このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではナビゲーション部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングメニューブロックの編集」もご覧ください。
📞080-6142-8436
FAX:078-330-0255
Email:footandante@gmail.com

あきらめないで!!
肥厚爪・爪甲鈎彎症

足の爪が
・分厚くなる
・黒っぽく変色する
・浮き上がったり
・変形する…

ご高齢の方に多いトラブルですが、若い方にもあるトラブルです。

病院では何もしてもらえないこともあり、あきらめている方も多いですが、
ドイツ式フットケアでケアすることができます。


サロンや訪問で
ケア可能です

爪甲鈎彎症・肥厚爪の原因

◆爪甲鈎彎症は指をぶつけた・足を踏まれたなどの外傷後の成長障害によるものが多いといわれています。
◆医療機関で抜爪などの爪の手術後に起こることがあります。
◆合わない靴による圧迫。
 大きすぎても小さすぎてもよくありません。
◆若い方では前足部に大きな負荷がかかるスポーツ(登山・テニス・バレーボールなど)をされる方に多いです。 
◆肥厚爪は高齢者の長年のケア不足が原因ではないかといわれています。
◆爪白癬(爪の水虫)で爪が厚くなることがあります。

放置すると…?

◆見た目が気になる方はプール、ヨガ、温泉など裸足になる所には行けない・夏でも人目が気になってサンダルが履けないなど、ファッションや活動が制限されてしまいます。

◆痛くなるとサイズの合った靴が履けなくなり、新たなトラブルの元になる。高齢者では転倒リスクの増大につながる。

◆隣の指などに突き刺さって傷や痛みの原因になる。

◆傷から細菌感染することもある。

◆真菌に感染し、爪水虫を合併することも。


◆ご高齢の方では歩くことに消極的になり筋力の低下・全身機能の低下や認知症の引き金にもなりかねません。


※浮いた爪の下は空洞になっているので角質やゴミがたまりやすく、白癬菌(水虫)やその他の細菌の温床になり非常に不衛生な状態です。
匂いの原因にもなります。


※すでに爪が下の皮膚から浮いているので、爪本来の役割も果たせていません。



ケアの流れ

カウンセリング:原因は何か、お話を伺いながら考えていきます。

足浴:専用のブラシと石鹸で爪のキワを洗います。


爪溝掃除:爪周囲の溝を専用の器具で掃除します(※1参照)。


グラインダーで削ります:厚みと形を整えます(※2参照)。


カット:ニッパーで長さを整えます


やすりがけ:滑らかに仕上げます。


テーピング:爪が正しい方向に伸びるように、テーピングをすることがあります(イラスト・※3参照)。


保湿:クリームを塗って簡単なマッサージ


ホームケアのアドバイス:靴やテーピング・保湿のアドバイス

※1.爪溝の角質やゴミを取り除くことによって、ケアの後に健康な爪が伸びるのを促します。

※2.爪床から浮いているため爪の役割をしていない・また空洞に角質等がたまって不衛生になるので、フットケア専用のグラインダーで厚みを削った後、切れる所まで切ってしまいます。

 長さは本来の1/3ほどになりますが、きれいな爪が出てきます。

※3.ケアの後、健康な爪を早く伸ばすためにはホームケアが大変重要になります。
可能な方はテーピング・保湿・正しい靴選びと履き方を続けて下さい。



所要時間と初回ケア後の見通し

重症度や数(両足か片足か)にもよりますが、初回ケアで60分~90分かかります。
2回目以降は約40分で終わります。
お悩みの指のみのケアも可能です。

◆高齢の方は削った後、なかなか新しく爪が伸びない方もいらっしゃいます。
◆高齢の方はホームケアが難しい方が多いので、ひとまず1回で終了する方もいらっしゃいます。
◆少しでも早くきれいにしたい場合は1~2ヶ月毎の定期ケアをおすすめします。

◆爪白癬の合併が疑われる場合、一度は皮膚科受診をおすすめすることがあります(受診されない場合もケアは可能です)。
◆通常はお悩みの指だけでなく全指のケアをいたしますが、お申し出があればお悩みの指のみでもかまいません。



ケアの実例とお客様の声

K・A様(80代女性) 

爪甲鈎彎症の定期ケア

初回ケア前は痛みがあり、カットすると指に食い込んでいた痕がありました。
ホームケアは難しい方ですが、足裏にウオノメができることもあり、定期的にケアさせていただいています。

お客様の声(ご家族様)

入居している施設の方から家族で切るように言われて、初めてこんなことになっていると知りました。素人ではどうしようもない状態だったのでお願いすることにしました。
1回のケアで痛みもなくなり、歩きやすくなり助かりました。

M・U様(80代男性)

爪甲鈎彎症のケア
約1年半ほど前に履いていた靴がキツいと感じていたそうです。
両足の第1趾・第2趾の肥厚と変形があり、原因はおそらくその時の靴ではないかと思われました。
靴の選び方と履き方をアドバイスしました。

お客様の声
1回でこれだけきれいにしてもらって、女性のようにマニキュアを塗りたい気持ちになりました。

Y・S様 (50代女性)

爪甲鈎彎症の定期ケア
とても几帳面な方で根気よく保湿とテーピングのホームケアを続けていただいているので、ここまでよくなりました。
爪が全部生え変わるまでは1~1年半です。あとひといき頑張りましょう。


お客様の声
見苦しい状態で人前で足を出せず悩んでいました。皮膚科に行ってもあきらめるしかないと言われましたが、今ではだいぶきれいになり足がだせるようになりました。


S.M様 (80代男性)

肥厚爪のケア
長年ケアできていなかったようで、ご家族が気が付かれた時には上のような状態でした。冷え症のためいつも分厚い靴下を履かれていたそうで、家でもご家族の前で裸足になることがなかったそうです。
入浴は一人でしていても意外とケアが行き届いてない場合がありますので、身近な高齢者の足を時々は観察してあげたいですね。


A.N様 (80代女性)

肥厚爪のケア
分厚くなりすぎて介護サービスの方にもケアできない状態でした。
靴を履くと痛くて、大きめの靴しか履けなかったそうです。
足に合わない靴は転倒リスクを高める原因の一つになりますので、
早めにケアを受けていただきたいです。
料金・アクセス・Q&Aなどの情報をごらんになる方は
下のボタンを押して各ホームページにお戻りください。
訪問をご希望の方はネット予約を受け付けておりません。
ご予約される方は、ご面倒ですが上のボタンから介護予防フットケアのページに戻っていただき、お問い合わせフォームにご記入の上送信してください。
または080-6142-8436までお電話下さい。
施術中は電話にでることができません。

メッセージを残してくださるか、またはショートメールでもかまいません。
のちほどご連絡いたします。


サロンのご予約はこちら