転職マニュアル

さまざまな雇用形態からあなたに合った働き方を
会社を選ぶ際、給与、待遇、会社の規模、安定性などが一番に気になるところです
転職なら
事前準備
転職活動をするにあたり、まずは自分の考えをまとめておくことが重要です。
自分がどのような仕事をしたいのか、しっかりとした考えを持つ。
そうしなければその場の状況に流されてしまうからです。

自分がどんな仕事をしたいのか。
そこから自分がどのような業種、会社に入りたいかを探すことになります。
何を、どんな風に、どんな経験を活かして、どうしていきたいのか。
じっくり考えて言葉にしてみましょう。
なぜ転職したいのかも重要なことです。
「他にやりたいことがあるから」「今の仕事は休みがなくきついから」「給料が安いから」などいろんな理由をみなさん抱えています。
その理由も条件のひとつとなります。
また同じ不満を持つような会社に就職しても仕方がないからです。
実際に紙などに書いてみると考えがまとまりやすいかもしれません。
その際に、今までのキャリアや資格などをまとめておくのもいいでしょう。
自らのセールスポイントとなります。

自分の考え、希望がまとまったら、知人に話してみるのもいいでしょう。
客観的な意見が聞け、改めて自分の考えもまとめられるからです。
周囲の転職経験者に話を聞いてみるのもいいでしょう。
思いもよらない苦労話や実際の企業の面談の様子や条件、雰囲気などもわかるからです。

転職活動期間としては、長くて半年くらいがいいと思います。
通常、活動し始めてから3~4ヶ月で就職する人が多いです。
長くても半年くらいで終了しないと、だらだらと長引いて転職する気力も薄くなってしまいます。
しかし大事なことは早まった転職はしないことです。
失敗しない大事な職選びのポイントです。
情報収集
それでは、実際に転職情報はどうやって得たらいいのでしょうか。
現在は、ネット社会です。
各企業求人もホームページに掲載しています。
多くの人は、インターネットの「転職サイト」で情報を得ているようです。
インターネット検索でのメリットは24時間閲覧でき、多くの情報があることです。
検索条件から希望条件のものを絞り込むことができます。
そのまま資料請求や応募もできます。
しかし大手企業の半数は「企業のホームページ」にて求人をしています。
希望会社や希望業種が決まっている場合は、直接企業のホームページを閲覧するのがお勧めです。
他にも「人材派遣会社」「転職情報誌」「ハローワーク」など多くのツールがあります。

人材派遣会社を通すと、専門の担当者がアドバイスをくれます。
履歴書の書き方や面接のやり方など適切に指導してもらえます。
企業から直接派遣会社に求人があり、インターネットなどに公開されていないものもあります。
人材派遣会社の利用価値はかなりあります。

「転職フェア」や「会社説明会」などにも積極的に参加しましょう。
実際に担当者から話が聞けるいい機会です。

これら多くの情報の中から、自分の希望にあったものを順番に見ていきましょう。
求人情報の見方として、まずは仕事内容を第一にチェックしますよね。
自分の希望する仕事内容、そして給与が希望条件を満たしていればさらにいいですね。
給与については、手当等の内容もきちんとみましょう。
希望の会社を見つけたら、その会社の社訓やビジョンなどを調べましょう。
面接の際、会社が求める人材像をアピールしやすくなります。
会社の創業年、資本金などの基本情報をきちんとチェックしましょう。
同業他社の比較をします。
その会社の業界順位などを知ることで会社規模や将来性、安定性もわかります。
転職の会社選び
会社を選ぶ際、給与、待遇、会社の規模、安定性などが一番に気になるところです。
しかし、まず自分がどうして転職したいのか。
やりがいのある仕事とは何か。自分は何をしたいのか。
自分に合う会社かどうかを見極めることが重要です。

自分の考えがまとまる前に職選びを始めてしまったら。
ついつい給与や知名度のある会社に目がいってしまいがちになります。
まずは自分が何を求めて転職したいのかビジョンをしっかりと持ちましょう。
転職について希望項目がいくつかある場合は、優先順位をつけてみましょう。
そうすることで会社選びの自分のポイントがわかりやすくなります。

その上で会社の経営方針や社風、ビジョンなどもきちんと確認しましょう。
特に中小企業ではトップの考えがそのまま反映されるからです。
自分と考え方が合わなければ、入社後も合わないことが多々でてくるでしょう。
職場の雰囲気なども職場訪問をしてチェックしましょう。
自分が働く際のイメージを持ちやすくなります。
そして何より、自分の今までの経験や資格を活かせる仕事かどうか。
その仕事にやりがいを見出し、自己経験を伸ばせる環境にあるかどうか判断しましょう。

それでは転職活動の際、何社くらい応募するものでしょうか。
一般的には3~7社程度は応募したほうがいいでしょう。
書類選考でそのうち何社かに絞られて、次に面接となります。
複数社受けたほうが、当然受かる可能性が高くなります。
しかし転職活動を行う場合は、面接の日程調整をうまくしなければなりません。
面接日程が重なってしまう可能性もあるからです。
特に在職中の転職活動は、現在の仕事もありますので調整が難しくなります。
面接日程も確認の上、応募しましょう。
転職の会社選び
会社を選ぶ際、給与、待遇、会社の規模、安定性などが一番に気になるところです。
しかし、まず自分がどうして転職したいのか。
やりがいのある仕事とは何か。自分は何をしたいのか。
自分に合う会社かどうかを見極めることが重要です。

自分の考えがまとまる前に職選びを始めてしまったら。
ついつい給与や知名度のある会社に目がいってしまいがちになります。
まずは自分が何を求めて転職したいのかビジョンをしっかりと持ちましょう。
転職について希望項目がいくつかある場合は、優先順位をつけてみましょう。
そうすることで会社選びの自分のポイントがわかりやすくなります。

その上で会社の経営方針や社風、ビジョンなどもきちんと確認しましょう。
特に中小企業ではトップの考えがそのまま反映されるからです。
自分と考え方が合わなければ、入社後も合わないことが多々でてくるでしょう。
職場の雰囲気なども職場訪問をしてチェックしましょう。
自分が働く際のイメージを持ちやすくなります。
そして何より、自分の今までの経験や資格を活かせる仕事かどうか。
その仕事にやりがいを見出し、自己経験を伸ばせる環境にあるかどうか判断しましょう。

それでは転職活動の際、何社くらい応募するものでしょうか。
一般的には3~7社程度は応募したほうがいいでしょう。
書類選考でそのうち何社かに絞られて、次に面接となります。
複数社受けたほうが、当然受かる可能性が高くなります。
しかし転職活動を行う場合は、面接の日程調整をうまくしなければなりません。
面接日程が重なってしまう可能性もあるからです。
特に在職中の転職活動は、現在の仕事もありますので調整が難しくなります。
面接日程も確認の上、応募しましょう。

就職活動 転職サイトおすすめ

  • ★転職の時期★
    転職の一番のタイミングは、新卒で就職して、数年働いた20代後半です。
    ある程度のキャリアを積んで、社会人の基本を身に着けることができる時期だからです。
    このころの人材は各企業から引く手あまた。
    転職するには最適時期です。
    もっとキャリアを積んでから次の仕事へ、と悩んでいる間に最適時期は過ぎてしまいます。
    企業に求められる人材は、20代では社会性、人間性、マナー。
    ビジネスマンとしての基本的な業務遂行能力などです。
    しかし30代になると、プラス高い専門性と今までの経験はもちろん仕事の成果などを求められます。
    転職のハードルが高くなってしまうのです。

    転職すると決めたら、すばやく転職活動をしましょう。
    あまり時間が立ちすぎると間延びしてしまいます。
    前の仕事を辞めてから1~2ヶ月の間に活動するのがベストです。
    半年くらいの間には、転職先を決めたいものです。
    長く日にちが立ちすぎると、次の就職の際、不利になります。
    面接でもその間何をしていたか、聞かれることになります。

    企業の求人の数は1年の中で変わってきます。
    年末や年度末には仕事の求人が増えてきます。
    これらを見逃さないようにしましょう。

    しかし転職はくれぐれも慎重に決めましょう。
    一度転職すると、そのあと何度も短期転職を繰り返してしまう傾向があります。
    すると、書類選考にも通りにくくなります。
    一度目の転職は慎重に。二度目の転職はさらに慎重に行いましょう。
    決して自分のビジョン、やりたいことを見失うことなくハードルをさげずに転職先を探しましょう。





    ★職務履歴書の書き方★
    まずは、簡潔に見やすくまとめて採用担当者が読みやすい職務履歴書を作ることが大事です。
    数枚に渡り細かく書きすぎてしまうと、読む気すら起こらないからです。
    1~2枚程度にまとめましょう。
    職務履歴書は手書きよりパソコンでの作成が一般的です。
    A4サイズの横書きがいいでしょう。

    前職の会社名、できれば会社所在地や資本金、従業員数なども記入するとわかりやすいでしょう。
    さらに職務内容、仕事の成果、スキルなどを簡潔にまとめて箇条書きで書きましょう。
    仕事の成果は結果だけではなく、そのプロセスも書くといいでしょう。
    自分が努力してきた自己啓発に関してもきちんと書きましょう。
    履歴書の最後には、「以上」と記入しましょう。

    自己PRも忘れずに。
    今までの「経験やスキルを活かしてこの仕事をがんばりたい。」
    というように試験を受けている企業の業務内容と照らし合わせて必要な人材だと思わせるような書き方をしましょう。
    まったく関係のないスキルをアピールしてもプラスにはなりません。
    資格の場合は、どうしてその資格をとろうと思ったのかもあわせて記入するといいでしょう。
    企業へのアピールポイントは、その企業の求める人材像を求人広告や企業ホームページなどで調べてみましょう。
    それに対しての自分のアピールするポイントを決め、求められる人材像をうまく魅せなければなりません。
    ということで、企業に対し職務履歴書は使いまわすことはできません。
    各企業対策として、それぞれの企業にあわせたものを作成しましょう。





    ★履歴書の書き方★
    職務履歴書は自分の経験やスキルをアピールするものです。
    それに対し履歴書は、自分のデータを企業に伝えるものです。
    企業に最初に提出する書類です。
    企業側はそこから文書の作成能力や日本語表現能力などいろんなことを読み取ります。
    書類選考に通るには、第一印象が全てです。
    字の旨い下手ではありません。
    しっかりと丁寧に入社したいという気持ちが伝わるように書きましょう。

    一般的に職務履歴書はA4サイズの白無地タイプ。
    市販の履歴書には記入項目などに若干の違いがあります。
    「退職動機」「志望理由」などの欄があるものにしましょう。
    自分のアピールポイントを活かせそうなものを選びましょう。
    記入は黒のボールペンかサインペン。鉛筆はやめましょう。
    日付は提出日を記入。郵送する場合は、投函日を記入しましょう。
    西暦や和暦は統一しましょう。
    誤字脱字が無いように、一字一字丁寧に記入しましょう。
    学歴や職歴の入卒年度、入退社年度を間違えないように気をつけましょう。
    修正液や修正テープは決して使用しないで、間違えたら最初から書き直しましょう。
    全ての欄に記入して空欄を作らないようにしましょう。
    印鑑もまっすぐ、かすれやかけることなくしっかり押しましょう。
    こういったところで人間性を見られる場合もあります。
    志望動機なども応募する企業にあわせてきちんと記入しましょう。
    他の企業の履歴書を使いまわすことはしないようにしましょう。
    採用担当者に見抜かれてしまいます。

    以上のように応募書類は最新の注意を払って記入し提出するようにしましょう。





    ★退職★
    転職を決めたら、成功のためにはじめに円満退社を心がけましょう。
    退職の意思は遅くとも1ヶ月前までには会社に伝えましょう。
    2~3ヶ月前だとよりベストです。
    年度末や会社の繁忙期は避けましょう。
    退職日もできればこちらから一方的に指定するのではなく、上司と相談して決めるのが望ましいです。
    スムーズに引継ぎを行い、トラブルなく退社できることに全力を注ぎましょう。
    伝える方法としては、直属の上司に口頭で伝えましょう。
    一緒に仕事をしている主任、課長などにも伝えておくとカドが立たないでしょう。
    退職の理由としては、あくまで個人的なことにします。
    実際、職場風土や人間関係、仕事内容について不満があったとしてもグッとこらえます。
    個人的で前向きな理由、例えば「やりたいことがある」「田舎に帰る」などです。
    転職先が決まっている場合も、決して転職のことは口にしてはいけません。
    その後、退職届を書類として提出します。
    退職までのスケジュールをきちんと立てて、完璧に引継ぎを行いましょう。

    退職時に会社に返却するものとしては、健康保険証、社章、社員証明書、名刺などです。
    退職時に会社から受け取るものとしては、離職票、雇用保険被保険者証、年金手帳、源泉徴収表などです。
    離職票は会社を辞めたことを証明する書類で、失業保険を受け取る際などに必要となります。
    ただしすでに転職先が決まっている場合は不要となります。
    雇用保険被保険者証は雇用保険に入っていたことを示す書類で、新しい会社に提出するので必要です。
    源泉徴収表は年末調整の際に必要です。その時期までに郵送してもらうようにしましょう。





    ★保険★
    会社を退職すると各自でいろんな手続きを行わなければなりません。
    保険や税金関係の手続きです。
    保険に関しては、まず雇用保険(失業保険)。
    すぐに転職先が決まるとは限りません。
    失業している間に、きちんとした手続きを踏んで給付を受けましょう。

    用意するものは、離職票、雇用保険被保険者証、身分証明書、証明写真です。
    退職する過去1年間に6ヶ月以上被保険者でないと資格はありません。
    それから現在失業中であることが条件となります。
    雇用保険とは、仕事がしたいのに仕事が見つからない人のための失業給付です。
    怪我や病気などで仕事がもともとできない人は受給できません。
    手続きは、居住地域管轄のハローワーク(職業安定所)にて行います。
    また雇用保険は退職理由により受給制限があります。
    定年退職や倒産の場合は、ハローワークで受給資格を受けてから7日間待機状態で8日目から受給。
    自己都合退職の場合は、7日間待機状態のあとさらに1~3ヶ月の給付制限があります。
    すぐにはもらえないのです。
    受給期間中は新たな職にはつけません。バイトも禁止です。
    仕事が見つかったらすぐに申請して、給付をストップしてもらわないといけません。

    健康保険については、退職後次の仕事が見つかるまでは国民健康保険に加入しなければなりません。
    手続きは、役所にて行えます。

    住民税については、在職中は給料天引きされていましたが、後払いなので退職後に支払わなければなりません。
    かなりの金額が請求されますから、資金計画に狂いがないようにチェックしておきましょう。

    所得税は、1~12月分をまとめて年末調整を職場で行っていました。
    退職後は、職場から受け取った源泉徴収表にて、個人で確定申告をしなければなりません。
    すでに次の職場で働いている場合は、新しい職場に提出して年末調整してもらいましょう。

    年金については、退職後、国民年金に加入しなければなりません。
    手続きは、役所にて行えます。
    年金手帳、印鑑、離職票を持参して手続きしましょう。
    次の職場で働く際は、国民年金をやめて、新しい職場で加入することになります。
    その際、年金手帳は新しい職場に提出しましょう。





    ★面接の準備★
    書類選考が通ったらいよいよ面接です。
    面接の前に下準備をしておきましょう。
    まずは自分の考えをまとめること。
    どうしてこの仕事をしたいと思ったのか。
    なぜ転職を考えたのか、きちんと気持ちを整理しましょう。
    そして面接を受ける企業のこともきちんと下調べしましょう。

    企業の下調べは、まず企業のホームページを見ましょう。
    求人要綱もチェックして、どのような人材を求められているのかも確認しておきましょう。
    下調べしてもわからなかったことは、面接の際に質問してみましょう。
    意欲をかってもらえます。
    またその企業の商品も実際に見ておきましょう。

    面接を受ける際に一番必要なことは、やる気、自分の気持ちをいかに伝えられるかです。
    当たり障りの無い言葉ではなく、きちんと新しい職場での意気込みを伝えられるように考えましょう。
    下調べした企業の情報をもとに、企業のどんな事業にどんな仕事に関心があるのか伝えられるようにしましょう。

    転職では新卒採用と違い、即戦力を求められます。
    ですから、スキルやキャリアを重要視されます。
    今までの自分のキャリアや成功例、身につけたスキルなどをきちんと答えられるようにしましょう。
    その上で、キャリアやスキルを活かし、どんな仕事をしたいのか意思表示できるように考えましょう。

    当然のことですが、身だしなみはきちんと清潔感のあるものにしましょう。
    事前にスーツやシャツにはアイロンをかけましょう。しわのないものを着用しましょう。
    靴も磨いておきましょう。
    髪型は清潔なイメージに整えておきましょう。
    最低限の身だしなみは面接前日までに準備しておきましょう。





