倉敷市⺠憲章
推進協議会補助事業
第85回倉敷経済⽂化講座
【演題】
真のリーダーシップとは

リーダーシップとは、明確なビジョンと⽬標
を⺬し、仲間のパフォーマンスを最⼤化させ
ることによって⽬標達成を実現する能⼒です。
リーダーシップは才能や素質といった類のも
のではなく、誰もが努⼒によって⾝に付けら
れます。これからの未来を創る地域の経営者
や地域の未来をけん引する、リーダーの方々
のご参加をお待ちしています。
【講師プロフィール】
松原 誠 氏
(株)日本総合研究所 代表取締役
1958年 島根県松江市生まれ。
1990年 日創研に入社。
名古屋研修センター所長、大阪センター所長を歴任し、2002年 常務取締役、2008年 専務取締役、2010年 同社大阪法人 代表取締役に就任。2015年大阪法人が東京法人を吸収合併し、代表取締役社長に就任。「業績アップ6か月研修」「コア・コンピタンス研修」「増益型経営計画書作成セミナー」「可能思考研修 基礎コース(SA)」などの講師を務める。これまでに業績アップ研修の受講生数は15,000人を超え、6,000社以上の業績向上に貢献している。講演会や研修講師として全国を飛び回り、年間100日以上登壇している。
日創研は、企業の人材育成に関する事業を行っています。私たちは、これを教育業ではなく『中小企業活性化業』と捉えています。というのも、やはり企業の唯一の経営資源は“人”なんですね。
その為、私たちは事業を通して全業種の社長、幹部、社員のすべてを教育をしています。その結果、私たちが今まで関わってきた企業のほとんどは黒字に好転している。
ここからは、主な4つの事業内容についてもう少し具体的にお話ししましょう。
1つ目は、ビジネスセミナーの事業です。このセミナーは、年間900回、1万9千人が受講しています。
経営には、時代とともに“変わる部分”と“変わらない部分”があります。その変わらない部分というのが、経営の基本です。まずは、その基本の知識をセミナーでお伝えすることから始まります。
ここでいう経営の基本というのは、どの業種においても同じ。利益が出る会社というのは、利益が出る構造になっています。この損益構造を理解しているかどうかは、会社の成長にとても深く関わっているんですよ。この基礎部分を理解したうえで、最新の情報、技術的な情報も取り入れるようにしています。
こうして私たちが経営の基本の重要性を唱えている裏側には、中小企業の我流経営が1つの問題になっている現状がある。そして、時代はその我流経営の限界を示しています。勘や経験だけでなく、しっかりと経営の基礎知識を理解することが重要なのです。
とはいえ、知識としてそれらを学ぶだけでは何も変わらないと思っています。というのも、中小企業の経営をし、多くの現場を見てきて、現場には諦めや中途半端な部分を感じることが多くあったんです。そこで、「やり抜く力」が大切だと定め、考え方の部分から教育をしています。

見出し


講演内容について

会場参加申し込みフォーム
【定員】310名
【費用】無料
Zoom参加申し込みフォーム
【定員】310名
【費用】無料
講演日時
【会場開催】
11月22日(日)
13:00〜15:30
【Zoom開催】
11月29日
13:00~15:30
参加費 無料(定員310名)
お問い合わせ 公益社団法人倉敷青年会議所
人間力向上委員会
担当:近藤 健史
TEL 090-3744-2119 
MAIL takeshi.kondoh0619@gmail.com