毎日疲れる…体が重い…それ更年期かも?

女性の閉経前の約5年と閉経後の約5年を
合わせた約10年間を「更年期」といいます。

更年期と呼ばれるこの期間には女性の体に変化が起こります。
45歳~55歳くらいのこの期間を指します。
その変化が起こるのはエストロゲンによります。
こんな症状が更年期のサインかも!
視床下部は自律神経のコントロールも担っており、女性ホルモンのバランスが崩れると自律神経にも影響が起こります。
そして今までになかった体の不調があらわれます。
その症状は肉体的なものから精神的なもの、個人によりあらわれる程度もそれぞれ違ってきます。
女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が下がると、脳にある視床下部という中枢が卵胞刺激ホルモンを分泌させます。
エストロゲンの分泌を促すためです。
しかしエストロゲンは分泌されず、卵胞刺激ホルモンの分泌量だけが増えます。
このことが原因で体のホルモンバランスが崩れます。

更年期の一般的な症状について紹介します



ホットフラッシュはよく知られています。
突然の体温の上昇を感じ、寒い日でも、運動をしていなくても汗をかくような症状です。

これは発汗のコントロールが正常ではないからです。
自律神経の乱れによるものです。次に、顔のほてりやのぼせです。血管の収縮・拡張の働きがうまくいかないことで起こります。
血行が悪くなっているため、顔は熱くても手足は冷えていたりします。

頭痛もよく知られる症状です。
エストロゲンの分泌量の低下は頭痛の原因の一つとされています。
月経時に頭痛があるのは、エストロゲンの分泌量の低下が影響しているとも考えられています。

吐き気や下痢・便秘も挙げられます。
交感神経は、家事や仕事・スポーツなどで日中体が活動している間に働きます。
副交感神経は、睡眠時や体がリラックスしている間に働きます。

胃腸というのは副交感神経が働いているときに活動します。
交感神経から副交感神経に切り替わらないことで胃腸の活動が減り、不調をきたします。
これにより吐き気や嘔吐、下痢、胸やけ、食欲不振などの症状があらわれます。

肩こり、腰痛、関節痛もよく耳にします。
肩や腰が重い、固まっている、張っているなどの主な原因は筋肉の緊張により血行が悪くなるためです。
神経のゆがみがあると痛みが出ることもあります。

うつも症状の一つです。
無気力、何事にも興味がない、疲労感、注意力が散漫、などの精神面の不調です。
子の親離れ、閉経、容姿の衰え、健康上の不安や介護などのストレスも誘因となりうつの症状を引き起こすことがあるとされています。



更年期、症状は人それぞれ

人には理解されない症状もある・・・

個人の性格や仕事、

家庭環境などにもそれらが

関わってくるため、

更年期に起こる変化を敏感に

捉える人もいれば、まったく

影響されない人もいます。

こちらで簡単に挙げた症例以外にも
本当に多くの症状があります。


これらの症状を複数抱えている人も少なくないです。

また中にはその程度がかなり重い人もいます。

生活していく上で、体に気になる異変を抱えたままだと不安を大きくさせてしまいます。

更年期の症状に効くサプリを詳しく知りたい人はチェック!

ホルモン注射での治療法について


ホルモン注射を打ってもらうという治療法があります。

副作用が気になるのであれば、別の方法で対処することも可能です。

今ではより症状に合わせたサプリや漢方薬が販売されています。

自分に合った上手な飲み合わせで摂取するのもとひとつの方法です。