「痛くない」「噛める」「外れない」入れ歯なら、尾張旭市の小島歯科へ
(尾張旭駅 徒歩8分。バロー城山店2階)

〒488-0072
愛知県尾張旭市新居町諏訪南1305 
バロー城山店2階
小島歯科 ☎0120-86-39-38

こんなお悩みありませんか?

インプラントにするか迷っている
入れ歯で固いものが食べたい
入れ歯が痛い・噛めない・よく外れる
他人に入れ歯と気づかれたくない
「痛い」「噛めない」「外れやすい」と、お悩みの方へ
コンフォートは、入れ歯の裏面を生体用シリコーンというクッションで覆う、
全く新しい入れ歯の技術です。

生体用シリコーンの弾性が、入れ歯でグッと噛んだときの歯ぐきにかかる負担を和らげ、驚くほどの吸着力を発揮し、「痛い・噛めない・外れやすい」といった従来の入れ歯の悩みを解消するとともに、あなたの歯ぐきをやさしく守ります。

「好きなものをおいしく食べられる」「スポーツが楽しめる」「滑らかな話ができる」だけでなく、しっかりと噛みしめることで、顔の筋肉が鍛えられ「表情が若返る」、血行が良くなり能が活性化することで「ボケの防止につながる」という効果も期待できます。

食べられる物がグンッと増えた!!

あなたに合った
「入れ歯」はどのタイプ?

「痛くない」入れ歯 
コンフォートについて説明します

<コンフォートの3つの特徴>


特徴1
歯ぐきを守る!
歯ぐきをやさしく保護

特徴2
痛みをやわらげる!
クッション素材で痛みを軽減

特徴3
外れにくい!
抜群の吸着力
生体用シリコーンの適度な弾力が吸盤のような密閉性を生み出し、噛むときに発生する顎の横の動きにも抜群の吸着力を実現します。

特徴3
外れにくい!
抜群の吸着力
生体用シリコーンの適度な弾力が吸盤のような密閉性を生み出し、噛むときに発生する顎の横の動きにも抜群の吸着力を実現します。

<コンフォート義歯の種類>

1.歯が1本抜けた時
2.歯が連続して2本抜けた時

インプラントのように手術不要でブリッジのように歯を削る必要がありません。
取扱歯科医院でお口の形を取って、約1週間で完成します。
通常たった2回のご通院でお口にセットでき、歯が抜けてすぐに手軽に簡単に利用することが可能です。噛み締められるやわらかいクッションと非常に軽い材質で、噛み心地と抜群の装着感を提供します。

9万8000円(税別)

SOCKET(ソケット)はコチラ

1.歯が3本抜けた時
2.歯が合計3本以上抜けた時

通常の部分入れ歯は、お口の中で金属のバネで入れ歯を固定する為、バネが見える心配がありましたが歯茎と同色の材質を使用している為、お口を開けても着けているのが目立ちません。
上下いずれかの歯で、奥歯・前歯どの部分でも3本〜13本まで歯を失った場合に幅広くご利用が可能です。(※親知らずを除く)

1.歯が3本以上 
 34万8000円(税別)
2.片側3本の場合
 19万8000円(税別)

CONNECT(コネクト)はコチラ

1.歯が全部抜けた時
2.歯を全部抜く予定がある時

シリコーンの適度な弾力が吸盤のような密閉性を生みだし、総入れ歯にありがちなゆるみを緩和します。食事の際の細かな食べかすが入れ歯と歯茎の間に入りにくくなります。
歯茎の粘膜部分に薄い金属を使用している為、違和感が少なく、口に入れた食べ物の温冷がわかりやすくお食事を楽しむことができます。

37万8000円(税別)

COMPLETE(コンプリート)はコチラ

1、自分の口の中でより機能する材質に変更したい時
2、歯ぐきが痩せている骨が隆起しているなど難症例の時

他のシリーズ以外の形で、口内に合わせて、柔らかい特殊なクッションを入れ歯に加工し「痛み・強くかめない・ゆるみ」などのお悩みを緩和できます。
事故や病気での変形、口内の骨の隆起、歯茎が痩せたなどで入れ歯が合わなくなった場合に、義歯を新しく作るのではなく、現在使用している金属のバネが付いている入れ歯にコンフォート処置を行うことも可能です。

オーダーメイドのため別途見積もり

YOURS(ユアーズ)はコチラ

お気軽にお問合せください  

0120-86-39-38

~院長 小島章裕 から一言~

院長の小島章裕です。

もしあなたが「痛い」「噛めない」「外れやすい」などの悩みをかかえているとしたら、それは合わない入れ歯を使っている証拠です。

合わない入れ歯を我慢して使い続けると、歯ぐきが炎症を起こしたり、歯ぐきがやせ細ルなど、深刻なじたいになるケースも少なくありません。

入れ歯はあなたの身体の一部ですから、しっかりとフィットすることはもとより、材質などもあなたの歯ぐきに最適なものを選ぶ必要があります。

現在2800万人の方が入れ歯を利用しています。現在、日本人の歯牙の平均寿命が57歳といわれています。人生100年時代。歯を失ってから30~40年の人生が残されています。しっかりと「噛みしめられる」入れ歯が必要です。

しっかり食事ができ、より豊かな人生へ、お手伝いします。

「comfort」 利用者の方々

中部経済新聞 「町のお医者さん」掲載されました。
<平成30年4月12日 掲載>
誤嚥性肺炎”ゼロ”に情熱を燃やす小島院長
<口腔ケアで誤嚥性肺炎を予防~食べる楽しみを維持~>

「小島歯科」は2008年、尾張旭市に開院した。スーパーマーケットを含む複合商業施設の中という便利さもあって、買い物ついでに立ち寄れる歯科医院として地元ではすっかりお馴染みだ。

