このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。

今すぐ体験会に申し込む

香西家の暮らしごと

祖母や母から伝えられ
娘や孫たちに伝えていきたい
暮らしの中に息づく養生を綴った
我が家の暮らしレシピ


人は自然とともに歩むものだから・・・

季節に寄り添う暮らし方
「香西家の暮らしごと」を
我が家の台所からお届けしています。



自然はおくすり 季節は神様からのラブレター

季節によって体調が変わるのを感じたことはありますか?

こんなことを
感じていませんか?


  • 家族のために何かをしたい
  • 季節を感じる食事が思い浮かばない
  • 自然に沿った暮らしが憧れ
  • 都会でも自然を感じ、ほっとした毎日を過ごしたい
  • 日々の食事で不調を改善したい
  • アロマの精油の楽しみ方を知らない
  • 薬膳身体に優しい食事について学びたいが、難しい
  • 10年後も健康でいたい

  • 家族のために何かをしたい

なんとなく毎日が過ぎて、同じような日々が繰り返されている。
と感じている人に知ってほしい。

愛する人を思う毎日の暮らしは、
楽しくて 豊かで 美しいもの。

ということを。

私の暮らしを通じて、そのことを伝えていくことができれば、
この上なく幸せって思っています。

そんな思いから開催している「香西家の暮らしごと」。


香西家の暮らしごとでは、
忙しい人でも、手軽にしかも安心した毎日を送れるように
食や香りを用いた「暮らしのヒント」をお伝えしています。

“香西家の暮らしごと”とは

「やしなう」「まもる」「ととのえる」

私の日々の暮らしは

「やしなうこと」

「まもること」

「ととのえること」

が基本です。

 

そして

毎日「美味しい」「心地よい」「楽しい」を心がけています。

 

それが数日後、数ヶ月後、数年後の

自分自身と家族の

「健やかな暮らし」につながると考えています。

 

これらを心地よく進めるためには

私にとって「手作り」や「手仕事」が大切な手法です。

「手作り」や「手仕事」は

費やしている間、

ずっと愛する人たちのことを感じられる・・・

それを豊かな時間と捉えています。

 

子供が巣立って

「もういらないよ、そんなもの」

と言われても

手を動かしていると

その間ずっと彼らが私の心の中にいてくれて

心が暖かくなるのを感じるのです。

(良く考えると

これはとても押し付けがましいことですね・・・)

 

 

卵や小麦粉を混ぜたり練ったりしながらの手作りのおやつ、

カタカタとミシンで縫ったスカート

庭で収穫したカモミールのハーブティー

子供が小さい頃に作ったものは数知れず

購入したものでも

どこかに手を入れたくて・・・

例えば、娘の白いスクールソックスには

彼女がお絵かきをしたうさぎちゃんをそのまま刺繍にしてみたり。

 

家族と何かしらの手作りのものを楽しみながら

日々そのことを思い出して

胸が熱くなったり

クスッと笑ったり。

美味しかったよね、とお腹を鳴らしたり

今でも

彼らとの話題に登ることが多々有ります。

 

もっと美味しいもの

もっと安心なものを

もっと家族が喜ぶものを・・・と

試行錯誤を重ねた毎日が懐かしく思い出されます。

(香西家の暮らしごとのレシピはその一つ一つです)

 

手仕事・手作りで明け暮れていく

素朴でなんてことはない暮らしですが

家族を思いながら過ごすこの暮らし方が

私は大好きなのです。

 

子供たちが巣立って

彼らの日々を垣間見たときに私はとても安心しました。

私たち夫婦の伝えたかったことを

しっかりと継承していた。

そう、

一人暮らしでも

新しい家庭を作っても

「手仕事で家族と自分を養い、守り、整える」ことを

大切にして毎日を過ごしていました。

何もできない苗木だと思っていた彼らは

私たちの種から

いつの間にか枝を伸ばし葉を茂らせ

まだまだ細いけれど根を大地に張らせていました。

 

それはきっと

私たち夫婦が

たとえ

たわいのない小さな「手仕事」や「手作り」でも

(それがレンジでチンでも)

ひと手間かけながら

そして一声かけながら

彼とともに養い、守り、整えてきたからだろうなと思うのです。

 