    ★面接当日★
    面接当日は、身だしなみを整えて清潔感ある服装で向かいましょう。
    男性なら髪型とひげはさっぱりと整えて短めにしましょう。
    女性なら髪型は清潔感のある感じで、化粧は薄めに、マニキュアは控えめに。
    アクセサリーはシンプルなものを。ピアスやイヤリングは揺れないものを身に着けましょう。
    香水はしないほうがいいでしょう。
    会場には時間に余裕をもって着くように行きましょう。
    慌てて駆け込んでは印象も悪いですし、気分を落ち着かせて面接を受けることもできません。
    会場周辺には余裕を持って到着するようにしましょう。
    周辺で時間調整をして、面接時間の5分ほど前には到着しているようにしましょう。
    早すぎても遅すぎてもいけません。

    どこで誰がみているかもわかりません。
    担当者以外にも、社内の人にはすべて挨拶をしましょう。
    控え室でタバコを吸うのはやめましょう。
    携帯電話の電源はオフにしましょう。

    部屋に入る際は、必ずノックをしましょう。
    部屋に入ったら扉をきちんとしめましょう。
    一礼し、「よろしくお願いします」と挨拶します。
    部屋に入ったら椅子の横に立ち、勧められるまでは座らないようにしましょう。
    先に座って待っているときは、面接官が部屋に入ってきたら立ち上がり挨拶しましょう。
    話すときは面接官の目をみて、笑顔で答えるようにしましょう。
    敬語などの日本語の使い方を間違えないように注意しましょう。
    間違った言葉遣いは悪い印象を与えてしまいます。
    部屋をでるときは、入り口で一礼をしてから出ていきましょう。





    ★面接内容★
    面接を受ける際のポイントは。
    落ち着いたら態度で自身をもって答えることです。
    質問に答える際は、積極的に意欲を見せてアピールしていきましょう。
    常に前向きな意見や考えを述べるようにしましょう。
    面接を受けている間は、椅子にもたれず姿勢良くしましょう。
    猫背や足をくむ、貧乏ゆすりなどをしないように注意しましょう。
    面接官の肩あたりをみて、視線をまっすぐに定めましょう。
    答える際は笑顔でリラックスしてゆっくり大きな声で話しましょう。

    具体的に面接で質問される事柄をあげてみましょう。
    「なぜ転職をしようと思ったのですか。」と聞かれたら。
    前職の愚痴、不満を述べるのではなく、自分が何をしたいからとスキルアップを理由に答えましょう。

    「どのような仕事をしたのですか。」と聞かれたら。
    具体的に答えましょう。長すぎても簡潔すぎてもいけません。
    やり遂げた仕事、リーダー経験などアピールポイントもきちんと説明しましょう。

    「今まで仕事であげた大きな実績をあげてください」と聞かれたら。
    具体的な成果よりも、その工夫やプロセスを重点的に説明しましょう。

    「当社を選んだ理由はなんですか。」と聞かれたら。
    企業の魅力を事前に調べて、自分のやりたいこととうまく照らし合わせて答えられるようにしましょう。

    「将来どのような仕事をしたいですか。」と聞かれたら。
    具体的にどんな仕事がしたいか、どんなポジションにつきたいかまで明確に答えましょう。

    「最後に何か質問はありますか。」と聞かれたら。
    特に何もありません。と答えては絶対にいけません。
    また面接官が「はい」「いいえ」で答えられる質問もだめです。
    事前に数個考えていきましょう。
    募集要項に書かれていることや、面接官が説明したことを質問しないように注意しましょう。





    ★筆記試験★
    企業が履歴書だけではわからない、人材の基礎的な能力を見極めるために行われるのが筆記試験です。
    適正試験や一般常識試験などを行う企業が多くあります。
    企業が採用の合否を決める上で重視するポイントになります。
    きちんとした対策をたてて筆記試験に臨みましょう。
    筆記試験には、一般常識試験、能力適正試験、性格適正試験、専門試験などがあります。

    一般常識試験は、時事問題や教養、論文などがあります。
    市販の就職問題集などで勉強しておきましょう。
    例えば、漢字の読み書き、反対語、小説の作者。
    社会では歴史上大事件、三権分立についてなどの基本的な知識です。
    日頃から社会情勢にきちんと興味を持っているかチェックされます。
    新聞をきちんと読みニュースやコラムなどをみておきましょう。
    論文については、まとめるだけではなく必ず自分の意見を書きましょう。

    能力適正試験は、新しい職場での新しい仕事への適応能力をみます。
    知覚力、応用力、理解力、推理力、知識力、問題解決能力などをチェックされます。
    市販の公務員試験の問題集の文章理解、判断推理、数的推理、空間把握を勉強しましょう。

    性格適正試験は、責任感や協調性、誠実さ、創造性など人間性をみられます。
    落ち着いてゆっくりとした話し方で、自分の気持ちを素直に答えましょう。
    回答に一貫性を持たせるように注意しましょう。

    専門性の必要な仕事の場合は、専門試験があります。
    例えば、語学や翻訳テスト、プログラミングテストなど専門知識があるかみるものです。





    ★20代の転職の面接★
    20代の転職の特徴は、初めての転職をする人が多いということです。
    就職して3~4年周囲のことが気になり始めるころです。
    「もっといろんな仕事をしてみたい」
    職へのこだわりやキャリアアップを望み始めるのです。
    他には、「入社してみたら、想像していたのと違った」「こんなはずじゃなかった」
    など現在の仕事への不満、あるいは将来への不安によるものもあります。

    20代では仕事のキャリアもスキルもまだまだ少ないです。
    しかしその分「可能性」があるのです。
    つまり過去ではなく未来をみているのです。
    20代の転職ニーズはこの一年とても高まっています。
    あらゆる業種で20代の人材が求められています。
    企業側は20代の可能性、将来性に期待しているのです。
    ですから、面接では「チャレンジ精神」や「やる気」を前面に表しましょう。
    将来自分がどんなことをして、どんな仕事をしていきたいか積極的にアピールしましょう。
    またどうしてその企業を選んだのか、志望理由もきちんと説明できるようにしましょう。

    20代の転職のポイントは、過去、将来における自己分析をきちんとすることです。
    自分が今までどのようなことをしてきて、将来どのようなキャリアを身につけたいか。
    どのような仕事をしてどのようになりたいか、などじっくり考えてみましょう。

    一番大事なことは転職先企業が自分に合うかどうかです。
    せっかく転職してもまた「こんなはずじゃなかった」と転職を繰り返しては意味がありません。
    企業のホームページなどに頼るだけではなく、志望先企業の情報をきちんと入手し理解しましょう。





    ★30代の転職★
    30代の転職理由としては、「今までのキャリアを活かしてさらなる上の仕事をしたい」「自分のスキルアップをはかりたい」「希望勤務地で働きたい」など様々なことがあります。
    転職を考えるにあたり、自分の転職理由に合う企業を探していかなければなりません。

    30代の人材は、前の企業で社会人としての教育さらにはスキルを磨いて育てられた魅力的な人材です。
    企業側からすれば「即戦力」なので、求人は引く手あまたです。
    20代よりキャリアもスキルもあり、40代よりも若くて将来性がある。
    そんな30代を企業は待っているのです。

    不況により各企業が新規採用を控えたため、現在の企業には中間層が少ないのです。
    近頃団塊世代が定年退職することにより、中間管理職が不足しています。
    企業は中間層として、後輩の指導、職場のリーダーシップをとってもらいたいと思っています。
    そんな時代背景からも30代を求めているのです。

    しかしある程度経験を摘んでいる年代だからこそ、仕事のプロとしての専門性を求められます。
    面接の前に自分が今までの仕事で積んだキャリア、スキル、知識を全てアピールできるように考えておきましょう。
    具体的に今までの経験を活かして、どのようなことをできるか。
    どのようになりたいかを明確に伝えられるようにしましょう。
    また志望企業が求めているものは何かも考えて自分のアピールをしなければなりません。
    「自分の考え」や「問題意識」を常にもって行動しているかなども重要なポイントとしてみられます。
    きちんとした考えや提案ができるようにあらかじめ考えておきましょう。





    ★40代の転職★
    30代後半から40代になるとグッと求人の数が減ります。
    一般的には、「転職は35歳まで」とも言われます。
    しかし、40代でも多くのキャリアやスキル、募集要項に書かれている条件などを持ち合わせていればまだ大丈夫です。
    魅力的な人材として、求められるでしょう。
    多くの企業は、年齢制限は目安として設定しているだけなのです。
    ただしこの少ない転職先の中、仕事をゲットしなければいけないわけです。
    しっかりとした準備と心構えが必要です。

    40代の転職は「即戦力」を求められます。
    しかし30代に求められる「即戦力」とは違います。
    30代の場合は、知識やスキルをどれだけ持っているかでした。
    しかし40代はそれにプラス、「統率力」「交渉力」「信頼性」などが求められます。
    知識やスキルだけでは、部下の統率やリーダーシップは発揮できません。
    40代には今までに培ってきたものがあるのです。
    それを活かし、マネージメント力も発揮しなければなりません。
    30代より転職は厳しくなりますが、可能性がないわけではありません。
    これらは大きな武器です。
    これまで多くの成果があればあるほど、周囲からの「信頼性」も生まれるのです。
    しかしうまく周囲の人間と協調していく人間性もなければうまくやっていけません。
    40代の中間層にはこのようなことが求められているのです。

    さらに人脈や営業力などもこれまでに培ってきたものです。
    しかし経験が全てプラスになるというものではありません。
    今も昔のやり方が通用するとは限らないからです。
    経験を活かしながらも、それに縛られることなく新しいものを見出せていける力が必要とされるのです。





    ★女性の転職事情★
    女性が社会で働き続けるということはとても難しいことです。
    世の中が変わり、男性も育児休暇の取得ができるようになりました。
    このようなことから結婚、出産後も女性が働き続けることができるようになったと言われています。
    しかし実情は、ほんの一握りだけ、数%の男性育児休暇を取得しているにすぎません。
    企業においても、産前産後休暇を設け、表向きは助成制度を設けています。
    しかし実際に取得している人も少なく、産後も今まで通り仕事をすることは難しいことです。

    社会や企業が変わることをいつまでも待っていても仕方ありません。
    自分がキャリアやスキルを身につけ、企業や周囲から必要とされる人材にならなければならないのです。
    女性は、産後も仕事が家庭と両立して始められるように、前職にすぐ復帰できるように切望しています。
    しかし「自分が仕事を続けやすい環境を求めて」、あるいは「収入をあげるため」の転職なども考えるいい機会です。
    結婚、出産に関係なく、女性も仕事へのやりがいを常に求めています。
    新しい世界に飛び込み、スキルを伸ばすのもいいでしょう。

    では実際にはどのように転職先を探したらいいのでしょうか。
    企業のホームページでの求人情報閲覧や、転職サイトの閲覧、人材派遣会社、求人広告閲覧など様々な方法があります。
    女性が転職を考える際は、人材派遣会社の利用が一番の転職成功への近道です。
    転職サイトやホームページ上の求人情報では、男性、女性どちらを求めているのかはっきりと書かれていません。
    人材派遣会社ですと、詳細情報が届いているため、女性を求めている職場がすぐにわかります。
    それに専門の担当者が履歴書の書き方から、面接、スケジュール調整まですべて行ってくれるのです。
    これらを有効活用し、自分が今の状況で働きやすい職場を慎重に探し、やりがいをもち長く働ける職場をみつけましょう。





    ★求人広告の見方★
    ここでは求人広告に掲載されている内容の見方を説明します。
    まずは「職種」について。
    職種は企業によって表現の仕方が違います。
    同じ職種でも企業により仕事内容が違うこともあります。
    応募前に電話などで確認してみましょう。

    「資格」について。
    今回の求人で必要な資格が書いてあります。
    基本的には年齢や学歴のことです。
    あくまで目安的なものです。
    多少のこと、例えば年齢が多少該当していなくても問い合わせて聞いてみましょう。
    しかし専門的な資格が求められている場合もあります。
    きちんと確認しましょう。

    「給与」について。
    支払われる最低賃金が書いてあります。
    月給制、年俸制、固定給、歩合給、賞与、各種手当など様々です。
    詳細については面接時に聞いてみましょう。

    「勤務地」について。
    転勤の有無、勤務時間、残業については求人広告だけでは読み取りにくいです。
    転勤については、頻繁にあるものなのか、希望勤務地は聞いてもらえるかなど実情を聞いてみましょう。
    転職理由の大きなものに「残業」があります。
    残業についても、頻度、残業時間など実情を面接時に聞いてみましょう。

    「休日、休暇」について。
    企業によって様々です。
    「完全週休二日制」「週休二日制」「月8日以上」などいろいろあります。
    1ヶ月に1度だけでも週に2日休みがあれば週休二日制となります。
    毎週2日休みがあるものを完全週休二日制といいます。
    この点、間違えないように気をつけましょう。
    企業毎に設定がいろいろありますから、年間休日日数で比較するのもいいかもしれません。
    有給休暇が設定されていても、取得がしにくく取得率が悪い企業もあります。
    職場の実情がどうなのか、確認してみましょう。





    ★転職フェア★
    転職探しのツールとして、「転職フェア」があります。
    転職フェアには、企業ブースがいくつか設置されています。
    一日で多くの企業の担当者に直接話が聞けるいい機会なのです。
    転職フェアには数十社、多いときは数百社の企業が集まります。
    自己アピールの場所にもなります。
    ここで顔を売っておけば、書類選考にも有利になるかもしれません。
    経験、資格などを優遇する企業よりも「人間性」をみる企業も多くあるのです。
    本来自分が考えていなかった企業の魅力を知り、自分の方向性が変わることもあります。
    いろいろ話すうちに、自分がどうしたいのか自己分析することもできます。
    このように転職フェアにも多くのメリットがあります。

    他にもキャリアコンサルタントに相談できるコーナーが設置されていることもあります。
    「職務履歴書の書き方」「面接時の注意点」など転職のポイントを教えてもらえます。

    転職フェアは、企業に質問できるイベントのようなものです。
    面接、選考などはありません。
    また入場料などもかかりません。
    固くならずに気軽に利用してみましょう。
    会場に着いたら、「エントリーシート」が用意されていますので記入しましょう。
    プロフィールや経歴を記載して、各企業ブースで見せるのです。
    履歴書のようなものです。
    会場について、どの企業ブースに行けばいいかわからないときは「マッチングガイドコーナー」を利用しましょう。
    専門のガイドが経歴や希望職種など条件を聞いて、企業を紹介してくれます。





    ★資格(前編)★
    転職の際には、資格を持っていたほうが有利です。
    資格とは能力、スキル、キャリアを客観的に証明するものです。
    志望する企業の職種によって、役立つ資格はそれぞれ違います。

    職種を問わずに持っているといい資格は。
    「TOEIC」。今の時代、仕事に英語力は必要です。
    その目安として見られるのがTOEICの点数です。
    600点以上あれば英語力があると評価されます。
    秘書、広告、貿易、証券、旅行カウンター、営業、ホテルマンなど数多くの活躍の場があります。

    「日商簿記検定」。経理上の知識を得て会計上の数字を理解する。
    利益やコストを計算する際にも便利です。
    経理だけではなく、総務、事務職、営業などにも利用できます。
    企業がみる場合は2級以上の知識を目安としています。

    「パソコン利用技術検定」「MOS」。
    パソコン使用力を測るものです。今の時代、パソコンは仕事にかかせません。
    実力を証明する意味でも持っていると便利です。
    企業からは必要とされるスキルNO.1。
    特に事務系職種で必要とされます。

    IT業界を目指す上で持っていると有利な資格は。
    「基本情報技術者」情報処理の入門的な資格。基礎知識問題と実技試験があります。
    「システムアドミニストレータ」。
    コンピューターのことを理解することはもちろんシステムの運用方法、ネットワークの知識。
    パソコン管理者として導入、運用、管理に必要な実務能力を必要とするものです。
    「システムアナリスト」システム化の計画、開発に携わる上で必要な資格です。
    「ソフトウェア開発技術者」ソフトウェアの開発の知識と技術を必要とします。

    しかし資格を持っていれば収入がよく、いい仕事に就けると決まっているわけではありません。
    自分がやりたいこと、希望する職種、生活スタイルにあった資格を選択して取得することが必要です。





    ★資格(後編)★
    様々な資格がありますが、転職に有利になりそうな資格をあげてみましょう。
    例えば今の高齢者社会から最近ニーズがあるのが「ホームヘルパー」資格です。
    「ホームヘルパー養成研修」を受講することで取得できます。
    ホームヘルパー2級くらいを持っていると書類選考で有利です。
    介護の専門職に関する国家資格としては「介護福祉士」もあります。

