高齢者の方の財産管理を
弁護士がサポートします

「自分には弁護士に相談することなんてない」と考えられていませんか??

高齢者の方ご自身がセカンドライフを豊かに暮らすために、財産管理や任意後見制度の活用は欠かせなくなってきています。また、ご家族の立場からすれば、成年後見制度の利用方法やメリットを知っているのと知らないのでは、大きな違いが生まれます。

このように高齢者の方の財産管理を弁護士がサポートします!

こんなことが不安になりませんか?

親が認知症になったら、どうしよう?
親の預金は自分が管理して良いの?
このまま親が亡くなったらどうしよう
後見人には誰が選ばれるの?
後見人には誰が選ばれるの?

あなたのお悩みについて
弁護士がサポートします

ご両親が認知症になった場合

認知症になり判断能力が失われたり、判断能力が乏しくなってしまうとご本人だけでは、預金の管理ができなくなったり、契約ができなくなることがあります。
その場合、後見制度を利用して、ご本人の財産管理のサポートを行うことができます。

親の預金は管理しても良いの?

ご両親の判断能力が乏しくなってしまった後で、ご両親の預貯金を管理している場合、あとからその使い道が問題になってしまう可能性があります。
そのような事態を防ぐためにも、後見制度を利用することをお勧めします。

このまま親が亡くなったらどうしよう

ご両親が亡くなると相続が始まります。
ただ、その相続手続の中でご両親の介護などをしていたことなどが評価されずにトラブルが生じてしまうこともあります。
そのため、ご両親がしっかりされているうちに、トラブルが生じないよう、亡くなった後のことについて考えていただくことも大切です。

後見人には誰が選ばれるの?

法定後見制度を利用する場合、後見人は家庭裁判所が選任します。
そのため、親族が後見人に選ばれないことも、多くあります。
ただ、ご本人がしっかりされているうちに、任意後見制度を利用すれば、ご自身が希望する人を任意後見人に選ぶことができます。
弁護士が任意後見契約の締結のサポートを行います。

当事務所が選ばれる理由

豊富な対応・解決実績 迅速な手続対応
当事務所は、これまで多くの高齢者の方の後見・財産管理の案件や、実際の後見実務などについての経験を蓄積してまいりました。
個々の事案に応じて、適切な制度を利用することで、紛争の発生を防ぐとと共に、ご本人およびご家族の負担を減らすことができます。

明確・安心の費用体系
「弁護士に依頼すると、いくらかかるのか分からない」というイメージをお持ちの方は多くいらっしゃるかと思います。
そのようなご不安を払拭するため、「何にいくらかかるのか」といった弁護士にかかる費用を明確にお伝えいたします。
地域密着・依頼者の立場に立ったサポート
弁護士への相談でも緊張される必要はありません。
弁護士が相談者から、親身になってお話を伺います。
そして、問題点を整理し、解決までの道のり・方針案を提示させていただきます。
弁護士からのメッセージ
ご両親が認知症などになってしまった場合のことを考えるのは、気が重いと思います。
また、ご自身の「終活」のことも考えたくはない、といらっしゃるのではないでしょうか。

このように多くの方が先送りにしてしまいがちななのですが、実は早く対応をされた方が、多くの選択肢の中から対応手段を選ぶことができるのです。

当事務所は高齢者の方が関わる案件に多く携わって参りました。
また、包括支援センター(地域ケアプラザ)や医療・介護に関わる方々とも定期的に勉強会やセミナーを実施するなどして、研鑽に努めています。

また、弁護士に相談するということ自体にハードルの高さを感じるというお話を良く耳にします。
そこで、当事務所では、心理的・経済的なご負担を少しでも軽くできるよう、初回のご相談(1時間)は無料とさせていただいております。

問題が起きる前に、弁護士にご相談ください。

港南アール法律事務所
代表弁護士 高柳良作
(神奈川県弁護士会 所属)

弁護士費用
消費税がかかります

後見などの手続サポート

  • 手数料 30万円

  • 弁護士が書類収集、申立の手続き、家庭裁判所との連絡などを弁護士が代理人として行います。
  • 弁護士が書類収集、申立の手続き、家庭裁判所との連絡などを弁護士が代理人として行います。

終活サポート
(遺言・財産管理契約・任意後見契約など)

  • 手数料 30万円
  • 遺言や財産管理、死後の委任事務など、終活について弁護士がトータルでサポートいたします
  • 遺言や財産管理、死後の委任事務など、終活について弁護士がトータルでサポートいたします
予約受付時間
平日09:00〜 18:00
ホームページ・LINEからの
相談予約は24時間対応
045−370−7931
土・日・祝日はお休みです

事務所所在地

最寄り駅は京浜急行・横浜市営地下鉄 上大岡駅です
〒233−0002 
横浜市港南区上大岡西2−6−27 
Granz Kuraki203号室港南アール法律事務所
代表弁護士 高柳良作 
(神奈川県弁護士会所属)