なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

こんなことありませんか?

子どもに中学受験をさせるべきかどうか悩んでいる
受験で子どもの自信を失くさせたくない
いつから準備すればいいのか分からない
これまで勉強系の習い事をしてきたが、いまいち成果が感じられない
周りの受験への取り組みを聞いて、焦っている
子どもに合った塾選び、塾の使い方がわからない
言うことを聞かない子どもに小言ばかり言ってしまう

宿題、勉強に取り組まない子どもにイライラしてしまう

受験期をとおして、親子関係・夫婦関係を壊したくない

受験に対する、夫婦間の意向が合わず、協力体制が組めるか心配

これまで勉強系の習い事をしてきたが、いまいち成果が感じられない

そのお悩みを解決します!

はじめまして

「子どもの才能を見つけ・輝かせ、受験期をストレスなく過ごす!受験コース」を主宰している黒川まき子です。

今回のブースでは、普段私が提供している受験コースの中でも、

特に中学校受験を視野に考え出した親御さんのお悩みとして多い、

塾選び・使い方のポイントについてお伝えします。

また、子どもにとって、とってもストレスがかかる受験期だからこそ、自信を失わさせず、むしろ大切な子どもの才能の伸ばし方や個性に合った勉強への取り組み方についてお伝えします。

こんな方が対象です

  • 子どもの才能を伸ばす勉強法を知りたい
  • 受験をするなら、子どもの自信に繋げてあげたい
  • 子どもの個性に合った塾選び、塾の使い方を知りたい
  • 受験期をストレスなく家族で一丸となって乗り越えていきたい

  • 受験期をストレスなく家族で一丸となって乗り越えていきたい

塾選びに失敗し、
長女に言われたある一言が胸に刺さり・・・

私が長女を塾に通わせるきっかけになったのは、受験というよりも、小学校3年生の時、長女の宿題、勉強がひどかったからでした。

 

・宿題も習い事もめんどくさい、しか言わず

・毎晩、20時半まで何もやらず

 

そんな長女に私は困り果てていました。

 

そして、このままでは“中学受験をしたい”と長女が言い出しても、高学年になってからでは間に合わないのでは?と、私自身が不安に思ったからです。

 

そこで、

入塾を勧めたところ、「なぜ私立中学がいいのか」と長女に抵抗され

夫も私も中学から大学まで国公立…はっきり言って、さっぱり良さもメリットも分からず、説明できませんでした。

 

そんな中、

 

“とりあえず大手の塾へ入れたら大丈夫だろう”

 

と、小4の夏期講習から無理やり入塾させました。

 

その時点でクラスメイトからは1人だけ半年遅れ。

夏期講習の大量の宿題と、かつてないハイレベルの問題に、私がスケジュールを組み、長女はひたすらこなす日々。

 

ただただ私は、一生懸命サポートしたら何とかなるだろう

 

そう思い込んでいました。

 

そのうちに、“めんどくさい”しか言わなかった長女が、スケジュールに従い黙々と宿題をやり、塾へ行くようになりました。

 

この時、私は、

 

・ようやくやる気になった

・スケジュール通りに動けるようになった

・入塾させて良かった

 

とホッとしました。

 

しかし…しかし…

 

いつもポジティブでニコニコしている長女が、どんどん暗くなって…表情がなくなっていく…

中1になった今、あの頃を振り返ると、後にも先にも、あそこが1番、長女が暗く、自信をなくした時だったと思います。

 

そして、夏期講習の最終日。

このまま入塾手続きを、と思っていた私に、長女の口から吐き出された言葉。

 

「もう二度と、ここには足を踏み入れへんからな!!」

 

暗い顔で睨まれた私は、愕然としてしまいました。

 

ここで初めて私は、一生懸命やってきたことが、

長女と私の間での大きなズレになっていたことに気付きました。

 

「長女を全然理解できていなかった。理解どころか、自信を喪失させてしまった…」

このままでは長女との関係にヒビが入り、取り返せないことになってしまう

 

そんな危機感を感じました。

 

そこから私は、長女をちゃんと理解するために、個性學をより深く学ぶことにしました。

 

 

「長女の個性と私の個性は違う」

個性によって、才能も強みも、楽しいことも、勉強の仕方も、口癖も、目標設定も、スケジューリングも、やる気スイッチも。

 

全てにおいてまるで違うことを知りました。

 

個性學を学ぶうちに、

手をやいていた長女は自身で羽ばたいていく力があること、

 

むしろ育てやすいと感じていた次女にはもっと目をかけ、手をかけ、心をかけてあげてとアドバイスをもらい、

目から何十枚もウロコが落ちました。

 

 

 

そして、私が今まで長女にやってきたことは、長女の個性からすると

全く合っていない、真逆のことをしてしまっていたことに気づきました。

 

そこから長女の才能、個性に合わせた声かけやサポートに変えていきました。

 

 

長女には「中学受験はしなくても良い」とも伝えました。

すると、長女は

「自分で行きたい塾を探す!!」と

自ら行きたい塾を決め、徐々に自信を取り戻していきました。

 

そして、受験をすることも、受験をする学校も自分で決め、

 

比較的リラックスできたまま受験を乗り越えることができました。

第1志望に合格するのは3割と言われている中、第1志望だった学校に合格することもできました!!