    「Mac関連スキル」も多くの職種で必要とされています。
    グラッフィックデザイナー、編集、制作、企画、マーケティングなど。
    専門性の高いデザインはMacが適しているのです。
    Macスキルを持っていると転職に大変有利です。

    「CAD」も使えるとグッと仕事の幅が広がります。
    設計、製図が行えるのです。
    パタンナー、設計士、デザイナーなどCADが使えると多くのデザインなどが作れます。

    「宅地建物取引主任者」は、建物の売買を仕事とする際に必要な資格です。
    不動産の契約締結の際、重要事項の説明を行います。
    不動産屋の営業、住宅メーカーのアドバイザー、事務職にも有効な資格です。
    「建築士」や「インテリアコーディネーター」の資格なども一緒に持つと更なる仕事の強みとなります。
    インテリアコーディネーターは、インテリアの建築の知識を駆使して消費者の要望に的確なアドバイスをします。

    「診療報酬請求事務能力認定試験」
    医療事務のお仕事をする際に必要な資格です。
    医療事務の資格制度として厚生労働省が唯一認定した試験です。
    年2回開催されています。
    医療事務は、医療機関にてレセプトの作成や窓口受付などを行います。
    募集も多いため結婚、出産後もこの資格を持っていれば、職に就きやすくなります。





    ★転職のタイミング★
    転職活動は、前職を在職中に行うのがいいのでしょうか。
    それとも退職してから行うのがいいのでしょうか。
    リサーチや面接を数回受けるのに時間がとられます。
    在職中では積極的な転職活動ができないでしょう。
    退職後の活動は、時間ができるので集中して短期間で活動でき、気持ちにゆとりが生まれます。
    しかしながら、その間収入がなくなるわけですから、生活面を考えると在職中からの活動になります。
    在職中に試験を受けると、志望職種の事情がわかり事前に必要なスキルを習得する準備期間もできます。
    在職中に時間を作ることができず、有給休暇取得も難しい場合は面接の時間さへ取る事ができません。
    そのような場合は、退職後の活動になりますが在職中からきちんとリサーチをして志望企業を絞りましょう。

    在職中の転職の場合、退職までの引継ぎの関係がありますからすぐには入社できません。
    通常、転職先企業は、1,2ヶ月程度は考慮してくれます。

    在職中の転職活動、退職後の転職活動どちらかを選べる環境にある場合。
    断然、在職中の転職活動がベストです。
    退職後の転職活動ですと、すぐに転職先が決まればいいのですが決まらない場合。
    生活面の焦りから転職先を妥協して決めてしまう可能性があります。
    在職中でも今は企業のホームページや転職サイトなどから24時間応募することができます。
    転職先企業も在職中の活動には理解があるので、面接日の日時設定も考慮してもらえるでしょう。

    求人が盛んな時期としては、以前は年度末3,9月や4,10月などに募集が多いとされていました。
    しかし今は1年を通して募集がありますので時期を気にすることはないでしょう。





    ★志望動機★
    志望動機とは、求人企業に転職を志す理由のことです。
    転職活動において、志望動機は合否を左右する重要な事柄です。
    面接でも志望動機を聞かれることが多いです。
    面接の際には、自信に満ち溢れた表情や態度で臨みましょう。
    無理にうけのいい言葉を選ばずに自分の熱意を面接官に伝えるような話し方をしましょう。
    志望動機については、企業側に自分を雇ったらこんなメリットがあると思わせるようなものにしましょう。
    自分が志望企業でやりたいことなども積極的にアピールしましょう。
    転職の際のポイントとしては、前職での経験やスキルを強みとしてアピールするのがいいです。

    履歴書に記入する際のポイントとしては、自分の言葉で書くことです。
    誰が読んでもマニュアルに載っていそうな言葉は採用担当者ももう見飽きていることでしょう。
    さらに文章構成をしっかりして、説得力のある文章にすることが重要です。
    どんな点に企業(職種)の魅力を感じているのか。
    どうして希望しているのか。
    入社したら自分は何をがんばるのか。
    自分だからこそ、こんなことができる。
    このような事柄を、熱意をもって伝えることです。

    そのためには、事前情報のリサーチが必要です。
    企業のホームページ、求人要綱などで志望する企業の特徴をチェックします。
    社長のブログなどからも企業風土、社内の様子などがわかります。
    企業が求めている人物像やスキルを考えてみましょう。
    志望動機はこのようなことも踏まえて考えなければなりません。





    ★問い合わせ★
    求人広告をみて疑問に思ったとき、詳細事項を知りたいと思ったとき。
    面接等の日程について確認したいと思ったときなどは事前に志望企業に連絡して確認してみるのがいいでしょう。
    その際の方法とマナーについて考えてみましょう。
    既に企業にみられていることを意識して、好印象をもたれるような問い合わせをしましょう。

    問い合わせは、メールでも電話でもかまいません。
    メールでの問い合わせは、電話よりも簡単だと思われがちです。
    しかし気をつけることはどちらも同じ、むしろメールの方が守らなければならないマナーがあります。
    メールの場合は、簡潔に用件をわかりやすく書くことを心がけましょう。
    相手に見やすい、わかりやすいと印象づけることが重要です。
    仕事において正確な書類作成は基本です。
    誤字脱字、スペルミスがないかチェックしましょう。
    質問は3つくらいまでにしましょう。

    電話での問い合わせの際は、まず自分から名乗るようにしましょう。
    焦らずゆっくりとした口調で、名前と何をみて電話しているか、完結に用件を伝えましょう。
    問い合わせる時間帯は、平日の勤務時間帯で昼休み時間などは避けましょう。
    11:00~12:00、14:00~16:00くらいがいいでしょう。
    第一印象が大事です。明るくはっきりと落ち着いた口調で話しましょう。
    問い合わせる内容は最初から紙に書いてまとめておきましょう。
    要領を得た質問を簡潔にしやすくなるからです。
    最後に電話を切るときは、必ず相手が切るのを確認してから受話器を置くようにしましょう。





    ★面接辞退の方法★
    応募を辞退、面接を辞退、内定を辞退それぞれのケースがありえます。
    辞退して次いつどこで再会するかわかりません。
    辞退は社会人としてのモラルをもってきちんと辞退しましょう。

    応募を辞退したいとき。
    企業に迷惑をかけないように速やかに連絡しましょう。

    面接を辞退したいとき。
    「面接を前に自信がないとき」「面接をして話を聞いて思っていたのと違う」と感じたときなどに辞退を考えます。
    「面接の日にどうしてもはずせない用事が入ってしまった」
    このようなときは、面接担当者に話せば面接日程は調整してもらえます。
    間違っても無断欠席しないように、必ず企業の担当者へ遅くとも前日までに連絡しましょう。
    可能な限り迅速に早い時点で連絡することが必要です。
    メールではなく電話で丁重にお詫びし、辞退の旨を伝えましょう。
    メールだと担当者がメールに気づかなかったり、見るのが遅くなったりすると対応が遅れてしまいます。
    人事担当者だけではなく、面接には管理職や部長、さらに社長などが参加する場合があります。
    スケジュール調整をつけてあるものをキャンセルするのです。
    一刻も早く連絡する必要があります。
    辞退の理由については、聞かれたら簡単に答える程度でいいです。
    自分から積極的に話すことではありません。
    「他社への内定が決まった」と答えても問題はありません。
    正直に話したほうが企業にも迷惑がかかりません。
    悩んで言わないまま内定を受けた後断ると迷惑がかかります。
    注意しましょう。





    ★内定辞退★
    内定は転職活動をして企業に採用応募をし、企業側が内定通知書を渡した際に承諾されたとするものです。
    その後応募者が内定承諾書を提出した時点で雇用契約が成立しています。
    ですから内定辞退は、契約不履行となります。
    しかし通常企業から賠償請求を求められることはありません。
    但し、内定辞退が遅くなり、企業がその個人のために出費をしているとき。
    例えば事前に開催した研修費用や個人用に用意した備品代などの諸費用が賠償の対象になることもあります。
    内定辞退は、決心したらいち早く連絡するようにしましょう。
    相手の立場を考えて失礼がないようにスムーズに辞退しましょう。

    そもそも最初に重要なことは、面接の際に「御社が第一志望です」と言い切らないことです。
    もしも内定辞退をすることになった場合、企業側の印象がかなり悪いからです。
    複数面接試験を受けていて、他へ行くため辞退することは転職ではよくあることです。
    企業側もある程度は考慮しています。
    しかし「第一志望」といいきってしまうと、その熱意を買われて採用を決めたりしたことも考えられます。
    ほぼ入社確実と採用人数に数えられている場合もあります。

    人材派遣会社などを通しての活動の場合は、担当者にもきちんと自分の活動状況を知らせておきましょう。
    担当者は各企業と自分との橋渡しをしてくれているのです。
    複数試験を受けている場合でも、どのような状況か把握していないと担当者も対応できません。
    正確にきちんと隠すことなく話しておきましょう。

    内定辞退を決めたら少しでも早く企業担当者に電話で連絡しましょう。
    人材派遣会社などを通している場合は、担当者に連絡しましょう。
    その後、企業宛に「内定辞退の詫び状」を書きましょう。





    ★健康保険 Q&A★
    退職の際は保険、年金、税金面においていくつか手続きをしなければなりません。
    これらに関してちょっと疑問に思うようなことを考えてみましょう。

    退職する際は、健康保険を脱退しなければなりません。
    通常は退職後、個人で手続きをして国民健康保険に加入します。
    しかし、資格喪失日の前日までに継続して2ヶ月以上の被保険者期間がある場合。
    希望すれば、最大2年間、前職の健康保険を任意継続することができるのです。
    継続後は、任意に辞めることはできません。
    保険料を比較すると、任意の方が安い場合があります。
    この申し出は資格喪失した日から20日以内にしなければなりませんので注意が必要です。
    任意継続の際の保険料は全て個人負担になります。
    期日までに納付が必要です。納付しないと資格喪失します。
    保険料は前納もできます。前納すると割引があります。
    申請に必要な書類は「健康保険任意継続被保険者資格取得申請書 」。
    被扶養者がいるときは、「健康保険被扶養者(異動)届 」も必要です。
    次に別の企業に就職した場合も資格喪失します。

    次の転職先がまだ決まっておらずしばらくの間、前職を退職後、失業保険を受給する場合。
    失業保険受給中でも同居している配偶者の健康保険の被保険者になることができます。
    その場合の条件としては、年収が130万円未満でかつ配偶者の年収の2分の1未満であることです。
    健康保険組合によっては、失業保険受給中は被保険者になれないところもありますので確認が必要です。





    ★応募・面接 Q&A★
    ここでは、企業応募や面接に関する素朴な疑問をとりあげてみましょう。
    例えば、企業に応募する際に提出した履歴書など、不採用になった企業から返却してもらえるのでしょうか。
    残念ながら返却するかどうかは企業の自由なので、強制はできません。
    しかし要望はできますので、担当者に聞いてみましょう。

    履歴書や職務履歴書などに虚偽の申請をした場合はどうなるのでしょうか。
    内定通知書や誓約書などに、もともと注意事項として記載してある場合がほとんどです。
    重要な虚偽の申請をして、経歴などを詐称した場合は取り消しになることがあります。
    学歴など、偽り無く正しく知らせるようにしましょう。
    また前職の職務や経歴についても正確な情報を伝える義務があります。
    例えば前職を解雇された場合などでも、話しにくいですがきちんと伝えなければなりません。
    面接の際などに採用の可否を判断する重要事項となるからです。
    黙っていてもしも採用後に発覚したら、解雇になることもあります。
    注意しましょう。

    面接では、他の会社の内定状況を聞かれることがよくあります。
    その場合は、きちんと事実を伝えましょう。
    他から内定を受けていたとしても、評価には影響しないから大丈夫です。
    強く志望していることをアピールしながら、他社の内定を伝えると感じがいいかもしれません。

    面接に関しては、あいまいな表現は避けて嘘はやめましょう。
    わからないときは、「わかりません」と答える勇気が必要です。
    話すときは、ダラダラと話さず「結論」を先に答えるようにしましょう。





    ★内定 Q&A★
    それでは、内定に関するちょっとした疑問を考えてみましょう。
    内定を企業側から一方的に取り消されることはあるのでしょうか。
    基本的にはありえないことです。
    自分が何か重大な事由を隠して虚偽の申請をしていた場合。
    あるいは、企業側が不景気で人員削減などをしなくてはならなくなった場合。
    などを除けば内定通知書を受け取って、雇用契約を結んでいるわけですからありえないことです。
    もしもこのようなことになったら、企業担当者に理由をきちんと聞いてみましょう。

    逆にこちらから内定を辞退する場合、いち早く決断した時点で企業へ電話連絡をしましょう。
    人材派遣会社を通した場合は、人材派遣会社の担当者へいち早く電話をしましょう。
    企業へ連絡をしてもらえます。
    いずれにせよ早い段階で辞退しなければ、企業に迷惑がかかります。
    注意しましょう。

    内定が決まり、前職の退職日を設定するにおいて。
    前職と新しい職場の在籍期間が重なるのはどうなのでしょうか。
    あるいは前職を退職日まで有給休暇を取得中として、新しい職場で働く場合などはどうでしょう。
    これは、企業によって異なります。
    就業規則などで副業禁止とされている場合は、在籍期間を重ねることはできません。
    その場合は、有給休暇の取得を中止して退職日を早めて、退職後に働くようにしましょう。
    特に副業禁止となっていない場合は、念のため前職の企業担当者に確認してから働くようにしましょう。

    内定が決まり、転職が決まったらすぐに退職までのスケジュールを考えましょう。
    上司に報告、残務処理、引継ぎ、税金、年金、保険などの手続き等多くの事務処理があります。
    退職まで短くても1ヶ月は設定して、入社日を相談して設定することが必要です。





    ★失業保険★
    雇用保険には、失業保険や育児休業手当、介護休業手当などがあります。
    失業保険とは、失業期間中に国から助成金等がもらえる給付制度のことです。
    保険料は労働者と企業の両方が国に納めています。
    転職の際など、前職を退職し次の仕事を探している間の生活費などに困らないように給付してもらえるのです。

    失業保険にも4種類あります。
    「求職者給付」「就業促進給付」「教育訓練給付」「雇用促進給付」です。
    失業保険とは一般的に、「求職者給付」の中の「基本手当」のことを指します。
    給付を受けるには条件があります。
    第一に、働く意思があるのに働けない失業状態であること。
    ですからハローワークに定期的に出向いて、就業の意思を見せなければなりません。
    就業の意思が無い人、あるいは働くことが出来ない人は給付を受けられません。
    例えば怪我をしていたり、妊娠中であったりする場合は、働けるようになって就職活動をできる状態になったら受給できます。
    そのためには、受給期間延長申請をしておけば、出産後あるいは怪我がなおった後受給できます。
    延長期間は最大で3年間です。
    第二の条件は、離職の日以前2年間に賃金支払の基礎となった日数が11日以上ある雇用保険に加入していた月が通算12ヶ月以上あることです。

    失業給付を受けるためには、ハローワークに必要書類の提出が必要です。
    「離職票」「雇用保険被保険者証」「住民票などの身元確認できるもの」「写真(縦3cm×横2.5cm)2枚」「本人名義の普通預金通帳」です。
    これらを提出し、受給資格を認められれば説明会に参加し、認定証を受け取ることができます。
    その後、定期的に決められた日にちにハローワークに通い失業認定を受けなければなりません。
    認定後、口座にお金が振り込まれる仕組みです。





    ★雇用保険と再就職手当★
    雇用保険の失業給付の中に就業促進手当があります。
    「再就職手当」「就業手当」「常用就職支度手当」の3つがあります。
    これらは基本手当の受給者に早期の再就職を支援するものです。
    就業促進手当は、再就職先が「安定した職業」か「そのほかの職業」かで変わります。
    安定した職業に就いて、給付の支給残日数がある一定期間以上ある場合は、「再就職手当」か「常用就職支度手当」がもらえます。
    そのほかの職業に就いて、給付の支給残日数がある一定期間以上ある場合は、「就業手当」がもらえます。

    「安定した職業」とは1年以上の雇用契約が約束されているもの。
    「そのほかの職業」とは1年未満のものになります。

    さらにそれぞれに受給条件があります。
    「再就職手当」は、待機期間(7日間)終了後であること。
    再就職先が前職(離職票を受け取った)ではないこと。
    自己都合での退職で3ヶ月の待機終了後、1ヶ月は職安の紹介による再就職であること。
    職安に求職する前に内定した企業でないこと。
    支給額は、基本手当の支給残日数×30%です。