やしなうこと

私たちの身体は、毎日の食べたもので作られている。

香西家の暮らしごとでは

時間のある人も、時間のない人も

それぞれの状況に合わせて「手をかける」ことをお勧めしています。

手をかけるというのは、いつも手の込んだことをするという意味ではなく

もし時間がなく、お惣菜を購入してきた時でも

可愛いお皿に盛ったり

レンジのチンで温めたり

「◯◯ちゃんこれ食べて大きくなってね」と心で話しかけて

お惣菜をテーブルに乗せるだけでも「よし!」としています。

我が家では

「手を掛ける」は「心を掛ける」と同じと捉えてます。

「心を掛け」ながらご飯作りをすることは

家族の身体を養うだけでなく

自分の心も養われています。

 

子供たちが巣立ってから気付かされました。

ママが家族を思う、その思いは

今すぐではなくても

いずれ必ず家族に届き

大きな花を咲かせると。

 

「守ること」

家庭を築くと言うことは

心や体を養っていくとともに

作ったその体と心を守る日々でもあります。

病気にならないように、

今の心地よさがずっと続くように

と毎日暮らしていくことはなかなか容易ではありません。

香西家の暮らしごとでは

病気にならない身体作りを

香りやお食事から

そして

自然のものをなるべく取り入れながら

無理なく健康管理ができるような学びをお伝えしています

 

「整えること」

世の中は◯◯に良い、といえば

店頭から物が無くなったり

極端にそればかりを摂取し

逆に不健康になってしまったり。

私にとっての暮らしを整えると言うことは

あらゆる角度でバランスよく暮らすこと。

しんどい時は頑張らなくていい。

お腹が空いたらご飯を食べる。

咳が止まらない時はなに足りないのか考える。

 

そうすれば自然と心も体も、そして日々の暮らしも整ってきます。

 

 

丁寧な暮らしとは

「丁寧な暮らし」が世の中では流行っていますが

「丁寧」の考え方は人それぞれです。

 

昆布やいりこで取った出汁でお味噌汁を作ることや

毎日手作りのおやつを子供に作ることが

全ての人にとっての「丁寧な暮らし」とは

私は思いません。

 

夫婦共働きの人

親の介護で大変な人

子育てで毎日泣きそうになってどこかで助けを求めているママ

子供が巣立って生きがいを失ったと感じているお母さん

それぞれがそれぞれに過ごす環境によって

「暮らし方」は千差万別で

その毎日の暮らしの中で

少しでも自分と家族を愛おしく感じ

一瞬でも自分と家族を思う時間を持つこと。

それが

「丁寧に暮らす」ことだと思っています。

 

そう

愛する人を想うほんの少しの丁寧なひとときが

何層にも重なって

私の「暮らし」を作っています。

それが私にとっての

「丁寧な暮らし」

 

忙しい時

悲しい時

楽しい時

嬉しい時

どんな時でも

家族をクスッと笑わせ

心にあかりが灯せる、

そんな「一瞬でも丁寧に人を思う時間」を

「香西家の暮らしごと」で体験していただけたら嬉しいです。

 

◆◇◆インフォメーション◆◇◆

香西家の暮らしごとでは、毎月の決まったテーマで開催する定期開催のほか、不定期で様々なテーマでも開催しております。

最新の情報はLINEにて配信しておりますので、是非ご登録ください。

お客様の声

アロマはそれぞれに働きをもっており、体調や気分によって好きなアロマの香りが違うということは、それぞれの働きと心や身体が連動していること。
理にかなっていて、とても納得のできるレッスンでした。

今度、どよ~~んとした気分の時に、自分がどんな香りを選ぶのか、ちょっとやってみたいなと思いました。

今日は必要なかったけど、イランイランやラベンダーを選んで「黄土色」とかいいそうです。

またよろしくお願いしますね。

毎回楽しくて2時間があっという間に過ぎていきます。

レッスンを受けてから、家族も自分も風邪をひくことがなくなりました

あんなに毎月のように体調を崩していたのに、これはアロマ効果としか思えません。

これからもどうぞよろしくお願いします。

まさか洗濯洗剤が自宅で作れるなんて思ってもみませんでした。

自分の好きな香りで作れるうえに、仕上がりがふっくらとしています。
それに、信じられないのですが…一度の洗濯で、タオルのくすみがなくなっていました。

今までは合成洗剤を信じて使っていたのに、あのCMは何なのでしょうか…
来月のレッスンも楽しみで仕方ありません
化粧品ジプシーでした。
何を使っても、使い始めから2週間ほどすると肌が黒ずんで、どうしようもありませんでした。

こちらで教えていただいたエキスを利用すると、一週間分ずつ作ることができるので自分で調整できるうえ、何とも言えない香りにうっとりとしてしまいます。

もう、5年以上、先生のレシピで化粧水と美容液を使っているんです。
もう、手放せません!!
自分で家族のためにコスメやハーブを作ることがこんなにも、自分を癒すことになるとは思いませんでした。

