国芳筆「東都三ッ股図」を察考

国芳スカイツリーはオランダ国デル
フト市の教会の尖塔。櫂を
漕ぐ男は
オランダ商館医シーボ
ルトである。
傘を差すのはオラ
ンダに帰るシーボ
ルトを見送る
愛娘の楠本イネの後ろ
姿である。右には逃げ去る間宮林蔵
を描いている。

歌川国芳筆「東都三ツ股図」を考察。
国芳が描いた「東都三ツ股図」はオラ
ンダの画家フェルメールが1661年に
描いた「デルフトの眺望」に国芳があ
る謎を掛けて描いた画である。画中で
櫂を漕ぐ男はオランダ商館医シーボル
トである。先に「東都三ッ股図」を掲
載。次に画、画題から考察する。最後
に「デルフトの眺望」の関連画像を掲
載し比較検証をする。

国芳筆「東都三ッ股図」
鴎が1羽、6羽、4羽、3羽と群れを成
し江戸の空を高く飛ぶ
。七艘の船は全
て埠頭を離れる。
画面左で櫓を
漕ぐ男
はオランダに帰るシーボルト
。中央で
日傘を差すのはシーボルトを
見送る娘
の楠本イネである。
画面左に国芳スカ
イツリーが高く聳える。

先に画から考察
1、「東都三ッ股図」と「デルフトの
 眺望」は前面に浜、中景に水面と街
 、並
背景に青い空を描き同じ構図。

2、「デルフトの眺望」は七艘の船が
 港に停泊するが、「東都三ツ股図」
 は七艘の船全てが埠頭から離れる。
 これは(デルフト)に(出埠頭)
 を掛けた物である。

3、鴎が1羽、6羽、4羽、3羽飛ぶ。
 3羽から2羽を(出二鳥)すると、
 1羽、6羽、6羽、1羽となり、
 フェルメールが「デルフトの眺望」
 を描いた1661年と一致する。

4、他にも多くの(デルフト)をして
 いる、例を挙げて説明していく。
(出二塔)左上の二つの尖塔を高く
 聳えさせた。国芳スカイツリー。
(出付跳)跳ね橋を屋形船の屋根に。
(出付戸)舟に建物の屋根を付ける。
(出太渡)太く長い橋を架け渡す。
(出太雲)太い雲が天高く舞う。
(出二人)二人の男が前面に出る。
(出布団)以下に説明。

次に画題から考察。
1、シーボルトはオランダの人間。
オラ
ンダ人のケチッは世界の共通語。
2、「東都三ッ股図」=「とうとう
みつ
またか」にケチッを入れれると
「とうとうみつケチまッたか」=

「とうとう見つけちまったか」とな
る。後半にこの謎を考察する。

人の配置について考察。
芳筆「東都三ッ股図」の人の配置は
「御伽草子一寸法師」から採る。一寸
法師は画面左で箸の
櫂を漕ぐ男に描き
替わる。一寸法師は打出の小槌で身を
大人に替えた=箸を使わなくなる人=
箸を放る人=シーボルト。画面左で櫂
を漕ぐ男はオランダ商館医シーボルト
である。親方の嬢は屋形船の乗員に。
打出の小槌は波打ち際から打出て小土
を拾う男に。鬼は船底を炙る男たちに

描き替わる。
1828年、オランダ商館医シーボル
は日本地図を国外に持ち出そうとし
た容疑で幕府の取り調べを受け国外追
放の処分なった。歌川国芳が描いた
「東都三ッ股図」は
国外追放処分によ
オランダ国に帰るシーボルトを描い
た画で
ある。船底を火で炙る二人の男
は、船底を捜査する幕府の役人。屋形
船の乗員は、館に錠をされ獄死した書
物奉行高橋景保。浜から打ち出る子は
遠島になった影保の子。日傘を差すの
はシーボルトを見送る娘の楠本イネで
ある。右の男は、ざみやがれと逃
げ去る間宮林蔵である。間宮は事件に
深く関与。
「とうとう見つけちまった
か」とは
幕府がシーボルトの船底から
見つけた日本地図の事である。

構図の関連性について考察。
国芳筆「東都三ッ股図」は日本から
ランダに帰るシーボルトを
描いた画。
背景はデルフトの港の埠頭である。

フェルメール筆「デルフトの眺望」
シーボルトの船が日本を離れデル
フト
の埠頭に辿り着いた情景を描い
た画で
ある。埠頭奥の一番左に停泊す
る船が
シーボルトの船である。船は
両画共同
じ形で描かれている。


