恋人が浮気したら慰謝料を請求できるのか?

不倫して別居や離婚に発展した場合、パートナーや相手から慰謝料を請求できます。

しかし、「未婚の恋人同士でも浮気相手から慰謝料を請求できるの?」と疑問に思っていませんか?

夫婦と恋人では慰謝料を請求する条件が変わってきますので、「浮気されたから相手を許せない」「何とかして慰謝料を請求したい」という方は、こちらのページを参考にしてみてください。

浮気調査や慰謝料の請求と聞き、「夫婦間の問題なんじゃないの?」とイメージしている方は多いのではないでしょうか。

しかし、近年では次のような理由で結婚前の彼女や彼氏が浮気調査をするケースが増えています。

  • 晩婚化に伴って結婚への意識が慎重な男女が増えている
  • 長い同棲期間を経た後に結婚するカップルが多い
  • 結婚までの期間が長いほど浮気をする機会がお互いに増える

もしパートナーが浮気をしていた場合、恋人やその相手に慰謝料を請求したいと考えるのは不思議ではありません。

結論から申し上げると、結婚していない恋人同士では浮気されたとしても慰謝料を請求できないと民法709条で決められています。

これは夫婦間とは違い、お付き合いをしているカップルでは法的な貞操義務(他人と肉体関係を持たない)が生じないからです。

そもそも、浮気の慰謝料は平和な結婚生活を送る権利を侵害された時に、パートナーや浮気相手に請求できます。

恋人同士ではまだ婚約に至っていないため、原則的に慰謝料を請求しても支払ってもらえない可能性が高いのです。

恋人に浮気の慰謝料を請求できるケース

不倫や浮気で慰謝料を請求できるのは、民法上で夫婦に貞操義務があるのが理由です。

恋人同士ではその義務はありませんが、実は結婚をしていなくても相手に慰謝料を請求できるケースがあります。

どのようなカップルだと浮気された時に慰謝料を請求できるのか見ていきましょう。

内縁関係が認められる場合

正式に結婚をしていなくても、内縁関係だと認められる恋人同士では浮気の慰謝料を請求できます。

内縁関係とは事実婚のことで、「まだ正式に婚姻届を提出していないが、実質的に夫婦同様の関係」です。

家計が同じだったり親や知人からも夫婦として認識されているカップルは、当事者に婚姻の意思がありますので内縁が成立します。

この内縁関係を証明するために次の証拠を用意していれば、浮気された時に未婚でも慰謝料を請求できるのです。

  • 共同生活期間の長さ
  • 財産を共有している証明
  • 知人や両親からの内縁関係を認める証言
  • 住所が同じ住民票

なお、内縁関係にある際の浮気の慰謝料の相場は数十万円~200万円程度で、夫婦間よりも低い金額になります。

同棲中の場合

上記で説明した内容と似ていますが、同棲中の恋人同士も準婚姻関係と見なされます。

そのため、彼氏や彼女が浮気をした際には、証拠があれば慰謝料の請求が可能です。

ただし、下記に該当するカップルでは準婚姻関係とは認められません。

  • 1ヵ月~2ヵ月など同棲の期間があまりにも短すぎる
  • 結婚するつもりはないが長期間に渡って同棲している
  • 周囲の人間から夫婦同然と認められていない

同棲の期間が短かったり、婚姻の意思がない場合は内縁関係が認められないため、同棲中でも慰謝料を請求するのは難しいです。

違約金を支払ってもらう選択肢

恋人のどちらか片方の浮気が発覚しても、法律に基づく慰謝料を支払う義務はありません。

そこで、カップル同士の約束で浮気の際に違約金(ペナルティー)を支払ってもらうと決めるのは選択肢の一つです。

「お互いに浮気をして別れることになった時は、○○万円の違約金を支払う」と、当事者同士で誓約書を作成するのです。

事前に誓約書を作成しておけば、後々になって「支払うと言った・言ってない」というトラブルを避けられます。

法律上では契約自由のルールがありますので、公序良俗に反さない限りは恋人同士で自由に契約を結ぶことができます。

とは言え、違約金を支払わせるにしても、相手に浮気の証拠がなければ意味がありません

自分で浮気の確実な証拠を集めるのは意外と難しいため、「パートナーが怪しい・・・」と悩んでいる方は探偵事務所に相談してみましょう。

まとめ

以上のように、恋人同士で浮気の事実が発覚した場合、原則的に慰謝料の請求はできないと法律で決められています。

恋人に浮気や二股をされるのは許せませんが、夫婦間の不倫の慰謝料とは違うわけです。

しかし、「正式に結婚していなくても内縁関係が認められる」「長期間に渡って結婚を前提に同棲している」という場合は、浮気の慰謝料を請求できます。

素人ではその判断が難しいため、慰謝料を請求できるか確かめたい方は探偵事務所に相談してみましょう。