アルス
korekara給食

アルスkorekara給食は、これからの給食はどうあるべきかを考えた、新しいスタイルの受託給食の仕組みです。
募集しても人が集まらない、受託を頼んでもとても高い、ということでお悩みの小規模高齢者施設、小規模療養型病院の食事の問題を解消する仕組みです。
アルスkorekara給食は、株式会社アルスが開発し、全国の高齢者施設を中心に約700件にお届けしている(平成30年10月現在)、アルス・ケータリング・システムを使った新しい給食受託システムです。
アルス・ケータリング・システムは、朝・昼・夕の献立を、株式会社アルスの管理栄養士が立て、それに対応したオリジナルの完全調理済冷凍食品を各施設にお届けする仕組みです。
このたび、商品の販売だけでなく、受託運営も請け負ってくれないかというお客様の強いご要望にお応えするために、アルスkorekara給食としてくみ上げました。

株式会社アルスはこちらから

こんなことでお悩みの方に最適です

30床から70床くらいまでの高齢者施設

小規模高齢者施設では、お弁当や施設向けのチルド商品や冷凍食品を使い、直営の運営をされている方も多いと考えます。
しかし、調理はしなくてよくはなったが、時間帯によっては、人員も集まらないで、事務員も駆り出されて盛付配膳を担当・・・もうこれ以上耐えられない・・・。
そんな悩みをお抱えの施設長さん・事務長さん、ぜひ相談ください。

施設の建て替え、運営の切り替えなどをお考えの施設

施設の建て替えの期間、何とか給食を滞らさずに、一定の水準を保って出したい。
来年、また消費税が上がる、介護保険などの締め付けが厳しいうえに、消費税が上がるのは耐えられない。もう一度委託から直営に戻したい。
移行期間をうまくやれないかとお考えの施設長さん・事務長さん、ぜひお声かけください。

現在、小規模高齢者施設を受託をしている事業者の方

我々を取り巻く環境はますます厳しくなっています。献立をたてる栄養士も調理師も採用が困難になってきました。私どものアルスkorekara給食の仕組みを使えば、無理なく今の受託を続けられますし、近隣の同じような施設への紹介も可能になります。安全でおいしい食事とコストを抑えた経営が実現します。
加盟店を募集中です!我々の商品を使い、受託給食に新しい風を吹かせませんか?ベテランのインストラクターが丁寧に導入指導をします。
アルスkorekara給食で実現できること
オリジナル冷凍加工食品を使って調理をしますので、一般の受託給食と比べて、現場作業での交差汚染による食中毒の危険を格段に減らすことができます。
運営の主体はパート従業員なので、競合会社と比べて比較的安く受託することが可能です。パート従業員だけでできる作業工程で、調理師さんの採用で頭を悩ますことはありません。
専任のスーパーバイザーにより従業員教育も徹底します。
商品を製造しているのは、全国の約60社の食品専門工場で、HACCPの考え方を元に製造をしています。
常時300種類以上の商品を開発しており、それぞれの専門工場で作られた商品は、一つの工場では得られない多彩な味を実現します。
経験豊富な管理栄養士が、朝・昼・夕三食の献立を29日サイクルで組み立てます。新しい献立も常時取り入れ、家庭料理を中心に旬を意識したバランスの良い食事をくみ上げます。
施設栄養士さんの配置はいりません。
食事イベントに積極的取り組みます。月に1~2回は食事のイベントを企画提案し、ご利用者を飽きさせない工夫をします。季節料理の日、郷土料理の日、ラーメン屋台等々、一緒に楽しんでいきます。
アルスkorekara給食は受託運営のご紹介ですが、評価の高い、アルス・ケータリング・システム商品の販売も可能です。
朝だけ、昼夜の副菜の一品などのご利用もお受けしています、ご相談ください。
経験豊富な管理栄養士が、朝・昼・夕三食の献立を29日サイクルで組み立てます。新しい献立も常時取り入れ、家庭料理を中心に旬を意識したバランスの良い食事をくみ上げます。
施設栄養士さんの配置はいりません。
アルスkorekara給食に関するお問い合わせはこちらからお願いいたします
また下記のフリーダイアルやファックスでも、お気軽に担当までご連絡ください。
会社概要
会社名 株式会社アルス
代表取締役社長
営業開発部長(アルスkorekara給食担当)
梅本高士
松橋直樹
住所 東京都大田区蒲田3-23-8 蒲田ビル11階
お問い合わせ電話番号 0120-623-390(フリーダイアル)  (F)03-5714-0525
住所 東京都大田区蒲田3-23-8 蒲田ビル11階