個人事業主がファクタリングを利用する際のポイント

資金調達の方法として注目を集めているファクタリングですが、法人が利用しているイメージが強いかもしれません。

個人事業主でも利用できる方法ではあるものの、利用する際にはいくつかのポイントがあります。

こちらでは、個人事業主のファクタリングについて、利用する際のポイントや注意点を詳しく解説します。

個人事業主でファクタリングを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

個人事業主はファクタリングを利用できる?

個人事業主だからという理由でファクタリングを利用できないことはありません。

ただ、法人に比べると、職業の形態上信用を低く見られやすく、審査のハードルが高くなります。

資金が事業用なのか、生活用なのか判断が難しくなるのが主な理由です。

そのため、審査を通過できずにファクタリングを拒否されてしまう可能性はあります。

個人事業主がファクタリングを利用するためには、ポイントをおさえて準備を進めなくてはいけません

個人事業主がファクタリングを利用するための5つのポイント

個人事業主がファクタリングを利用するためのポイントは、以下の5つです。

  • 信用性を高める
  • 取引資料を残しておく
  • 保険料や税金などの滞納をしない
  • 複数社で問い合わせして比較する
  • 条件にこだわりすぎない

ポイントをおさえて、ファクタリングを確実に利用できるようにしましょう。

信用性を高める

個人事業主は、法人に比べると信用が低くなりやすい傾向があります。

審査に通るように信用性を高めるための方法として、法人格を取得するのがおすすめです。

個人で事業を行うことが変わらなくても法人化することによって、法人として信用を得られるでしょう。

税理士などの専門家に資金繰りを任せる、ホームページを作成することでも、信用を高めることになり、ファクタリングを利用しやすくなります。

取引資料を残しておく

ファクタリングを利用するためには、取引の証拠となるエビデンス資料が必要です。

取引資料がしっかり揃っていると、より正確な審査を期待でき、審査に通る可能性が上がるでしょう

日頃から記帳をこまめに行い、資料を失くさず保管することが大切です。

保険料や税金などの滞納をしない

信用性を維持するためには、日頃から保険料や税金などを滞りなく支払うことも重要です。

滞納する可能性があるならば、自治体に問い合わせ、減額や分割などの対応をとりましょう

複数社で問い合わせして比較する

ファクタリング会社によって、審査基準が異なりますので、1社に断られただけではファクタリングを利用できないとは限りません。

複数社に問い合わせすることで、利用できるファクタリング会社を見つけられるでしょう

条件にこだわりすぎない

ファクタリングを利用できる場合でも、資金の調達額や手数料など条件面に納得できないこともあるでしょう。

条件にこだわりすぎると、利用できるファクタリングが見つからないかもしれません

最低限の条件を決めて、譲歩することも重要です。

個人事業主がファクタリングを利用する際の注意点

個人事業主がファクタリングを利用する際、法人に比べて不利になる場合があります。

注意したいポイントとして、売掛先企業や売掛債権の内容が重要です。

売掛債権の内容や売掛先企業によっては、ファクタリングを利用できない場合があります。

回収の見込みがない債権、信用が低い売掛先企業といった条件が揃っている場合、返済が行われないリスクがあるため、審査のハードルは高くなりやすいです。

長期間取引を続けている、取引に遅れがないなど、優良と判断される債権・売掛先企業であることが求められます。

個人事業主に特化したファクタリング業者も存在する

ファクタリング会社には、法人や個人事業主など幅広く対応しているファクタリング会社もありますが、個人事業主に特化したファクタリング業者もあります。

個人事業主へのファクタリングに関するノウハウやサポートがあり、ファクタリングを利用できる可能性が高いです。

他のファクタリング会社を利用できない場合は、個人事業主に強いファクタリング会社を検討してみましょう。

まとめ

個人事業主だからファクタリングを利用できないことはありませんが、法人に比べると審査のハードルが高くなります。

そのため、信用性を高めたり、複数社に問い合わせしたり、条件を譲歩したりすることが重要です。

注意点もしっかりおさえて、ファクタリングを利用しましょう。