◆石川県◆不登校・発達しょうがいに悩むお母さんのためのお話会のお知らせ

あなたのお子さんは「困った子」ではなく「困っている子」なんです。

こんな悩みはありませんか?

  • 他の子と違って育てにくい気がする。
  • こだわりが強い。
  • 保育園・学校にいきたがらない。
  • 学校に相談すると『玄関まででもいいので連れて来て下さい』といわれた。
  • 学校に行かせないと不登校になりそうで不安
  • 何かある度に学校から職場に電話がある。
  • 学校に行かせるために、病気以外での会社の遅刻や早退や欠勤で仕事がしずらくなっている。
  • どこに相談していいかわからないし、まわりに相談する人がいない。
  • 不登校の子供達の将来が不安
  • こだわりが強い。

困っているのは本当にあなたですか?

あなたは『迷子で泣いている子』をみかけたらどうしますか?
声をかけたり、助けを求めてあげたりしませんか?
けれど『暴れている子』『みんなと違うことをする子』をみかけるとあなたも周囲も困った子と言ってみてるだけ。
けれど、実はそんな子こそ、凸凹があり困っていることを誰にも言えずにいる子かもしれません。
聴覚過敏で他の子より声や音がうるさく聞こえるせいで暴れて苦しんでいる。
そんな理由がわかったときに困った子と放っておきますか?

困ってる、悩んでいるお母さんへ

自分の子供が暴れていると、周囲の目が気になったり、自分の育て方が悪いと思っていませんか?
でも、それは違います。
子育てはその子を可愛いと思うことそれだけで十分。
その子の理由をしって、周囲のサポートを受けて、自分の子供が一番可愛いと思える子育てをできるようになりましょう!!
お話会に参加すると、心が軽くなります。
明るく笑って子育てをしましょう。

『お話会』で心が軽くなる理由

  • 自分と同じ悩みをかかえたお母さんがいることで、周囲にいえなかったことを吐き出してわかってもらえる。
  • 同じ経験をすでにしている方からのアドバイスがきける。
  • 専門の知識をもった先生から、適切なアドバイスがもらえる。
  • 自分の経験が今悩んでいる誰かのアドバイスになると自信がつく。
  • 同じ経験をすでにしている方からのアドバイスがきける。

お話会スケジュール
白山市|小松市

10月の『口笛吹いて子育てしよう♪』お話会は…

今回はいつも『口笛吹いて子育てしよう♪』お話会をさせていただいている『あんずこどもの家』のバザーに出展いたします。


★わいわいまつり★
【日時】令和元年 10月20日(日)10:30~14:00
【場所】美川あんずの家(美川福祉ステーション)
    〒929-0204
    石川県白山市平加町119-1
 ※販売は11:00から行います。


★不定期開催★
ズーミンのマザーズコーチング
×
口笛吹いて子育てしよう♪お話会 in NANEA

学校にいってるからイイ!
不登校だからダメ!じゃなくて...

学校に行ってても、不登校でも
何より子供が楽しく今を生きてるかが1番。

そして、それは...
ママが楽しく生きてるか!

私が私らしく!です😊

『ママ』自身の大切なお話をしませんか?
きっと、そこから私たちが子供たちにできることが見えてきます♥️

今回はマザーズコーチングスクール認定講師のズーミンとコラボ企画です😊


皆さんのご参加お待ちしています
【日時】10月9日(水)10時30分~12時30分予定
【場所】cafe☆NANEA
【参加費】おひとり:1500円(ドリンク+デザート付)
【参加資格】お子さんをお持ちの方だけでなくどなたでも
【定員・参加表明について】定員は特にございません。
また、参加表明したからといって必ず参加すなければならないわけでもありません。
参加表明しなくてもお気軽にお越しください☆

※下記ボタンからFBページより参加表明できます。

口笛吹いて子育てしよう♪お話会/白山市

日 時 :11月を予定しています。
場 所 :白山市蓮池町エ5-2
     あんず子どもの家 
     ※駐車場は『美川刺しゅうの里』を
      ご利用ください。
参加費 :1500円(ワーク代・お菓子・ドリンク付)
★今回のお話会★
内容が決まりましたら記載いたします。
※お子様連れの方は出席とあわせてご連絡ください。
※口笛吹いて子育てしよう♪のお話会は下記
お問い合わせからのみご連絡をお願いします。

色メガネをはずす子育てのお話会/小松市

日 時 :10月27日(日)AM10:00~
場 所 :小松市串町東105-1
     りんごの木
電話番号:0761-43-1302
参加費 :1000円(お菓子・ドリンク付)

