毎日セルフケアカードのギフトセッションをさせて頂いています。
”世界にはもう素敵な人しかいないんじゃないか?!”
そんな感覚になってしまう程、深く美しい時間を過ごしております。

そんな中で、嵐が去った朝に閃いたビジョン
セルフケアをベースにした寄り添いサポート
イメージとしては、自転車に乗る練習をする時の後ろを走りながら押す人です。

身体の声を聴いて、自分自身と繋がったら、エネルギーの使い方が上手になります。
ハンドルを握るのはご本人ですが全力で応援させて頂きます。

まずはお話しを聞かせてください。
そしてそこに向かって、コースをひとりひとりにカスタマイズして作りましょう。

~こんな方におすすめです~

・人生のターニングポイントを迎えていると感じる方
・本気で自分自身と繋がり自分を幸せにしたいと思う方
・叶えたいビジョンに向かって前進したいと思っている方
・柔軟な発想と柔らかなエネルギーを必要としている方


~たとえばどんな感じ?~

・メッセンジャーやライン、スラッグを使っての日々の寄り添い
・週に一回の30分オンラインミーティング ・・・など


~サポート料は?~

2か月・・・3万円

柏田ひろみ プロフィール

“嬉しい、楽しい、心地いい”をテーマに、
身体の声に耳を傾け、生命の神秘に触れる
セルフケアの大切さをお伝えしています。
自然と神々の国、宮崎県在住。


セルフケア講座では受講者1,000人を超え
「月経が楽しみになった」「自分のことを大切にできるようになった」「人生のターニングポイントとなった」など嬉しい反応を頂いています。


セルフケアをテーマに活動しようと動き始めて16年、
試行錯誤しながらご縁に恵まれ、お陰様で「さらにバージョンアップしたい!」と伝える術を模索しています。


「笑う門には福来る」よく笑い、よく泣き、毎日を丁寧に生きていくのが目標。
樹木希林さんに「あなたは座敷童子みたいね」と言われたことがあります。
出逢った人が幸せになるという座敷童子のような存在になれますように。

 
●看護師、保健師の国家資格取得 
●地域の保健師として市町村で働く 
●経験や出逢いの中で、セルフケアをテーマに活動したいと思い、
2003年よりフリーランスでの活動をはじめ、ワークショップや講演会などを
通じてセルフケアのきっかけづくりを行っている。
●2011年11月~2012年5月まで
宮崎日日新聞のヘルス欄にて週一回のコラム執筆 
●助産院での産前産後のサポート、福祉施設での「ケアする人のケア」教室、
「みやざき布なぷ母の会」設立当初からサポーターとして、
学校での保護者や子供たちに向けたお話会など開催。
●2019年8月から
オンラインにて継続グループ講座開講。
全国から受講頂いている。
今後は、企業やチームへの継続講座も展開予定。

●著書:「シアワセノタネマコウ~布ナプキンという選択~」(新日本文芸協会)


オンラインサロン「うっかりハッピー♪月と波セルフLOVEラボ」
メンバー随時募集中です。



アメブロ「大切な人を大切にするためのセルフケアのすすめ」


音声配信:standfm
ゆるぽかセルフケア〜Romyチャンネル


note
現在進行形のプロジェクトについて