悩まない自分になるために、知っておきたい事

  • なぜ思い通りにいかないの?
  • いつになったら楽になれる?
  • この不安やモヤモヤの正体は?
  • ただ「心の平安」が欲しいだけなのに・・・
  • いつまで、この幸せ探しが続くの?

ほとんどの人は、ただ「幸せ」を求め、ひたすら頑張り続けます・・・
そして、この繰り返しで一生を終えます。

そこには、あなた自身では見えない「盲点」があります。

大前提の「根っこ」の視点がすべての現実世界を決めます。

自分を変えるために、どんなに本やセミナーで学んで頑張っても、
大前提の「根っこ」が変わらなければ、何も変わりません。


人は無意識レベルで
物事を
解釈したいように解釈してしまい、
「あるがままの世界」を捉えることができません。

あなた自身の「盲点」をあなた自身で見抜くまで
この探求ゲームは終わりません。

今あなたは、このメッセージと出逢いました。

それって、本当に偶然だと思いますか?(^^♪
あなたは今、果てしない探求人生の最終章にいます。

メルマガ第1回目は動画「価値観の正体!」をご視聴頂けます。

音声や動画の内容(一部)
■なぜ自分自身に「制限・苦しみ」を与えてしまうのか?
「心の安定」は一体いつ得られるか?
■何をやっても「充足感」がない理由とは?
やりたいことがやれない、やりたくないことをやめれない正体。
■勘違いシリーズ「努力なしに得られない!?」
「ジャッジ」がやめられない理由
「わかっちゃいるけど、やめられない」仕組み
■人にはアドバイスできるけど、自分の事はわからない理由
不安はどこから来るのか?
思考は止まらない?
意味づけストーリーを生きている
■「なりたい」は根底に「なれない」がある!?。
■無意識にあるものが現象化されている!?・・・・等

メルマガ登録はこちら

「探求」の原動力は不足感。

何か物足りなさや、満たされない心から抜け出せない・・・
いつも付きまとっている「不安・モヤモヤ・心のスキマ・空虚感・・・」

これらは、無自覚ながら自分の中に「無価値観」がある事が前提で発生します。
その証拠として、以下の様な状態になる事があるのではないでしょうか?


  • つい他人と比較してしまう
  • 自分がダメだと思う事がある
  • 人からどう思われているか気になる
  • 失敗するのが怖い
  • お金さえあれば・・・
  • 充足感がない
  • つい頑張りすぎてしまう
  • この先どうなるかわからないという不安
  • 理想と現実のギャップを感じる
  • なんとなく疎外感や孤独を感じる
  • いつも何かに焦っている
  • なにか居心地の悪さを感じる時がある
  • いつも正解を探しをしている

ただ「充足感」が欲しい・・・

不足感を満たすために様々な情報を探し続けていませんか?

今の、漠然とした「不快感」から逃れて「安定した心」でいるために、答えを探し求めていませんか?

例えばこんな方法で・・・

  • 解釈や見方を変えて乗り切る(ポジティブな側面を見るという視点の切り替え)
  • スピリチャル系、自己啓発系の本を読んだりセミナーに参加してみる
  • 思考の現実化や引き寄せの法則等実践してみる
  • 他人軸にふりまわされないように自分軸にこだわる
  • セラピー等の「癒しのワーク」をする
  • 神社やパワースポット巡り、海を見に行く
  • とにかく行動して無理に忙しくする
  • ヨガや瞑想等を実践し、リラックスしようとする
  • 「本質的な」ものだけを探求しようとしている
  • 理想的な自分を明確にイメージしてみる
  • 「流れに任せよう!」や「今を楽しもう!」を実践してみる
  • 断捨離をしてみる
  • 刺激や快楽、夢中になれることを求める

それで解決したのでしょうか?

今の「不快感」を「快感」へもっていくための自分なりの解釈方法という「武器」を身に着けようとしているだけに過ぎないということを、心の深いところでご存じなのではないですか?

