展覧会やイベントの混雑状況をチェックする方法

お出かけするときは、できれば混雑を避けたいと思いますよね。

展覧会やイベントは土日に混雑する傾向があります。
これは当然ですが、平日は会社や学校に行かなければいけない人が多いからです。

ですから、できれば有給休暇などをとって平日に出かけるのがおすすめです。

ただ、高齢者に人気のあるイベントは平日でも混雑することがあります。
特にシルバーデーがあるようなイベントは要注意です。
チケットの料金が割引される高齢者で混雑してしまいます。

混雑を回避するポイント

  • 混雑を回避するには人が行かないような日時を選ぶことです。
    イベントの終了時間間際や朝イチなどです。
    朝は物販のあるイベントでは逆に混んでしまうことがありますので
    TwitterのツイートなどSNSで混雑状況をチェックしたほうがいいでしょう。

    展覧会やイベントの初日や開催終了日は混み合う傾向にあります。
    また、テレビなどで取り上げるられると混雑してしまいますので、
    放送日もチェックしておいたほうたいいでしょう。

    夜間営業がある美術館などでは、遅い時間が狙い目です。
  • 混雑を回避するには人が行かないような日時を選ぶことです。
    イベントの終了時間間際や朝イチなどです。
    朝は物販のあるイベントでは逆に混んでしまうことがありますので
    TwitterのツイートなどSNSで混雑状況をチェックしたほうがいいでしょう。

    展覧会やイベントの初日や開催終了日は混み合う傾向にあります。
    また、テレビなどで取り上げるられると混雑してしまいますので、
    放送日もチェックしておいたほうたいいでしょう。

    夜間営業がある美術館などでは、遅い時間が狙い目です。

混雑状況を確認するには?

  • リアルタイムの混雑状況をチェックするには、SNSの投稿の他にGoogleマップが有効です。

    Googleマップは場所によってはリアルタイムの混雑状況が表示されます。

    ある程度の期間、人が集まっている場所ではリアルタイムの混雑状況が表示されるようです。

    そのため、新しく出来た施設では混雑状況は表示されません。

    また、Googleマップでは曜日ごとの混雑する時間帯も分かります。

    SNSの投稿をチェックするには検索キーワードを知らなければいけません。
    イベントによっては略されたキーワードでツイートされていたりするため、情報が検索できないこともあります。

    展覧会やイベントごとにGoogleマップのリンクやTwitterの検索結果のリンクが掲載されている展覧会・美術館・イベントの混雑状況がチェックできるサイトが便利です。
  • リアルタイムの混雑状況をチェックするには、SNSの投稿の他にGoogleマップが有効です。

    Googleマップは場所によってはリアルタイムの混雑状況が表示されます。

    ある程度の期間、人が集まっている場所ではリアルタイムの混雑状況が表示されるようです。

    そのため、新しく出来た施設では混雑状況は表示されません。

    また、Googleマップでは曜日ごとの混雑する時間帯も分かります。

    SNSの投稿をチェックするには検索キーワードを知らなければいけません。
    イベントによっては略されたキーワードでツイートされていたりするため、情報が検索できないこともあります。

    展覧会やイベントごとにGoogleマップのリンクやTwitterの検索結果のリンクが掲載されている展覧会・美術館・イベントの混雑状況がチェックできるサイトが便利です。