自助グループ こころほぐし

あなたの居場所はありますか?

自助グループってなに?

こころほぐしの自助グループとは、双極性障害・うつ病 ・その他、メンタルの病を抱えた方たちの当事者会です。

同じ病を抱えている者同士での語り合いを通じて、問題や悩みを分かち合っています。

メンタルの病を持った方は人に話が出来ず、問題や悩みをひとりで抱えてしまう傾向があります。同じ病で悩んでいる人の話を聞くと、悩んでいるのは自分だけではなかったという気持ちになるでしょう。

また、生活を工夫しながら病と付き合っている方もいます。お薬や制度面での援助(障害年金や生活自立支援等)など、必要な情報が聞けるかもしれません。



どんなことをしているの 

当日は無理のない範囲でご自分の事を語っていただいています。

こころほぐしという名前はこの場に来て、こころをほぐしてほしいという願いからつけられたものです。

体調、近況、聞きたい事、お薬、仕事、お医者さん、家族etc、テーマは沢山あります。

ご自分の好きなテーマで話してください。またお話を聞くだけでいいという参加もあります。

また、参加申し込みをしていなくても、当日気が向いたらの参加でも大丈夫です。

参加できるかたは?

双極性障害やうつ病、その他メンタルの病を持った当事者の参加が原則です。

また、病気ではないが生きづらさを抱えた方たちの参加も歓迎致します。

うつ病や双極性障害の家族、関係者(カウンセラー、保健士等)の参加も可能です。

また、比較的症状が安定している方が対象です。不安定な方はお医者さんとご相談の上、参加して下さい。

例会当日の体調で参加が左右されると思います。
月に1回のペースですので、どうか無理をされず、ご自分の体調と相談しながらの参加をお勧めします。

自助グループ定例会の報告

令和元年11月2日(土)

自分の体調がすぐれず、何とか会を開催出来た感じがあります。この季節、出席予定だった方が
不調を理由に直前になって欠席になるのです。季節の変わり目は、体調を維持するのが難しいの
だと実感した次第です。

男性の参加が多かったですが特にテーマも定めていませんが、皆さんご自分の事を話されたよう
に思います。

やる気が出ない興味がなくなるという鬱状態、日々の生活の中で調子を維持するために続けてい
る事、復職への不安、夢中になれる事、ホメオパシー、職場の人間関係、食べ物の事、自分の様
子を言葉にする大切さ、気分転換に航空ショーに行けた事など話題は多岐に渡りました。

テーマ設定がないので何を話しているのか疑問に思う方もいるかもしれません。ただ言葉は自分
の心の中で話すのと人前で話すのでは何かが違います。

私たちは心の中でマイナス思考を膨らませる癖を多かれ少なかれ持っています。病気と一言で片付
けてしまうのは簡単なのですが、言葉にする事によってその傾向を発見する機会がまれにですが
訪れます。この場が気づきと発見に恵まれる事を祈り、また参加者同士が繋がる場であるように活
動を続けていきたいと思います。


青山

活動記録

平成29年 3月    ホームページ完成
                              ネット自助グループ開始
     5/  3(土) 第1回定例会 男2名     計2名
     11/17(土) 第2回定例会  男3 女3  計6名
     12/2(土) 第3回定例会 男3 女3  計6名
平成30年  1/27(土) 第4回定例会  男4 女6 計10名 
               2/17(土) 第5回定例会  男4 女3 計7名
     3/17(土) 第6回定例会  男2 女3 計5名
       4/21(土)   第7回定例会  男3 女6  計9名
     5/  4(金) レク「多峰主山」男3 女3  計6名
     5/19(土) 第8回定例会 男3 女6  計9名
       6/16(土) 第9回定例会   男4 女6  計10名
     7/  7(土) 第10回定例会 男3 女5  計8名
     7/15(日) レク「食事会 大西宅」男1 女4 計5
     8/11(土) レク「川越風鈴祭り」 男2 女2 計4
       8/18(土)第11回定例会 男2 女3  計5名
     9/22(土)第12回定例会 男4 女4  計8名
              10/ 6(土)第13回定例会 男6 女4  計10名
       11/24(土) 第14回定例会 男3 女4  計7名
              12/22(土) 第15回定例会 男7 女6  計13名
平成31年 1/12(土) 第16回定例会 男7 女4  計11名
      2/16(土) 第17回定例会 男5 女3  計8名
      3/16(土) 第18回定例会 男5 女2  計7名
令和元年  4月〜8月まで都合により休会。
      9/ 7(土)第19回定例会 男7 女2  計9名
             11/2(土)第20回定例会 男6 女1 計7名

*定例会会場はいずれも飯能市市民活動センターです。

進行のお願い

・ここはお互いの経験を分かちあう場です。自分のことを素直に語り、他の参加者のお話にも耳を傾けましょう。

・人は自分の人生を自分なりに一生懸命生きています。自助グループは人にアドバイスする場ではありません。自分を語り、他の参加者に耳を傾ける所です。

・例会で話された内容は個人のプライバシーです。知り得た個人の話は他言しないように心がけましょう。

・参加者の話を批判したり、攻撃しないように注意しましょう。

・話したくないことは話さなくてかまわないし、また話を一人で独占しないように心がけましょう。

こんなことやってます



活動の中心は月1回の定例会

ここでは、参加者の近況や心の様子などを語り合います。参加メンバーがご自分の事を語れるように配慮しています。
自分の心のうちを言葉にすると、随分楽になる事が多いものです。ぜひ体験してみて下さい。