画題の関連性について考察
    
デルフトの眺望=出布団の眺望=布団
の日本地図=シーボルトが持
つ日本地
図=とうとう見つけちま
ったか=東都
三ッ股図。
フェルメール筆「デルフトの眺望」
歌川国芳筆「東都三
ッ股図」となる。
以下に関連画像を掲載
し考察する

フェルメール筆「デルフトの眺望」
1661年に描かれた。左の二つの塔が
国芳スカイツリーに替わる。全ての船
が埠頭に停泊する。画面奥一番左の船
が日本からデルフトの埠頭に到着した
シーボルトの船である。

「東都三ッ股図」と「御伽草子
一寸
法師」の人の配置を考察。

奥で箸の櫂を漕ぐ男は国外追放により
オランダに帰るシーボルト。
屋形船の
乗員は館に錠で獄死した書物
奉行高
景保。浜に打ち出る男は遠島
処分の影
保の子船底を炙る二人は
船底の捜査
をする幕府の役人
。日傘は娘のイネ。

「御伽草子、一寸法師」
「東都三ッ股画」に登場する人物。
中央の一寸法師は櫂を操る男に、右の
二匹の鬼は舟底を炙る二人の男に描き
替わる。左の親方の嬢は画面中央の屋
形船の乗員に、打出の小槌は波打ち際
から打出て小土を拾う男に。この図に
は元からイネー=楠本イネ

1828年オランダ商館医シーボルトは
日本地図の所持により国外退去処分を
受け娘のイネを日本に残し帰国した。
とうとう別れの時が来た今は身を詰ま
される想いがする=とうとう身を詰ま
される想いの図=東都三ッ股図。
「東都三ッ股図」はシーボルトと愛娘
の楠本イネとの別れの画であった。終

後半に歌川国芳が描くフェルメール其
のⅡ。国芳筆「通俗水滸伝豪傑智多星
呉用」を考察する。

歌川国芳が描くフェルメール、其の二。
国芳筆「通俗水滸伝豪傑智多呉用星人」
を考察。構図はフェルメールから採る。
画中の登場人物はシーボルトである。      
先に画を掲載する。次に画から、画題か
ら考察。
最後に関連画像を掲載する。

国芳筆「通俗水滸伝智多星呉用」
智多星呉用=智が多い西洋人が御用=
シーボルトが御用。男は二本の指を立
てる。天球儀が描かれている。

画から先に考察。
国芳筆「水滸伝智多星呉用」の右画面
の構図は
フェルメール筆「地理学者」
の右画面と同じ構図である
画面左の
構図はフェルメール筆
「天文学者」の
左部分と同じである
。三画共天球儀あ
るいは地球儀が描かれる。国芳筆「水
滸伝智多星呉用」だけは画中に地図が
描かれていない。

 次に画題から考察する。
智多星呉用=智が多い西洋人が御用と
なる=シーボルトが御用となる。
シーボルトはオランダ商館医として来
日した。しかし日本地図の不法所持に
より国外退去処分となりオランダに帰
国した。
国芳筆「水滸伝智多星呉用」
に地図が描かれていないのは
シーボル
トが隠し持つ日本
地図が幕府に発見さ
れ没収されたから
である。シーボルト
が示す二本の指は日本地図の事。
以下
に関連画像を掲載する。

フェルメール筆「地質学者」
智多星呉用と同じ着物、体型である。
手前に地図が置かれる。天球儀が奥の
棚に
置かれる。

フェルメール筆「天文学者」
天球儀を見つめる。前に地図が広げら
れている。奥の棚に時計が置かれる。

付録その1。
国芳筆
「東都御厩川岸之図」を考察。

1860年、登城中の大老井伊掃部直弼
が桜田門外で襲撃された
桜田門外の変
を描いた
画である。構図は「鳥獣人物
戯画」から。画題は「御伽草子因幡の
白兎」から採る。先に画像を掲載。次
に画、画題から考察する。

国芳筆「東都御厩川岸之図」
中央が大老井伊掃部直弼、右に
1860の番傘を差す黒澤忠三郎。
左からも三人の刺客が迫る。

「鳥獣人物戯画」甲巻
中央の兎が井伊掃部直弼。歓喜の声を
上げる蛙は黒澤忠三郎と刺客達。この
構図を「御伽草子因幡の白兎」に流用
する。白兎はワニをマヤカシ、海を渡
る。
「渡兎マヤカシ之図」=「東都御
厩川岸之図」。マヤカシとは悪巧みの
事である。最後兎は皮を剥がれる。