人生80年の「ありがち」な流れ

STEP

1

幸せになりたい

好きな事をやって自由に生きたい!
幸せな結婚、幸せな仕事、個性を活かして、ワクワクの人生で・・・

STEP

あれ?理想と現実が違う・・・

お金さえあれば自由が手に入るのに・・・
人との関係も上手くいかない・・・「嫌な事も我慢しなきゃ」

「自分を変えなきゃ!」「とにかく頑張るしかないんだ!」

STEP

物質世界の限界を知り、精神世界に入ったりする

お金などでは幸せは得られないと思いはじめ、スピ系や自己啓発の本に夢中になる。内面を見つめてみるが現実世界は変わらず、つねに不足感がありながらも「私は満たされているのよ」と笑顔で思い込もうとしたりする。

でも、現実「やっぱり、お金がないと生きていけないよね」と焦りはじめたりする。

STEP

再び不安・モヤモヤが・・・

不安、モヤモヤを解消できる方法や解釈・気づきを得られたかのように思われたが・・・それは一時的に乗り越えただけで、また違う事象で悩み始める。不足感の穴埋めが続く。

STEP

次なる解決方法を探し始める

その事象の問題を乗り越えたと思いきや、また別の事象でモヤモヤし始める。
不安、悩みを解決すべく、次の解釈方法を探し始める。結局、不足感から何かを追い求める。

STEP

以降、死ぬまでこの繰り返し・・・

結局「人間ってものは悩む生き物なんだな。人間だもの・・・」と自分を納得させようとする。
でも正直「もっとやりたいことやっとけばよかった。自分の個性を活かしたかった」と後悔して人生の幕を閉じる。結局、最後まで不足感から抜け出せないまま一生を終える。

STEP

1

幸せになりたい

好きな事をやって自由に生きたい!
幸せな結婚、幸せな仕事、個性を活かして、ワクワクの人生で・・・

一体どうすればいいのでしょうか?

「どのようにして乗り越えていくか」という目的のために方法論を学び実践することや、自分なりの解釈の構築を散々繰り返してきましたね。これはもはや無限ループと言えるのではないでしょうか?

無限ループ
の終焉へ。

終焉のステージへ


■この地球上に暮らす全ての人に「人生で最も大切なものは?」と尋ねたら、ほとんどの人が「幸せ」と答える事でしょう。

実際、人間のほとんどの行動は、「幸せ」を手に入れるために起きています。

「幸せ」を手に入れる旅は、体・心を含めた現実という世界を舞台に起きています。


幼いころ、欲しいものを手に入れる事が「幸せ」につながると学んだ私たち人間は、いつの間にか物や活動、人間関係に「幸せ」な体験を結びつける事を生きる基本とするようになりました。



そして、望んで手に入れたものはまだ手元にあるのに、それがもたらしたはずの「幸せ」の体験が、失う不安の出現によって消え去ってしまう事があります。


それは、「幸せ」が、物・人間関係・状態といったそれら全てを手に入れる事と、「幸せ」の消滅する事が繰り返されるという事を知るのに十分でしょう。

それは、不足感が続くことを意味します。



■「幸せ」のために物・人間関係・状態といったそれら全てを獲得する動きとともにある、もう一つの着目すべき行動は、不快を回避する行動です。


不快の発生は、人間にとって「幸せ」から遠ざかる事を意味するからです。


■こうして人は、不快の回避を行うとともに、かつて経験的に「幸せ」をもたらした事と同じ様なものや、それらと置き換えできる別の何かを獲得する事を繰り返し、消えかかった「幸せ」を再び手に入れようと試み始めます。

不足感の補充を続けるのです。

■それを物質的な何かではない精神世界において、不快の回避としての方法や、「幸せ」のために求めることができる何かに変えていったとしても、それは同じことの繰り返しを意味します。


それを単に「探求」とした場合、「探求」を極みまで続けていったあかつきに、人間には、これ以上進む道はなく、探す当ても無いところまでいったとしても、多くの人は、何かを「探求」し続けるという事をやめられずにいるでしょう。



