敬愛・自主・力行

小山台高校野球班OB&G会が運営するWebサイトです。

試合情報はこちら

Twitter更新中!(クリックするとTwitterに移動します)

小山台高校野球班に関する最新情報は上のバーをクリックしてください。

野球班OB&G会からのメッセージ

「いちOBの想い」

緑のKマークをかたどった黄色のアルプススタンド。小山台高校応援団が陣取る風景画像がいいですね。思い出します。

2013年12月14日の新聞記事、21世紀枠の推薦候補に母校の名が載り夢見心地になりました。翌年1月24日の選抜出場決定の報を受けて夢が現実になり、気持ちは昂ぶり、同期を募って応援席の席取り作戦を練ったりとワクワク感はどんどん増していきました。3月21日、試合当日でもある選抜開幕日、終日憧れていた甲子園に居ました。第3試合アルプススタンドで小山台高校校歌、正応援歌を歌う場面では応援席全体の一体感の中で私の興奮、感動は最高潮でした。

もう一度、あの興奮、感動を味わいたい!

次の甲子園出場はもっと鍛えて、トーナメントを勝ち抜く強さと実力を持って甲子園の切符を掴んで欲しいものです。きっとまた私たちを甲子園に連れていってくれるものと信じています。母校小山台高校が再び甲子園のグラウンドに立てるよう私たちOB&G会も力強く支えていきます。その思いがこのWebサイトであらわしていければと思っています。

高25回生 鈴木龍彦

メッセージはこちらから

私たちの挑戦
都立高校として初めて選抜高等学校野球大会出場を果たす。(第86回、2014年)

21世紀枠で選抜に選出頂いてから早3年。次は自力で甲子園に戻れるよう、甲子園で勝てるよう、日々の生活から頑張っている小山台!
近年は、練習環境や設備面も言い訳にしない、いや出来ないと強い思いを感じます。
今私は東京を離れ、香川県に住んでおりますが、毎年夏の大会は基本全試合スタンドにいることを1年の1番の楽しみにしています!
これは単にOBだからというよりも、毎年の魅力溢れる小山台野球が私を突き動かしているように思います!
輝け俺達の誇りが、今夏も走り出します!!

高52回生 小林容祐

毎日の練習時間はわずかに1時間半。加えて、60×90mしかないグラウンドをサッカー班やラグビー班などと共有するため、使用できるのは週3日だけ。それでも強豪校を次々と撃破し、21世紀枠代表校として甲子園出場を果たしました。

小山台の強さの源泉は何か?

それは、恵まれない環境を嘆くのではなく「今置かれている環境で何ができるのか?」を仲間と共に徹底的に考える前向きな姿勢です。いかなる状況下でも機会を見出そうとするマインドは、未来を好転させる契機をもたらし、物事をよりよい方向へ導いてくれます。
加えて、「日本一、心のこもった日誌」として有名な野球ノートが、各人の想いを共有し、それをチーム力に昇華するきっかけを与えてくれています。スポーツの経験がある方はイメージしやすいかと思いますが、試合に出場し、ひとたびグラウンドに出るとそこは、想像以上に孤独な世界です。周囲の声が遠のく中で自分を支えてくれるのは、自分への信頼、そして仲間への信頼です。ノートを通じた日々のやりとりの中で築かれた確かな信頼感が、土壇場で計り知れない力を発揮させてくれるのです。

雑誌「ホームラン」(2009年6月5日発行)

"甲子園"のその先へ

小山台高校野球班は野球を通じて人を育てることを目指しています。
大切にしている3つの価値観
1. 想いを届ける

現役世代は学校環境や家庭環境など、多様な環境の中で日々生活しています。野球班の練習は決してやさしいものではなく、自分自身のみならず周囲にいるご家族にも負担がかかっていることでしょう。では「なぜ野球をやっているのか?」。おそらくその根底には、一人ひとりのユニークな「想い」があるからではないでしょうか。OB・OGとて、学校生活や職場生活といった固有のフィールドにおいて日々活躍されていることでしょう。しなしながら、卒業して何年経とうと「こやまだい」という言葉に敏感であり続けているのではないでしょうか。おそらくその根底には、当時のよき思い出や成し得なかった夢、つまり、形は異なれど、個人的な「想い」があるからだと思います。我々OB&G会は、個々が持つ「想い」を束ねるHUBとなり、未来へ歩むための原動力に昇華させる役割を担いたいと思っています。

2. 現役世代の成長に寄与する

成長とは、リスクを負って殻を破ったときに得られる収穫物です。現役世代は、青年期の貴重な時期に、数多ある選択肢から野球を選び、多くの時間を捧げています。それだけでも十分勇敢な行為ですが、小山台高校野球班はさらに、「甲子園」という夢舞台を本気で目指しています。練習時間や設備、資金といった資源が限られている中で、強豪校と同じ条件で真っ向勝負をすることは、ビジネスの世界でしたら通常考えられません。しかしながら、スポーツとは元来そういうものであり、それを理解した上で、敢えて挑戦しているのです。我々OB&G会としては、そのような勇気ある者たちを放っておくことはできず、出来るかぎりの支援をしたいと思っております。真摯で懸命な姿に心を打たれたファンの集合体として、彼ら彼女らの成長に貢献したいと強く願っているのです。

3. 皆の心に火を灯す
我々OB&G会は、小山台高校のファンが一人でも多くなってほしいと願っています。それは何も、卒業生や野球班のOB・OGに限った話ではなく、高校野球が好きな方や品川区にご縁がある方、同じように公立高校で甲子園を目指す(目指していた)高校球児など、多方面の方々から、「あの高校を応援したい」と思っていただけることを目指しています。では、「応援してもらえるようなチームとはどのようなチームか?」。それは、小山台高校の校章の決定に連日精進を重ねた武田先生が仰る言葉にヒントがあります。それは、「寒さに負けない香り高き気品」と「学問の理想と自立の精神」です。現役世代に限らず、皆がこれらを体現することで、周囲に活気をもたらす魅力的なチームになると考えます。
3. 皆の心に火を灯す
我々OB&G会は、小山台高校のファンが一人でも多くなってほしいと願っています。それは何も、卒業生や野球班のOB・OGに限った話ではなく、高校野球が好きな方や品川区にご縁がある方、同じように公立高校で甲子園を目指す(目指していた)高校球児など、多方面の方々から、「あの高校を応援したい」と思っていただけることを目指しています。では、「応援してもらえるようなチームとはどのようなチームか?」。それは、小山台高校の校章の決定に連日精進を重ねた武田先生が仰る言葉にヒントがあります。それは、「寒さに負けない香り高き気品」と「学問の理想と自立の精神」です。現役世代に限らず、皆がこれらを体現することで、周囲に活気をもたらす魅力的なチームになると考えます。
役員
浪川 正徳
会長/高8回
寺田 康裕
副会長/高20回
夏目 秀雄
幹事長/高42回
柴田 宏明
会計/高50回

濱場 澄恵

役員/高24回
西部 俊宏
役員/高46回
OB&G会概要
組織名 小山台高校野球班OB&G会
会長 浪川 正徳(高8回)
設立年月 ●●●●年●月
学校住所
東京都品川区小山3丁目3-32
設立年月 ●●●●年●月