先に画から考察。
1、鴨捕りの網を持つ男が家路を急ぐ
桶にはイイ鴨が入っている。この男は
大老井伊掃部直弼。井伊家は代々掃部
(かもん)職を世襲する。
イイ鴨=井伊掃部(いいかもん)。
2、1860の番傘を差し右脇に三本の
を抱える男が、ピストルで井伊直弼
を狙撃した水戸藩士 黒沢忠三郎。
1860年は桜田門外の変が起きた年。
三本の傘は百人一首からヒントを得る
三笠山出でし月かも=丸い球が出る=
三本の傘はピストルのこと。
3、全員裸足。全員逝ってしまった。
4、雪が舞っている。遠くに桜田門
霞んで見える。

 次に画題から考察。
1、マヤは猫。沖縄奄美地方の方言。
2、猫は井伊直弼の守り神である。
今も(ヒコニャン)で知られる。
3、マヤ=猫=井伊直弼となる。
4、画題「東都御厩川岸之図」=
「とうとうマヤ
がしのず」=
「とうとう猫が死之図」=
「とうとう井伊直弼が死の図」。
構図は「鳥獣人物戯画」から、画題は
「御伽草子因幡の白兎」から採る。終

付録その2.
国芳筆「東都名所新吉原」を考察。
この画は1858年、将軍徳川家定
の死
と次の将軍候補を描いた画である。
構図は「鳥獣人物戯画」から採る。
画題は「御伽草子兎と亀」から採る。
に画像を掲載。次に画、画題から
考察する。

国芳筆「東都名所新吉原」
中央の男が将軍徳川家定。去る駕籠は
老中阿部正弘。左は将軍候補一橋慶喜
と父徳川斉昭である。右下の燈籠は
「鳥獣人物戯画」の高山寺の印を描き
替えている。

「鳥獣人物戯画」甲巻
中央の兎は将軍徳川家定、右には去り
ゆく駕籠、高山寺の印
は燈籠に描き替
わる。この構図を「御伽草子兎と亀」
に流用する。兎は亀との競争に負けた
後狼を退治し信用を晴らす。御伽噺は
うとうとする。「うとうと昔の名書信
用を晴らす」=「とうと名書信用を晴
らす」=「東都名所新吉原」。これが
画題となる。左に走る兎がそれ。

先に画から考察
1、歌を口ずさむ男が将軍徳川家定。
将軍徳川家定は、迂愚と呼ばれた。
2、顔を覆う男が将軍候補一橋慶喜、
共に歩くのは徳川斉昭。背景に田。
3、駕籠が足早に去る。1857年
将軍徳川家定を加護(かご)した
中老
阿部正弘が死去。

次に画題から考察。
画題「東都名所新吉原」に画中の
の(迂愚が)と(田)を入れると、
「東都名所迂群が新田ようし原」=
「とうとうめいしょうぐんがしんだ
ようしは」=「とうとう名将軍が
んだ養子は」となる。
1858年将軍
徳川家定
が死去、紀州藩より徳川家
茂が養子に入る。
構図は「鳥獣人物戯画」から。画題
は「御伽草子兎と亀」から採る。終

歌川国芳が描いた東都名所シリーズの内
「東都名所両国の涼」「東都名所両国柳
橋」「東都名所鉄砲洲」の三画はペリー
提督率いる黒船艦隊来航を描いた画であ
る。画中にアメリカ大統領旗の白頭鷲、
アメリカ海軍旗のガラガラ蛇、アメリカ
民主党マスコットのロバが描かれる。
国芳筆「東都名所浅草今戸」「同大森」
「同霞が関」の三画は共に将軍徳川家茂
と大老井伊掃部直弼の台頭を描いた画。
国芳筆「東都名所駿河台」「同洲崎初日
の出」「同佃島」「同新吉原」の四画は
将軍徳川家定の死去と一橋慶喜の将軍待
望を描いた画である。「東都名所シリー
ズ」の構図は全て「鳥獣人物戯画」
から
採る。詳細は(ペライチ岩瀬道夫)を御
参照下さい。
16世紀のオランダの画家
ブリューゲル
筆「農民の踊り」と
「農民の婚宴」は日
本の国宝「鳥獣人物戯画」から
構図を採
っている。画中に日本とNIHONの絵

字が描かれている。この詳細は著者の
https://peraichi.com/landing_
pages/view/bruegelの稿を御参照
下さい。

2018/09/06  岐阜県垂井町   
岩瀬道夫   09050046818  

画像はhttp://artmatome.com様、
hu.wikipedia.org 様より転載。