    「就業手当」は、受給条件は「再就職手当」と同様条件です。
    支給額は、基本手当日額×30%です。

    「常用就職支度手当」の受給条件は、45歳以上あるいは障害者であること。
    職安の紹介による再就職であること。
    再就職先が前職(離職票を受け取った)ではないこと。
    待機期間や給付制限期間が終了していること。
    支給額は、基本手当の支給残日数×基本手当日額×30%です。

    再就職が決まったら、企業より「採用証明書」をもらいハローワークに提出しましょう。
    ハローワークより「支給申請書」を受け取り、会社の証明をもらいましょう。
    この申請書を「受給資格者証」と一緒に1ヶ月以内にハローワークに提出しましょう。
    きちんと手続きして、もらえるものはきちんともらいましょう。
  • ★転職の時期★
    転職の一番のタイミングは、新卒で就職して、数年働いた20代後半です。
    ある程度のキャリアを積んで、社会人の基本を身に着けることができる時期だからです。
    このころの人材は各企業から引く手あまた。
    転職するには最適時期です。
    もっとキャリアを積んでから次の仕事へ、と悩んでいる間に最適時期は過ぎてしまいます。
    企業に求められる人材は、20代では社会性、人間性、マナー。
    ビジネスマンとしての基本的な業務遂行能力などです。
    しかし30代になると、プラス高い専門性と今までの経験はもちろん仕事の成果などを求められます。
    転職のハードルが高くなってしまうのです。

    転職すると決めたら、すばやく転職活動をしましょう。
    あまり時間が立ちすぎると間延びしてしまいます。
    前の仕事を辞めてから1~2ヶ月の間に活動するのがベストです。
    半年くらいの間には、転職先を決めたいものです。
    長く日にちが立ちすぎると、次の就職の際、不利になります。
    面接でもその間何をしていたか、聞かれることになります。

    企業の求人の数は1年の中で変わってきます。
    年末や年度末には仕事の求人が増えてきます。
    これらを見逃さないようにしましょう。

    しかし転職はくれぐれも慎重に決めましょう。
    一度転職すると、そのあと何度も短期転職を繰り返してしまう傾向があります。
    すると、書類選考にも通りにくくなります。
    一度目の転職は慎重に。二度目の転職はさらに慎重に行いましょう。
    決して自分のビジョン、やりたいことを見失うことなくハードルをさげずに転職先を探しましょう。





    ★職務履歴書の書き方★
    まずは、簡潔に見やすくまとめて採用担当者が読みやすい職務履歴書を作ることが大事です。
    数枚に渡り細かく書きすぎてしまうと、読む気すら起こらないからです。
    1~2枚程度にまとめましょう。
    職務履歴書は手書きよりパソコンでの作成が一般的です。
    A4サイズの横書きがいいでしょう。

    前職の会社名、できれば会社所在地や資本金、従業員数なども記入するとわかりやすいでしょう。
    さらに職務内容、仕事の成果、スキルなどを簡潔にまとめて箇条書きで書きましょう。
    仕事の成果は結果だけではなく、そのプロセスも書くといいでしょう。
    自分が努力してきた自己啓発に関してもきちんと書きましょう。
    履歴書の最後には、「以上」と記入しましょう。

    自己PRも忘れずに。
    今までの「経験やスキルを活かしてこの仕事をがんばりたい。」
    というように試験を受けている企業の業務内容と照らし合わせて必要な人材だと思わせるような書き方をしましょう。
    まったく関係のないスキルをアピールしてもプラスにはなりません。
    資格の場合は、どうしてその資格をとろうと思ったのかもあわせて記入するといいでしょう。
    企業へのアピールポイントは、その企業の求める人材像を求人広告や企業ホームページなどで調べてみましょう。
    それに対しての自分のアピールするポイントを決め、求められる人材像をうまく魅せなければなりません。
    ということで、企業に対し職務履歴書は使いまわすことはできません。
    各企業対策として、それぞれの企業にあわせたものを作成しましょう。





    ★履歴書の書き方★
    職務履歴書は自分の経験やスキルをアピールするものです。
    それに対し履歴書は、自分のデータを企業に伝えるものです。
    企業に最初に提出する書類です。
    企業側はそこから文書の作成能力や日本語表現能力などいろんなことを読み取ります。
    書類選考に通るには、第一印象が全てです。
    字の旨い下手ではありません。
    しっかりと丁寧に入社したいという気持ちが伝わるように書きましょう。

    一般的に職務履歴書はA4サイズの白無地タイプ。
    市販の履歴書には記入項目などに若干の違いがあります。
    「退職動機」「志望理由」などの欄があるものにしましょう。
    自分のアピールポイントを活かせそうなものを選びましょう。
    記入は黒のボールペンかサインペン。鉛筆はやめましょう。
    日付は提出日を記入。郵送する場合は、投函日を記入しましょう。
    西暦や和暦は統一しましょう。
    誤字脱字が無いように、一字一字丁寧に記入しましょう。
    学歴や職歴の入卒年度、入退社年度を間違えないように気をつけましょう。
    修正液や修正テープは決して使用しないで、間違えたら最初から書き直しましょう。
    全ての欄に記入して空欄を作らないようにしましょう。
    印鑑もまっすぐ、かすれやかけることなくしっかり押しましょう。
    こういったところで人間性を見られる場合もあります。
    志望動機なども応募する企業にあわせてきちんと記入しましょう。
    他の企業の履歴書を使いまわすことはしないようにしましょう。
    採用担当者に見抜かれてしまいます。

    以上のように応募書類は最新の注意を払って記入し提出するようにしましょう。





    ★退職★
    転職を決めたら、成功のためにはじめに円満退社を心がけましょう。
    退職の意思は遅くとも1ヶ月前までには会社に伝えましょう。
    2~3ヶ月前だとよりベストです。
    年度末や会社の繁忙期は避けましょう。
    退職日もできればこちらから一方的に指定するのではなく、上司と相談して決めるのが望ましいです。
    スムーズに引継ぎを行い、トラブルなく退社できることに全力を注ぎましょう。
    伝える方法としては、直属の上司に口頭で伝えましょう。
    一緒に仕事をしている主任、課長などにも伝えておくとカドが立たないでしょう。
    退職の理由としては、あくまで個人的なことにします。
    実際、職場風土や人間関係、仕事内容について不満があったとしてもグッとこらえます。
    個人的で前向きな理由、例えば「やりたいことがある」「田舎に帰る」などです。
    転職先が決まっている場合も、決して転職のことは口にしてはいけません。
    その後、退職届を書類として提出します。
    退職までのスケジュールをきちんと立てて、完璧に引継ぎを行いましょう。

    退職時に会社に返却するものとしては、健康保険証、社章、社員証明書、名刺などです。
    退職時に会社から受け取るものとしては、離職票、雇用保険被保険者証、年金手帳、源泉徴収表などです。
    離職票は会社を辞めたことを証明する書類で、失業保険を受け取る際などに必要となります。
    ただしすでに転職先が決まっている場合は不要となります。
    雇用保険被保険者証は雇用保険に入っていたことを示す書類で、新しい会社に提出するので必要です。
    源泉徴収表は年末調整の際に必要です。その時期までに郵送してもらうようにしましょう。





    ★保険★
    会社を退職すると各自でいろんな手続きを行わなければなりません。
    保険や税金関係の手続きです。
    保険に関しては、まず雇用保険(失業保険)。
    すぐに転職先が決まるとは限りません。
    失業している間に、きちんとした手続きを踏んで給付を受けましょう。

    用意するものは、離職票、雇用保険被保険者証、身分証明書、証明写真です。
    退職する過去1年間に6ヶ月以上被保険者でないと資格はありません。
    それから現在失業中であることが条件となります。
    雇用保険とは、仕事がしたいのに仕事が見つからない人のための失業給付です。
    怪我や病気などで仕事がもともとできない人は受給できません。
    手続きは、居住地域管轄のハローワーク(職業安定所)にて行います。
    また雇用保険は退職理由により受給制限があります。
    定年退職や倒産の場合は、ハローワークで受給資格を受けてから7日間待機状態で8日目から受給。
    自己都合退職の場合は、7日間待機状態のあとさらに1~3ヶ月の給付制限があります。
    すぐにはもらえないのです。
    受給期間中は新たな職にはつけません。バイトも禁止です。
    仕事が見つかったらすぐに申請して、給付をストップしてもらわないといけません。

    健康保険については、退職後次の仕事が見つかるまでは国民健康保険に加入しなければなりません。
    手続きは、役所にて行えます。

    住民税については、在職中は給料天引きされていましたが、後払いなので退職後に支払わなければなりません。
    かなりの金額が請求されますから、資金計画に狂いがないようにチェックしておきましょう。

    所得税は、1~12月分をまとめて年末調整を職場で行っていました。
    退職後は、職場から受け取った源泉徴収表にて、個人で確定申告をしなければなりません。
    すでに次の職場で働いている場合は、新しい職場に提出して年末調整してもらいましょう。

    年金については、退職後、国民年金に加入しなければなりません。
    手続きは、役所にて行えます。
    年金手帳、印鑑、離職票を持参して手続きしましょう。
    次の職場で働く際は、国民年金をやめて、新しい職場で加入することになります。
    その際、年金手帳は新しい職場に提出しましょう。





    ★面接の準備★
    書類選考が通ったらいよいよ面接です。
    面接の前に下準備をしておきましょう。
    まずは自分の考えをまとめること。
    どうしてこの仕事をしたいと思ったのか。
    なぜ転職を考えたのか、きちんと気持ちを整理しましょう。
    そして面接を受ける企業のこともきちんと下調べしましょう。

    企業の下調べは、まず企業のホームページを見ましょう。
    求人要綱もチェックして、どのような人材を求められているのかも確認しておきましょう。
    下調べしてもわからなかったことは、面接の際に質問してみましょう。
    意欲をかってもらえます。
    またその企業の商品も実際に見ておきましょう。

    面接を受ける際に一番必要なことは、やる気、自分の気持ちをいかに伝えられるかです。
    当たり障りの無い言葉ではなく、きちんと新しい職場での意気込みを伝えられるように考えましょう。
    下調べした企業の情報をもとに、企業のどんな事業にどんな仕事に関心があるのか伝えられるようにしましょう。

    転職では新卒採用と違い、即戦力を求められます。
    ですから、スキルやキャリアを重要視されます。
    今までの自分のキャリアや成功例、身につけたスキルなどをきちんと答えられるようにしましょう。
    その上で、キャリアやスキルを活かし、どんな仕事をしたいのか意思表示できるように考えましょう。

    当然のことですが、身だしなみはきちんと清潔感のあるものにしましょう。
    事前にスーツやシャツにはアイロンをかけましょう。しわのないものを着用しましょう。
    靴も磨いておきましょう。
    髪型は清潔なイメージに整えておきましょう。
    最低限の身だしなみは面接前日までに準備しておきましょう。





    ★面接当日★
    面接当日は、身だしなみを整えて清潔感ある服装で向かいましょう。
    男性なら髪型とひげはさっぱりと整えて短めにしましょう。
    女性なら髪型は清潔感のある感じで、化粧は薄めに、マニキュアは控えめに。
    アクセサリーはシンプルなものを。ピアスやイヤリングは揺れないものを身に着けましょう。
    香水はしないほうがいいでしょう。
    会場には時間に余裕をもって着くように行きましょう。
    慌てて駆け込んでは印象も悪いですし、気分を落ち着かせて面接を受けることもできません。
    会場周辺には余裕を持って到着するようにしましょう。
    周辺で時間調整をして、面接時間の5分ほど前には到着しているようにしましょう。
    早すぎても遅すぎてもいけません。

    どこで誰がみているかもわかりません。
    担当者以外にも、社内の人にはすべて挨拶をしましょう。
    控え室でタバコを吸うのはやめましょう。
    携帯電話の電源はオフにしましょう。

    部屋に入る際は、必ずノックをしましょう。
    部屋に入ったら扉をきちんとしめましょう。
    一礼し、「よろしくお願いします」と挨拶します。
    部屋に入ったら椅子の横に立ち、勧められるまでは座らないようにしましょう。
    先に座って待っているときは、面接官が部屋に入ってきたら立ち上がり挨拶しましょう。
    話すときは面接官の目をみて、笑顔で答えるようにしましょう。
    敬語などの日本語の使い方を間違えないように注意しましょう。
    間違った言葉遣いは悪い印象を与えてしまいます。
    部屋をでるときは、入り口で一礼をしてから出ていきましょう。





    ★面接内容★
    面接を受ける際のポイントは。
    落ち着いたら態度で自身をもって答えることです。
    質問に答える際は、積極的に意欲を見せてアピールしていきましょう。
    常に前向きな意見や考えを述べるようにしましょう。
    面接を受けている間は、椅子にもたれず姿勢良くしましょう。
    猫背や足をくむ、貧乏ゆすりなどをしないように注意しましょう。
    面接官の肩あたりをみて、視線をまっすぐに定めましょう。
    答える際は笑顔でリラックスしてゆっくり大きな声で話しましょう。

    具体的に面接で質問される事柄をあげてみましょう。
    「なぜ転職をしようと思ったのですか。」と聞かれたら。
    前職の愚痴、不満を述べるのではなく、自分が何をしたいからとスキルアップを理由に答えましょう。

    「どのような仕事をしたのですか。」と聞かれたら。
    具体的に答えましょう。長すぎても簡潔すぎてもいけません。
    やり遂げた仕事、リーダー経験などアピールポイントもきちんと説明しましょう。

    「今まで仕事であげた大きな実績をあげてください」と聞かれたら。
    具体的な成果よりも、その工夫やプロセスを重点的に説明しましょう。

    「当社を選んだ理由はなんですか。」と聞かれたら。
    企業の魅力を事前に調べて、自分のやりたいこととうまく照らし合わせて答えられるようにしましょう。

    「将来どのような仕事をしたいですか。」と聞かれたら。
    具体的にどんな仕事がしたいか、どんなポジションにつきたいかまで明確に答えましょう。

    「最後に何か質問はありますか。」と聞かれたら。
    特に何もありません。と答えては絶対にいけません。
    また面接官が「はい」「いいえ」で答えられる質問もだめです。
    事前に数個考えていきましょう。
    募集要項に書かれていることや、面接官が説明したことを質問しないように注意しましょう。





    ★筆記試験★
    企業が履歴書だけではわからない、人材の基礎的な能力を見極めるために行われるのが筆記試験です。
    適正試験や一般常識試験などを行う企業が多くあります。
    企業が採用の合否を決める上で重視するポイントになります。
    きちんとした対策をたてて筆記試験に臨みましょう。
    筆記試験には、一般常識試験、能力適正試験、性格適正試験、専門試験などがあります。

    一般常識試験は、時事問題や教養、論文などがあります。
    市販の就職問題集などで勉強しておきましょう。
    例えば、漢字の読み書き、反対語、小説の作者。
    社会では歴史上大事件、三権分立についてなどの基本的な知識です。
    日頃から社会情勢にきちんと興味を持っているかチェックされます。
    新聞をきちんと読みニュースやコラムなどをみておきましょう。
    論文については、まとめるだけではなく必ず自分の意見を書きましょう。

    能力適正試験は、新しい職場での新しい仕事への適応能力をみます。
    知覚力、応用力、理解力、推理力、知識力、問題解決能力などをチェックされます。
    市販の公務員試験の問題集の文章理解、判断推理、数的推理、空間把握を勉強しましょう。

    性格適正試験は、責任感や協調性、誠実さ、創造性など人間性をみられます。
    落ち着いてゆっくりとした話し方で、自分の気持ちを素直に答えましょう。
    回答に一貫性を持たせるように注意しましょう。

    専門性の必要な仕事の場合は、専門試験があります。
    例えば、語学や翻訳テスト、プログラミングテストなど専門知識があるかみるものです。





    ★20代の転職の面接★
    20代の転職の特徴は、初めての転職をする人が多いということです。
    就職して3~4年周囲のことが気になり始めるころです。
    「もっといろんな仕事をしてみたい」
    職へのこだわりやキャリアアップを望み始めるのです。
    他には、「入社してみたら、想像していたのと違った」「こんなはずじゃなかった」
    など現在の仕事への不満、あるいは将来への不安によるものもあります。

    20代では仕事のキャリアもスキルもまだまだ少ないです。
    しかしその分「可能性」があるのです。
    つまり過去ではなく未来をみているのです。
    20代の転職ニーズはこの一年とても高まっています。
    あらゆる業種で20代の人材が求められています。
    企業側は20代の可能性、将来性に期待しているのです。
    ですから、面接では「チャレンジ精神」や「やる気」を前面に表しましょう。
    将来自分がどんなことをして、どんな仕事をしていきたいか積極的にアピールしましょう。
    またどうしてその企業を選んだのか、志望理由もきちんと説明できるようにしましょう。

