ワンちゃん・ネコちゃんの健康を
歯から守る動物病院へ

近年、ヒトの医療では歯の定期的な
メンテナンスが非常に重要に
なってきております。
それはワンちゃん・ネコちゃんも同じです。


しかし、ワンちゃん・ネコちゃんは
体調の悪さや、歯の痛みなどを
言葉で伝えることができず、
本能的に痛みや不調を隠します。
そのため、私たち家族が症状に気付く頃には
かなり病気が進行しているケースも
珍しくありません。


出来るだけ早期に発見して、
長く健康サポートができるように
今回、歯周病に関することを
簡単なHPにしましたので、
是非一読していただけますと幸いです。


こにし動物クリニック 院長
小西正浩

口腔内の健康チェックリスト

ワンちゃん・ネコちゃんに 
こんな症状はありませんか?

口のまわり

□ 歯茎が腫れたり、出血している

□ よだれで口周りが濡れている

□ 口臭がする

□ 歯が黄色い、または茶色い

□ 歯垢や歯石がついている

しぐさ

□ 床や地面に口元をこすりつける

□ 前足で口をこする

□ 顔を触られるのを嫌がるようになった

□ 攻撃的になった

□ 歯ぎしりをする

□ 物を噛んで遊ばなくなった

目のまわり

□ 頬や目の下が腫れている

□ 目の下に傷がある

ご飯の食べ方

□ 顔を傾けて食べるようになった

□ フードをよくこぼすようになった

□ 柔らかいものしか食べようとしない

□ フードを前にしても食べない

□ 食事中に奇声を発する

□ 片方の歯だけで噛んでいる

□ 以前より食事に時間がかかる

口のまわり

□ 歯茎が腫れたり、出血している

□ よだれで口周りが濡れている

□ 口臭がする

□ 歯が黄色い、または茶色い

□ 歯垢や歯石がついている

上記の症状に
心当たりのある方は...

歯周病になっている可能性があります。
人間の歯周病と同じようにワンちゃん・ネコちゃんも
歯周病にかかると、健康に影響が出ますので、
ぜひ注意してください。


歯周病とは

歯肉炎と歯周炎の総称で、小型犬の90%が歯周病になっていると言われているほど、非常に身近な疾患です。

 

歯周病になるまで

歯垢がついたままになると、歯垢に接している歯肉に炎症(歯肉炎)がおこります。それにより、歯肉にポケットが形成されます。そのポケット内で、歯垢が変化していき、細菌などの影響で歯根膜の破壊や歯槽骨の破壊がおこります。そして歯がグラグラしてきたり、口臭がしたりします。この状態が歯周炎です。

放置しておくと...

歯の根っこの方に、細菌が移行して炎症が進行します。それにより、鼻の方に炎症が及び、くしゃみや鼻汁がでたり、目の下や顎が腫れたりします。最悪の場合、顎の骨まで溶かされてしまうこともあります。

さらに、歯周病により全身疾患を発症しやすくなります。

細菌や毒素、炎症性介在物質が全身に入り、心臓や肝臓、腎臓にダメージを与える可能性が報告されています。

当院では
4月1日から6月30日まで、
無料で歯石チェックを
しております。
不安のある方は
是非ご活用ください。

獣医師に相談する

ACCESS

こにし動物クリニック

滋賀県栗東市手原3丁目7−15

SNS