先生は、これを「自分を大切にする時間」ですよ、とよくおっしゃいます。

最初は意味がわからなかったのですが
自分のための時間をゆっくりじっくりと持つということは、自分をどれだけ大事に思っているかということに比例するということなのですね。

自宅で、先生のレシピを再現する時は、なるべく雑音を無くして静かな空間の中で香りを楽しむようにしています。

香西家の暮らしごとで扱う
主なテーマ

もともとメディカルアロマテラピー講座として始まった香西家のレッスン。

我が家に訪れる皆様から
  • お料理やお菓子を教えてほしい
  • どんな調味料を使っているの?
  • お洗濯は??
  • そのお肌はどうやって保っているの?
  • アロマ以外にもダイエット方法を教えて
などのご要望を頂いて始まったのが「香西家の暮らしごと」


季節に合わせて毎月のレッスンは、変化していきます。


季節ごとに提案されるメニューを、心待ちにされている方がたくさんいらっしゃいます。
レッスンは私からお伝えするだけでなく、皆さんのリクエストもどんどん受け付けています。

こんなことができる?という質問大歓迎♡


引き出しがたくさんあるのが私の自慢。
知っていることはすべて、皆さんにお持ち帰りいただきたいのです。

香西家のごはん

母が娘に伝えたい。
そんなお料理をお伝えしています。

日々の生活の中で知っておいた方が良いメニュー。
暮らしをちょっと艶やかに彩ってくれる工夫。
時には、節約しながらもおいしく頂けるメニュー。

暮らしの中で、
家族のために、自分のために。
健やかで過ごすためのごはんレシピです。

香りを愉しむ

  • 薄荷(ハッカ)の香りをかいで気持ちがすっとしたり
  • お日様にあてたお布団のにおいで、お母さんを思い出したり
アロマテラピーの原点はもうすでに皆さん経験されています。 
わかりやすく楽しく心地よく香りの働きをお伝えします。

香りで
美と健康を手に入れる

あまり知られていないのが香りの効能

太古の昔から、人間は植物の香りを使って健やかに暮らすことを、日々の暮らしに根ざしていました。

古代エジプトヨーロッパ私たちの住む日本に根差していた、古来から伝わるアロマテラピーは、まさに現代の私たちの生活を守ってくれるヒントになるでしょう。

香西式
お肌がよろこぶ養生術

季節でお肌の状態が変わって困っていませんか?
化粧品ジプシーになっていませんか?

ローズのエキスから
・化粧水
・美容ジェル
・クレイ
などの毎日のお肌のお手入れグッズ
をご自身で作れるようになるのが、香西式の養生術。


私の基礎化粧品はこのローズのエキスがベースです。
一度覚えると、一生、化粧品に悩むことがなくなります♪

香西家の暮らしごと
年間スケジュール

12月

□基本のキ
お出汁について
(作り方や保存の仕方等)
>体験会に申し込む


□実践編
お正月の迎え方
お雑煮にで使えるお出汁をとってみよう

1月

□基本のキ
冬の寒さにも負けないように!
香西さんちの冬のごはん
>体験会に申し込む


□実践編
甘酒をつくってみよう

2月 □基本のキ
冬のおやつを楽しもう!
寒い時期ならではの「春待ち白玉」の作り方・保存の方法
>体験会に申し込む

□実践編

①餡を炊こう

②春を招くうぐいす餅を自宅で作ってみましょう。

3月 □基本のキ
春をお祝いしてみよう!

ハレの日に使える器について
>体験会に申し込む


□実践編
ハレの日用の器につくるちらし寿司
4月 □基本のキ
お肌のうるおいアップ!

