なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

公益財団法人
戸田壽一・成郎育英財団とは

どのような団体か

何かと社会支援が求められる児童福祉施設を始め、多くの非営利団体が存在します。

こうした非営利団体をサポートするのが、様々な財団の存在です。

中でも、東京都の児童福祉施設などをサポートする役回りを担うのが公益財団法人 戸田壽一・成郎育英財団です。

2021年になってから公益法人化した公益財団法人 戸田壽一・成郎育英財団とはどのような団体なのか、まとめました。

公益財団法人 戸田壽一・成郎育英財団とは

公益財団法人 戸田壽一・成郎育英財団の活動理念には、「高い志を持ちながらも、さまざまな事情により、進学の夢を断念せざるをえない子どもたちに、日本伝統の徳育を大切にしながら、様々なサポートやアドバイス等を行うことで、次世代の社会を切り拓く、創造性にあふれ自立心に富んだ人材の育成に貢献」と書かれています。

中でも公益財団法人 戸田壽一・成郎育英財団で代表理事を務める戸田成郎さんは、「これからの日本の未来を担う子供達へ、正しい精神と教育の在り方を伝統として、お伝えしていく事」を目的に設立したとメッセージを発信し、活動を続けている状況です。

公益財団法人 戸田壽一・成郎育英財団の理事などを見ると、学習院大学など名門校を運営する学校法人学習院の名誉院長やシスターなど様々な人々が参加しています。

子どもの教育、子どもの保護など様々な視点で物事を考え、運用をしているのが特徴的です。

公益財団法人戸田壽一・成郎育英財団
https://www.t1176foundation.or.jp/

主な活動とは

公益財団法人 戸田壽一・成郎育英財団では児童福祉に関する活動費を助成する事業を主に展開しています。

児童養護施設の管理運営、近年では子ども食堂など親の虐待、育児放棄から子どもを守るやり方が多様化。

しかし、こうした団体に対する支援は万全とは言い難く、多くの人々の寄付金が頼りになります。

景気が悪くなるとこのような団体はあおりを受けやすいため、安定的に助成金を得られるのが急務となりやすいです。

そんな時に頼りになるのが公益財団法人 戸田壽一・成郎育英財団を代表とする財団の存在です。

公益財団法人 戸田壽一・成郎育英財団では毎年助成を行っており、昨年度は10団体に助成金を出しています。

公益法人化は相当なハードル

公益財団法人 戸田壽一・成郎育英財団は2021年に公益財団法人となりましたが、実はこの公益化は相当なハードルです。

公益法人は社会のために必要な団体であり、社会的信用が必要とされます。

当然過度な利益をもらうのもダメですし、社会的信用を失うこともできません。

他にも様々な基準が設けられており、クリアするのは大変です。

公益財団法人 戸田壽一・成郎育英財団もこれらの基準をクリアして行政に認められています。

公益性が高い事業を展開することで税制面の優遇処置があるからこそ、厳しい条件を突きつけられるのが公益法人。

すべては子どもを守るという信念のため、公益財団法人 戸田壽一・成郎育英財団は今日も活動をし続けます。