そして、


今ここで「このメッセージ」に出逢ったあなたは、この「探求」無限ループの終焉のステージにいるのです。


新たな扉が
開かれます

「ルーツ」への回帰

私たち人間が、それ以前である「ルーツ」への回帰のプロセスをたどり始める時、新たな扉が開かれ、やがて、あなたの体験の全てである「探求」の静止、そして、その本質に満たされる瞬間がやってくるはずです。

ノンデュアリティセッション

■まずはじめに、このセッションによって起こってくる事は、無自覚だった不足感発生源の正体をあなたがキャッチし始めるという事です。

それは、かなり根源的なものと表現することができるでしょう。



■人は不快から遠ざかるために、あらゆる手段を用いて不快の回避という回路をオートマティックに働くように自然と内部に構築してしまいます。

セッションが進んでいく中で、認識できないレベルまで頑丈に鍵をかけて閉じ込めてしまった見るべき何かに出会うに至るでしょう。



■それは、一時的に八方塞がり・四面楚歌といった絶望感を強く感じてしまう可能性もがあります。
しかし、それは無かったのではなく、認識できないように閉じ込めてしまっていただけです。

無意識の奥底に開かずの箱に閉じ込めてしまったもの・・・

それは「無価値感」です。



■それは、認識に上がらないように閉じ込めてしまっているために、それそのものを強く感じることはできません。

つねに不安感や不満足感、心がざわつく感じ、単に理想と現実のギャップといった、他の事に転換された感じ方としてそれを捉えるにすぎません。



■最終的にこの「無価値観」に向き合うことの力強さは、今のあなたにとって、本当の自分と再会できる大きなチャンスです。
「探求」無限ループの終焉です。

ここに向き合うことは、とても怖いと感じる事なのです。



■あなたの不快の回避行動不足感からくる獲得行動のメカニズムについて、一緒に探っていきます。それをすることで、あなた自身の人間としての「探求」の軌跡に細部まで「気づく」ことでしょう。

そして、自分には「無価値観」の反対側の極にある「とてつもなく価値のある存在である自分」に出会うことでしょう。


■自分の中に閉じ込められていた「無価値感」を直視し「とてつもなく価値のある自分」を感じきれた時、価値観というもの自体が消滅していきます。

それが「ルーツへの回帰」です。


■そしてノンデュアリティ(非二元)という、新たな扉が開かれます。


確実に言えることは、その扉を開くのはあなた自身です
あなた自身でしかないのです。

あなたのタイミングで、起きるときにそれは起きるからです。

新しい扉の向こうに・・・

■ここで初めて「ルーツ~気づいている存在~」へ回帰していくのです。

全てはあなた自身が知っていたことなのです。

それは、「価値観」の消滅です。
それは、個の消滅です。
それは、自分=分離感の消滅です。
それは、自ら他のものと分けている、分離して見えている状態の消滅です。
それは、全体の出現です。


■個の消滅は、ノンデュアリティ(非二元)全体=無だけが在るということ。
個というものは無く、全ては全体の表現として今、起きているだけなのです。

たったひとつのエネルギー(全体=無)が、有(全宇宙時空間内の全て)のふりをして今、表現(顕現)しているだけなのです。

それは、完璧です。
それは、です。

いつであってもそれでしかないことに気づいていて、そうと承知のうえで今、存在しているということなのです。

セッション体験者の声


メルマガ第1回目は動画「価値観の正体!」をご視聴頂けます。

メルマガでは音声や動画などのコンテンツをお届けしてます。

このコンテンツ全体のテーマは、最終的にあなた自身の「探求の静止」つまり「不足感の消滅」・「安堵感」に関連していく内容になります。

音声や動画の内容(一部)
●「なぜ自分が自分自身に制限・苦しみを与えてしまうのか?」
●あなたの「探求」が始まった最初の一歩
● そもそも「人間」って?!
● 心の安定は一体いつ得られるか?
● 何をやっても充足感がない理由 ・・・・等

メルマガ登録者のみジュンコさんへの質問ができます。

メルマガ登録はこちら

お問合せ

Eメール nondualitysession@gmail.com
Eメール nondualitysession@gmail.com