    20代の転職のポイントは、過去、将来における自己分析をきちんとすることです。
    自分が今までどのようなことをしてきて、将来どのようなキャリアを身につけたいか。
    どのような仕事をしてどのようになりたいか、などじっくり考えてみましょう。

    一番大事なことは転職先企業が自分に合うかどうかです。
    せっかく転職してもまた「こんなはずじゃなかった」と転職を繰り返しては意味がありません。
    企業のホームページなどに頼るだけではなく、志望先企業の情報をきちんと入手し理解しましょう。





    ★30代の転職★
    30代の転職理由としては、「今までのキャリアを活かしてさらなる上の仕事をしたい」「自分のスキルアップをはかりたい」「希望勤務地で働きたい」など様々なことがあります。
    転職を考えるにあたり、自分の転職理由に合う企業を探していかなければなりません。

    30代の人材は、前の企業で社会人としての教育さらにはスキルを磨いて育てられた魅力的な人材です。
    企業側からすれば「即戦力」なので、求人は引く手あまたです。
    20代よりキャリアもスキルもあり、40代よりも若くて将来性がある。
    そんな30代を企業は待っているのです。

    不況により各企業が新規採用を控えたため、現在の企業には中間層が少ないのです。
    近頃団塊世代が定年退職することにより、中間管理職が不足しています。
    企業は中間層として、後輩の指導、職場のリーダーシップをとってもらいたいと思っています。
    そんな時代背景からも30代を求めているのです。

    しかしある程度経験を摘んでいる年代だからこそ、仕事のプロとしての専門性を求められます。
    面接の前に自分が今までの仕事で積んだキャリア、スキル、知識を全てアピールできるように考えておきましょう。
    具体的に今までの経験を活かして、どのようなことをできるか。
    どのようになりたいかを明確に伝えられるようにしましょう。
    また志望企業が求めているものは何かも考えて自分のアピールをしなければなりません。
    「自分の考え」や「問題意識」を常にもって行動しているかなども重要なポイントとしてみられます。
    きちんとした考えや提案ができるようにあらかじめ考えておきましょう。





    ★40代の転職★
    30代後半から40代になるとグッと求人の数が減ります。
    一般的には、「転職は35歳まで」とも言われます。
    しかし、40代でも多くのキャリアやスキル、募集要項に書かれている条件などを持ち合わせていればまだ大丈夫です。
    魅力的な人材として、求められるでしょう。
    多くの企業は、年齢制限は目安として設定しているだけなのです。
    ただしこの少ない転職先の中、仕事をゲットしなければいけないわけです。
    しっかりとした準備と心構えが必要です。

    40代の転職は「即戦力」を求められます。
    しかし30代に求められる「即戦力」とは違います。
    30代の場合は、知識やスキルをどれだけ持っているかでした。
    しかし40代はそれにプラス、「統率力」「交渉力」「信頼性」などが求められます。
    知識やスキルだけでは、部下の統率やリーダーシップは発揮できません。
    40代には今までに培ってきたものがあるのです。
    それを活かし、マネージメント力も発揮しなければなりません。
    30代より転職は厳しくなりますが、可能性がないわけではありません。
    これらは大きな武器です。
    これまで多くの成果があればあるほど、周囲からの「信頼性」も生まれるのです。
    しかしうまく周囲の人間と協調していく人間性もなければうまくやっていけません。
    40代の中間層にはこのようなことが求められているのです。

    さらに人脈や営業力などもこれまでに培ってきたものです。
    しかし経験が全てプラスになるというものではありません。
    今も昔のやり方が通用するとは限らないからです。
    経験を活かしながらも、それに縛られることなく新しいものを見出せていける力が必要とされるのです。





    ★女性の転職事情★
    女性が社会で働き続けるということはとても難しいことです。
    世の中が変わり、男性も育児休暇の取得ができるようになりました。
    このようなことから結婚、出産後も女性が働き続けることができるようになったと言われています。
    しかし実情は、ほんの一握りだけ、数%の男性育児休暇を取得しているにすぎません。
    企業においても、産前産後休暇を設け、表向きは助成制度を設けています。
    しかし実際に取得している人も少なく、産後も今まで通り仕事をすることは難しいことです。

    社会や企業が変わることをいつまでも待っていても仕方ありません。
    自分がキャリアやスキルを身につけ、企業や周囲から必要とされる人材にならなければならないのです。
    女性は、産後も仕事が家庭と両立して始められるように、前職にすぐ復帰できるように切望しています。
    しかし「自分が仕事を続けやすい環境を求めて」、あるいは「収入をあげるため」の転職なども考えるいい機会です。
    結婚、出産に関係なく、女性も仕事へのやりがいを常に求めています。
    新しい世界に飛び込み、スキルを伸ばすのもいいでしょう。

    では実際にはどのように転職先を探したらいいのでしょうか。
    企業のホームページでの求人情報閲覧や、転職サイトの閲覧、人材派遣会社、求人広告閲覧など様々な方法があります。
    女性が転職を考える際は、人材派遣会社の利用が一番の転職成功への近道です。
    転職サイトやホームページ上の求人情報では、男性、女性どちらを求めているのかはっきりと書かれていません。
    人材派遣会社ですと、詳細情報が届いているため、女性を求めている職場がすぐにわかります。
    それに専門の担当者が履歴書の書き方から、面接、スケジュール調整まですべて行ってくれるのです。
    これらを有効活用し、自分が今の状況で働きやすい職場を慎重に探し、やりがいをもち長く働ける職場をみつけましょう。





    ★求人広告の見方★
    ここでは求人広告に掲載されている内容の見方を説明します。
    まずは「職種」について。
    職種は企業によって表現の仕方が違います。
    同じ職種でも企業により仕事内容が違うこともあります。
    応募前に電話などで確認してみましょう。

    「資格」について。
    今回の求人で必要な資格が書いてあります。
    基本的には年齢や学歴のことです。
    あくまで目安的なものです。
    多少のこと、例えば年齢が多少該当していなくても問い合わせて聞いてみましょう。
    しかし専門的な資格が求められている場合もあります。
    きちんと確認しましょう。

    「給与」について。
    支払われる最低賃金が書いてあります。
    月給制、年俸制、固定給、歩合給、賞与、各種手当など様々です。
    詳細については面接時に聞いてみましょう。

    「勤務地」について。
    転勤の有無、勤務時間、残業については求人広告だけでは読み取りにくいです。
    転勤については、頻繁にあるものなのか、希望勤務地は聞いてもらえるかなど実情を聞いてみましょう。
    転職理由の大きなものに「残業」があります。
    残業についても、頻度、残業時間など実情を面接時に聞いてみましょう。

    「休日、休暇」について。
    企業によって様々です。
    「完全週休二日制」「週休二日制」「月8日以上」などいろいろあります。
    1ヶ月に1度だけでも週に2日休みがあれば週休二日制となります。
    毎週2日休みがあるものを完全週休二日制といいます。
    この点、間違えないように気をつけましょう。
    企業毎に設定がいろいろありますから、年間休日日数で比較するのもいいかもしれません。
    有給休暇が設定されていても、取得がしにくく取得率が悪い企業もあります。
    職場の実情がどうなのか、確認してみましょう。





    ★転職フェア★
    転職探しのツールとして、「転職フェア」があります。
    転職フェアには、企業ブースがいくつか設置されています。
    一日で多くの企業の担当者に直接話が聞けるいい機会なのです。
    転職フェアには数十社、多いときは数百社の企業が集まります。
    自己アピールの場所にもなります。
    ここで顔を売っておけば、書類選考にも有利になるかもしれません。
    経験、資格などを優遇する企業よりも「人間性」をみる企業も多くあるのです。
    本来自分が考えていなかった企業の魅力を知り、自分の方向性が変わることもあります。
    いろいろ話すうちに、自分がどうしたいのか自己分析することもできます。
    このように転職フェアにも多くのメリットがあります。

    他にもキャリアコンサルタントに相談できるコーナーが設置されていることもあります。
    「職務履歴書の書き方」「面接時の注意点」など転職のポイントを教えてもらえます。

    転職フェアは、企業に質問できるイベントのようなものです。
    面接、選考などはありません。
    また入場料などもかかりません。
    固くならずに気軽に利用してみましょう。
    会場に着いたら、「エントリーシート」が用意されていますので記入しましょう。
    プロフィールや経歴を記載して、各企業ブースで見せるのです。
    履歴書のようなものです。
    会場について、どの企業ブースに行けばいいかわからないときは「マッチングガイドコーナー」を利用しましょう。
    専門のガイドが経歴や希望職種など条件を聞いて、企業を紹介してくれます。





    ★資格(前編)★
    転職の際には、資格を持っていたほうが有利です。
    資格とは能力、スキル、キャリアを客観的に証明するものです。
    志望する企業の職種によって、役立つ資格はそれぞれ違います。

    職種を問わずに持っているといい資格は。
    「TOEIC」。今の時代、仕事に英語力は必要です。
    その目安として見られるのがTOEICの点数です。
    600点以上あれば英語力があると評価されます。
    秘書、広告、貿易、証券、旅行カウンター、営業、ホテルマンなど数多くの活躍の場があります。

    「日商簿記検定」。経理上の知識を得て会計上の数字を理解する。
    利益やコストを計算する際にも便利です。
    経理だけではなく、総務、事務職、営業などにも利用できます。
    企業がみる場合は2級以上の知識を目安としています。

    「パソコン利用技術検定」「MOS」。
    パソコン使用力を測るものです。今の時代、パソコンは仕事にかかせません。
    実力を証明する意味でも持っていると便利です。
    企業からは必要とされるスキルNO.1。
    特に事務系職種で必要とされます。

    IT業界を目指す上で持っていると有利な資格は。
    「基本情報技術者」情報処理の入門的な資格。基礎知識問題と実技試験があります。
    「システムアドミニストレータ」。
    コンピューターのことを理解することはもちろんシステムの運用方法、ネットワークの知識。
    パソコン管理者として導入、運用、管理に必要な実務能力を必要とするものです。
    「システムアナリスト」システム化の計画、開発に携わる上で必要な資格です。
    「ソフトウェア開発技術者」ソフトウェアの開発の知識と技術を必要とします。

    しかし資格を持っていれば収入がよく、いい仕事に就けると決まっているわけではありません。
    自分がやりたいこと、希望する職種、生活スタイルにあった資格を選択して取得することが必要です。





    ★資格(後編)★
    様々な資格がありますが、転職に有利になりそうな資格をあげてみましょう。
    例えば今の高齢者社会から最近ニーズがあるのが「ホームヘルパー」資格です。
    「ホームヘルパー養成研修」を受講することで取得できます。
    ホームヘルパー2級くらいを持っていると書類選考で有利です。
    介護の専門職に関する国家資格としては「介護福祉士」もあります。

    「Mac関連スキル」も多くの職種で必要とされています。
    グラッフィックデザイナー、編集、制作、企画、マーケティングなど。
    専門性の高いデザインはMacが適しているのです。
    Macスキルを持っていると転職に大変有利です。

    「CAD」も使えるとグッと仕事の幅が広がります。
    設計、製図が行えるのです。
    パタンナー、設計士、デザイナーなどCADが使えると多くのデザインなどが作れます。

    「宅地建物取引主任者」は、建物の売買を仕事とする際に必要な資格です。
    不動産の契約締結の際、重要事項の説明を行います。
    不動産屋の営業、住宅メーカーのアドバイザー、事務職にも有効な資格です。
    「建築士」や「インテリアコーディネーター」の資格なども一緒に持つと更なる仕事の強みとなります。
    インテリアコーディネーターは、インテリアの建築の知識を駆使して消費者の要望に的確なアドバイスをします。

    「診療報酬請求事務能力認定試験」
    医療事務のお仕事をする際に必要な資格です。
    医療事務の資格制度として厚生労働省が唯一認定した試験です。
    年2回開催されています。
    医療事務は、医療機関にてレセプトの作成や窓口受付などを行います。
    募集も多いため結婚、出産後もこの資格を持っていれば、職に就きやすくなります。





    ★転職のタイミング★
    転職活動は、前職を在職中に行うのがいいのでしょうか。
    それとも退職してから行うのがいいのでしょうか。
    リサーチや面接を数回受けるのに時間がとられます。
    在職中では積極的な転職活動ができないでしょう。
    退職後の活動は、時間ができるので集中して短期間で活動でき、気持ちにゆとりが生まれます。
    しかしながら、その間収入がなくなるわけですから、生活面を考えると在職中からの活動になります。
    在職中に試験を受けると、志望職種の事情がわかり事前に必要なスキルを習得する準備期間もできます。
    在職中に時間を作ることができず、有給休暇取得も難しい場合は面接の時間さへ取る事ができません。
    そのような場合は、退職後の活動になりますが在職中からきちんとリサーチをして志望企業を絞りましょう。

    在職中の転職の場合、退職までの引継ぎの関係がありますからすぐには入社できません。
    通常、転職先企業は、1,2ヶ月程度は考慮してくれます。

    在職中の転職活動、退職後の転職活動どちらかを選べる環境にある場合。
    断然、在職中の転職活動がベストです。
    退職後の転職活動ですと、すぐに転職先が決まればいいのですが決まらない場合。
    生活面の焦りから転職先を妥協して決めてしまう可能性があります。
    在職中でも今は企業のホームページや転職サイトなどから24時間応募することができます。
    転職先企業も在職中の活動には理解があるので、面接日の日時設定も考慮してもらえるでしょう。

    求人が盛んな時期としては、以前は年度末3,9月や4,10月などに募集が多いとされていました。
    しかし今は1年を通して募集がありますので時期を気にすることはないでしょう。





    ★志望動機★
    志望動機とは、求人企業に転職を志す理由のことです。
    転職活動において、志望動機は合否を左右する重要な事柄です。
    面接でも志望動機を聞かれることが多いです。
    面接の際には、自信に満ち溢れた表情や態度で臨みましょう。
    無理にうけのいい言葉を選ばずに自分の熱意を面接官に伝えるような話し方をしましょう。
    志望動機については、企業側に自分を雇ったらこんなメリットがあると思わせるようなものにしましょう。
    自分が志望企業でやりたいことなども積極的にアピールしましょう。
    転職の際のポイントとしては、前職での経験やスキルを強みとしてアピールするのがいいです。

    履歴書に記入する際のポイントとしては、自分の言葉で書くことです。
    誰が読んでもマニュアルに載っていそうな言葉は採用担当者ももう見飽きていることでしょう。
    さらに文章構成をしっかりして、説得力のある文章にすることが重要です。
    どんな点に企業(職種)の魅力を感じているのか。
    どうして希望しているのか。
    入社したら自分は何をがんばるのか。
    自分だからこそ、こんなことができる。
    このような事柄を、熱意をもって伝えることです。

    そのためには、事前情報のリサーチが必要です。
    企業のホームページ、求人要綱などで志望する企業の特徴をチェックします。
    社長のブログなどからも企業風土、社内の様子などがわかります。
    企業が求めている人物像やスキルを考えてみましょう。
    志望動機はこのようなことも踏まえて考えなければなりません。





    ★問い合わせ★
    求人広告をみて疑問に思ったとき、詳細事項を知りたいと思ったとき。
    面接等の日程について確認したいと思ったときなどは事前に志望企業に連絡して確認してみるのがいいでしょう。
    その際の方法とマナーについて考えてみましょう。
    既に企業にみられていることを意識して、好印象をもたれるような問い合わせをしましょう。

    問い合わせは、メールでも電話でもかまいません。
    メールでの問い合わせは、電話よりも簡単だと思われがちです。
    しかし気をつけることはどちらも同じ、むしろメールの方が守らなければならないマナーがあります。
    メールの場合は、簡潔に用件をわかりやすく書くことを心がけましょう。
    相手に見やすい、わかりやすいと印象づけることが重要です。
    仕事において正確な書類作成は基本です。
    誤字脱字、スペルミスがないかチェックしましょう。
    質問は3つくらいまでにしましょう。

    電話での問い合わせの際は、まず自分から名乗るようにしましょう。
    焦らずゆっくりとした口調で、名前と何をみて電話しているか、完結に用件を伝えましょう。
    問い合わせる時間帯は、平日の勤務時間帯で昼休み時間などは避けましょう。
    11:00~12:00、14:00~16:00くらいがいいでしょう。
    第一印象が大事です。明るくはっきりと落ち着いた口調で話しましょう。
    問い合わせる内容は最初から紙に書いてまとめておきましょう。
    要領を得た質問を簡潔にしやすくなるからです。
    最後に電話を切るときは、必ず相手が切るのを確認してから受話器を置くようにしましょう。





