【超高齢社会の到来】


平均寿命が長くなり、少子化が進むにつれ、社会の中で高齢者の占める割合が増えています。また高齢者の割合が多い傾向は、先進国を中心に進んでいるようです。先進国の中でも群を抜いて「高齢化率」が高いのがここ日本。総人口に対して65歳以上の高齢者人口が占める割合を高齢化率という。 世界保健機構(WHO)や国連の定義によると、高齢化率が7%を超えた社会を「高齢化社会」、14%を超えた社会を「高齢社会」、21%を超えた社会を「超高齢社会」という。 日本は1970年に高齢化社会になり、1994年に高齢社会になった。さらに、その13年後に国内の高齢化率は21%を超え、日本は「超高齢社会」となりました。

社会の高齢化の定義は3段階に分かれています。それは「高齢化社会」「高齢社会」「超高齢社会」の3つ。この段階は「高齢化率」という指標により分けられています。「高齢化率」とは、全体の人口の中にどれだけの高齢者がいるかを示す割合のこと。ここでいう高齢者とは満65歳以上のことをさします。2013年時点では、高齢化率が25.0%、つまり日本の人口の4人に1人が高齢者!今後はさらに高齢化率が高くなることが予想されています。
日本がはじめて「高齢化社会」となったのは1970年です。そのわずか24年後の1994年には「高齢社会」、そしてついに2007年に高齢化率が21%を超え、「超高齢社会」に進んだことが話題となりました。「高齢化社会」から「高齢社会」へとステージが進むのにかかった時間は、日本が24年なのに対し、ドイツが42年、フランスは114年といいますから、どれだけ日本の高齢化のスピードが速いものなのか、おわかりいただけますよね。そもそもどうやって日本は高齢化したのか?
日本の高齢化率がいちばん低かったのは1935年。この頃は高齢化率4.7%という低い数値が記録されています。その後、50〜70年代にかけての出生率の低い時期を経て、医療技術の進歩により死亡率が下がりました。また死亡率の低下に伴って平均寿命も長くなり、高齢化率の割合も高くなりました。他の先進国でも社会問題としておおきく取り上げられてきた社会の高齢化ですが、先進国の中でもその傾向が際立っている日本社会は、今後のあり方や打ち手などについて世界中からの注目を集めています。世界のトップ3は、日本(23%)、イタリア(20.4%)、ドイツ(20.4%)です。いずれの国もいわゆる先進諸国で、高齢社会というのは経済的に豊かな国にしか実現できないようです。出典:http://www.tyojyu.or.jp



【健康長寿を目指し、健康寿命を延ばす】
「ケアトランポリン」

高齢者・意識障害者のリハビリや健康維持にも医学的に効果が実証されています。
ふさぎ込みがちな高齢者・意識障害者に笑顔を蘇らせるための明るく楽しい環境づくりをサポートします。
ダイエット、メタボ対策、産後ケア、ボディメイク、有酸素運動、病中病後後のリハビリ、アスリートのトレーニングなど
介護施設、デイケア、障害者施設、スポーツクラブなどでご利用いただいています。

「高齢者のケア」「障害者のケア」「体のケア」

【LINE@】
登録お願いします 


資料請求は【LINE@】で友達登録か、「資料請求はこちら」をクリックするとメルマガの資料請求フォームがご利用できます。ケアトランポリンの資料をお送りさせていただきます。

https://line.me/R/ti/p/%40wxo0992

「友達登録されましたら、以下の情報をお送りください」
1 名前 会社名 担当者
2 住所
3 電話番号  
4 メール
5 ケアトランポリンを買ったらどのように使いたいですか?