 

もしあのまま、長女の個性も知らずに“良かれ”と思って過ごしていたなら…

長女の才能をつぶし、自信のない子にしてしまっていたんじゃないかと思うと今も胸が詰まります。

 

“私のように同じ想いをして苦しむママや子どもたちをサポートしたい!”

 

そんな経験から、

私が困ってきたこと、相談できるところがなく1人で探し考え、解決してきたこと、そして、個性學により才能を認め楽しくサポートできたこと、それら全て

盛り込んで、オリジナルの受験コースを作りました。

 

 

子どもの将来につながる大事な受験、

子どもの自信をつぶさずに、才能を伸ばし

親子・家族関係にヒビをいかさずに、親子で楽しく取り組める、

受験期がそんな幸せな時間になれば幸いです。

開催時間

5月29日(土) 11時〜(満席)※この枠しかご参加が難しい方は、できる限り調整しますので、お申込みフォームの質問欄にその旨ご記入ください
14時〜、15時〜、
21時〜(満席)※この枠しかご参加が難しい方は、できる限り調整しますので、お申込みフォームの質問欄にその旨ご記入ください

5月30日(日) 10時30分〜、14時〜、16時〜、21時〜

 ※各回45分
 ※各回 定員10名

受験コースを受けた方の、お声を紹介します

「中学受験をする」と本人も決めてはいるものの、塾についていけるのか?きっちり勉強できるのか?親の心構えも何も分からず不安でした。
 
それが、受講後
子どもの持っている力を信じて、志望校に合格できるよう、とにかく応援しようと思えるようになりました
子どもにあった塾の選び方・志望校の選び方、またそれぞれの個性についてより深く学べ、子どもだけではなく、自分の事についても改めて発見があったのが良かったです。
もし、受講していなかったら、もっともっと口うるさく言ってしまい、子どもも自分も辛くなっていたと思います。
 

(小3女子のお母さん)

受講前は、勉強面だけでなく、子どもの行動を理解できず、イライラして小言が多かったですが、受講してから、少しずつ受け止められるようになりました。

子どもの個性を深く知れた事で、子どもなりのやり方で受験に臨めば良いと思えるようになりました。

分類別の才能や取説等も知れたのがよかった。

子供だけではなく、親の個性によって陥りがちなポイントも分かり、具体的でわかりやすかったです。

もし、このコースを、受講していなかったら子供に小言を言い続けていたと思います。

過去の自分に「そんなに言っても、子供とはやり方が違うし意味ないよ。第一、その長い小言聞いてないよ。」と言ってあげたいです。

(小3女子のお母さん)

講師プロフィール

個性學×受験専門アドバイザー 
         黒川 まき子

兵庫県伊丹市在住。中1女子、小4女子、夫の4人家族。看護大学卒業後、外科全科、救急医療など4年間で1万人以上の生命の現場や回復に携わる。その後、夫のアメリカへの転勤に伴い、2年間アメリカで暮らす。日本に帰国後、保健師として8年介護保険の現場で勤めながら、2児を出産する。その後、夫の転勤もあり、育児に専念するため、一旦は会社を退職し1年間専業主婦となるが、それまでの経験を生かして、予防医学を広めていきたいと思い、2016年より独立する。周りのママや子ども、ご両親の健康相談に対するカウンセリングや栄養測定、食事管理などを行いながら、身体の健康だけでなく、心の健康、ストレス少なく過ごせるサポートとして2018年には個性學パートナーの資格を取得。 目からウロコの個性學を通して、ママも子どもも自分らしく、違いを認めて、生き生きと暮らせるサポートを展開。2020年より 長女の受験の経験を生かしてオリジナルメソッドである「「子どもの才能を見つけ・輝かせ、受験期をストレスなく過ごす!受験コース」を提供している。現役、産業保健師としてメンタルサポートも行っている。

お申し込み

当イベントは、オンラインフェス「おうちきっず1周年大感謝祭」のイベントの1つになります。   
よって、当イベントにお申込み頂く前に、「おうちきっず1周年大感謝祭」の全体ページにお申込み頂く必要がございます。
 
おうちきっず1周年大感謝祭全体にお申込み完了後、おうちきっず公式LINEにて、自動的にパスワードが送られます。各ブースへのお申込み時には、公式LINEからゲットしたパスワードをご記入くださいませ。
 
恐れ入りますが、こちらからお申込みくださいませ。     

最新の講座情報など、公式ラインで見れます!

今回のイベントに関わらず、目からウロコの個性學に関する講座や、健康づくりに関する最新情報を、公式ラインで発信しています。

この機会に、公式ラインでもお友達になっていただけると、うれしいです。

登録はこちらから