ピンクの化粧水
>体験会に申し込む


□実践編
ピンクの美容液を作ってみよう
5月 □基本のキ
大型連休後のお財布事情を応援!
特売お肉の活用法
>体験会に申し込む

□実践編
特売お肉を使ったオススメレシピご紹介
6月

□基本のキ
梅雨もこわくない!
洗濯のお悩みをアロマで解消
>体験会に申し込む

□実践編
香り付き除菌スプレーを作ってみよう

7月 □基本のキ
夏のレジャーに役立つ!
虫除けスプレーの作り方
>体験会に申し込む


□実践編
虫刺されに効くジェルをつくってみよう
8月 □基本のキ
夏の暑さもこわくない!
薬味で夏バテ解消
>体験会に申し込む

□実践編
オススメおそうめんレシピ
9月 □基本のキ
秋は魚がおススメ!
魚の基本の「キ」を学ぼう
>体験会に申し込む

□実践編
魚の昆布締めを作ろう
10月 □基本のキ
レシピでできる簡単料理!
簡単おこわの作り方
>体験会に申し込む


□実践編
もち米のおかずレシピ
11月 □基本のキ
たった3つで足りる!
お掃除洗剤について
>体験会に申し込む

□実践編
3つの洗剤を作ってみよう
2月 □基本のキ
冬の食を楽しもう!
白玉団子の作り方・保存の方法
>体験会に申し込む

□実践編
おぜんざいをつくってみよう
2月 □基本のキ
冬のおやつを楽しもう!
寒い時期ならではの「春待ち白玉」の作り方・保存の方法
>体験会に申し込む

□実践編

①餡を炊こう

②春を招くうぐいす餅を自宅で作ってみましょう。

香西家のくらしごと
お申込詳細

■レッスンオンライン・対面の2タイプから選んでいただけます。

□対面レッスン場所
神奈川県横浜市「伊勢佐木長者町」駅徒歩5分

□オンラインレッスン
ZOOMにて開催します


■体験レッスン(オンライン・対面どちらも可)

各月の「基本のキ」
1回4,000のところ3,000でご受講いただけます。


■年間レッスン


オンライン|年間96,000円(税別)
対面|年間120,000円(税別・材料費込)

※分割払いご希望の方はご相談ください

(内訳)
□基本のキ
1回4,000円(税別)

□実践講座
オンライン|1回5,000円(税別)
対面|1回8,000円(税別・材料費込)

□オンラインレッスン

(基本のキ)+(実践講座)→9,000円(税別)
9,0000円×12回→108,000円(税別)
のところ、年間レッスン費96,000円(税別)に


□対面レッスン
(基本のキ)+(実践講座)→12,000円(税別)
12,0000円×12回→144,000円(税別)
のところ、年間レッスン費120,000円(税別)に

お申込はこちらから

香西家の暮らしごとへのお申込はこちらからお願いします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
この内容で送信する

プロフィール

KOZAism 代表  香西慶子
華道の師範である母のもと、庭に咲く花で色水を作って遊ぶなど幼少期から植物に親しむ。

中学時代は料理研究家のバーバラ寺岡氏に感銘を受け、自然素材を使用した手作りの健康法や美容法を実践。自然を傍に感じる毎日だったが、就職後はバブル時代の流れに乗り、都市型の生活を満喫する。

20代で結婚。
夫の転勤先の倉敷で、自然と共に手仕事を大切に暮らす人たちを見て、その確かさを再確認。
自身が慣れ親しんだ暮らしに立ち戻ることを決意する。
また、子どものアトピーのケアにも自然療法を取り入れる。

30歳のとき母ががんを患う。
手術後の心身の不調がアロマテラピーで劇的に改善。
その様子に衝撃を受け、アロマテラピーを学び始める。

36歳で資格を取得。
名古屋の自宅で講座を始めると、瞬く間に人気教室となる。
さらに「先生の暮らしぶりを知りたい」との声があがるようになり、ナチュラルクッキングやキッチンコスメなど暮らしを楽しむ手作り講座も開講。
受講生は途切れることなく、19年間で延べ1万人以上を指導する。


一方で、プライベートでは家事と育児を一手に引き受け、心身は疲弊。
その辛さを先輩ママに救われ、自らもママたちに寄り添う存在になりたいと思うようになる。


50歳で自身の子宮体がんが発覚。
手術は成功したもののセルフケアの余裕もないほどの不調に陥り、心配した娘が焚いてくれたラベンダーの香りに救われる。
香りの偉大さを再確認するとともに、自分が大切に紡いできた暮らしぶりが娘に受け継がれていたことを実感。
また、病気に向き合う中で、肩の力を抜いて生きるためのカギは、自然の流れに逆らわないことだという結論に達する。


ここから、よりいっそう無理のないていねいな暮らしを心がけるようになる。


今後は、アロマテラピーの枠にとどまらず、食事による養生にはじまり、長年の経験を通して得た暮らしの知識と哲学を、ママたちが自分を楽にする処方箋として提供していく予定。

現在も、香西家の暮らしぶりを講座やSNSを通じて発信し続けている。


1964年岡山県生まれ。横浜市在住。
2人の子どもは独立し、現在は夫と愛犬との3人暮らし。
料理が趣味。レストランで食べた美味しいものは、再現せずにいられない。
食器も好きで、日本の作家の作品を少しずつ集めている。
日々の癒しは、ミニチュアピンシャーのあずきとお話すること。