ありがとうございました。

【ケアトランポリンを選ぶ理由】

高齢者のケア

●高齢者・意識障害者のリハビリや健康維持にも医学的に効果が実証されています。
ふさぎ込みがちな高齢者・意識障害者に笑顔を蘇らせるための明るく楽しい環境づくりをサポートします。
トランポリンの上下運動で高齢者の筋力と脳機能の両面を活性させ、寝たきりを防止する効果があります。

障害者のケア

●音楽演奏に合わせて、家族や介護者が一体となって行う抗重力姿勢でのトランポリン上下ゆさぶり運動は、医療側と家族が共同で患者の体と心のリズムを蘇らせる、患者に優しい総合脳甦生リハビリ療法です。トランポリンの上下運動や音楽の演奏には家族も一緒に参加するので、「家族参加型医療」ともいえます。

体のケア

●NASAの研究によると、運動量がジョギングよりも効果的であると実証されました。
●通常のランニングより運動効率は68%も高いのです。
●6分間のジャンプは、1.4kmのジョギングと同じ効果があります。
●トランポリンの上下運動は、内臓脂肪燃焼にも効果があります。二の腕・ウエスト・下半身など
気になる部分も引き締められます。

【ケアトランポリンの特徴】

【国際特許申請中】調節バネ・システム
マットの張りの強弱を調節することで健康への可能性が無限大に。

ケアトランポリンプレミアムの特徴
●マット及びC型フープの「張り」を調節バネで自分の好みに合わせることが可能です。
●自分の体重・能力や、その時の体調にあわせて使用できます。
●調節式ですので、バネの寿命が長持ちします。

トランポリンは1936年、米国のジョージ・ニッセン氏によって考案
されました。彼はその器具に、当時は珍しい「トランポリン」という
名前をつけました。
彼の考案したトランポリンは、アメリカの軍や、大学で使われ始め、
瞬く間に全世界へと普及しました。その後、彼の並々ならぬ努力で、
遂にトランポリンは、2000年シドニーオリンピックの種目として正
式に採用されました。彼が86歳の時でした。
おそらく彼は、トランポリンが近い将来、医療器具として使われる
日を既に予見していたのでしょう。
45年来、師弟関係にあった日本の池上正郷氏に声をかけ、障害者、
あるいは高齢者のためのトランポリンの開発に着手しました。
遊具として始まったトランポリンは、スポーツへと翔ばたき、そして
健康維持から再生医療器具へと、進化し続けてきました。このよう
にケアトランポリンには、ニッセン氏の卓越した職人業と、池上氏
の奥に秘めたモノづくりへの哲学、そして燃え尽きることのない両
者のパッションが凝縮されているのです。
トランポリンの考案者、ジョージ・ニッセン氏
ジョージ・ニッセン氏と池上正郷氏とケアトランポリン開発チーム
スポーツ界のエジソンと呼ばれたニッセン・池上両氏によって
開発・発明されたケアトランポリン®は、
国際特許取得の世界が認めた製品です。(申請中の国も含む)

POINT
1

ケアトランポリン対象者・効果

●10数年ほど前、後藤幸生医師(福井医科大学 現:福井大学 ICU専門医)のチームにより意識障害者を対象とした「音楽トランポリン療法」が施され、
多くの患者さんを奇跡的に回復させました。その驚異的な療法は多くの人々に感動を与え、NHKでも取り上げられるほどのセンセーションを巻き起こしました。
●学術的な説明は大変難しいのですが、人間の生命の中枢をなす脳幹が、トランポリンの上下運動によって刺激されると、自然治癒力が誘発されて脳が覚醒してくるのです。

●トランポリンの上下運動は、高齢による運動不足で忘れがちになっている
内耳にある三半規管(バランス平行感覚)の機能を回復させる等、脳全体の調整機能を高めるのに効果があります。
●トランポリンの上下運動で高齢者の筋力と脳機能の両面を活性させ、寝たきりを防止する効果があります。
●バランスのとり方を、反射的に「からだ」に覚え直させることや、脳全体の調整機能を高めさせるのに、最も有効なのが
トランポリン運動といわれています。

