なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

プレゼンテーションまとめ

YouTubeにアーカイブはありますが、サクッとすべての高校の内容を見たい人はこちら!

菊池高校(地域づくりユニーク賞)

☆菊池は古典的な町並み(文化的環境)でいいところがたっっっくさんあるのに!!
お抹茶をいただける場所がない!⇨菊池高校から地域活性化の風を!
ということで、菊池高校の茶室を使った「お茶カフェ」を提案します。
菊池高校での抹茶カフェのメリット
1.立地の良さ
2.設備投資など費用面での安さ(新たに施設を作る必要がないため)
3.菊池高校周辺には文化的遺産が豊富
☆菊池でイベントを開く
自然豊かな菊池を利用してたくさんの人に来てもらって、楽しみながら菊池の歴史を知ってもらおう!
ex)コスプレと菊池をかけたイベントなど⇨SNSを使っての宣伝や広告

菊池農業高校(菊池川流域さきがけ賞)

菊池肉まん:期間限定の菊池の肉まんとして売っていきたい
      お手軽でみんなに愛されるものにしていきたい
竹クッキーと国産メンマ:たけのこの輸入増加、竹林の所有者の高齢化➡人工林の荒廃、気象災害の増加
            これらを防ぐために竹パウダーの使ったクッキーやメンマを売り出していきたい
ARを活用した情報発信を進めていきたい
 ex)ポケモンGOのGPS機能を活用し観光スポットをめぐるなど⇐すでに行っている
「菊池を守る!農業を守る!」

菊池女子高校(流域の魅力をUPしま賞)

ターゲットを和解女性や若いカップルにしてSNSで映える場所を発信してもらうことを目的とした観光名所の提案
カフェ:「森の中にあるお店」をコンセプトに、お店全体を菊池の木づくしにする
温泉:アメニティーやおもてなしがが堪能できる
旅館:魅力的な浴衣の貸し出し
   利用者の好みに合わせた部屋を選べる
「JKのセンス・映え・おしゃれ➡職業につながる」が実感できた

鹿本高校(地域づくりベストアイデア賞)

一泊以上の観光ツアーを作成し、新たな観光客の誘致
「山鹿の魅力まるごと発信&発見ツアー」
ターゲット:福岡県、熊本県に住むトレンドの発信源となる女性
観光客の増加のために温泉プラザ山鹿を観光拠点に印象を良くするために駐車場や公衆トイレを整備
⇐リピーターを増やす上で重要
高校生が率先して山鹿の魅力を発信し、さらなる観光客の誘致をする!

鹿本農業高校(特産品まるごと食べま賞)

おせちは日本の大切な食文化なのに... おせちの喫食率は低い!!
更に、地元食材の知名度も低い!!→おせちを利用しよう!
計画
1.農業高校の技術を生かして地元食材のおせちを作成
  金柑の甘露煮(山鹿市)
  えこめ牛の八幡巻き(菊池市)
  伊達巻(和水町)
2.消費動向をふまえておせちのあり方を検討
  おせちを食べていない人が37%も...〈理由〉自分の好きなものがない
      どんなおせちならたべる??→洋風、デザート、お一人様用、誰でも食べれるもの
      →多様化するニーズに対応せねば!
      →真空パックにしてみよう!
3.おせちを通して各地域と消費者が繋がる仕組みを考える
      真空パックに載せてあるQRコードにスマホをかざすと食材のこだわり、由来の解説、歴史や自然、文化、観光に    ついて知れる
農業や地域の文化、観光などの魅力発信を活性化することで菊池川流域がさらに魅力あふれるまちに!

城北高校(地域づくり元気100倍賞)

山鹿×遊び➡山鹿かるた
山鹿を知り、山鹿を感じる➡山鹿小学校などに出向きかるたをしました!
調理科:「食」で山鹿を元気にする
    日本は輸入品に依存しすぎ!➡菊池川流域の恵みの素晴らしさに着目。地産地消似特化した商品を開発
    菊池のお米ヒゴムラサキを使用したオリジナルスパイスカレー
    城北のオリジナル弁当「森の恵」
スポーツ科学コース:いろいろな小中学校に出向き、城北高校の各部活動が野球教室、バレー教室、サッカー教室な       どを開きました。
          みんなで考えた「山鹿灯籠エクササイズ」。これを普及させて山鹿市を健康寿命日本一に!
看護科:高齢者をお呼びして健康チェックを行いました。地域の方々の意見も参考にして、地域企業や組合の方々と      連携し、地域全体を巻き込んで行きたいと思います!

玉名高校(地域づくりユーモア賞)

玉名の新しいゆるキャラ「ベリ美ちゃん」
名前の由来:・日本で2位の生産量で、有名なストロベリー
      ・”美”味しい食べ物がたくさんある
      ・”美”しい街になってほしい
見た目:首飾りはしょうぶの花(高瀬裏川花しょうぶまつりが有名)
    ワンピースは花火の模様(玉名納涼花火大会)
活動:イベントへの参加、広報活動、グッズ作り
ベリ美ちゃんを多くの人に知ってもらい、活性化につなげたい

玉名工業高校(笑顔が太陽で賞)

 機械科:復興リアカー・飛びません太郎・フェイスシールドの製作をした。注文は予想をはるかに越  え、天草・水俣在住の方・病院や介護施設、商店など様々なところから注文をいただきた。
電機科:キーホルダー・ランプシェードの製作。プログラミング教室など小、中学校に訪問した。大河ドラマいだてん・南九州インターハイのデジタルボートを作製し産業祭に出展した。
工業化学科:手作りろうそく・スライム・人工いくら・を小学校や学童クラブに行き、化学の楽しさを体験してもらった。
土木科:文化祭では、希望者を対象に行った木工教室で小さな棚を作ったり、校内の駐車場の整備を行った。建設業と連携して様々な取り組みを行った。
熊本豪雨の際には先生と生徒合わせて142名で参加した。
私達のできる力で、多くの方を笑顔にしていきたいと思います。