    ★面接辞退の方法★
    応募を辞退、面接を辞退、内定を辞退それぞれのケースがありえます。
    辞退して次いつどこで再会するかわかりません。
    辞退は社会人としてのモラルをもってきちんと辞退しましょう。

    応募を辞退したいとき。
    企業に迷惑をかけないように速やかに連絡しましょう。

    面接を辞退したいとき。
    「面接を前に自信がないとき」「面接をして話を聞いて思っていたのと違う」と感じたときなどに辞退を考えます。
    「面接の日にどうしてもはずせない用事が入ってしまった」
    このようなときは、面接担当者に話せば面接日程は調整してもらえます。
    間違っても無断欠席しないように、必ず企業の担当者へ遅くとも前日までに連絡しましょう。
    可能な限り迅速に早い時点で連絡することが必要です。
    メールではなく電話で丁重にお詫びし、辞退の旨を伝えましょう。
    メールだと担当者がメールに気づかなかったり、見るのが遅くなったりすると対応が遅れてしまいます。
    人事担当者だけではなく、面接には管理職や部長、さらに社長などが参加する場合があります。
    スケジュール調整をつけてあるものをキャンセルするのです。
    一刻も早く連絡する必要があります。
    辞退の理由については、聞かれたら簡単に答える程度でいいです。
    自分から積極的に話すことではありません。
    「他社への内定が決まった」と答えても問題はありません。
    正直に話したほうが企業にも迷惑がかかりません。
    悩んで言わないまま内定を受けた後断ると迷惑がかかります。
    注意しましょう。





    ★内定辞退★
    内定は転職活動をして企業に採用応募をし、企業側が内定通知書を渡した際に承諾されたとするものです。
    その後応募者が内定承諾書を提出した時点で雇用契約が成立しています。
    ですから内定辞退は、契約不履行となります。
    しかし通常企業から賠償請求を求められることはありません。
    但し、内定辞退が遅くなり、企業がその個人のために出費をしているとき。
    例えば事前に開催した研修費用や個人用に用意した備品代などの諸費用が賠償の対象になることもあります。
    内定辞退は、決心したらいち早く連絡するようにしましょう。
    相手の立場を考えて失礼がないようにスムーズに辞退しましょう。

    そもそも最初に重要なことは、面接の際に「御社が第一志望です」と言い切らないことです。
    もしも内定辞退をすることになった場合、企業側の印象がかなり悪いからです。
    複数面接試験を受けていて、他へ行くため辞退することは転職ではよくあることです。
    企業側もある程度は考慮しています。
    しかし「第一志望」といいきってしまうと、その熱意を買われて採用を決めたりしたことも考えられます。
    ほぼ入社確実と採用人数に数えられている場合もあります。

    人材派遣会社などを通しての活動の場合は、担当者にもきちんと自分の活動状況を知らせておきましょう。
    担当者は各企業と自分との橋渡しをしてくれているのです。
    複数試験を受けている場合でも、どのような状況か把握していないと担当者も対応できません。
    正確にきちんと隠すことなく話しておきましょう。

    内定辞退を決めたら少しでも早く企業担当者に電話で連絡しましょう。
    人材派遣会社などを通している場合は、担当者に連絡しましょう。
    その後、企業宛に「内定辞退の詫び状」を書きましょう。





    ★健康保険 Q&A★
    退職の際は保険、年金、税金面においていくつか手続きをしなければなりません。
    これらに関してちょっと疑問に思うようなことを考えてみましょう。

    退職する際は、健康保険を脱退しなければなりません。
    通常は退職後、個人で手続きをして国民健康保険に加入します。
    しかし、資格喪失日の前日までに継続して2ヶ月以上の被保険者期間がある場合。
    希望すれば、最大2年間、前職の健康保険を任意継続することができるのです。
    継続後は、任意に辞めることはできません。
    保険料を比較すると、任意の方が安い場合があります。
    この申し出は資格喪失した日から20日以内にしなければなりませんので注意が必要です。
    任意継続の際の保険料は全て個人負担になります。
    期日までに納付が必要です。納付しないと資格喪失します。
    保険料は前納もできます。前納すると割引があります。
    申請に必要な書類は「健康保険任意継続被保険者資格取得申請書 」。
    被扶養者がいるときは、「健康保険被扶養者(異動)届 」も必要です。
    次に別の企業に就職した場合も資格喪失します。

    次の転職先がまだ決まっておらずしばらくの間、前職を退職後、失業保険を受給する場合。
    失業保険受給中でも同居している配偶者の健康保険の被保険者になることができます。
    その場合の条件としては、年収が130万円未満でかつ配偶者の年収の2分の1未満であることです。
    健康保険組合によっては、失業保険受給中は被保険者になれないところもありますので確認が必要です。





    ★応募・面接 Q&A★
    ここでは、企業応募や面接に関する素朴な疑問をとりあげてみましょう。
    例えば、企業に応募する際に提出した履歴書など、不採用になった企業から返却してもらえるのでしょうか。
    残念ながら返却するかどうかは企業の自由なので、強制はできません。
    しかし要望はできますので、担当者に聞いてみましょう。

    履歴書や職務履歴書などに虚偽の申請をした場合はどうなるのでしょうか。
    内定通知書や誓約書などに、もともと注意事項として記載してある場合がほとんどです。
    重要な虚偽の申請をして、経歴などを詐称した場合は取り消しになることがあります。
    学歴など、偽り無く正しく知らせるようにしましょう。
    また前職の職務や経歴についても正確な情報を伝える義務があります。
    例えば前職を解雇された場合などでも、話しにくいですがきちんと伝えなければなりません。
    面接の際などに採用の可否を判断する重要事項となるからです。
    黙っていてもしも採用後に発覚したら、解雇になることもあります。
    注意しましょう。

    面接では、他の会社の内定状況を聞かれることがよくあります。
    その場合は、きちんと事実を伝えましょう。
    他から内定を受けていたとしても、評価には影響しないから大丈夫です。
    強く志望していることをアピールしながら、他社の内定を伝えると感じがいいかもしれません。

    面接に関しては、あいまいな表現は避けて嘘はやめましょう。
    わからないときは、「わかりません」と答える勇気が必要です。
    話すときは、ダラダラと話さず「結論」を先に答えるようにしましょう。





    ★内定 Q&A★
    それでは、内定に関するちょっとした疑問を考えてみましょう。
    内定を企業側から一方的に取り消されることはあるのでしょうか。
    基本的にはありえないことです。
    自分が何か重大な事由を隠して虚偽の申請をしていた場合。
    あるいは、企業側が不景気で人員削減などをしなくてはならなくなった場合。
    などを除けば内定通知書を受け取って、雇用契約を結んでいるわけですからありえないことです。
    もしもこのようなことになったら、企業担当者に理由をきちんと聞いてみましょう。

    逆にこちらから内定を辞退する場合、いち早く決断した時点で企業へ電話連絡をしましょう。
    人材派遣会社を通した場合は、人材派遣会社の担当者へいち早く電話をしましょう。
    企業へ連絡をしてもらえます。
    いずれにせよ早い段階で辞退しなければ、企業に迷惑がかかります。
    注意しましょう。

    内定が決まり、前職の退職日を設定するにおいて。
    前職と新しい職場の在籍期間が重なるのはどうなのでしょうか。
    あるいは前職を退職日まで有給休暇を取得中として、新しい職場で働く場合などはどうでしょう。
    これは、企業によって異なります。
    就業規則などで副業禁止とされている場合は、在籍期間を重ねることはできません。
    その場合は、有給休暇の取得を中止して退職日を早めて、退職後に働くようにしましょう。
    特に副業禁止となっていない場合は、念のため前職の企業担当者に確認してから働くようにしましょう。

    内定が決まり、転職が決まったらすぐに退職までのスケジュールを考えましょう。
    上司に報告、残務処理、引継ぎ、税金、年金、保険などの手続き等多くの事務処理があります。
    退職まで短くても1ヶ月は設定して、入社日を相談して設定することが必要です。





    ★失業保険★
    雇用保険には、失業保険や育児休業手当、介護休業手当などがあります。
    失業保険とは、失業期間中に国から助成金等がもらえる給付制度のことです。
    保険料は労働者と企業の両方が国に納めています。
    転職の際など、前職を退職し次の仕事を探している間の生活費などに困らないように給付してもらえるのです。

    失業保険にも4種類あります。
    「求職者給付」「就業促進給付」「教育訓練給付」「雇用促進給付」です。
    失業保険とは一般的に、「求職者給付」の中の「基本手当」のことを指します。
    給付を受けるには条件があります。
    第一に、働く意思があるのに働けない失業状態であること。
    ですからハローワークに定期的に出向いて、就業の意思を見せなければなりません。
    就業の意思が無い人、あるいは働くことが出来ない人は給付を受けられません。
    例えば怪我をしていたり、妊娠中であったりする場合は、働けるようになって就職活動をできる状態になったら受給できます。
    そのためには、受給期間延長申請をしておけば、出産後あるいは怪我がなおった後受給できます。
    延長期間は最大で3年間です。
    第二の条件は、離職の日以前2年間に賃金支払の基礎となった日数が11日以上ある雇用保険に加入していた月が通算12ヶ月以上あることです。

    失業給付を受けるためには、ハローワークに必要書類の提出が必要です。
    「離職票」「雇用保険被保険者証」「住民票などの身元確認できるもの」「写真(縦3cm×横2.5cm)2枚」「本人名義の普通預金通帳」です。
    これらを提出し、受給資格を認められれば説明会に参加し、認定証を受け取ることができます。
    その後、定期的に決められた日にちにハローワークに通い失業認定を受けなければなりません。
    認定後、口座にお金が振り込まれる仕組みです。





    ★雇用保険と再就職手当★
    雇用保険の失業給付の中に就業促進手当があります。
    「再就職手当」「就業手当」「常用就職支度手当」の3つがあります。
    これらは基本手当の受給者に早期の再就職を支援するものです。
    就業促進手当は、再就職先が「安定した職業」か「そのほかの職業」かで変わります。
    安定した職業に就いて、給付の支給残日数がある一定期間以上ある場合は、「再就職手当」か「常用就職支度手当」がもらえます。
    そのほかの職業に就いて、給付の支給残日数がある一定期間以上ある場合は、「就業手当」がもらえます。

    「安定した職業」とは1年以上の雇用契約が約束されているもの。
    「そのほかの職業」とは1年未満のものになります。

    さらにそれぞれに受給条件があります。
    「再就職手当」は、待機期間(7日間)終了後であること。
    再就職先が前職(離職票を受け取った)ではないこと。
    自己都合での退職で3ヶ月の待機終了後、1ヶ月は職安の紹介による再就職であること。
    職安に求職する前に内定した企業でないこと。
    支給額は、基本手当の支給残日数×30%です。

    「就業手当」は、受給条件は「再就職手当」と同様条件です。
    支給額は、基本手当日額×30%です。

    「常用就職支度手当」の受給条件は、45歳以上あるいは障害者であること。
    職安の紹介による再就職であること。
    再就職先が前職(離職票を受け取った)ではないこと。
    待機期間や給付制限期間が終了していること。
    支給額は、基本手当の支給残日数×基本手当日額×30%です。

    再就職が決まったら、企業より「採用証明書」をもらいハローワークに提出しましょう。
    ハローワークより「支給申請書」を受け取り、会社の証明をもらいましょう。
    この申請書を「受給資格者証」と一緒に1ヶ月以内にハローワークに提出しましょう。
    きちんと手続きして、もらえるものはきちんともらいましょう。

