大原孝治 逮捕。

東京地検特捜部により、
金融商品取引法(取引推奨)に違反した疑いがあるとして
逮捕。

現在は拘留中と思われる。
東京地検特捜部による逮捕なので、
今後は起訴が予想される。

今回の逮捕は国家権力の陰謀!?


考察1

知人に未公開情報を知りながら、
取引推奨をした罪で逮捕されていますが、
この取引推奨という罪は、買った側の知人に罪はない

取引推奨をした大原
孝治さんのみに罪があるということ。

大原孝治さんは
なんのメリットがあっ
て知人に教えるのでしょうか

考察2

一般的に考えられるのは、
知人からの金銭的なキャッシュバック

しかし、
大原孝治さんには少なくとも
5000億の資産があるとされています。

≪参考資料≫

知人の購
入額はおおよそ
4億円と発表されています。

ドンキの株価は公表前に5000
円台で推移、
公表後は6000円台後半まで上昇。

知人は約6000万円前後の利
益を得たことになります。

この6000万円を知人と折半したとしても3000
万円。

もし資産5000億以上
あなたがあったとしたら、このような行動をとりま
すか!?

考察3

大原孝治さんは逮捕前、ANNの取材に対し
「自分には動機がない」
「2年前
の会話まで覚えていない」
と話をしています。

客観的にみて、たしかに大原孝治さんには
動機がまった
くないと思いますし、
大原孝治さんの言うように
2年前の会話を一語一句
えている人などいないと思います。

考察4

ニュースでも発表されていますが、
大原孝治さんは逮捕前から
任意で検察か
ら何度も呼ばれていました。

決定的な証拠があるとしたら、
逮捕までに何度
も呼び出す理由はありません。

そのことから、逮捕に至る証拠は
おそらく知
人による証言のみだったことが考えられます。

考察5

知人はなぜそのような証言(供述)をしたのでしょうか?

金融商品取引法(取引推奨)では買った側に罪はありません。

そのことからも、

利益をもたらしてもらった知人が
大原孝治さんを裏切る理由がありません

知人は検察、もしくは何か弱みを握られている誰かにより
供述を強要
された
のではないでしょうか?

<考察まとめ>

2014年の法改正後、
取引推奨のみで立件された案件は0件だったことから、

なんらかの圧力(理由)で初めての立件をしたかった。

そして立件をアピール
するにはもってこいの
「ドンキ元社長」というビックネーム。


大原孝治さんが
ドンキホーテの代表取締役を辞任されてから
約1年後の逮
捕。

上場企業の代表を辞任する際に、
1年間は同業種の仕事をしてはいけな

という縛りを設けられることが一般的らしいです。

≪参考資料≫

大原孝治さんがドンキホーテから
離れたい理由があったとし、

無事にドンホーテから離れることに成功し、
そして退任から1年の時が経ち、

自身が得意とする小売業への再参入をしようとした直後、
2014年の法改正
後から
1度も立件されたことがない案件での初逮捕。

話が出来過ぎていませ
んか??

大原孝治さんの
小売業への再参入を1番恐れているのは、
誰かと考えると今回の事件の裏側が
少し見えるのではないでしょうか。



日本は人質司法。

この国、日本ではなぜか
逮捕=悪という印象付けをされています。

逮捕された段階
では、
まだその逮捕された人、今回の件でいうと大原孝治さんは、容疑者(罪を犯
したかもしれないし、罪を犯してないかもしれない人)でしかないのです。


大原孝治さんが本当に知人に取引の推奨をしていなくても、逮捕をすることはこの
国の法律で可能なのです。

可能性が1%でもあれば誰でも逮捕はされます。

逮捕後は、検察が証拠を裁判官に提出し、
起訴するかを裁判官が判断します。


大原孝治さんは自分が無実であることを弁護士さんに伝え、無実である証拠を裁判
官に提出し裁判官が不起訴にするかを判断します。

そしてここでまた、
起訴された=悪人というイメージを持たれますが、起訴後、有
罪なのか無罪なのかを法廷で争います。


しかし、対等に裁判を争うことはできません。

どういうことかと言うと、裁判による
判決が終わるまでは、容疑者(大原孝治さん)は拘束されます。

※保釈が認められれば
外に出て争うことができる。

この拘束が何よりもきつい。
留置場や拘置場での生活の様子は色々なところに情報
がでているので調べてみてください。


基本的には誰とも会えず(接見禁止)
罪を認めるまでは、留置所もしくは拘置所で
裁判が終わるのを待つことになります。


この事件が冤罪(無実)だとしても、
大原孝治さんが真実を突き通そうとする限り、
終わりの見えない拘留。

自分がやっていなかったとしても、
罪を認めれば起訴後、
すぐに保釈。
その後、執行猶予をもらえ実刑は免れるでしょう。


≪参考資料≫

もしも身に覚えのないことで明日いきなり逮捕され、真実を裁判官に伝え続け終わりの見えない拘留が続くのか、やっていなくてもやったと認め裁判官からの印象を良くして保釈や執行猶予をもらうのか、あなたならどちらを選びますか?

私ならやっていない罪でも
認めてしまうと思います。


これが日本の司法制度が海外からも、
問題視されている「人質司法」です。


そして、私がやっていない罪でも認めてしまうと答える理由はもう1つあり、優秀
な検察と優秀な弁護士が、裁判で争うと、通常だと50対50、多くても60対40くらいの割合で検察側が勝ったり、弁護士側が勝ったり、どちらが勝つかわからないくらいに予想されるかと思いますが、なんと
日本の裁判は99%検察が勝ちます


検察を辞めて弁護士になれる方も多数います。
そんな優秀な弁護士が集まっても、
99%裁判では検察に勝てません。

おかしいとは思いませんか?


≪参考資料≫



日本の闇は深そうです。

最後に

おそらくこのサイトも、
書かれていることが都合の悪い人達によって、
消されるか
と思います。

消される前に、
このサイトが誰かの力で拡散され、
少しでも多くの方々
の目に
とまっていただけることを祈ります。


ご精読ありがとうございました。

SNS