FBはこちら

講師のご紹介

白山市/山本 良子 さん
特定非営利活動法人 美川あんずの家
児童発達支援事業所・放課後等デイサービス事務所
管理者・児童発達支援管理責任者

次男もこちらのデイサービスでお世話になっています。
小松市/神谷 恭子 さん
発達障害と言われる方々も含め、長所を伸ばすお手伝いをさせて頂いております。

特別支援教育士 教員免許(小、中)
ポーテージ認定相談員

お申し込み手順はこちら

Step
1
お話会を選ぶ
白山市/小松市のお話を選んでお問合せボタンを押す。
※お問合せボタンからメールが立ち上がらない場合は直接下記メールアドレスから
nachan82130★gmail.com
★を@に変えて送信をお願いします。
Step
メールを送信する。
題名:お話会の名前
メールの内容:①お名前②参加人数(大人○人、子供○人)③ご質問やお悩みがある方はご記入ください。
上記内容をご記入の上、送信をお願いします。
Step
確認メールがくる。
3日以内にメールを返信いたします。
参加できなくなった場合もメールは不要なのでお気軽にご参加ください。
Step
メールを送信する。
題名:お話会の名前
メールの内容:①お名前②参加人数(大人○人、子供○人)③ご質問やお悩みがある方はご記入ください。
上記内容をご記入の上、送信をお願いします。

“今”につながる私と息子達の物語

長男の不登校

学校への行き渋りから、不登校へ
あんなに元気に、お友達と遊んでいるのに…
何故?原因は?
子供を責め、自分を責め、そして、母子ともに力尽きて…学校へすがるしかなかった日々。

長男の発達検査

学校の先生から『小5にしては幼いのではないか』と言われ発達検査を進められました。
すがる思いで受けた検査結果をグレーゾーン育て方じゃなかった安堵とこの先の不安。

次男の不登校

てんかんを発症している次男へは気にかけてたつもりだったのに、長男の不登校も重なり手をかけてやれなかった。
長男に怒る私をみて次男は頑張って無理をしてました。
泣きながら宿題の漢字ドリルをする日々。
そして、ある日の朝の漢字テスト一問も正解しなかった自分に絶望し泣き崩れた。
その日から次男は自信をなくしました。

次男の発達検査
次男にも発達検査を希望しました。
学校へ相談し、市のセンターへも相談し…
予約をしてやっとこぎつけた面談で、言われた。
『発達検査は2ヶ月待ちです』と…。
泣き崩れた息子を思うと理不尽でいられなかった。
てんかんの主治医に相談するとすぐに検査をしてもらえました。
結果はグレーゾーンではなく軽度知的障害レベル。
私を奮いたたせたもの
ADHDと診断されている長男へ
学校から投薬をすすめられました。
よくなるなら…とすぐに飲ませ始めました。
そんなある日。イライラがおさまらない長男が
『パパにもママにもわからない。僕がこの得たいのしれないイライラと一生この薬を飲まなきゃいけない気持ちなんて!!』
小さな体で怒りに満ちて、震えながら泣いている。
ただ…立ちすくむしかなかった。

飲ませた決断をしたのは親だから。私だから。

学校より大切なもの
当時の私は学校が最先端だと思っていました。
けれど、子供の不登校はなおるわけもなく…学校や市に理不尽を感じました。
当然です。
学校の先生は発達障害の専門家でもなんでもないから!

もっと早くにたくさんの情報を知るべきだった。
知ることの大切さ
自分の足で調べれば調べるほど…知らなかったこと。
教えてもらえなかったこと。

どこに行けばいいかわからないことばかり。
私は遠回りをして今がある。

だからこそ、これからのお母さんへ
私のしっている限りの情報を…今から子育てするおかあさんへ。


そして私の“今”があります。



次男の不登校

てんかんを発症している次男へは気にかけてたつもりだったのに、長男の不登校も重なり手をかけてやれなかった。
長男に怒る私をみて次男は頑張って無理をしてました。
泣きながら宿題の漢字ドリルをする日々。
そして、ある日の朝の漢字テスト一問も正解しなかった自分に絶望し泣き崩れた。
その日から次男は自信をなくしました。

次男の発達検査
次男にも発達検査を希望しました。
学校へ相談し、市のセンターへも相談し…
予約をしてやっとこぎつけた面談で、言われた。
『発達検査は2ヶ月待ちです』と…。
泣き崩れた息子を思うと理不尽でいられなかった。
てんかんの主治医に相談するとすぐに検査をしてもらえました。
結果はグレーゾーンではなく軽度知的障害レベル。
学校より大切なもの
当時の私は学校が最先端だと思っていました。
けれど、子供の不登校はなおるわけもなく…学校や市に理不尽を感じました。
当然です。
学校の先生は発達障害の専門家でもなんでもないから!

もっと早くにたくさんの情報を知るべきだった。

私が体験談をお話します

正社員として働く二児の母です。
子供達の不登校から発達しょうがいを知り、私の世界が広がりました。
お母さんの笑顔は子供の笑顔につながります。
私の経験が誰かの笑顔につながればいい。

私はいつも笑っていたい。

個人ブログはこちら