興信所の費用の謎を解明

興信所の費用の謎とは

「旦那(妻)が浮気をしていないか調べたい」

「初恋のあの人に、もう一度会ってみたい」

「結婚を約束した婚約者の普段の素行が知りたい」

こんな時、興信所に依頼して調査をしてもらおうとします。しかし、興信所に調査を依頼するなら、その対価を支払わなくてはなりません。

対価といいますが、要は依頼に対して費用を支払って、自分に代わり調査をするのが興信所の仕事ですから、費用を支払うことに、疑問などはありません。

しかし、その興信所に支払う費用が高かったら?

他の興信所ならもっと安い金額で調査をしてくれたかもしれない。

そんな風に考えた人も多いのではないでしょうか。

そこで、興信所へ依頼したら、いったいどれだけの費用が必要になるのか、また、興信所の費用の計算や相場、調査の契約条件など、気になる項目は沢山あり、その疑問について、簡単に解説しようと思います。

興信所の費用は全て違います

興信所では、恋人や夫婦が浮気をしていないか調べる浮気調査から、行方がわかなくなった人や家出をした家族を探す人探し調査など、色んな調査をおこなっています。

あらかじめ調査の種類は決められていますが、興信所の調査にかかる費用は、各興信所、そして各調査の種類よって金額はまちまちです。

興信所に何を調査してもらいたいのか、どのような結果を望んで、現在の依頼者の状況によって、調査にかかる費用は違ってきます。

もう気がついていたかもしれませんが、興信所の費用を確かめる前に、それぞれの調査と興信所で費用が違うというのは理解しておいてください。
参照:興信所の選び方マニュアル

興信所の料金プランとは何か?

興信所は、調査料金を決めるため、それぞれ料金プランを設けています。このプランによって費用の計算や、注意する点が違います。
ここでは、興信所の料金プランで多い3つのプランについてご紹介します。

成功報酬型プラン

成功報酬型プランは、調査が成功した場合に、興信所へ成功報酬を知らうタイプの料金プランになります。成功報酬は調査に必要となった経費とは別途で請求されますが、調査を失敗したり、成功条件を満たさずに調査を終えたら、成功報酬を支払う必要はありません。
成功報酬型プランの派生プランに、預り金を採用している興信所もあります。この預り金プランは最初に必要な費用をすべて支払い、調査を失敗したらあらかじめ決めていた預り金を返金。調査が成功すれば、預り金がそのまま成功報酬となるといったものです。

時間単価型プラン

時間単価型プランは、調査にかかった時間だけ費用を支払うプランです。このプランでは、依頼者が「何時間で調査をして欲しい」と伝える場合もあれば、興信所が「●時間分の調査を行います」と言って、あらかじめ時間を提案する場合があります。
調査にかかる時間を自分で調節できるので、延長などの心配はなく、調査にかかる費用のコントロールが容易という特徴があります。
いっぽうで、調査にかかった時間以外の費用が不透明なこともあり、時間単価型プランを依頼する場合は、1時間単価がいくら、そこに諸経費などのどんな費用が含まれているのか確かめておきましょう。

パック型プラン

パック型プランは、「おまかせプラン」とも言える料金プランです。このプランでは興信所があらかじめ調査条件などを指定して、調査にかかる経費も全て含まれた費用になります。
パック型プランは、調査を行うために必要な事前情報が少ない場合など、日頃の相手の日常生活を調べる素行調査など、長期間の調査を行う場合に使われることが多いプランです。
このプランは、興信所にお任せになってしまうため、調査を行うスケジュールなど細かい変更が難しかったり、パック料金の詳細が曖昧なケースもありますので、注意して依頼しなくてはなりません。




興信所によって料金プランの内容に若干の違いはありますが、およそこちらで紹介しているプランの内容で費用が計算されています。興信所でプランのことを調べるとき、参考にしてみてください。

興信所の費用の相場を調べる

興信所に調査を依頼するとき、必ず費用の見積りと、その提示された費用の比較をしてください。

費用の見積りは複数の興信所に依頼して、その調査の費用を計算してもらいます。それを元に、どの興信所がもっとも安く調査をしてくれるか比較します。

これにあわせて費用の相場がだいたいいくらというのがわかります。その相場を元に、実際に調査を依頼した場合の相場との差を調べれば、一番費用の安い興信所がどこかわかりますし、面談時の交渉でも興信所に足元を見られるということはなくなると思います。

興信所の費用の相場を調べるとき気をつけることは4つ。

1.見積りの費用は同じプランで比較すること。
2.複数のプランがある場合、自分の依頼にあったプランを選ぶこと。
3.必ず複数の興信所で見積りをしてもらうこと。
4.相場は絶対ではないので、必ず自分で納得できる興信所に依頼すること。

参照:上手に興信所を選ぶ方法

最後は矛盾しますが、相場は絶対ではありません。比較する興信所が違えば相場は変動します。自分が納得する条件で調査をしてくれる興信所があり、その興信所が信頼できるなら、その興信所へ調査を依頼すべきです。