MEAT UP
学生x社会人

今まであるようでなかった、学生と社会人が「気軽に」交流する機会。
社会人になったら、どんな生活を送るんだろう?
学生と話して新鮮な気持ちになりたい!
ワイワイお肉を囲みながら、気軽に話して友達を増やしませんか?

こんな人に来てほしい!

  • 普段は関わりの少ない社会人とフラットに話してみたい
  • 就活を前に、業界や仕事選びを「気軽に」相談したい
  • 学生の進路選択のお手伝いがしたい
  • 学生の進路選択のお手伝いがしたい

私たちの思い

社会人になってしばらくすると、良くも悪くも入社前後のギャップに気付かされます。会社説明会、座談会、と企業が用意する情報提供の場は、(もちろん企業によりますが)印象操作されていると言っても過言ではないでしょう。OB訪問でさえ、学生の印象を上司や人事に報告していることもあるのです。私の周りではそのギャップに悩まされ、不本意にも退職をしたり体調を崩したりする友人を見てきました。

「気軽に社会人の話が聞ける」そんなフラットな機会があれば、ギャップを埋め、より良い選択肢を取る機会を提供できるかもしれない、そんな想いを持っています。

また、社会人にとっても、フレッシュな学生と話をすることで、自身の仕事を振り返り、新鮮な気持ちになれるでしょう。社会人同士の出会いも大切にして頂ければ本望です。


イベント概要

第一回 MEAT UP 学生x社会人 in 東京
日 時

2018年9月17日(月曜・敬老の日)
15:00-18:00

場 所 東京メトロ東西線
木場駅から徒歩2分!
参加費用 学生:3500円
社会人:4000円
(ドリンク込み)
キャンセル料 1週間前から4日前... 50%
3日前から当日...100%
参加費用 学生:3500円
社会人:4000円
(ドリンク込み)

企画者紹介

浅井 広大
メーカー勤務 社会人3年目
メーカーでB to B営業をする傍ら、地元愛知県をオモロくする団体Love KnowNを創設、運営。「出会いの場を提供することで人の可能性を拡げる」ことをモットーに東京でも活動中。
石野 瑠花
慶應義塾大学3年生
大学で国際法の勉強に勤しむ傍ら、学生団体に所属し慶應×スタンフォードの国際交流プログラムを運営。生まれ育った日本の強みを国際協力の場で生かせる仕事に就きたいと思いつつ、日々進路に悩み中。趣味は朝ごはんにパンを食べることと建築雑誌を読み漁ること。
熊澤 佑香
早稲田大学3年生
日本では国際関係学、留学した米国ジョンズホプキンス大学では東アジア地域における政治と開発について学ぶ。将来国際協力の分野で働くことを志しているが、どんな専門性を身につけるか、どこで社会経験を積むか悩み中。趣味はテニスとお酒、好きな食べ物は明太子ごはん。