全てをお酒の肴に
酸いも甘いも味わい尽くす
塾講師としても事業家としても奮闘

嶋村吉洋です。

塾経営しています。20代前半に事業に取り組みました。
起業家として、自分のやるべき事、なすべき事に向き合いながら、濃厚な日々を過ごさせていただきました。

今は塾講師として次世代の育成に励んでいます。
私が培ったモノを大いにシェアできればと思います。

==================
『Session(セッション)』...
語源はラテン語で「座っていること」の意味。
1、集い 2、打ち合せ
==================

時にはテーブルを囲い、時には座敷に座り、
色んな意味でSessionしながら楽しんだ、
お酒やごはんの写真などをお伝えしていきます。

塾事業を起こし光栄に感じること

私の元に学びにくる塾生は本当に素直な方々ばかりだ。
そんな皆の未来の一助となる仕事ができることに光栄に思う。

世の中が未来へ持続可能な資源を残そうと取り組む中で、
自分自身がどんなことができるかを考えるようになってきました。
知恵を残したり、次世代を輩出することで貢献していきます。

素敵な空間では頭が冴え、アイディアや名言が想い浮かぶ

素敵な空間は私のインスピレーションを刺激する。
思いつめた時、ここに来ると何か道が拓けていく感覚になる。

だからこそ、どこに身を置くか、どこで時間を過ごすのか些細な事でもこだわりたい。

起業家との講演会や対談、起業塾生との一杯は格別である

仕事の関係もあり、講演会を開いたり、著名人との対談させていただくことも増えてきた。
十人十色とはいえど、近くにいると共通している事項は多いなと感じる。

そんな方たちとの一杯は美しいものある。
呑んでいる様は、その人の人格を映し出すのだ。


お酒の酒菜も欠かせない、食事にも舌鼓を打つ

さかのぼること室町時代。
おかずの事を「菜(な)」と呼び、お酒のおかずを「酒菜(さかな)」と書いていたそうです。

お酒もおいしいがそれだけでは足りないのも事実。
おいしかった酒菜もご紹介します。

最上階から見えるもの、味わってきたこと

世界は広いといえど、自分がどの位置からその世界を感じるのか。
どうせおいしい酒を飲むのなら、どこで飲むのかも重要。

最上階でわたしが触れてきたモノ、感じたモノをここで分かち合いたい。

起業家として日々のハードワーク
うまい酒は日々創られる

先見の明を磨き、投資家として活躍する
世の中の動きが速いからこそ、先を見越して動いていく必要がある。いつも大きな決断を誰よりも早く下し、どっしりとその結果を構えながら、戦局の流れをつかみ、次の一手のために動く。
講演会やプロジェクトで学んだことを実践する毎日
最近は講演会に参加して、ただ学ぶだけではダメなんだなと気付かされました。講演会で学び、それを日々実践しているかが大事だ。生活を見直す時間も設けている。自分の視線が変われば、新しい発見が多いからである。これからも常に謙虚に学ぶ姿勢を一貫して持っていく。
チャリティーやトークセッション、起業塾、ソーシャルビジネスコミュニティ、交流会への参加
必要なところにしっかりとお金が届くようにしたい。世の中にはいろいろな境遇な方がいると思うが、すべての人にチャンスが得られるような世の中になればいいと思う。私は私のやるべきことをやっていく。
チャリティーやトークセッション、起業塾、ソーシャルビジネスコミュニティ、交流会への参加
必要なところにしっかりとお金が届くようにしたい。世の中にはいろいろな境遇な方がいると思うが、すべての人にチャンスが得られるような世の中になればいいと思う。私は私のやるべきことをやっていく。

今だからこそ出来ること

日本・世界中の安全の為に僕たちが取り組むべきこと

世の中が猛威に侵されている今日で、
僕たちが取り組むべきことは、外出を自粛し、自分自身が感染源にならないように細心の注意を払うことだ。

起業家・個人事業主・正社員・派遣など色々な働き方があれど、みんなで手を取り合って、乗り越えていく。

危機だからこそ、新しくプロデュースされた技術や文化がでてくる。
みんなで今できることをやっていきましょう。

理想に向け今日も自己研磨を継続

質の高い仕事は日々の体調管理体と思っている。
どんな食事を摂取するのか、どういう体型を維持するかが仕事の生産性に直結する。

超一流、一流、一般の違いは自分をどれだけ管理下におくことができるか。
一挙手一投足、自分のことは自分が一番観ている。

100年時代といわれる中で、いくつ歳を重ねても現役で居続けるであろう。
塾や色々な事業を通じ、子供や孫の世代にも良い影響を与えていきたい。
その為にはインスタグラムなどの流行りのSNSも取り組んでいく。

早く行きたいのなら1人で行け
遠くへ行きたいのならみんなで行け

1人でできることはたかが知れていると思う。
チームや仲間と協力するからお互いの長所を活かしあい、想像もできないくらいな仕事ができる。

キーエンスの滝崎武光さんのように、世間に現れることはしませんが、みんなを裏で支えられるようになりたい。

塾生や家族など、いろんな側面でチームづくりをしているので、一緒にお互いの幸せを掴みにいく。