公務員人材開発研究会Vol.37

公務員人材開発研究会vol.37を開催します。
2020年11月17日(火) 19:30〜20:45(予定)


今回のテーマは「公務員としての学びは何か?」です。
部下や後輩に対して「もう少し勉強してほしい」とか「仕事は勉強するもの」とか聞くことはりますが、では、そもそも何を学ぶべきなのでしょうか?
公務員は何を学ぶべきか?あなたはどう学ぶのか?をみなさんで考えたいと思います。

今回もオフラインとオンラインのハイブリッドで開催します。
会場参加は人数制限がございます。
先着で16名までとなりますので、ご了承ください。
ご参加いただける方は申込み申請と合わせてコメントに会場参加かオンライン参加を投稿してください!

皆様のご参加をお待ちしております!
参加無料

公務員人材開発研究会

公務員のみなさんと一緒に
「職場でどうやったら上手く人が育つのか」
「人材開発って何か」を学び、
実践につなげる場です。

活動目的

人材開発やキャリア開発、マネジメントについては古くから様々に研究され、知見が蓄積し多くの企業の人材育成や組織マネジメントで活用されています。しかし、公務員においては民間企業に比べて、人材開発の「あたりまえ」を知る機会に乏しく、いわば武器を持たないまま「経験と感覚」のみで人材育成や人材配置が行われている現状があります。また公務員は人事異動が3~5年で行われており、人事系の部署であっても腰を据えて専門性を磨くことが難しい現状にあります。この研究会では、人材開発の理論、人材育成のイロハや民間の事例を学び、現場で実践していくにはどうしたらいいかを考えていきます。

活動内容

月1をペースとして開催。大学のゼミのような形式でキャリアコンサルタントの柴田朋子さんによるミニレクチャーから、課題図書を基に基礎を学び、参加者からの提案をもとにみんなで考え実践し、みんなで答えを見つけていくように取り組んでいます。

参加資格

公務員、または公の機関にお勤めの方

事務局

柴田 朋子
キャリアコンサルタント(国資)、GCDF-JAPANキャリアカウンセラー
JUNO代表、金城学院大学非常勤講師(キャリアカウンセリング)
㈱リクルートを経て2000年4月に瀬戸市役所にキャリア採用により転職。
産業部署で道の駅立ち上げや創業塾などの起業支援、教育委員会ではキミチャレなど課題挑戦型プロジェクト学習事業を立ち上げた。
2013年4月よりJUNO代表としてキャリアデザイン、女性活躍推進、コミュニケーションやマネジメントなど様々な分野の研修やセミナーの講師、キャリアコンサルタントとして個人・法人向けのコンサルタント業務を行っている。
内藤 隆史
2003年4月に土木技術職として刈谷市役所に入庁。
公共下水道の整備や浸水対策事業、行政評価、行政改革、業務改善制度、イベント事業、公園整備、城郭復元などを担当し、現在は交通行政に関する業務に携わる。

公務員人材開発研究会Vol.28のレポート

公務員人材開発研究会vol.28を開催しました。
今回のテーマは人事制度。28回目で初めて制度そのものを学ぶ機会となりました。

今回は豊田市の人事制度を構築された職員をゲストにお招きいたしまして、豊田市の人事制度を学び、参加者の組織での制度は生かすことがてきているかを考えました。

講師の熱い想いがこもった制度は、目標管理、評価の仕組みが組織の目標達成と密接に関係した設計を行い、上司と部下が同じ目標を目指すベクトルを揃える仕組みからスタートしており、目標設定を業務ではなく役割で考えるなど、人材育成の要素をしっかりと組み込まれていていました。
人事制度についての多くの内容を学んだ後に今回取り組んだのは、「目標設定の重要性」について、何が求められてくるかを考えるワーク。出てきたキーワードは、今までの公人研での学びに大きくつながってくる気づきともなりました。
「我々は研究者ではない。実務者であれ」
講師のお言葉です。
公人研での最大の重点事項の実践。
参加者の皆様の心に響く言葉となりました。

会場

Open Innovation Biotope”Cue”
株式会社オカムラ
愛知県名古屋市中村区名駅3-28-12
大名古屋ビルヂング14F