 
「ポリシーは『安全』『安心』『絆』です」とは小島章裕院長。小島歯科では、歯科用CTやマイクロスコープを完備、より精度の高い診断・先端治療を提供している。また、厳しい世界基準をクリアしたオートクレーブ(滅菌器)を完備し、院内感染予防にも注力している。さらに常に患者とのコミュニケーションを重視し、治療に関する情報提供、選択肢の提示など「患者の納得」を第一に治療に取り組んできた。

 
このように日々の実直な積み重ねで医院の理念にしたがってまっすぐ取り組んできた小島院長だが、近年、さらに新しい領域に手を広げている。それが「口腔ケアで誤嚥性肺炎を予防する」ことだ。

 

80歳以上の高齢者において、肺炎は死因の第3位。そして肺炎で亡くなる高齢者の約7割が患っているのが誤嚥性肺炎。つまり、誤嚥性肺炎は高齢者にとって即生命を左右する疾患だということだ。その対策として近年言われるのが「口腔ケア」の重要性。食べ物のカスが口中に残っていたり、入れ歯の手入れが不十分だと口の中で細菌が繁殖し、誤嚥の原因となる。

 

独自の口腔ケア技法を行うことで、誤嚥性肺炎による入院をゼロにした富山県の歯科衛生士事務所「ピュアとやま」の精田紀代美代表の実践に感銘を受けた小島院長。足しげく富山に通って勉強を重ね、自らも「誤嚥性肺炎を防ぐ口腔ケア」を訪問歯科診療を中心に実施している。

 

従来から誤嚥性肺炎を防ぐための措置としては「胃ろう」が圧倒的に多かった。だが、昨今胃ろうの是非が問われてもいる。「噛むという行為は、認知症の予防にもつながります。何より自分の口でモノを食べられる楽しみはいつまでも味わいたいものです。適切な口腔ケアで食べる楽しみを維持しつつ誤嚥性肺炎も防ぎたい」と小島院長は強調する。

 

医院での歯科診療に加え、訪問歯科診療も精力的にこなす小島院長。時間のある時には自身のスキルアップのために勉強をしたり関連書籍を読んだりと四六時中、頭の中は歯科のことばかり。歯科のことを話し始めたら止まらない小島院長だ。

サルコぺニアを予防しよう
(オーラル・フレイル)

高齢者の栄養”考え方”をギアチェンジ!!
高齢者にとって「食べる」ことは、単に栄養を摂るだけではなく、「生きがい」「楽しみ」として意義があることです。

65歳までは、過栄養、メタボ予防をし「生活習慣病予防」が大切です。
75歳以上では、低栄養、フレイル予防をし「フレイル・サルコぺニア予防」が大切です。
65歳~75歳の方は、過栄養・低栄養は個別対応が必要。
フレイルの最大のリスクは、サルコぺニア(筋肉減少症)です。サルコぺニアは、加齢に伴う筋肉量、筋力、身体機能の低下です。加齢以外にも、エネルギーやタンパク質などの摂取不足、身体活動量の減少、疾患などが原因です。転倒・骨折、移動能力低下、日常生活が困難になる、死亡率の上昇、各種疾患など影響があります。日本の一般高齢者のうち、サルコぺニアは10~20%といわれています。

サルコぺニアは、食べ物や食べる力に強く影響されます。肉食を避けて、例えば素うどん、白身魚、お豆腐など柔らかい物ばかり食べる。その結果お口の噛む力が弱まり、ますます肉を食べなくなる。低栄養になって要介護状態になります。

高齢期に2週間の寝たきりにあんると、いっぺんに7年分の筋肉を失います。

<高齢者の小太り・肥満はリスクになりません>

高齢者の多くは、タンパク質の絶対摂取量の不足です。

高齢者の場合、中肉中背と肥満とは死亡率にあまり差がありません。

<たんぱく質>
①筋肉量を増やしたい場合
   体重1Kgあたり、タンパク質1.2~1.5g
   ex.体重60Kgの人なら、72~90g

②筋肉量を維持したい場合
   体重1Kgあたり、タンパク質1g
   ex.体重60Kgの人なら、60g

<ビタミンD>
   ビタミンDの目標は、5,5μg/日(目安)

<カルシウム>
   カルシウムの目標は、650~700mg/日
                    (推奨量)

「メンター」にしてかつ「ロールモデル」

河原 英雄先生

大分県佐伯市で、「河原英雄医院」開業。

H29.5名古屋、H30.4 大阪とセミナーに参加しました。

平成30年12月1日(土)、2日(日)は、福岡県の「博多メディカル専門学校」にて

<『箸の文化』に適応した総義歯セミナー>に参加します。

小島歯科

0120-86-39-38

〒488-0072
尾張旭市新居町諏訪南1305
バロー城山店2階

「痛い」「噛めない」「外れやすい」と、入れ歯でお悩みの方は御連絡下さい。

マップ

尾張旭市の小島歯科のHPです。
下記をクリックして下さい。


尾張旭の歯科・歯医者なら小島歯科へ。名鉄 尾張旭駅から徒歩8分バロー城山店2階にある歯科医院です。歯周病治療、審美歯科、ホワイトニング、矯正治療、インプラント等の治療を行っています。訪問診療もおこなっておりますので、お気軽にご相談ください。

ボタン

尾張旭市の小島歯科では往診・在宅診療・訪問歯科を行っております。虫歯、入れ歯、歯周病などの治療の他、誤嚥性肺炎ゼロをめざし、口腔ケア、摂食嚥下リハビリまで行っております。

ボタン

お知らせ

2018.8.8 公開しました。
2018.8.8 公開しました。