救急救命士国家試験通信教育

救急救命士国家資格取得をサポート

こんなお悩みありませんか?

  • 仕事との両立が難しくて勉強できない
  • 新しいテキストになったが、内容が分からない
  • 過去問題以外のものもやってみたい
  • メールで分からないところは質問したい
  • 遠方に住んでいて卒業した学校に行けない
  • 公務員・国家試験を現役で合格したい
  • メールで分からないところは質問したい
そんなあなたに

救急救命士通信教育サービス

救急救命士養成校卒業後は仕事もあり、中々勉強の時間が取れないというのが現状です。
また、現役在校生は消防実習・病院実習・公務員試験を控えているために対策に関しては殆どが最終学年後半になります。

弊社では救急救命士養成校で教員経験のある救急救命士が指導にあたります。

【現在の受講生】
・救急救命士養成校 卒業の方
・救急救命士養成校 在学中の方
・消防養成所入校前 選抜試験予定の方
ここが違う!

サービスの特徴

全国どこでも課題送付
課題は毎月定期的に郵送します。また1カ月に2回の提出指定日があり、強制的に実施できるのも魅力のひとつです。
ただしお仕事等の都合も考慮し、課題が遅れている場合にはメールなどで連絡しながら無理のない範囲で実施をしていきます。
オンライン講義
希望者にはZoom等を利用したオンライン講義を行っております。原則マンツーマン指導で誰にも邪魔をされずにリラックスして講義を受講可能です。弊社から配布する問題以外にも、学校や消防署で配布された問題の解説も行います。
オリジナル問題
救急救命士標準テキスト10版の最新問題を準備しております。教科書すべてを勉強できるようにオリジナルで1ページずつ作成しております。また過去問題に関しても分野別に分けて、月々の課題の中で実施してもらいます。(※現在順次範囲を広げています)
オリジナル問題
救急救命士標準テキスト10版の最新問題を準備しております。教科書すべてを勉強できるようにオリジナルで1ページずつ作成しております。また過去問題に関しても分野別に分けて、月々の課題の中で実施してもらいます。(※現在順次範囲を広げています)

こんな方にオススメ

  • 自分で勉強を進めようと思っているけれどもなかなか進まない
  • 公務員試験・救急救命士国家試験の両方を必ず取得して学校を卒業したい
  • 気軽に質問出来たり、講義動画を自宅でも見たい
  • 数年のブランクがあり、どのような教科書や問題をやればいいか分からない
  • 気軽に質問出来たり、講義動画を自宅でも見たい

料金

料金について
コース名 料金
救急救命士国家試験 フルサポート&リアル講義
フルサポート内容+リアル講義をあなたの為だけに実施
 月額 110,000円(税込)

救急救命士国家試験 フルサポートコース
課題送付(返信郵送費・印刷費等すべてを含みます)・Zoom講義・質問等
月額 22,000円(税込)

救急救命士国家試験 課題送付のみコース
課題送付のみ
 月額 11,000円(税込)

救急救命士国家試験 課題送付のみコース
課題送付のみ
 月額 11,000円(税込)

期間限定!お得なキャンペーン実施中!

新規ご契約キャンペーン
フルサポートコース(初月) 15,000円(税別)
通常価格 20,000円(税別)
キャンペーン期間:2021年3月31日〜2021年4月17日

※既にサービスご利用中のお客様は本キャンペーンをご利用になれません

受講生の声

苦手分野を克服しました

YSさん
通信教育をする前はクラスでワースト3位を争うぐらい馬鹿でした。先生と出会って苦手分野を徹底的に勉強をしていたら真ん中位まで順位を上げることができ、救急救命士の国家試験も合格する事が出来ました。人間やれば絶対に出来ますので最後まで諦めないで頑張ってください。努力は必ず報われます。

早めに国家試験対策に取り組んでおくことも一つの方法だと思います

大船渡地区消防組合消防本部
橋本陸さん
民間救急救命士養成校に在籍している方は、最終学年で採用試験と国家試験、二つの試験を受けることになります。特に消防吏員を目指す方は、複数の消防本部への受験手続きや移動だけでも意外と時間がかかるものです。私の在籍していた学校では、最終学年で病院研修があるため、国家試験対策をしている暇はほとんどありませんでした。最終学年になってから慌てないように、早い時期から通信教育を受講し、国家試験対策に取り組んでおくことも一つの方法だと思います。

