守護獣 狛犬様

元のお役目に…… 戻してあげたい。
皆様のお力をおかし下さい。

【はじめに・ご挨拶】

皆様こんにちは
惠比須神社 宮司を仰せつかっております、竹内久司と申します。  

狛犬再生プロジェクトページをご覧いただき、誠に有難うございます。

今から15年前、三輪の惠比須神社へ参拝した際、本殿の傍らに凛々しい姿をした、木彫の狛犬が置かれていました。

その後、御神縁にて当神社の宮司に着任致しましたが、木彫りの狛犬の姿は行方知れずになっておりました。

昨年10月御神託の通り、蔵の中から狛犬を発見する事が出来ましたが、損傷が激しく痛々しい状況でした。
この度、由緒深い当神社の狛犬を早急に修復し、往時のお姿に戻して、惠比須様のお側で本来のお役目を果たせる様に願っております。

就きましては、経済状況なお厳しい折柄ですが、御神縁に結ばれました皆様方に格別の御奉賛を賜り、修復事業の完遂にご支援下さいます様、お願い申し上げます。


三輪坐惠比須神社
宮司 竹内久司

"三輪坐惠比須神社"について

惠比須の神は、「惠美寿」・「戎」などとも書き、
一般に「大黒様」とともに、広く福運の神様として信仰されています。

この神様が祭られている神社も少なくないのでありますが、
特に当惠比須神社は、日本最初の市場と称される
「海石榴市(つばいち)」の守護神として最も古くから信仰を集め、
人々は、当神社を「海石榴市惠比須」とたたえて、
商売繁昌、福徳円満を祈って熱心な信仰を捧げて今日にまで至っております。

御祭神

御祭神は、八重事代主命(やえことしろぬしのみこと)、
八尋熊鰐命(やひろくまわにのみこと)、
加夜奈流美命(かやなるみのみこと)であります。

 八重事代主命大物主大神(別名大国主命)の御子神で、
国譲りの談判交渉の際、
父君大国主命に代わってその大役を果たされたことが、
神話に語り伝えられています。

八重事代主命の「コトシロ」とは「言知る」の意味で、
託宣を司る神、言霊の神として崇敬されています。
【目標金額】1,600,000円
【受付期間】2020年3月1日〜4月30日
【主催】三輪坐惠比須神社
◆使い途◆
・修繕費(狛犬2体・台座2台)
・奉銘版制作費 ・リターン品送料  
・多く集まった場合は、今後の維持費用とさせて頂きます。

◆受付内容◆ 
・1万円以上(奉銘版にお名前を掲載の上、境内に掲示させて頂きます)
・5000円以上(ご支援者名簿にお名前掲載の上、狛犬様と共に奉告祭にて奉納し、保管させて頂きます)
※共に匿名希望の方は、お知らせ下さい。

・限定版『ご神託*御影札』コース:1万円(48set・5月発送・奉銘版への掲載無) 
◆授与所でのみ受付◆
・奉賛付き限定御朱印:1枚1000円
・奉賛付き御朱印帳「桜鯛」:1部3000円
・授与所での寄付の金額は自由です。

◆今後のスケジュール◆
・2020年3月1日から受付開始
・3月初旬に仏師との打ち合わせ
・プロジェクト終了後、修繕依頼
・仕上がり後に「狛犬奉納奉告祭」  

◆完成後の公開について◆
・狛犬奉納奉告祭の開催
・日曜日に拝殿、祭には本殿にお出まし

◆ 『狛犬祭』を開催◆
・修繕完成時期に『狛犬祭』の日を決め、毎年お祭をさせて頂きます。  
【奉賛受付方法】   ご寄付は授与所もしくは、銀行振込にて受け付けております。
◆お振込の場合◆ 
タイトルを『狛犬奉賛』としたメールにて、お名前と奉賛金額をお知らせ下さい。
その際、匿名希望の場合はその旨もご記入下さい
※お申し込みの際のお名前と振込人名義が違う場合は、その旨もメールにてお知らせ下さい。

メールアドレス:ebisutake@yahoo.co.jp


恐れ入りますが『ご神託*御影札』コースへのお申し込みの場合は、 タイトルを『狛犬奉賛・御影札』とお書きの上、発送先(ご住所・お名前)のご記入もよろしくお願い致します。


お振込先は以下になります。

南都銀行三輪支店 普通預金  口座番号 2066139
口座名:宗教法人恵比須神社

※お申し込みの際のお名前と振込人名義が違う場合は、その旨もメールにてお知らせ下さい。  


声。

準備中です。

準備中です。


よくある質問

  • Q
    受付開始時には、遠方でもこのサイトからも協賛申し込みができますか?
    A
    はい。このサイトで協賛についての受付方法など、詳細をお知らせ致しますので、お待ち下さい。

ご案内・補足事項

ご協賛方法について

発送・お届けについて