高次脳機能障害に強い弁護士を味方に

当事務所はこれまで、交通事故等で高次脳機能障害を負われた方のご相談をお受けし、解決に導いてまいりました。

適切な検査や主張により、賠償金は数千万円単位で増額するケースが多いのです。豊富な実績を有する弁護士へお気軽にご相談ください。

よくお受けするご相談
提示された賠償金が
適正か分からない
高次脳機能障害か
どうか分からない
等級や休業損害、
慰謝料をアップしたい
弁護士に相談したいが
外出するのが難しい
弁護士に相談したいが
外出するのが難しい
弁護士に依頼することで、
これらは解決へ向かいます

提示された賠償金が適正か分からない

保険会社から示談金を提示されると、それが正しい金額であると思い込んでしまう方が多くいらっしゃいますが、実はそうではないケースはきわめて多いです。

実際に、弁護士が介入することにより数千万円の増額という結果となった例は数多くあります。
提示された金額に少しでも疑問をお持ちになったら、お気軽に弁護士へご相談されることをお勧めします。

高次脳機能障害なのかどうか分からない

高次脳機能障害は、本人の自覚症状がない場合が多く、見落とされがちです。
そのため、ご本人やご家族も「少し性格が変わったな」と思う程度で、通院や検査まで至らないことも少なくありません。

「忘れっぽくなる」「怒りっぽくなる」「集中力が落ちる」等々、典型的な症状というものも存在します。
高次脳機能障害を熟知した弁護士であれば、通院や検査についても最適なアドバイスをご提供します。

後遺障害等級や休業損害、慰謝料をアップしたい

適切な等級の認定を受けなければ、適切な賠償金を獲得することはできません。弁護士が病院に同行し、適切な後遺障害診断書の記載内容など医師に説明して協力を仰ぐことも重要です。


また、保険会社が提示する休業損害や慰謝料、逸失利益その他に関しても、弁護士にご依頼いただくことで大幅に引き上げられる可能性があります。

弁護士に相談したいが、外出が難しい

交通事故に遭い、高次脳機能障害を負われた方の中には、入院されていたりと、様々な事情でご来所頂くことが困難な場合があります。

このような、ご来所が難しい方のために、弁護士による交通事故の出張相談を行っています。被害者ご本人のみならず、そのご家族からのご相談でも結構です。交通事故に詳しい、被害者側専門の弁護士が、あなたの元に伺います。
解決事例
高次脳機能障害で後遺障害等級3級3号が認められた事例
診断書上「脳挫傷」の診断がありました。
当事務所にご依頼いただき、病院のカルテを取り寄せた結果、初診時に意識不鮮明であったことが判明したため、救急搬送記録を取り寄せて事故直後の重度の意識障害を立証することができました。

また、主治医に神経心理検査を実施していただきき、後遺障害診断書の記載についても、主治医に意見書を提出して、後遺障害診断書の作成の参考にしていただきました。

結果的として、自賠責の後遺障害調査事務所から後遺障害の第3級3号「神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの」に該当する判断を得ました。

後遺障害等級認定と介護費について争い、6600万円の賠償金獲得に成功した事例
診断書上「外傷性クモ膜下出血」「急性硬膜下血腫」「脳挫傷」の診断がありました。
初診時に意識不鮮明、記憶障害であったことが判明し、救急搬送記録を取り寄せることで、事故直後の重度の意識障害を立証することに成功しました。

また、主治医に神経心理検査を実施していただき、後遺障害診断書の記載についても直接主治医と意見交換をしたところ、本人に病識がない点が明らかになりました。
結果的に自賠責の後遺障害の調査事務所から後遺障害の第3級3号「神経系統の機能または精神に著しい障害を残し、終身労務に服することができないもの」に該当する判断を得ました。

その後、主に将来介護費の金額が争点になりました。
相手方保険会社の提示から2200万円の増額交渉に成功しました。
最終的に6600万円の賠償金の獲得に成功しました。