●子供の運動神経発達に非常に役に立ちます。
●楽しく全身を動かすという事が、生命の中枢である脳幹を刺激します。
●重度の自閉症児は、トランポリン上下運動で集中力がアップし表情がやわらかくなりコミュニケーションが取れるようになります。
●脳性まひ幼児は、筋肉の緊張が緩んだり、関節可動域が広がったり、姿勢保持ができるようになります。
●LD児、ADHD児にとってトランポリン運動は、楽しく身体を揺らす感覚刺激になり、これが動きや精神的な活動(注意力)のメリハリをつくります。

●トランポリンの上下運動は、内臓脂肪燃焼にも効果があります。二の腕・ウエスト・下半身など
気になる部分も引き締められます。
●悲しいとき、落ち込んでいるとき、体を動かすことでラクになれます。体が弾むと、心も弾んできます!
●仕事で疲れたらジャンプして汗をかいて気分転換。
●イライラをなくし、愛のある人間に!
●うつや不安症にも効果があると言われています。
●コアマッスル(骨盤やせき椎などを支えている体の深層部にある筋肉の総称)を鍛えて基礎代謝を高めます。
●姿勢がきれいでスタイルが良く、スリムなボディを手に入れることができます。

●NASAの宇宙飛行士のトレーニングはもとより、地上に生還した時のリハビリ用としてトランポリンを使用しています。
●高い運動効果が立証された事で、トランポリンを利用したトレーニングが流行!
トランポリンエクササイズの驚くべき効果は、運動効率やダイエットだけじゃないんです!
●数あるフィットネスやダイエット機器の中で抗重力運動を行える唯一の機器です。
この運動で抗重力筋(腓腹筋・大腿筋・臀部筋・背筋・腹筋)を鍛えて姿勢を整え、維持することができます。
●初心者でもコアマッスルを鍛えている感覚を味わえます。

子供・高齢者・成人・障害者の効果

  • 子供の姿勢矯正・維持増進、集中力・体力・運動能力の向上
  • 高齢者、障害者の介護の症状回復がみられた
  • 成人のダイエット、ボディーメイク、メタボ対策、筋力アップ、健康維持・増進、アスリートのトレーニング
POINT
2

ご利用頂いたお客様からの声

有料老人ホーム 海峡つばさ館 副施設長 近藤 信昭 さん

最初は、要介護のご利用者にトランポリン?という感じでしたが、デイサービスの機能訓練で使っており効果が出てきております。
車椅子の方が、杖歩行が可能になったり、認知症の方で長谷川式スケールの点数が上がってきたり、ご本人やご家族様にも喜ばれています。

A.Sさん (88歳)

ケアトランポリンをしたくて、サロンdeケア(デイサービス)にきたのよ。毎日楽しみにしています。

N.Kさん (82歳)

いままで腰痛がずっとあり、ひどく痛んでいたのですが、ケアトランポリンを使い始めてから、痛みがとても緩和され、毎日腰の調子も良いようです。

T.Mさん (89歳)

トランポリンが身体に良いということは、昔テレビで見て知っていた。サロンdeケア(デイサービス)でトランポリンを使っていると聞き、すぐに体験したくなりました。たいへん気に入っております。

N.Sさん (77歳)

後頭部に昔から痛みがあり、悩んでいたのですが、ケアトランポリンを使い始めてから、ふしぎと痛みがなくなりました。また身体がほぐれ血流が良くなったような気がして、身体がポカポカしています。

