8月からの活動の変更について(8月21日更新)

皆様にはいつも変わりないご支援をいただき感謝を申し上げます。

発災後1年が経過し,被災者のボランティア派遣要望件数も着実に減少してきたことから、土日に集中的に活動する方式をやめ,個々の要望により柔軟・迅速に対応できるよう、事前登録制に移行いたしました。

特に倉敷市内はもとより、県内・近隣市町村の皆さまにご協力いただきたくよろしくお願いいたします。これまで、ボランティアセンターからではなく、直接入っていただいていた皆さんのご登録もお待ちしています。
皆様には、お手数ですが、改めてご登録いただき、息の長い支援をよろしくお願いいたします。
重ねて、暑い時期なので、飲み物を準備するなど、各自で熱中症対策をお願いいたします。

>登録対象<
高校生以上で、
2019年度のボランティア保険に加入済みの方

>登録方法<
①以下のリンクから[ボランティア活動個人登録申込書]をダウンロード
 ▷Word形式 http://bit.ly/2YfF6Uu
 ▷PDF形式   http://bit.ly/2YiVYKg
②申込書に記入
 ご連絡先に間違いが無いようにお願いいたします。
※携帯電話、スマートフォン、iPhoneの設定を【受信拒否設定】にされている方はセンターからのメールが受けとれなくなってしまいますので、 「info.kuravol@gmail.com」からのメールを受信出来るように設定をお願いします。
③まび復興支援ボランティアセンターへ送付
 メール📩:info.kuravol@gmail.com
 FAX📠:086-697-0115

>お問い合わせ<
まび復興支援ボランティアセンター
☎︎086-697-0111

ボランティア活動保険にご加入ください

ボランティア活動保険は、年度で更新が必要となります。

お住まいの市町村の社会福祉協議会でご加入いただけますので、必ず加入した上で現地活動にお入りください。


※もしお入りいただけない場合には、まび復興支援ボランティアセンターを通じた現地活動はできません。ご理解とご協力をお願いいたします。

ボランティア活動保険をもっと知りたい方はこちらから

どんな情報をお探しですか?

ボランティアに参加したい

家屋の片付けや技術系など様々なボランティアが必要とされています。

ボランティア情報

支援や情報が欲しい

被災された皆様、被災者を支える皆様へ、ニーズ受付窓口はこちらです。

被災者のみなさまへの情報提供

支援したい

支援金・炊出し・物資など、様々な形で被災地をご支援いただけます。

支援のご案内

ボランティア情報

まび復興支援ボランティアセンター地図

総合受付

☎️

086-697-0111

受付時間:月曜日〜金曜日 9:00〜16:00
作業依頼・相談に関するお問い合わせ、ボランティアに関するお問い合わせなど。

総合受付

☎️

086-697-0111

受付時間:月曜日〜金曜日 9:00〜16:00
作業依頼・相談に関するお問い合わせ、ボランティアに関するお問い合わせなど。

災害ボランティア支援

倉敷市

宿泊サービス提供施設,入浴サービス提供施設, 飲食等サービス提供施設の情報については倉敷市観光課HPをご覧ください

※割引等の利用に際しては,倉敷市災害ボランティアセンターで配布するステッカーの提示を求められることがあります。

倉敷市観光課ホームページ

ボランティア活動中の注意など

ボランティア活動にご参加いただきありがとうございます。倉敷市災害ボランティアセンターでは、地域のみなさまに寄り添った活動を目指しております。以下のことにご留意いただきますよう、よろしくお願いいたします。 

被災された方への配慮

被災された方々へのお気持ちやプライバシーを配慮し、マナーある行動と言葉遣いをお願いします。

  • マスコミの取材で写真やビデオの撮影が多くなっています。また、一部のボランティアによる記念撮影などで戸惑われている地元の方もおられます。不要な撮影はボランティアへの信頼を損ねる原因になるため自粛ください。どうしても撮影したいときは必ず許可を得てください。
  • 物の廃棄や撤去をする場合は、被災された方に必ず必要な物と不要な物確認ください(タンスなどは貴重品や現金が入っている場合がある)。被災された方の大切な思い出の品かもしれません。

 

みなさま自身の安全管理について

ケガなどを防ぐため皆さまのご自身で体調管理を行いながらの活動をお願いします。ケガや事故が起きますとボランティア活動全体に影響します。ご配慮をお願いします。

  • 「危険」や「不安」と感じる作業は無理に行わない。
  • 体力に自信がない方や心臓病、高血圧、脳卒中、糖尿病、腎臓病、透析中の方等の持病をお持ちの方は、受付でお知らせください。
  • 必ず食事を召し上がってください。
  • 感染症を防ぐために、道具や手はよく洗う。
  • ※倉敷市災害ボランティアセンターに次亜塩素酸ナトリウム水をご用意しています。
  • ※泥には下水や川の水が含まれ、食中毒や破傷風などの原因菌がいることがあります。
  • 肌を露出しない服装に加え、ゴーグル、分厚い作業用手袋、粉塵マスクは必ず着用して作業をする。
  • 釘やガラスの破片が落ちていますので踏み抜き防止の安全靴をおススメします。
  • ケガをされた場合や体調が悪くなった場合(発赤・腫れ・熱感など)は病院へ行く。災害ボランティアセンターにもご報告ください。
  • 過去に災害ボランティア活動中、亡くなられた事例があります。
  • 大きなケガや死亡事故が起きると被災者の方々は心を痛め、活動全体に大きな影響を及ぼします。
  • 必ず無事に帰宅しましょう!