高次脳機能障害事件において
当事務所が選ばれる理由
豊富な解決実績とノウハウ

高次脳機能障害は、どの弁護士に相談・依頼しても結果が同じではありません。

保険会社や相手方との交渉において、交通事故や労働災害等の問題の中でも高度な専門的知識を必要とするため、高次脳機能障害を取り扱った実績のある弁護士に相談をしなければなりません。

当事務所ではこれまで多くの高次脳機能障害事件のご相談をお受けし、解決に導いて参りました。

土日祝相談可、アクセス至便

予約のお電話から最短で即日で、弁護士との来所相談が可能です。
平日は午前9時〜午後7時まで受付、
土日祝は午前9時~午後6時まで受付、
相談開始時間は午前9時から午後9時まで対応可能です。

また、JR川口駅東口から徒歩2分とアクセスも良好ですので、お気軽にお立ち寄りください。

明確・安心の費用体系
「弁護士費用特約」というものがあります。
弁護士に頼んで賠償金増額をしても相談料、着手金や報酬金を含めて、自分の保険会社が立替払いしてくれるので、自己費用負担なしという特約です。

また、弁護士特約が無くとも、当事務所は着手金不要の完全成功報酬性です。
主張相談・病院同行も実施
ご来所が難しい方のために、弁護士による交通事故の出張相談を行っています。被害者ご本人のみならず、そのご家族からのご相談でも結構です。交通事故に詳しい、被害者側専門の弁護士が、あなたの元に伺います。

また、少しでも正確に症状を伝え、少しでも有利な診断を受けるため、被害者様の通院等に同行させていただくことも可能です。
主張相談・病院同行も実施
ご来所が難しい方のために、弁護士による交通事故の出張相談を行っています。被害者ご本人のみならず、そのご家族からのご相談でも結構です。交通事故に詳しい、被害者側専門の弁護士が、あなたの元に伺います。

また、少しでも正確に症状を伝え、少しでも有利な診断を受けるため、被害者様の通院等に同行させていただくことも可能です。

弁護士よりメッセージ

高次脳機能障害を負われた方々の多くは「一番の願いは、自分の体や財産を交通事故前に戻して欲しい」と仰ります。

しかし、残念ながら現在の法律や医学では自分の体や財産を完全に事故前の状態に戻すことはできません。
そうであれば、せめて適切な賠償金を受取って頂き、今後の生活の糧にして頂きたいと思います。

当事務所では、相手方の損害保険会社からの提示額よりも、増額した賠償金を受取る手助けをさせて頂きます。

ご自身の今後の生活のため、ご家族の生活ためにも、一度弁護士に御相談されることを強くお勧めします。

実は、保険会社の提示している賠償金額は、保険会社の社内基準を根拠にしているに過ぎません。保険会社の提示額は、裁判で認められる賠償金額の6割程度であると言われています。

弁護士に依頼すれば、保険会社基準ではなく高額な裁判基準での賠償金増額の交渉が可能になるのです。

法律事務所に電話をかける、というに抵抗をお持ちの方も多くいらっしゃるかと思いますが、是非一度、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

弁護士費用
(弁護士費用特約あり)
相談料
0円
着手金
・300万円を超え3000万円以下の場合:
 経済的利益の5%+9万円

・3000万円を超え3億円以下の場合:
 経済的利益の3%+69万円

・3億円を超える場合:
 経済的利益の2%+369万円
報酬金
・300万円を超え3000万円以下の場合:
 経済的利益の10%+18万円
・3000万円を超え3億円以下の場合:
 経済的利益の6%+138万円
・3億円を超える場合:
 経済的利益の4%+738万円
弁護士費用
(弁護士費用特約なし)
相談料
0円
着手金
0円
報酬金

経済的利益の額が
・125万円以下の場合:
 経済的利益の16%+10万円
・300万円以下の場合:
 経済的利益の24%
・300万円を超え3000万円以下の場合:
 経済的利益の15%+27万円
・3000万円を超え3億円以下の場合:
 経済的利益の9%+207万円
・3億円を超える場合:
 経済的利益の6%+1107万円 

※訴訟での解決をご希望の場合,別途裁判へ出廷日当がかかる場合があります。