早めに国家試験対策に取り組んでおくことも一つの方法だと思います

大船渡地区消防組合消防本部
橋本陸さん
民間救急救命士養成校に在籍している方は、最終学年で採用試験と国家試験、二つの試験を受けることになります。特に消防吏員を目指す方は、複数の消防本部への受験手続きや移動だけでも意外と時間がかかるものです。私の在籍していた学校では、最終学年で病院研修があるため、国家試験対策をしている暇はほとんどありませんでした。最終学年になってから慌てないように、早い時期から通信教育を受講し、国家試験対策に取り組んでおくことも一つの方法だと思います。

よくある質問

よくある質問について
Q
どんな対策をやってくれますか?
A
月の課題として
・オリジナル問題50問 ×2回
・救急救命士国家試験過去問題 1回分
を1カ月(2回提出日があります)で提出いただきます。

また希望者にはZoomで苦手分野のオンライン講義、メールはいつでも質問を受け付けております。
※スケジュールを調整の上

また弊社以外で配布された問題(所属の養成校や消防 等)も必要に応じて解説します。
Q
救急救命士国家試験に合格はできますか?
A
現在弊社の通信教育は6年目を迎えます。

弊社合格率は
 ・60%前後(既卒で講座を受講された人のみ)
 ・100%(在学中に講座を受講された人のみ)
 ・通信教育途中退会 3%
です。
当然ですが、課題も滞ってしまうと難しいです。我々の指導もそうですが、まずは受講いただく皆さんのやる気もとても重要です。
Q
救急救命士国家試験に合格はできますか?
A
現在弊社の通信教育は6年目を迎えます。

弊社合格率は
 ・60%前後(既卒で講座を受講された人のみ)
 ・100%(在学中に講座を受講された人のみ)
 ・通信教育途中退会 3%
です。
当然ですが、課題も滞ってしまうと難しいです。我々の指導もそうですが、まずは受講いただく皆さんのやる気もとても重要です。

担当講師

佐藤武諭毅(さとうたけゆき)
皆さん こんにちは!
私は高校卒業後、救急救命士養成校で救急救命士の資格取得をし、救急救命士として21歳から約12年間教員として活動しております。
講義などで関わりました学生はおおよそ700名~900名になります。

自力での勉強は非常に難しいという話を卒業生から聞いて通信教育を立ち上げました。

受験資格は一生あります。ところが、教科書を含め医療は日々進化し、その都度国家試験も時代に合わせて変化しております。

民間学校では300万円程度の学費をかけて受験資格を得たと思います。決して安い金額ではありません。
皆さんが救急救命士を取得できるようにサポートします。資格取得をして次のステージに行けるよう一緒に頑張りましょう!!
経歴
  • 国際メディカルテクノロジー専門学校 学科長・教員
  • 国際医療福祉専門学校一関校 非常勤講師(現在)
  • 東北福祉大学 兼任講師(現在)
  • 国際医療看護福祉大学校 非常勤講師(現在)
  • 弘前医療福祉大学 短期大学部 非常勤講師(現在)
  • 株式会社ファーストエマージェンシー 代表取締役(現在)
  • 国際医療福祉専門学校一関校 非常勤講師(現在)

会社概要

運営会社について
会社名
株式会社ファーストエマージェンシー
代表者
代表取締役 佐藤武諭毅
住所
東京都台東区上野6丁目1番6号-1005
事業
イベント救護事業・遠隔救急支援システム事業・救急講習会事業・救急救命士国家試験通信教育事業
住所
東京都台東区上野6丁目1番6号-1005

お申込みはこちら

お電話でもお気軽にお問い合わせください
TEL.03-4346-4182
受付時間 10:00〜16:00(土日祝を除く)
受付時間以外のご連絡はメールをお使いください。
救護対応中は出られない場合があります。
メールでのお問い合わせ
ご連絡後1営業日以内にご返信します。