またその他の活動として
参加者が増えれば色々な企画をする事もできます。
皆さんの声を届けてほしいです。





自助グループ定例会

メインとなる活動 会場:埼玉県飯能市

日時

第20回 12月28日  (土)pm1:30~4:30 会議室
第21回   1月25日(土)pm1:30~4:30 ギャラリー A
罤22回   2月22日(土)pm1:30~4:30 会議室

☆主催者の体調により定例会が中止になる事もあります。出来れば、開催日直前にホームページのチェックをお願いします。
☆体調の都合で事前に参加申し込みが出来ない方もいるかと思います。当日参加でもけっこうですので申し込みをしていただければと思います。


場所
埼玉県飯能市市民活動センター
丸広百貨店 飯能店 7階
西武秩父線 東飯能駅徒歩1分
西武池袋線 飯能駅徒歩10分      

参加費
300円

・小銭の用意をお願いします。
・当日はニックネーム名を推奨します。名札を用意しておきます。
・途中休憩あり。途中退出も自由です。気軽に来て下さい。
・参加希望の方は下記ボタンより申し込みをして下さい。

お問い合わせ・参加お申し込み

定例会 会場のご案内

飯能市市民活動センターまでの行き方

西武秩父線東飯能駅の改札口または八高線東飯能駅の改札口を出たら左手に数百メートル(1分)進みます。すぐに丸広百貨店の出入り口が見えます。エスカレーターを使って7階まで上がれば、そこが市民活動センターのフロアになります。
飯能駅から来られる方は地図を参照にしながら徒歩で10分ほど歩いてもらえれば、東飯能駅・丸広百貨店が見つかります。
車で来られる場合は丸広百貨店の周辺の駐車場を使った方が駐車料金が安価で済みます。近くにある飯能市役所内に駐車すれば駐車料金は無料です。

飯能市栄町24-4



SNSの利用

情報発信・メンバー交流に!

 自助グループ参加者にSNSの加入を勧めています。定例会のお知らせをこのSNSを通じて発信しています。


・スケジュールとして定例会や行事などの日程が簡単に確認できます。

・登録したメンバー同士でメッセージのやりとりも可能です。

自助グループ参加後に「SNSに加入したい旨」を伝えていただければ、こちらから招待メールを送らせていただきます。

運営をサポートする方を募集!

カウンセリング経験者を希望

自助グループ運営には、カウンセラー経験者など人の話を丁寧に聞ける方の存在が必要です。また当事者運営のため、主催者自身も調子の悪い事が多々起こります。スタッフの存在が必要です。会の運営をサポートしてくれる方も募集しています。気軽にお問い合わせ下さい。




よくある質問

うつ病・双極性障害の基本知識

うつ病。双極性障害の基本知識については下記のホームページを参照して下さい。

https://t.co/kE0wZBX9e2


Q
参加資格はありますか?何を目的にこのような集まりを持つのですか?

A
うつ病、双極性障害を持っている当事者である事です。またご家族、関係者(保健士、カウンセラー他)などの参加も可能です。同じ病を抱えている者同士での語り合いを通して、分かち合い、支え合いを体験するのがこの会の目的です。
Q
うつ病や双極性障害以外の精神障害の人は参加できますか。

A
うつ病と双極性障害とあえて特定はしているのですが、生きづらさという点では思いは共通しています。ご相談下されば参加も可能です。ご自分の体調と相談しながら無理なく参加してもらえればと思います。
Q
カウンセリングの学習をしている者ですが、参加してもよろしいでしょうか?
A
ぜひ参加して下さい。うつ病や双極性障害の体験を聞く事は大切な学習のひとつです。話を聞く姿勢は、この自助グループではとても大切な資源です。話を聞いてくれる人がいるから、自分のかかえている問題を話せるのです。
Q
なぜ当事者の運営、自助グループなのですか。

A
メンタルな問題は、矛先は違っても、根っこの所で共通した問題が浮上してきます。悩んでいる他の方の体験は、不思議に自分の問題と似ている事が多いものです。他人を通じて我が身を振り返るチャンスが自助グループにはあります。また当事者の会は自分だけが悩んでいるのではないという仲間意識を培うこともあり、孤独感を癒やします。
Q
参加費がかかるみたいですけど、何に使うのですか?

A
会場を予約するため、若干の費用がかかります。公設の施設利用を考えているのでそれほど高くはありません。またお茶の用意したいと思います。会場費+雑費と考えてもらえればと思います。
Q
参加資格はありますか?何を目的にこのような集まりを持つのですか?

A
うつ病、双極性障害を持っている当事者である事です。またご家族、関係者(保健士、カウンセラー他)などの参加も可能です。同じ病を抱えている者同士での語り合いを通して、分かち合い、支え合いを体験するのがこの会の目的です。

スタッフ紹介

青山 登(あおやま のぼる)                                 メールでのお問い合わせ

埼玉県から東京都内まで、片道2時間の通勤をしているサラリーマンです。
13、4年前にうつ病を発症、平成29年3月になって双極性障害という診断を
受けました。今まで理解不可能だった自分の行動を振り返っています。

前々から地域で自助グループを立ち上げたいと思っていました。



                                       

ホームページ閲覧の際、推奨ブラウザはGoogle Chromeです。


気持ちが不安定だと苦しい。孤独になる。でも聞いてくれる方がいるとその事が言葉になる。楽になる。自分の様子に気付ける。ひとりではなかなか出来ない。聞いてくれる人がとても大切だと思う。