後悔しない工務店の選び方は?自分に合った業者を探すコツ

家を建てるときに重要なのが工務店選びです。かなり高いお金を支払うことになるので、一生に1度利用するかどうかという人が大半を占めているでしょう。

このような大きな選択で失敗してしまうことがないように、工務店選びをする場合には十分な情報収集と自分に合った業者を探すコツを知っておく必要があるのです。そこで工務店探しのコツをいくつか紹介させていただきます。

工務店とハウスメーカーの違い

・工務店とはどのような業者なのか

家を建てるときに必要不可欠な工務店とハウスメーカーですが、ただ工務店を英語にしたのがハウスメーカーなのではと思っている人もいるでしょう。

実はこの2つでは異なっている点があり、別物だと考えておくべきなのです。まずは工務店について紹介していきますが、異なっている点がいくつか存在しているので、事前に知っておく必要があるでしょう。工務店はそれほど大規模な業者ではなく、古くから続いている地域密着型の業者になっています。

プランの自由度も高く、自分も設計に加わって、業者の人と一緒に家を完成させるという感じです。工事期間は若干長くなることが多いのですが、その分高い品質を誇っていると言えるでしょう。

ただし、工務店によって職人の腕に違いが出てくるので、業者選びを失敗してしまうと、あまり品質のよくない家が建ってしまうこともあります。建設終了後のメンテナンスやアフターケアも、業者によってかなり変わってくると言えるでしょう。

・ハウスメーカーとはどのような業者なのか

先ほど工務店の特徴を紹介しましたが、次はハウスメーカーについて見ていきましょう。ハウスメーカーは大規模運営をしているのが一般的で、いろいろなエリアで幅を利かせていることが多いのです。

商品の数が充実している反面、業者任せになってしまう面も多いので、自分でいろいろと決めて家を建てたいのであれば、工務店を利用する方がよいでしょう。品質は大体同じになっていることが多いので、失敗する可能性は低いと言えます。

ただし、腕の良い工務店ほど高い技術を誇っているケースは少ないでしょう。工事期間も比較的短くなっているので、早く完成させたいという人はハウスメーカーに依頼することをおすすめします。

メンテナンスやアフターケアは、会社によって異なっている面は多いのですが、事前にこのようなことができると決められていることが多いので、後から後悔するケースは少ないでしょう。

ただしあまり融通は利きません。このようにハウスメーカーと工務店では、多少異なっている点が存在しているのです。

工務店の選び方。見るべきポイント

・建設のみを扱っている

本来日本の業者というのは、その道の専門家になって、1つのことを極めるというやり方が一般的でした。

これは工務店でも一緒で、建設のみを取り扱っている業者というのは、建設のみで十分営業していけるということを意味しています。しかもその道の専門家でもあるので、建設移管する技術や知識も高いことが多いと言えるでしょう。

・得意分野がある工務店を選ぶ

工務店には売りにしていることがあります。たとえば可能な限り無垢材を使用するようにしている、デザイン性の高さを売りにしているなどです。

このように得意分野を持っている業者というのは、他には負けないという強い思いを持っているので、技術力も高い場合が多いと言えるでしょう。

・顧客視点で話をする

昔ながらの工務店の中には、職人気質が強すぎるところもあります。顧客の要望をあまり聞かずに、自分たちに任せてほしいというような話し方をすることもあるのです。

昔ならともかく、現在ではこのような工務店に依頼したいという人は少ないでしょう。顧客視点での接客を行い、要望をしっかりと取り入れてくれるようなところでなければ安心できません。

・自社施工の業者であるか

工務店によっては、設計や建設作業を下請けに依頼しているところもあります。このような場合、下請けの会社について詳しく教えてもらえるならばともかく、あまり教えてくれないことが多いでしょう。

中には下請けに依頼することも教えてくれない場合があります。これでは安心できませんので、自社で設計から建設、メンテナンスまでを取り扱っているところに依頼をするべきでしょう。

・情報をたくさん公開している

現在は情報化社会と言われているぐらい、情報というのは重要になります。工務店でも同じで、近年ではホームページを開設しているところも多いでしょう。

ホームページではいろいろな情報が公開されていますが、情報量が少ないと安心できません。逆に金額や所在地、代表者や連絡先、得意分野や実績など、数多くの情報が公開されていれば、その分安心できると言えるでしょう。

・適切な金額であること

現在は政治家の悪政で、生活が苦しい家庭が激増しています。そのため、家を建てるときにもできる限り安い金額で建てたいと考えている人が多いのです。

しかし、あまり安いと手抜きが行われている可能性もあります。相場に比べてかなり安いということは、必ず理由が存在していることを忘れてはいけません。逆に相場と比べてあまりにも高い場合にも、ぼったくりの可能性があると言えるでしょう。適切な金額であることが重要なのです。

自分に合った工務店の探し方

・まずはどんな家にしたいか決める

最初はどのような家を建てたいのか、構想を立てておきましょう。たとえば何LDKの家がよいのか、予算はどれぐらいあるのか、外観はどうしたいのか、ここだけは譲れない点などがあればピックアップしておきましょう。とりあえず家が建てられればよいという人は、工務店ではなくハウスメーカーがよいでしょう。

・知人、友人の紹介

よい工務店を選ぶためには、情報収集は絶対に欠かせません。通常情報収集はインターネットを使って行いますが、インターネット上の情報というのは、必ずしも本当のことが書かれているとは限りません。

そこで実際に希望通りの家を建てた人が身近にいる場合、その人に直接聞いて工務店を選ぶという方法が有効的です。これほど信頼できる情報はありません。

・希望に合った工務店のカタログを比べる

工務店には通常カタログが存在しています。ホームページを開設している業者であれば、インターネット上でも見ることが可能です。

まずはどのような家を建ててきたのかを知るために、カタログを請求してみるのがよいでしょう。1つだけではなく、複数の工務店から請求して、よく比較をしてみるべきです。その中から自分の希望に合いそうな住宅が多い工務店を選ぶようにしましょう。

工務店の決め方

どのような家を建てたいのかを決めて、いろいろと情報収集を行います。情報をもとに比較をして、自分の希望に沿うような住宅を建てている業者が見つかったら、今度は見積もりをしてもらいましょう。

見積りで料金を取られてしまうような工務店はあまりありませんが、ゼロではないので念のために聞いておくべきです。手間はいくらかけてもかまいませんが、お金を見積りで払うことはやめるべきでしょう。

もし見積りで料金を取るような工務店があったら、別のところに依頼をするべきです。比較や見積もりなどはかなり手間がかかるのですが、時間を短縮していろいろな情報収集ができるサイトも存在しています。

その1つがタウンライフ家づくりというサイトです。このサイトを使うことによって、簡単に比較や見積もりを行うことができます。

しかし、ある程度こちらの希望も伝えておかないといけませんので、間取りや予算などはしっかりと伝えておきましょう。タウンライフ家づくりを利用して、計画書を作っておくべきです。