◆多くの皆さんが口をそろえて、頭がスッキリし身体が温まるとか、背筋がピンと伸び、普段の歩行の際も、少し伸びているような気がするといわれております。

POINT
3

ご利用までの流れ

STEP

1

まずは「動画」の視聴をお勧めしております。

STEP

お問合せ

まずは電話 or メールにてお問い合わせください。利用日のご希望日をお聞かせください。

STEP

3

申込み

ケアトランポリンのご利用にあたって、まずはお申込みにて指定口座への金額をお伝えさせていただきます。

STEP

4

振込

ケアトランポリンは事前振込みをお願いしております。指定の口座へのお振込みを持って本予約とさせて頂きます。

STEP

5

配送の予約

口座へのご利用料金のお振込みの確認が取れ次第、ご配送を確定させて頂きます。

STEP

6

配送着ご利用

ケアトランポリンをダンボールから出し組み立ててご利用ください。

STEP

1

まずは「動画」の視聴をお勧めしております。

【ケアトランポリンのQ&A】

◆使用にあたってのQ&Aまとめてみました。

Q.膝腰に負担はないのでしょうか

A. 関節にかかる衝撃の負荷をトランポリンのベッド(マット)が吸収するため、膝や腰に負担がかかりにくくなり、少ない力で運動ができます。

Q.どういう効果がありますか

A.
・バランス感覚が自然に養われ、転倒予防になります。(バランス機能回復)
・全身運動なので新陳代謝が活性化します。
・リンパ液の循環をよくします。(むくみの解消)
・リラックスムードで心に安らぎをおぼえます。(1/fゆらぎ)
・物事は継続が大切です。関節を使う運動は高齢者にとってきついため、長続きしませんが、トランポリン運動には楽しさがあり、無理なく続けることができます。
・最大の利点は、だれもが楽しい気分になれることです。

Q.具体的にどのような方に効果がありますか

A. 脳幹を刺激し前庭覚が活性化、また自律神経系全体に刺激を与えるため、次の方々の機能回復につながります。
歩行障害者、遷延性(せんえんせい)意識障害者、脳血管障害者(脳卒中)後のリハビリ中の方、認知症の方、視覚障害者、うつ状態の方、自閉症、パーキンソン病の方、要支援、要介護の方、学習障害児(LD児)、注意欠陥多動障害児(ADHD児)

Q.トランポリン運動をした後、ふらつく様なことはないのでしょうか

A. 脳が覚醒するため、ふらつく場合があります。指導員の監督の下、ご利用ください。

Q.どういう方は控えた方がよいでしょうか

A. 体調がすぐれない方、高血圧の方、骨粗しょう症の方および、医師から運動を禁じられている方

Q.ケアトランポリンは普通のミニトランポリンと何が違いますか

A. ケアトランポリンにはCフープがついております。真ん中のCフープにつかまって跳ねたり、ステップを踏んだりしますので、常にトランポリンの中央で、まっすぐした姿勢で運動ができ安全と安心感があります。柔らかいバネで膝への負担がありません。また車椅子の方もご利用できます。

Q.具体的な跳び方、ステップの踏み方はあるのでしょうか

A. 特にありませんが、つま先はマットにつけたままで、かかとが離れるぐらいのステップでいいでしょう。自分のリズムに合わせて行ってください。

Q.どのくらい続ければよいのでしょうか

A. 最初は40秒ぐらいを1セットとし、1日2,3セットから始めてください。
慣れてきましたら、1日5分ぐらいを目安に行ってください。セットの間には、休憩を挟み体調を確認してご使用下さい。

Q.トランポリン運動療法等、もっと詳しく知りたいのですが

A. 野田 燎・後藤幸生共著「脳は蘇る 音楽運動療法による甦生リハビリ」大修館書店、小林芳文著「LD児・ADHD 児が蘇る身体運動」大修館書店を購読ください。

お問い合わせ

090-8450-7819 

電話でのお問い合せ:9:00ー18:00
エグゼクティブコンサルティング㈱ 関健寿


【ケアトランポリン・プレミアム】

首都圏・トランポリン体験出張指導

【ケアトランポリンプレミアムの特徴】
●マット及びC型フープの「張り」を調節バネで自分の好みに合わせることが可能です。
●自分の体重・能力や、その時の体調にあわせて使用できます。
●調節式ですので、バネの寿命が長持ちします。
※調節バネ・システムは現在国際特許申請中です。

楽しくグループで跳んでみませんか?

1メートル前後のスペースがあれば、設置できます。 
1時間リース代10000円・指導料10000円から

購入のお支払い方法は、カード、銀行振り込みなどご利用いただけます。
ローン・分割などご相談ください。月1万円から購入可能


【ケアトランポリンを購入する!】