マンション投資で失敗しないためのコツ

マンション投資はしっかりコツを抑えておかないと失敗しやすいと言います。失敗の原因は意外と身近にあります。自分では「大丈夫だ」と感じていても意外な落とし穴の場合もあります。今回はマンション投資で失敗しないためのコツについて見ていきましょう。

マンション投資で
選んではいけない物件

マンション投資をする際、物件選びが重要です。こちらでは、マンション投資で失敗しやすい物件、選んではいけない物件について見ていきましょう。

・狭小物件を選ばない

狭小物件は手軽さがありますが、賃貸需要の波が大きいため投資には向きません。特にシャワールームだけの部屋などは賃貸需要がないと言ってもいいでしょう。大学などが近ければ需要が出てきますが、入居者が学生ばかりだとトラブルになる場合もあるので気をつけましょう。

・屋外洗濯機物件は買わない

古い賃貸物件などに、ベランダに洗濯機を設置するタイプの賃貸住宅があります。しかし、ベランダに設置しておくと泥棒などのトラブルに巻き込まれる可能性があるので、入居者もあまり入りたがらないのでおすすめしません。

・新築物件は選ばない

マンション投資の場合、新築物件はおすすめできません。新築物件でも購入して登記を映した瞬間、当然ながら中古物件になってしまいます。つまり、新築物件を購入しても宣伝費などが含まれて高いだけで、新築を選ぶ必要がないのです。逆に中古物件の場合は新築価格の7割程度で購入できるので費用を抑えることができます。

マンション投資のリスク

マンション投資にはさまざまなリスクがあります。こちらでは、一般的に多いリスクについて見ていきましょう。

・空室リスク

投資者にとって最も怖いのは空室です。近隣に良い物件が建った場合など、空室が目立つ場合もあります。物件選定の際に空室になるリスクがないかをしっかり見極めておくことも大切です。基本的に物件ではなく、周囲の環境で空室になるリスクがあります。例えば、若い人がたむろっている場所にマンションがあっても入居者が寄り付きません。間取りなども大切ですが、周囲環境もしっかり考えておきましょう。

・入居者の家賃滞納

賃貸として人を住まわせる以上、家賃滞納のリスクは付きまとってくると考えてください。しかし、近年は家賃保証会社があるのでオーナーの負担も軽減されています。家賃保証会社に加入していることで、滞納リスクを防ぐことができます。

・家賃下落リスク

築年数が経過することで、初期と同じ家賃をずっと続けられるわけではありません。周囲に新しくて安い物件ができてしまえば、一気に入居者はそちらに奪われてしまうでしょう。数年で下落することはありませんが、将来的には家賃下落のリスクがあることも覚えておきましょう。

マンション投資の失敗談

マンション投資には、さまざまな失敗談があります。こちらでは、どのような失敗談があったのかを見ていきましょう。

・原状回復費用が掛かる

退去者が出れば、次の入居者のために原状回復を行います。基本的には入居時の敷金を使うのですが、敷金以上の金額がかかって手出しが出ることも珍しくありません。居住者によっては室内も滅茶苦茶にされてしまう場合があります。収益ばかりを考えていると、原状回復の修繕費用に悩まされることになります。

・営業マンに騙されてしまった

マンション投資を考えていなくても、営業マンに勧められて購入して失敗した人もいます。年金の代わりになる、ローンが終われば収益がアップするなどメリットばかりを説明されると「もしかしたら儲かるかも」と思ってしまいますよね。メリットだけを考えて投資が成功するわけがありません。その結果、借金だけが残ったケースもあります。

・売却利益が出ない

マンション投資は売却も常道です。しかし、物件の状況などによっては売却をしても利益が出ない場合もあります。売却タイミングなどが悪いと、良い物件であっても安く買い叩かれてしまう場合があるのです。更に購入者が現れても値下げ交渉をされて、値下げをしないと購入しないと言われ、しぶしぶ売却をしたというケースもあります。

他の失敗談を知りたい人は、こちらをクリックしてみてください。

まとめ

マンション投資は決して甘いものではありません。インターネット上にはさまざまな失敗談や失敗しないためのコツが書かれているので、それらを参考にしてみましょう。ただし、インターネット上では匿名で好き勝手書けるので参考程度に抑えておくのがいいでしょう。特にメリットばかりを記載したところもありますが、投資をするならデメリットやリスクについても知っておくべきでしょう。