就職活動TAG

就職 活動/転職/マイナビ 転職/リクナビ ネクスト/求人/転職 サイト/医師 転職/リクルート エージェント/とらばーゆ/転職 エージェント/求人 サイト/看護 師 求人/女 の 転職/求人 情報/医療 事務 求人/正社員 求人/保育 士 求人/介護 求人/歯科 衛生 士 求人/40 代 転職/リクナビ 転職/看護 師 転職/転職 サイト おすすめ/マイ ナビ エージェント/キャリトレ/転職 女性/ミドル の 転職/看護 師 転職 サイト/管理 栄養士 求人/イーキャリア/農業 求人/リクナビ エージェント/カイゴジョブ/indeed 求人/ハ タラクティブ/バイトル ネクスト/アパレル 求人/事務 求人/公務員 転職/転職 ナビ/社会 福祉 士 求人/女性 転職/転職 エージェント おすすめ/飲食 店 求人/栄養士 求人/転職 40 代/工場 求人/求人 正社員/理学 療法 士 求人/クリエイト 求人/ホテル 求人/バイト 求人/40 歳 転職/リクルート 転職/転職 20 代/コールセンター 求人/転職 資格/飲食 求人/転職 30 代/海外 求人/30 代 転職/大学 事務 求人/受付 求人/転職 おすすめ/スタバ 求人/外資 系 転職/転職 英語/大学 職員 転職/女性 の 転職/it 転職/ネイリスト 求人/職人 求人/エンジニア 転職/海外 転職/マイ ナビ ミドル シニア/花屋 求人/転職 マイナビ/テンプスタッフ 求人/柔道 整復 師 求人/ケアマネ 求人/不動産 求人/高卒 求人/マイナビ 転職 エージェント/カメラマン 求人/准 看護 師 求人/転職 診断/介護 福祉 士 求人/求人 英語/パソナ 求人/amazon 求人/法律 事務 所 求人/調理 師 求人/google 求人/転職 相談/医師 求人/保育 士 転職/秘書 求人/35 歳 転職/アデコ 求人/45 歳 転職/住み込み 求人/美容 部員 求人/美術館 求人/転職 イベント/コストコ 求人/作業 療法 士 求人/ユニクロ 求人/介護 転職/在宅 求人/英語 求人/テレワーク 求人/プログラマー 未経験/タクシー 求人/高卒 転職/カーブス 求人/30 歳 転職/ファルマ スタッフ/会計 事務 所 求人/ナースフル/未経験 転職/大学 職員 求人/20 代 転職/デザイナー 求人/しまむら 求人/イー アイデム 正社員/アパレル 転職/看護 師 求人 サイト 人気 ベスト/求人 ハローワーク/カウンセラー 求人/楽天 求人/経理 転職/清掃 求人/旅行 会社 求人/パティシエ 求人/転職 口コミ/type 転職/セラピスト 求人/社労士 求人/通関 士 求人/green 転職/一般 事務 求人/web デザイナー 求人/大型 トラック 求人/保育園 求人/求人 検索/看護 師 転職 サイト ベスト 公式/google 転職/介護 職 求人/ナース では たらこ/介護 求人 ナビ/アット ジーピー/仕事 求人/社会 保険 労務 士 求人/クリニック 看護 師 転職 ベスト 公式/シニア 求人 ナビ/マイ ナビ ネクスト/転職 求人/メイテック ネクスト/医師 転職 エージェント/トラック 求人/医師 転職 海外/高 収入 求人/インテリア コーディネーター 求人/銀行 員 転職/ママ の 求人/ゲーム 会社 求人/マイナビ 保育 士/転職 成功/高 収入 転職/事務職 転職/経理 求人/営業 転職/営業 求人/税理士 事務 所 求人/エステ 求人/パチンコ 求人/音楽 求人/林業 求人/電気 主任 技術 者 求人/コンサル 転職/マイ ナビ ジョブ 20/転職 サイト 女性/タンクローリー 求人/グラフィック デザイナー 求人/it 求人/アマゾン 求人/メノガイア/mr 転職/40 代 女性 転職/芸能 事務 所 求人/type 転職 エージェント/求人 パート/se 転職/転職 it/リクルート 求人/ディズニー 求人/楽天 転職/デンソー 求人/npo 求人/配送 求人/アン 求人/zozotown 求人/求人 サイト おすすめ/イラストレーター 求人/教員 転職/事務職 求人/不動産 転職/リラクゼーション 求人/デザイン 求人/クリエイト 転職/タクシー 転職/会計士 転職/u ターン 転職/資生堂 求人/看護 師 求人 サイト/製造 業 求人/line 求人/ベンチャー 転職/ソラスト 求人/エンジニア 求人/医師 転職 先/トヨタ 求人/幼稚園 求人/美容 師 転職/外資 転職/整備 士 求人/フランス語 求人/ものづくり 求人/ペット 求人 ナビ/動物 求人/転職 年齢/社内 se 転職/転職 未経験/仕事 転職/転職 と は/税理士 求人/宅 建 士 求人/転職 セミナー/ウズキャリ/エンゲージ 求人/動物園 求人/ヨガ 求人/転職 事務/サンエー 求人/タクシー 転職 成功/設備 管理 求人/フォトグラファー 求人/マイ ナビ クリエイター/ジモティー 求人/転職 道/マイ ナビコ メディカル/中高年 求人/出版 社 求人/gu 求人/転職 公務員/保育 求人/グリーン 転職/看護 ルー 求人/保育 情報 どっとこむ/貿易 事務 求人/cad オペレーター 求人/アクセンチュア 転職/パテント サロン 求人/アニメイト 求人/医師 転職 おすすめ メディカル キャリア/マイナビ 介護/不動産 鑑定 士 求人/ikea 求人/運送 求人/コンビニ 求人/amazon 転職/社員 求人/海外 勤務 求人/セコム 採用/engage 求人/結婚 転職/電 験 三種 求人/水族館 求人/ザイマックス 関西/転職 正社員/キーエンス 転職/博物館 求人/転職 リクナビ/ファースト ナビ/転職 に 有利 な 資格/マイ ナビ シニア/ジョブクル/バイヤー 求人/ライター 求人/ビル メンテナンス 求人/40 代 転職 女性/自動車 整備 士 求人/ラウンダー 求人/マッサージ 求人/広告 転職/ヘアメイク 求人/ハイ クラス 転職/ダスキン 求人/55 歳 転職/翻訳 求人/保育園 事務 求人/マイナビ 求人/40 代 求人/36 歳 転職/グーグル 求人/医療 機器 転職/ハローワーク 転職/ゾゾタウン 求人/事務 転職/医師 転職 他 職種/施工 管理 求人/マツモトキヨシ 求人/池袋 求人/転職 有利 資格/ミドル 転職/転職 給料/縫製 求人/cad 求人/不動産 事務 求人/宅 建 求人/パタンナー 求人/美容 皮膚 科 求人/転職 する なら/人事 転職/プログラマー 求人/ヤマト 求人/エンジニア 未経験/ソフトバンク 求人/web エンジニア 未経験/求人 indeed/転職 の かん づめ/契約 社員 求人/ana 求人/ビル 管理 求人/外資 系 企業 転職/カルディ 求人/転職 ex/芸能 マネージャー 求人/40 代 女性 正社員 に なりたい/転職 エージェント と は/msw 求人/休職 転職/筆耕 求人/美容 求人/資格 転職/ファイナンシャル プランナー 求人/団体 職員 求人/デザイナー 転職/飲食 転職/介護 士 求人/眼科 求人/空港 求人/エージェント 転職/転職 ハローワーク/生活 相談 員 求人/ヨシケイ 求人/弁護士 求人/37 歳 転職/リクルート エグゼクティブ エージェント/銀行 転職/アイデム 正社員/造園 求人/パナソニック 求人/インテリア 求人/中小 企業 診断 士 転職/楽天 中途 採用/ニチイ 求人/ファナック 求人/ブライダル 求人/ワーママ 転職/40 代 転職 厳しい/ラフィネ 求人/英語 転職/アグレ 求人/商社 転職/クリニック 求人/校正 求人/保育 ジョブ/メロンブックス 求人/経理 事務 求人/リクルート ネクスト/オリエンタルランド 中途 採用/ホットペッパー 求人/運送 業 求人/バーテンダー 求人/税理士 転職/ソニー 中途 採用/農業 転職/ビズリーチ プラチナ スカウト/38 歳 転職/ドンキホーテ 求人/転職 健康 診断/ec サイト 求人/ミュゼ 求人/ソニー 転職/ラーメン 求人/財団 法人 求人/uscpa 転職/キーエンス 中途 採用/女性 求人/とらばーゆ 看護 師/公務員 求人/管理 栄養士 転職/クックビズ 求人/マイナビ ミドル シニア/教師 転職/re 転職/弁護士 転職/土日 休み 求人/中高年 転職/無料 求人/zara 求人/病院 事務 求人/シカカラ/メルカリ 求人/日経 キャリア ネット/e 介護 転職/転職 5ch/エステティシャン 求人/警備 求人/マネージャー 求人/溶接 求人/資生堂 中途 採用/マツエク 求人/医療 事務 転職/グーグル 転職/理学 療法 士 転職/マンパワー 求人/転職 営業/トヨタ 転職/バリスタ 求人/コカコーラ 求人/フル リモート 求人/建築 求人/病院 受付 求人/転職 サイト 20 代/30 代 後半 転職/マンション 管理 士 求人/栄養士 転職/転職 エージェント 20 代/ワークマン 求人/運送 会社 求人/マイナビ 転職 セミナー/type エージェント/シニア 転職/コープ 求人/コメリ 求人/ゲーム 求人/転職 看護 師/調理 求人/ホテレス 求人/グロップ 求人/整体 師 求人/福祉 求人/広報 求人/ナース 求人/バス 求人/usj 求人/秋葉原 求人/販売 求人/転職 エンジニア/転職 人気/任天堂 求人/異 業種 転職/apple 求人/ウェブ デザイナー 求人/大手 企業 転職/30 代 転職 未経験/三井 物産 中途 採用/リタリコ 求人/ビルメン 転職 ナビ/中小 企業 診断 士 求人/セコム 求人/求人 広告 代理 店/医道 の 日本 求人/マイナビ スカウト/リクルート キャリア 採用/旅館 求人/土日 祝 休み 正社員/line 転職/ドローン 求人/ツルハ 求人/グランド スタッフ 求人/ldh 求人/公益 財団 法人 求人/製造 求人/転職 コンサルタント/既 卒 求人/医師 転職 サイト/ベネッセ 求人/女 転職/社労士 事務 所 求人/求人 情報 サイト/スポナビ キャリア/uuum 求人/官公庁 求人/ドコモ 求人/ベンチャー 企業 求人/web 系 企業/20 代 転職 サイト/宅 建 転職/転職 職種/dtp 求人/パナソニック 中途 採用/パラ リーガル 求人/28 歳 転職/コンサルタント 転職/フィットネス 求人/キレイモ 求人/ビルメン 求人/ダイレックス 求人/python 求人/ウェディング プランナー 求人/求人 サイト 正社員 おすすめ/27 歳 転職/メド フィット/アニメーター 求人/求人 事務/スポーツ 求人/rpa 求人/スカウト 求人/ファンケル 求人/ディズニーランド 求人/32 歳 転職/ドラジョブ/it 転職 エージェント/特例 子会社 求人/web 求人/アニメ 求人/ホテル 転職/ベンチャー 求人/spring 転職 エージェント/営業 事務 求人/転職 女性 30 代/インストラクター 求人/株式 会社 コトラ/サンリオ 求人/とらばーゆ 医療 事務/金融 転職/塗装 求人/転職 大手/ベンチャー 企業 転職/旭化成 求人/25 歳 転職/ネイル 求人/40 代 の 転職/aws 転職/消防 設備 士 求人/映像 求人/転職 40 代 女性/外資 系 求人/看護 師 転職 サイト おすすめ/jr 求人/green 求人/設計 事務 所 求人/梅田 求人/未経験 求人/ana 転職/子持ち 転職/マイクロソフト 転職/警察 官 転職/サッカー 求人/保育園 転職/人事 求人/博報堂 中途 採用/動画 編集 求人/保育 士 転職 サイト/スタートアップ 転職/パナソニック 転職/求人 バイト/転職 女性 20 代/不動産 営業 求人/鉄道 求人/日経 転職/マーケティング 転職/転職 すべ きか/保育園 栄養士 求人/ジョブ メドレー 保育 士/アパホテル 求人/バー 求人/ヤフー 求人/小倉 求人/三井 不動産 中途 採用/ja 求人/データ サイエンティスト 求人/関西 求人/web デザイナー 未経験 求人/転職 30 代 女性/航空 会社 求人/48 歳 転職/オリエンタルランド 求人/ソフトバンク 中途 採用/グルメ キャリー 関西/転職 女性 人気 職業/任天堂 中途 採用/ソニー 求人/26 歳 転職/ビズリーチ 求人/転職 海外/求人 看護 師/nhk 求人/30 代 女性 転職/電通 中途 採用/銀行 求人/タリーズ 求人/ホテル フロント 求人/正社員 転職/エグゼクティブ 転職/映画 求人/特許 事務 所 求人/女性 の ため の 転職/関空 求人/toeic 転職/ソフトバンク 転職/介護 の 求人/アウトドア 求人/アルフレッサ 求人/休職 中 転職/介護 求人 サイト/スーパー 求人/it 転職 サイト/求人 無料/上大岡 求人/介護 求人 パーク/看護 求人/転職 学歴/管理 業務 主任 者 求人/オリエンタルランド 転職/漁業 求人/通訳 求人/cobol 求人/mynavi 転職/法務 転職/キャリコネ 転職/宅地 建物 取引 士 求人/転職 女性 40 代/カイゴジョブ フェスタ/中途 採用 求人/歯科 衛生 士 転職/ドトール 求人/マイナビ 介護 職/葬儀 求人/46 歳 転職/天王寺 求人/薬局 求人/海外 仕事 求人/メーカー 転職/短期 求人/自衛隊 転職/転職 情報/ホンダ 求人/整備 士 転職/web マーケティング 求人/転職 年金/心理 求人/求人 電話/編集 求人/47 歳 転職/映像 編集 求人/転職 失敗談/転職 35 歳/ゴルフ 求人/海外 出張 求人/デンソー 中途 採用/イソップ 求人/船 求人/旭化成 中途 採用/エンジニア 転職 エージェント/ライザップ 求人/イタリアン 求人/テレビ局 求人/日産 求人/社労士 転職/jtb 求人/三菱 地 所 中途 採用/保険 の 窓口 求人/キーエンス 求人/楽天 モバイル 求人/転職 高卒/総合 商社 転職/mr 求人/34 歳 転職/牧場 求人/29 歳 転職/物流 求人/マイナビ 転職 女性/タワーレコード 求人/ジャニーズ 求人/スタンバイ 求人/転職 口コミ サイト/転職 リクルート/ntt データ 転職/大手 転職/サントリー 求人/30 代 転職 資格/求人 it/プログラマー 転職/インディー ド 転職/資生堂 転職/indeed 転職/クリニック 受付 求人/仕事 正社員/ツクイ 求人/受付 嬢 求人/食品 工場 求人/夜勤 求人/ジャス ネット キャリア/居酒屋 求人/40 代 再 就職/医療 求人/副業 求人/海外 駐在 転職/転職 エージェント 女性/コントラクト mr/jal 求人/web デザイナー 転職/lush 求人/スノーピーク 求人/av 求人/クリーニング 求人/オリンピック 求人/社内 se 求人/転職 する べき か/食品 メーカー 転職/育休 中 転職/事務 員 求人/丸紅 中途 採用/建設 業 求人/着付け 求人/公認 会計士 求人/転職 女性 適職 診断/ビルメン 転職/パート 転職/秘書 転職/33 歳 転職/看護 roo 転職/学校 法人 求人/編集 者 求人/アデコ スプリング/スポーツ 転職/クリンクス 株式 会社/ngo 求人/企業 看護 師 求人/amazon 中途 採用/サイバー エージェント 転職/it 転職 未経験/関西 転職/アップル 求人/39 歳 転職/受付 事務 求人/クリエイティブ 求人/バイトル 求人/株式 会社 ギークリー/3 年 目 転職/転職 スカウト/マイナビ 転職 エージェント サーチ/テレアポ 求人/ルピシア 求人/ブリジストン 求人/幼稚園 事務 求人/dhc 求人/マイクロソフト 求人/パタゴニア 求人/生協 求人/転職 結婚/ママ 転職/ハイヤー 求人/任天堂 転職/施工 管理 転職/40 代 転職 サイト/離島 求人/あん 求人/システム エンジニア 転職/sier 転職/おすすめ 転職 サイト/転職 関西/大 企業 転職/適職 診断 転職/製造 業 転職/化粧品 求人/インフラ エンジニア 転職/知 財 転職/旅行 会社 転職/転職 40 歳/時短 転職/転職 エージェント 複数/ヤマハ 求人/転職 高 収入/花王 求人/転職 住宅 ローン/アート 求人/声優 マネージャー 求人/事務 求人 正社員/ビズリーチ 転職/リクルート キャリア エージェント/会計 事務 所 転職/アロマ セラピスト 求人/lmo 求人/web ディレクター 求人/転職 キャリア アップ/土木 求人/銀座 求人/製薬 転職/転職 する に は/三井 不動産 転職/オルビス 求人/転職 する 英語/法務 求人/ライン 求人/公認 会計士 転職/転職 したい けど/メディカル ライター/アクセンチュア 中途 採用/lgbt 求人/it 未経験 求人/楽 な 転職/リジョブ 求人/旭化成 転職/品質 管理 求人/人材 コーディネーター 求人/アロマ 求人/43 歳 転職/求人 と は/自衛隊 求人/タクシー 転職 おすすめ/転職 エージェント 40 代/転職 女/ワコール 求人/セールス フォース 転職/営業 職 転職/海外 勤務 転職/施設 管理 求人/花 求人/yahoo 求人/外資 系 転職 エージェント/ジム 求人/クリニック 看護 師 求人/海外 営業 転職/印刷 会社 求人/転職 に 役立つ 資格/転職 経理/toto 求人/未経験 正社員/植物園 求人/飲食 店 求人 正社員/看護 師 転職 他 職種/クボタ 求人/求人 アルバイト/転職 おすすめ サイト/転職 妊娠/fp 求人/ヤフー 転職/ゲーム 転職/赤羽 求人/転職 エージェント 30 代/博報堂 転職/i ターン 転職/line 中途 採用/さっかりん 求人/転職 支援 サービス/h&m 求人/レタッチャー 求人/デザイン 事務 所 求人/スポーツ トレーナー 求人/求人 介護/経理 未経験 求人/アルソック 求人/マイナビ 20s/転職 30 歳/転職 2 回目/広報 転職/リクルート キャリア 転職/ユニバ 求人/モノタロウ 求人/女 の 転職 イベント/toeic 900 転職/ベネッセ 介護 求人/映像 制作 求人/ティファニー 求人/大学 事務 転職/ほけん の 窓口 求人/女性 転職 サイト/留学 カウンセラー 求人/デンソー 転職/ケアジョブ/登録 販売 者 転職/システム エンジニア 求人/書道 求人/転職 おすすめ 企業/マーケティング 求人/大型 求人/シニア 求人 サイト/介護 転職 サイト/プログラマー 未経験 求人/求人 サイト 