本当にお風呂のリフォームは必要か考えてみた

正直なところ、お風呂の設備は壊れておらず、緊急性を要する修理が特に見当たらないのに、本当にリフォームは必要なのかと考えることがありました。

ですが、実際にお風呂をリフォームしてみると、自分では意識していなかった使いにくさが解消されて、今まで以上にお風呂に入ることが楽しくなりました

特に、お風呂の追い炊き機能や予約機能、さらにお風呂に入ったときの足元の冷たさを解消して速乾性がある珪藻土入りのタイルにしたことは、お風呂をリフォームしてよかったと感じる部分です。

また、ユニットバスを低めのものにすることで、高齢の母も安心してお風呂に入れるようになったと感じているようです。

利点が多いお風呂のリフォームでしたが、リフォーム前はどんな工事をするのがよいか、費用面で損をしないかが心配でした。

その点、タウンライフリフォームの無料見積もりでは、自分の住む場所や家のタイプを選んで、リフォームしたい箇所やどんな点を改善したいかを入力するだけで簡単に値段の比較ができたので、自分が望むリフォームを妥当な価格で実現するのに役立ちました

浴室のリフォームに必要な期間

浴室のリフォームにはどのくらいの時間がかかりますか?バスタブの交換だけなど、比較的軽い作業であれば、1日で完了します。

最大で4日かかることもありますが、作業内容やオプション工事の有無によっても異なりますので、事前に確認・把握しておくことが大切です。

オプションの取り付け工事がある場合は、もう少し時間がかかるかもしれませんが、それでもタイル張りのお風呂に比べれば短いことがわかります。

しかし、作業自体が簡単というわけではありません。タイル張りの浴室からタイル張りの浴室へのリフォームが簡単だと思うのは間違いです。

タイル張りのお風呂をリフォームする方法と、ユニットバスをリフォームする方法をご紹介しました。都内の新築物件にお住まいのご夫婦は、一大決心をしました。

家族のバスタイム、お風呂で月見をする!そして、月のような照明を加えることで、毎日優雅な月見を楽しめるようになったそうです。

浴室をリフォームするタイミング

浴室が古くなってきたけど、いつになるかわからないし、同じくらいの年齢のご近所さんがまだリフォームしていないから、このままでも良いかなと思っている方。

浴室のリフォームが必要な時期や必要なものはわかっていても、それを検討するタイミングがわからない。また、掃除をしても昔に比べてすぐにカビが生えてくるようになった場合は、換気扇の効果が経年劣化している可能性があります。

換気扇にヒビが入っていると水が入り、前述のように木材の交換が必要になり、予想以上に費用がかかることもあります。

排水口から嫌な臭いがする場合は、長年の間に汚れが溜まっている可能性があります。排水口は定期的に掃除をしないため、どうしても時間が経つと臭くなってしまいます。

前述したように、通常の清掃方法では汚れや臭いを完全に取り除くことは難しいので、そろそろリフォームを考えてみてはいかがでしょうか。

ヒートショックを防ぐためには、浴室の断熱性を高め、極端に暖かいお風呂に浸からないようにするのも一つの方法です。浴室のリフォームは、15年から20年後が目安です。

掃除しても取れないカビが生えてきた、コーキングや壁材にひびが入ってきた、排水口から嫌な臭いがするなど、ライフスタイルの変化を感じたら、リフォームを考える時期です。

お風呂リフォームをする前の注意点

キッチンやユニットバス、洗面台、トイレなどの水回りの位置を変更することが可能かどうかの判断材料にもなります。洗面台の色をお風呂の色に合わせたり、浴室や脱衣所の壁と相性の良い色を選ぶなど、空間のバランスにも配慮します。

ユニットバスは、ベースとなる形状があり、そこから浴槽、壁パネル、換気扇を選んで組み立てます。

握り棒を兼ねたシャワースライドバーや浴槽横の手すりなどは、若いうちに入れておきましょう。安価なグレードのユニットバスを選ぶと、断熱性能が低い可能性が高いので、ユニットバスを選ぶ際には断熱性能を確認しましょう。

天井埋め込み型の換気扇は、ダクトをうまく外に出すことができないと設置できません。特に戸建住宅の1階やアパートでは、ダクトをうまく外に出すことができません。

壁掛けタイプの換気扇を選ぶか、浴室の位置を見直す必要があります。特に、浴室暖房乾燥機やジェットバスなどは、分電盤の回路全体を使用する「専用回路」が必要です。

リフォーム前の給水管が架橋ポリエチレン管やHIVPであれば、交換の必要はありません。

リフォーム前の給湯管が「銅管」の場合は、お風呂のリフォームと同時に給湯管の交換をおすすめします。