公務員人材開発研究会Vol.24
(シンポジウム開催のお知らせ)

次回は特別編です。
一般社団法人地域問題研究所が主催している市町村ゼミナールの特別シンポジウムを公務員人材開発研究会(公人研)が共催で開催させていただくことになりました!

タイトルは「公務員セルフマネジメント術」。

公人研の発起人であるキャリアコンサルタントの柴田朋子さんによるセルフマネジメントに関するレクチャーが受けられる貴重な機会です。

日時は8月20日(火)13時30分から17時(開場13時)
会場はアイリス愛知(名古屋市中区丸の内2-5-10)
です。

ぜひ、職場の方にもご案内ください!
部下や後輩の方々にもお誘いいただければと思います。

ご参加には事前のお申込みが必要です。

お申込みは、所属団体名、電話番号、e-mail、部署名、お名前をメール文にご記入いただき、こちらのアドレスまでお送りください。
sympo@chimonken.or.jp
(下記申込フォームによる通常の申込みとは異なります。ご注意ください)

申込み期限は8月19日(月)です。
詳しくは下のチラシをご覧ください。

ご参加お待ちしております!
参加無料

公務員人材開発研究会

公務員のみなさんと一緒に
「職場でどうやったら上手く人が育つのか」
「人材開発って何か」を学び、
実践につなげる場です。

活動目的

人材開発やキャリア開発、マネジメントについては古くから様々に研究され、知見が蓄積し多くの企業の人材育成や組織マネジメントで活用されています。しかし、公務員においては民間企業に比べて、人材開発の「あたりまえ」を知る機会に乏しく、いわば武器を持たないまま「経験と感覚」のみで人材育成や人材配置が行われている現状があります。また公務員は人事異動が3~5年で行われており、人事系の部署であっても腰を据えて専門性を磨くことが難しい現状にあります。この研究会では、人材開発の理論、人材育成のイロハや民間の事例を学び、現場で実践していくにはどうしたらいいかを考えていきます。

活動内容

月1をペースとして開催。大学のゼミのような形式でキャリアコンサルタントの柴田朋子さんによるミニレクチャーから、課題図書を基に基礎を学び、参加者からの提案をもとにみんなで考え実践し、みんなで答えを見つけていくように取り組んでいます。

参加資格

公務員、または公の機関にお勤めの方

事務局

柴田 朋子
キャリアコンサルタント(国資)、GCDF-JAPANキャリアカウンセラー
JUNO代表、金城学院大学非常勤講師(キャリアカウンセリング)
㈱リクルートを経て2000年4月に瀬戸市役所にキャリア採用により転職。
産業部署で道の駅立ち上げや創業塾などの起業支援、教育委員会ではキミチャレなど課題挑戦型プロジェクト学習事業を立ち上げた。
2013年4月よりJUNO代表としてキャリアデザイン、女性活躍推進、コミュニケーションやマネジメントなど様々な分野の研修やセミナーの講師、キャリアコンサルタントとして個人・法人向けのコンサルタント業務を行っている。
内藤 隆史
2003年4月に土木技術職として刈谷市役所に入庁。
公共下水道の整備や浸水対策事業、行政評価、行政改革、業務改善制度、イベント事業、公園整備、城郭復元などを担当し、現在は交通行政に関する業務に携わる。

前々回、公務員人材開発研究会Vol.22のレポート

公務員人材開発研究会vol.22を開催しました。
今回のテーマは「職場でのコミュニケーションって何?」
グループワークで参加者自身の課題を振り返っていただくところからスタート。
何かあると、「コミュニケーションが大事だよね!」と耳障りのいい表現になりがちですが、じゃあそもそもコミュニケーションってどうやるの?ってあまり議論されていません。
みなさんご自身の状況を整理すると「本音で話せているかどうか」など、具体的な話が出てきました。
そして、その具体的な内容から、参加者の方の具体的な状況を深掘りしてみんなで取り組むべきことを検討しました。
かなり難しい事例だったと思いますが、切り口を変えてどう実践するべきか、全員で考えました。
グループからの提案はどれも合致してくる話、そして、物事を情緒的に捉えすぎずに、リアルの状態を把握するところからスタートする話になり、公人研のより良いやり方が見えた会となりました。

(株)オカムラさんが発行しているCueのActivity Reportに公人研の取組をSDGs付きでご紹介いただいてます。公人研から、はたらくを考えるにも繋げています。

会場

Open Innovation Biotope”Cue”
株式会社オカムラ
愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12
大名古屋ビルヂング14F