こがじかん

それは築140年の古民家”山川邸”で、
『生きる』を丁寧に味わい、
『自分らしさ』を大切にし、
『カラフル』に生きる人達の集まり。

“食”を通して、日常を『カラフル』に
会場は築140年の古民家”山川邸”
自分達で”生きる”を作り、
”生きる”をいただく。

イベント中はスマホは禁止
”いま”を生きる為にスマホはいらない

こがじかんって?

普段なかなか感じる事がない『生きる』という感覚。

『生きる』を感じる時はどんな時だろう。
きっとそれは”自分の心が揺さぶられる時”や”感情が動かされる時”だと思う。
そしてその瞬間がその人が“人間らしく”“自分らしく”生きている瞬間。

***************************

こがじかんではそんな『生きる』を感じ、自分らしく『カラフル』に生きるきっかけ作りをしています。
その為に主に3つのコンテンツを用意しています。

1つ目
”食”は一番身近な『生きる』

こがじかんでは少し手間が掛かっても、
上手にできなくても、自分達でお昼ご飯を作ります。

食は『生きる』を作るもの。
食は『生きる』をいただくもの。

上手に出来なくてもいい。
時間がかかってもいい。
自分で自分の『生きる』為の”食”を作ってみてください。

2つ目
自分達で『生きる』を作る

こがじかんでは、畑で野菜を作っています。
『生きる』に触れる。
『生きる』を作る。

普段なかなか機会がないかもしれません。
カラダで体験し、ココロで感じてみてください。

3つ目
何もしない時間

テレビも見ずに、スマホすらいじらずに何もしない時間。
そして一番『生きる』を感じる時間。

今まで見えなかった景色、
聞こえなかった音、
感じなかった匂いなど
ココロとカラダで『生きる』を感じてみてください。





contents

竹から作る流しそうめん

山川邸の竹を使い、0から流しそうめん台を作り、そこから竹のお椀、お箸も自分達で作ります。

そば打ち

古河産のそば粉を使い、そば打ちをしました。
そして蕎麦のお供の天ぷらは古河の農家さんからいただいたお野菜で作りました。

梅酒・梅シロップ作り

みんなよく飲む梅酒。
しかし自分で作る機会ってなかなかないですよね??
こがじかんではそんな普段面倒でやらない事ややる機会がない事をあえてやってみます。

農作業

山川邸の畑の一角にあるこがじかん専用の畑。
その畑では自分達で野菜を植え、整え、収穫をします。

access

集合場所は湘南新宿ライン・上野東京ラインの古河駅です。
新宿から1本で約1時間です。
当日は古河駅から山川邸までは送迎いたします。
古河駅の改札を出たところにこがじかんの看板を持ったメンバーがいますのでお声がけください。

参加までの流れ

Q&A

Q
参加費には何が含まれるのですか??
A
参加費には、昼食代とワークショップ代と山川邸利用料(300円)が含まれます。
なので当日は基本的にはお金は必要ありません。
しかし秋庭農園さんの自家製モヒートをご用意しております。
このモヒートは別途料金をいただいておりますので、ご了承ください。
また同じく秋庭農園さんのハーブティーも販売いたします。

Q
カメラの使用は可能でしょうか?
A
基本的にこちらでカメラマンをご用意しております。
なのでどうしても写真が撮りたい方以外はこがじかんを思いっきり満喫してください。

Q
シャワーなどはありますか?
A
申し訳ございません。
全身用シャワーの方はご用意できていません。
なので手足は洗っていただいて、その他はボディーシートをご利用ください。

Q
参加費には何が含まれるのですか??
A
参加費には、昼食代とワークショップ代と山川邸利用料(300円)が含まれます。
なので当日は基本的にはお金は必要ありません。
しかし秋庭農園さんの自家製モヒートをご用意しております。
このモヒートは別途料金をいただいておりますので、ご了承ください。
また同じく秋庭農園さんのハーブティーも販売いたします。

こがじかんを気に入っていただけた方はぜひ”いいね”をお願いいたします。
またこがじかんのイベント情報等も随時Facebook更新していくので、
ぜひチェックしてみてください。