間で2倍以上に増えています。現在は年間に20万人のペースで増えており、2025年にはさらに2倍の260万人まで増加することが予想されます。このように急増する外国人を地方が取り込んでいくことがますます大事になります。


KUROFUNEと一緒に地方で、
外国人が活躍できる仕組みを作りたい方はこちら