今後のお願い

次回ボランティア作業に参加される場合は、被災地への過度な渋滞や混乱を防ぐために、極力、公共交通機関のご利用にご協力いただけますようお願いいたします。

活動の際の服装・持ち物など

発行:認定特定非営利活動法人レスキューストックヤード
協力:全国社会福祉協議会/全国ボランティア活動振興センター

被災されたみなさまへ

支援のニーズ窓口・情報などお届けします

  • うったて 平成30年7月豪雨の被災者向け支援情報サイト
  • Twitter:倉敷市災害ボランティアセンター
  • 倉敷市災害ボランティアセンターインフォメーション

被災者のみなさまへ情報サイトスタート

市民による豪雨災害から前に進む情報サイト
うったて。

「うったて。」は、平成30年7月豪雨により岡山県内で被災された方のための、市民による市民のための情報まとめサイトです。

支援制度のわかりやすい解説記事や、テーマごとの支援情報、イベントカレンダーなど、岡山県全域の様々な支援情報が掲載されています。現在、「子ども特集」として、子ども向けのイベントや子どもに関する支援の情報もまとめられています。

更新情報はFBページよりチェック!

市民による豪雨災害から前に進む情報サイト
うったて。WEBページ

支援をお考えの方へ

現地には来られない方でも様々な方法で支援をしていただけます。
猛暑が終わり季節は秋へと移行しています。また、仮設住宅への移行も進んでいます。様々なニーズが変化し始めました。物資や支援金、炊き出しやマッサージなどの情報をまとめています。
引きつづきご支援よろしくお願いいたします。

倉敷市「平成30年7月豪雨災害」活動支援金のご協力のお願い

倉敷市社会福祉協議会では、この度の豪雨災害で大きな被害を受けた倉敷市内の被災者への支援を行うため、災害ボランティア活動や災害ボランティアセンターの運営に必要な資金として「支援金」の募集を始めました。「義援金は」はすべて被災者の手元に届くお見舞金である一方、「支援金」は被災者支援に必要な物資・資源・資材・人材の調達や臨機応変な支援活動が行うことができる資金であり、私たちが最も必要としている重要な資金の一つになります。

Q.「支援金」と「義援金」の違いについて「支援金」は、被災地で活動する福祉団体、NPO、NGOなどを支援する資金です。被災者を支援する活動、支援物資や食糧の調達など、幅広い支援が行えます。「義援金」は、被災者に直接届くお見舞金です。すべて被災者に届けられる性質上、被災者を支援する活動、支援物資、食糧支援などには使われません。また、被災者の手元に届くまで時間がかる性質もあります。

詳細及びお申込みは
こちらのページからお願いいたします

SEEDS 被災者生活支援窓口

市民活動支援窓口
になりました!

SEEDS(支援)登録フォーム

倉敷市災害ボランティアセンター内に、住宅のニーズだけではなく、生活再建やコミュニティ再建のニーズと、みなさまの支援=SEEDS(シーズ:種)をマッチングしていく窓口として機能させて頂いていたシーズ班は、まび復興支援ボランティアセンターに移り「市民活動支援窓口」に名称を変更いたしました。
住民の皆さんが主体となった復興への取り組みに、外部支援をおつなぎしたり、地域内でのコラボレーションをサポートします。

まびシェア

☎️

070−3139−0253

災害支援ネットワークおかやま
まび復興支援ボランティア団体・NPOシェアオフィス
まびシェア
受付時間:水曜〜月曜日 10:00〜19:00

まびシェア

☎️

070−3139−0253

災害支援ネットワークおかやま
まび復興支援ボランティア団体・NPOシェアオフィス
まびシェア
受付時間:水曜〜月曜日 10:00〜19:00

FAQ 多くいただくご質問と回答

Q
県外からも参加できますか?
A
まび復興支援ボランティアセンターでは、県外も含めてご参加をお願いしていますが、高速道路の減免措置が終了したこともあり、近隣市町村の皆さまのご協力をお願いしております。
Q
小中学生でも参加できますか?
A
現在は原則、高校生以上を対象とさせていただいております。猛暑の中でもありますし、どのような危険が伴うかもわかりませんので、現地活動への参加はおすすめしていません。
Q
ボランティア証明書は発行してもらえますか?
A
まび復興支援ボランティアセンターで発行しております。受付でお申し出ください。
Q
ボランティア終了後にボランティアセンターでシャワーなど利用できますか?
A

ボランティアセンターにお風呂・シャワーはありません。
倉敷市でお風呂・シャワーを割引や無料で提供いただいている施設がございますので、そちらをごりようくださいませ。
倉敷市HP:災害ボランティアの皆さまへの割引等のサービス
靴などの消毒は引き続き行なっております。またセンター内に男女それぞれに着替えができるスペースも設置しておりますのでご利用ください。

Q
県外からも参加できますか?
A
まび復興支援ボランティアセンターでは、県外も含めてご参加をお願いしていますが、高速道路の減免措置が終了したこともあり、近隣市町村の皆さまのご協力をお願いしております。