正社員/エンジニア 未経験 求人/ルート 営業 求人/電通 転職/エンジニア 転職 サイト/中卒 求人/グリーン 求人/プログラミング 求人/アクチュアリー 転職/管理 職 転職/看護 師 クリニック 求人/介護 職 転職/30 代 転職 女性/オートバックス 求人/リクルート エージェント 求人/求人 飲食/住友 不動産 求人/メディセオ 求人/関東 求人/配達 求人/マツダ 求人/40 転職/転職 green/リモート ワーク 求人 未経験/釣り 求人/ネットワーク エンジニア 転職/倉庫 求人/dtp オペレーター 求人/会計士 求人/工場 転職/ビック モーター 求人/42 歳 転職/マイナビ 会計士/pola 求人/建設 求人/スバル 求人/オープニング 求人/5ch 転職/転職 悩み/事務 正社員 求人/システム エンジニア 未経験/面白い 求人/宮大工 求人/国家 公務員 転職/土日 祝 休み 求人/マンション 管理 求人/株式 会社 イードア/保育 士 求人 サイト/バンダイ 求人/くもん 求人/女性 転職 エージェント/フリーター 転職/セルバンテス 求人/求人 シニア/農協 求人/転職 外資/転職 サイト 口コミ/転職 後/みなとみらい 求人/ベーカリー 求人/ベンチャー キャピタル 転職/鍼灸 求人/三菱 地 所 転職/アマゾン 転職/おそうじ 本舗 求人/vmd 求人/his 求人/歯医者 受付 求人/it エンジニア 転職/とらばーゆ 歯科 衛生 士/行政 書士 転職/アスクル 求人/ca 転職/インディー ド 求人 正社員/公務員 に 転職/ラジオ 求人/モンベル 求人/ケア 転職 ナビ/コーヒー 求人/酒造 求人/jaf 求人/京セラ 求人/p&g 中途 採用/ca 求人/溝の口 求人/40 代 転職 未経験/製薬 会社 求人/ママ 求人/グーグル 中途 採用/転職 資格 有利/ヘルプ デスク 求人/jal 転職/エルモ 求人/アルビオン 求人/旭化成 キャリア 採用/ホンダ 転職/医療 機器 メーカー 転職/ポーラ 求人/総務 求人/学校 求人/tmj 求人/パート アルバイト 求人/転職 異 業種/地方 公務員 転職/整体 求人/ヘッド ハント/声優 求人/アパレル 事務 求人/産業 看護 師 求人/サイボウズ 転職/ナース ジョブ/jra 求人/40 代 女性 手 に 職/sod 求人/メルカリ 転職/自由が丘 求人/転職 事務職/建築 設計 求人/leoc 求人/クレーン 求人/転職 電話/求人 広告 営業/転職 type/aws 求人/転職 大学 職員/看護 師 パート 求人/転職 エージェント it/看護 師 転職 悩み/富士通 転職/中小 企業 診断 士 就職/イベント 会社 求人/スクエニ 求人/総務 転職/転職 支援/マイナビ 転職 イベント/ベイクルーズ 求人/弁理 士 求人/30 代 未経験 転職/ホームセンター 求人/se 求人/保険 代理 店 求人/キャリア アップ 転職/転職 不動産/消防 士 転職/ファッション 求人/東戸塚 求人/インテリア デザイン 求人/転職 めんどくさい/転職 インディー ド/ジュエリー 求人/shiro 求人/旅行 代理 店 求人/広告 代理 店 求人/エネルギー 管理 士 求人/転職 indeed/オーガニック 求人/40 代 後半 転職/レコード 会社 求人/地方 転職/園芸 求人/エンジニア 転職 未経験/マルハン 求人/エニタイム 求人/介護 求人 ハローワーク/雑誌 編集 求人/ロクシタン 求人/味の素 求人/海外 転職 エージェント/転職 サイト おすすめ 20 代/転職 アパレル/アラフォー 転職/就職 求人/産業 医 求人/株式 会社 プロテラス/コスメ 求人/求人 転職/出版 求人/看護 師 求人 サイト ベスト/イエローハット 求人/トランコム 求人/ビズリーチ 登録/出版 社 転職/マッサージ 師 求人/web デザイン 求人/リフォーム 求人/beams 求人/保健 師 転職/建築 転職/下北沢 求人/フレンチ 求人/転職 おすすめ 職種/44 歳 転職/ポスト コンサル/セキュリティ エンジニア 求人/netflix 求人/シャネル 求人/20 代 転職 エージェント/未経験 転職 おすすめ/転職 グリーン/事務 パート 求人/証券 会社 転職/三菱 電機 中途 採用/ピッキング 求人/サントリー 転職/自衛 官 転職/海外 求人 語学 不問/料理 長 候補 求人/求人 クリエイト/旅行 求人/音響 求人/一級 建築 士 転職/転職 se/転職 20 代 女性/jr 東日本 転職/求人 在宅/クリエイター 求人/時計 修理 求人/サツドラ 求人/青葉台 求人/自動車 学校 求人/ビバホーム 求人/ナース 転職/トレーナー 求人/リクルート エージェンシー/クボタ 中途 採用/トヨタ 自動車 求人/ドコモ 求人 ナビ/土日 祝日 休み 正社員/船乗り 求人/スポニチ 求人/日産 転職/求人 英語 翻訳/転職 30 代 後半/飲食 店 転職/不動産 屋 求人/広告 代理 店 転職/湯布院 求人/ビズリーチ 口コミ/it 未経験 転職/アダストリア 求人/野球 求人/マイ ナビ エージェント サーチ/店舗 開発 求人/転職 アドバイザー/ピアノ 求人/アルバイト パート 求人/ハウステンボス 求人/ネクスコ 東日本 求人/葛西 求人/時短 勤務 転職/土日 祝日 休み 求人/警察 転職/ロピア 求人/学歴 不問 求人/事務 未経験 求人/転職 土日 休み/環境 計量 士 求人/ハローワーク 海外 求人/工場 正社員 求人/主婦 転職/se 未経験/ビズリーチ 女性/データ サイエンティスト 転職/営業 未経験/ソラマチ 求人/航空 求人/ヤマト 運輸 転職/ジム トレーナー 求人/マイナビ 税理士/vorkers 登録/保険 会社 転職/転職 バッグ/トイザらス 求人/ダイハツ 求人/転職 サービス/商品 開発 求人/ファッション デザイナー 求人/メディカル ドクター/マイナビ 給料/ibm 転職/リクナビ スカウト/求人 情報 正社員/レクサス 求人/独立 行政 法人 求人/20 代 後半 転職/公益 法人 求人/海外 駐在 求人/栄養士 転職 ナビ/ヘルパー 求人/マイナビ 正社員/転職 アフィリエイト/web エンジニア 求人/公 的 機関 求人/造船 求人/年齢 不問 求人/工場 求人 正社員/ブルボン 求人/エディオン 求人/海外 求人 未経験/求人 医療 事務/カモメ 転職/ラバ 求人/プロダクト デザイナー 求人/spring 転職/レストラン 求人/タカラ トミー 求人/住友 不動産 転職/ナース jj/転職 3 年 目/toeic 800 転職/ハローワーク 事務 求人/三菱 電機 転職/転職 20 代 後半/au 求人/医師 転職 おすすめ メディサーラボ/ecc 求人/lava 求人/psw 求人/転職 toeic/転職 1 年 目/転職 1 ヶ月/食品 製造 求人/転職 人事/看護 師 求人 パート/商品 企画 求人/経理 職/40 代 転職 女性 未経験/転職 女性 正社員/パナソニック キャリア 採用/富士通 中途 採用/アデランス 求人/レオック 求人/酒蔵 求人/エイブル 求人/衛生 管理 者 求人/気象 予報 士 求人/本厚木 求人/アニメ 制作 会社 求人/鉄道 転職/ワイナリー 求人/ゴールデンウィーク 求人/治験 コーディネーター 求人/味の素 転職/転職 工場/ai 転職/物流 転職/web 転職/キャリア 転職/介護 士 転職/マイクロソフト 中途 採用/アクセンチュア vorkers/ブライダル 転職/転職 一般 常識/講師 求人/求人 関西/児島 求人/java 求人/朝日 新聞 求人/jfe 求人/妊娠 中 転職/ネクステージ 求人/女性 転職 正社員/ギャラリー 求人/玉島 求人/ポスティング 求人/lixil 求人/転職 エージェント むかつく/ユザワヤ 求人/結婚 後 転職/英会話 求人/一級 建築 士 求人/陶芸 求人/スズケン 求人/web 系 転職/45 歳 転職 資格 なし/通関 士 転職/1 年 目 転職/エイベックス 求人/p&g 転職/エボルバ 求人/エルメス 求人/製薬 会社 転職/dena 転職/litalico 求人/転職 進め方/電 験 三種 転職/社会 福祉 士 転職/ベネッセ 中途 採用/美容 系 求人/ヒュープロ/女性 転職 事務/エンタメ 求人/31 歳 転職/転職 ベンチャー/レセプション 求人/建築 士 求人/社内 転職/求人 社員/アポプラス 保健 師/株式 会社 aevic/ワーク ライフ バランス 転職/スポーツ インストラクター 求人/化粧品 会社 求人/web エンジニア 転職/サイバー エージェント 求人/30 歳 転職 未経験/ai 求人/監査 法人 転職/芸能 プロダクション 求人/脱毛 求人/転職 農業/リクナビ ネクスト エージェント/ディスコ 求人/和菓子 求人/ネットワーク エンジニア 求人/興信所 求人/カスタマーサポート 求人/税理士 法人 求人/デザイン 会社 求人/化粧品 転職/テレビ局 転職/yahoo 転職/リクナビ 転職 エージェント/外資 求人/インテリア デザイナー 求人/スタートアップ 求人/転職 する べき か 診断/ナイキ 求人/法律 事務 所 事務 求人/手芸 求人/ニコアンド 求人/コンサルタント 求人/転職 資格 なし/再 就職 資格/転職 40 代 正社員/公務員 中途/画廊 求人/trc 求人/フード コーディネーター 求人/転職 介護/医療 転職/カラ 求人/留学 エージェント 求人/プラチナ スカウト/とらばーゆ 関西 看護 師/ruby 求人/インバウンド 求人/リクナビ 求人/赤帽 求人/クラシアン 求人/生産 管理 求人/40 代 女性 求人/学校 職員 求人/リクシル 求人/電通 契約 社員/銀行 員 転職 先/アクセサリー 求人/保険 会社 求人/マーケティング プランナー/アパレル 求人 正社員/php 求人/内部 監査 求人/求人 営業/40 代 転職 成功/ゼビオ 求人/ワイン 求人/フロント エンド エンジニア 求人/簿記 2 級 転職/ニート 求人/ヘッドスパ 求人/kddi 転職/ディーラー 求人/外資 転職 エージェント/アクセンチュア 中途/ソフト オン デマンド 求人/プログラミング スクール 転職/介護 パート 求人/jica 求人/cra 転職/雑貨 求人/タイムズ 求人/転職 楽 な 仕事/ガリバー 求人/ykk 求人/イベント 企画 求人/クリエイター 転職/既 卒 エージェント/クボタ 転職/海外 営業 求人/カリツー 求人/簿記 2 級 求人/キッティング 求人/経営 企画 転職/クリエイティブ 転職/40 歳 転職 女性/ハローワーク 介護 求人/転職 相談 電話/作業 療法 士 転職/転職 雇用 保険/40 歳 女性 転職/証券 会社 求人/リクルート エージェント 口コミ/自動車 整備 士 転職/飼育 員 求人/絵本 求人/プラント オペレーター/独立 行政 法人 転職/cinra 求人/30 代 転職 サイト/サイボウズ 求人/宅 建 事務 求人/天井 クレーン 求人/求人 情報 英語/ドレス コーディネーター 求人/社会 保険 労務 士 事務 所 求人/三井 物産 転職/デザイン 転職/海外 幼稚園 求人/ライナー 求人/保険 求人/天神 求人/伊勢丹 求人/マイナビ 転職 エキスポ/測量 求人/アミューズ 求人/クックパッド 求人/建築 事務 所 求人/理学 療法 求人/クレジット カード 転職/資格 有利/記者 求人/alsok 求人/ambi 転職/b リーグ 求人/ベネッセ 転職/生産 技術 転職/wdb 求人/広告 求人/会社 転職/paiza 転職/ファッショーネ/大手 企業 求人/サイゲームス 求人/ファースト ナビ 歯科 衛生 士/知 財 求人/芸能人 マネージャー 求人/育休 転職/契約 社員 転職/ガテン 求人/ナース エージェント/株式 会社 パルライン/コンサル 転職 エージェント/アイデム スマート エージェント/スポーツ メーカー 転職/江坂 求人/ur 求人/アデコ 転職/投資 銀行 転職/転職 パート/国際 協力 求人/ヤフー 中途 採用/美容 転職/タクサポ/転職 飲食/タクシー 運転 手 求人/転職 事務 正社員/dhl 求人/健康 診断 転職/転職 3 ヶ月/求人 主婦/楽天 vorkers/看護 師 転職 おすすめ/解体 求人/土木 施工 管理 求人/宮内庁 求人/30 代 転職 おすすめ/美容 部員 転職/飲食 求人 正社員/鉄道 会社 転職/自転車 求人/百貨店 求人/福祉 転職/dym 転職/セガ 求人/蒲田 求人/転勤 なし/技術 職 転職/seo 求人/手稲 求人/fp 転職/転勤 なし 優良 企業/看護 転職/sony 求人/劇場 求人/高円寺 求人/初めて の 転職/営業 職 求人/ゲーム 会社 転職/農家 転職/サッカー コーチ 求人/ユニバース 求人/大卒 求人/土日 休み 転職/キャリア アドバイザー 求人/nhk 転職/県外 転職/m&a 転職/mba 転職/求人 高 収入/楽 な 仕事 転職/中小 企業 転職/アクセンチュア 求人/航空 会社 転職/スプリング 転職/転職 ビズリーチ/キッザニア 求人/キャリア エージェント/jaxa 求人/トラック 運転 手 転職/クレーン 運転 士 求人/プラネタリウム 求人/wego 求人/転職 社内 se/代行 求人/東レ 求人/jr 転職/介護 福祉 士 転職/管理 栄養士 求人 病院/フジアルテ 求人/弁理 士 転職/転職 人気 企業/転職 45 歳/大曲 求人/gucci 求人/ハンドメイド 求人/デンソー キャリア 採用/リクルート エージェント 費用/nec 転職/ファイナンシャル プランナー 転職/楽天 キャリア 採用/三菱 電機 求人/時短 勤務 求人/塾 求人/四 十 代 転職/金融 求人/年金 転職/公務員 転職 年齢/植物 求人/転職 医療 事務/uscpa 求人/富士通 求人/資格 なし 転職/キャノン 求人/トヨタ 自動車 転職/転職 エージェント おすすめ 20 代/インフラ エンジニア 求人/海運 求人/マイナビ 転職 関西/cad 未経験 求人/バイク 求人/web デザイナー 未経験 30 代/丸紅 転職/生産 管理 転職/プログラマー 未経験 30 代/電 験 2 種 求人/社団 法人 求人/有利 な 資格/カプコン 求人/アフラック 求人/転勤 転職/シマノ 求人/photoshop 求人/転職 仕事/求人 女性/e スポーツ 求人/ジャパネット 求人/レンゴー 求人/転職 デザイナー/自衛 官 再 就職/ビームス 求人/ハローワーク 大宮 求人/マーケティング 未経験/コナミ 求人/4 年 目 転職/転職 メーカー/フェリー 求人/転職 ポイント/妊娠 転職/dena 求人/専門 卒 転職/アシックス 求人/twitter 転職/化粧品 メーカー 転職/求人 会社/中小 企業 求人/表参道 求人/保育 士 求人 ナビ/ファッション 転職/転職 会社/ハウスオブローゼ 求人/ntt 転職/ビル メンテナンス 楽/多摩境 求人/子育て 転職/転職 サイト おすすめ 30 代/オプリード/眼科 受付 求人/ものづくり 転職/木工 求人/sap 転職/航空 整備 士 求人/マニュライフ 生命 採用/転職 残業 なし/花王 転職/保険 転職/jt 求人/アサヒ ビール 中途 採用/音楽 転職/接客 業 転職/工場 勤務 転職/筑豊 求人/ハローワーク 転職 相談/カルビー 求人/芸能 求人/リタリコ 採用/正社員 求人 サイト/unity 求人/トヨタ 工場 求人/グラフィック デザイン 求人/コマツ 求人/オムロン 求人/転職 は 慎重 に/jt 転職/シンクタンク 転職/アディダス 求人/マツダ 転職/toeic 800 点 転職/転職 する/dena 中途 採用/転職 先 決め方/職人 転職/24 歳 転職/レオパレス 求人/cad 転職/駅員 求人/塾 講師 転職/転職 サイト 登録/ドコモ 転職/治験 求人/ジブラルタ 生命 転職/転職 バイト/転職 大 企業/ニトリ 転職/スターダスト 求人/pwc 転職/海外 飲食 求人/jica 転職/社会 保険 労務 士 転職/アパレル デザイナー 求人/ボディーガード 求人/転職 高給/特許 事務 求人/求職 サイト/海外 就職 求人/高卒 転職 おすすめ/toto 転職/オムロン 中途 採用/寿司 求人/転職 外資 系/猫 求人/自動車 求人/高卒 就職 求人/ゼクシィ 求人/鍵屋 求人/30 転職/アセット マネジメント 転職/グッチ 求人/船員 求人 未経験/在宅 事務 求人/農業 求人 サイト/転職 海外 勤務/転職 金融/理系 転職/バブナビ/設計 求人/保険 見直し 本舗 求人/海外 保育 士 求人/aesop 求人/図書館 求人 関西/転職 エキスポ/新聞 記者 転職/ライン 転職/マスコミ 転職/転職 保育 士/芸術 求人/映像 転職/中高年 の 転職/おゆみ野 求人/野村 證券 転職/ダイビング 求人/靴 職人 求人/楽器 求人/ファナック 転職/45 歳 転職 女性/行政 書士 求人 未経験/看護 師 1 年 目 転職/vorkers 口コミ/経団連 就職/35 歳 転職 女性/財団 法人 転職/エンゲージ 求人 検索/設計 転職/看護 師 転職 サイト 口コミ/リクルート ライフ スタイル 転職/40 代 転職 女性 正社員/株式 会社 ヴォーカーズ/転職 健康 診断 費用/転職 成功 体験/株式 会社 jinzy/techacademy キャリア/メッツァ 求人/rpa 求人 未経験/zozotown 転職/農業 求人 正社員/職人 求人 女性/ゾゾタウン 転職/webcamppro/これから の 就職/就職 うまくいかない/失業 認定 申告 書 就職/三菱 モルガン スタンレー みんしゅう/キリン ホールディングス みん就/医師 転職 おすすめ/再 就職 うまくいかない/就職 心構え/学生 自治 会 就職/東急 住宅 リース みんしゅう/就職 に 向け て の 心構え/天理教 就職/大学 3 年生 就職/山岳 部 就職/就職 経団連/教職 課程 就職/就職 し ながら 転職/csr 就職/転職 就職 中/失業 保険 認定 日 就職/みんしゅう 公務員/ネオメイト みんしゅう/就職 うまくいかない 人/秋 から 就職/大学 三 年生 就職/