CONCEPT

コト⇄コトは、コト (モノや行動)の交換をとおして、まちづくりをめざします。

NEXT EVENT

コト⇄コト交換マルシェ(環境交流センターファンクラブ交流会)

・日時:2月9日(土)13:00〜15:30
・場所:豊中市立eMIRAIE環境交流センター
・対象:ファンクラブメンバー、または当日ご入会いただける方
・定員:50人(先着順)
・申込み:2月6日(水)締切
・申し込み方法:(1)名前(ふりがな)、(2)電話番号を、
 電話・FAX・メールいずれかの方法でご連絡ください。

※ファンクラブは小学生以上が対象ですが、未就学児同伴での参加も大歓迎です。
 同伴される場合は、お子様の年齢(または月齢)も合わせて明記ください。
※メンバーでないご友人やご家族も一緒にご参加いただけますが、その方もご入会
 をお願いします。

豊中市立eMIRAIE環境交流センター https://kankyokoryu.jp/index.html
(指定管理者:NPO法人とよなか市民交流会議アジェンダ21)
TEL 06-6844-8611
FAX 06-6844-8668
Email office@kankyokoryu.jp

大切にしたいこと

『提供することを喜びとする』

誰かに何かを与えることは、自分にとって楽しいことだと再発見したい。コト⇄コト交換のなかでは、お互いに与え合う過程を楽しむことをめざします。

『お金を扱わない』

お金ではカバーできないコトに気付き、語り合いたい。マーケットで形成される価格(お金)よりもコトそのものの意味や価値を考える一方、提供できるコトを互いに発見し合い、各々の価値観を尊重することをめざします。

『困っている人たちこそ参加してもらう』

子育てしている人・孤立している人・若い人・海外からの人・高齢者など困りごとをもつ人たちにこそ、参加してもらえる工夫を今後も考えたい。

『参加者と交流する』

交換する過程での「協力・参加・助け合い」を重視したい。一人ではできないことも交換することで可能になるかもしれません。

コト⇄コト交換の進め方

ささやかでも、その場で何も持っていなくても、交換はできます。
その場ではなく、後日に提供しても構いません。
参加する人それぞれが、できる範囲で、どんなことでも交換できます。
交換のプロセスも楽しみましょう。

STAFF

和雄

居住関連のNPOで活動中。交流や多様性を重視したいと思います。

美樹

地域包括支援センターで仕事中。多世代で多種多様な暮らしを楽しみたい。

芽実

若者、生活困窮者支援の仕事中。さまざまな人が自分らしく生き生き暮らす社会をつくりたい。