イベント中止のお知らせ

2/15(土)に予定していた子供の未来サミットは中止とさせていただきました。

今、話題となっている「コロナウイルス」を心配する声が他のゲスト・参加予定者やその家族よりあって、非常に悩み、実行委員にて協議いたしました。その結果、もしもがあっとき責任を取れるものでもないので、悔しいのですが中止にすることにいたしました。

ギリギリの連絡になり、予定を空けていただいていたのに誠に申し訳ありません。

 

実行委員会一同
子供の未来サミット
また業界・世代・性別を超えた人同士が繋がり、1人では実現できない困難な課題も挑戦してクリアしていける環境を作ります。ぜひお1人でも、お友達・職場の方・夫婦でも、お気軽にご参加ください!
 
このイベントは3部構成で「ゲスト3人+ファシリテーター1人」のトークセッションのあと、会場にいる人同士での意見交換を随時取り入れた、全員参加型イベントです。
1部

子供が宿題をしないとき、親はどう声をかけたら良いか?
「褒める」「叱る」の適切なタイミングとは?
自分の子育て・教育が正しいのかな?と悩んだときに考えるべきこと

<声かけのワークあり>

2部

・アプリ・iPadなど、テクノロジーをどう教育に活用するか?
・AI、テクノロジーの発達で激しく変化している社会で、必要な教育・スキルとは?
・子育てしやすい、教育に良い地域とは?

3部

・中学、高校、大学など受験するタイミングによるメリット、デメリット
・子供がいじめ・不登校になったとき、どう接するか?
・SNSやインターネットを利用するとき、どこまで親が制限すべき?

吉村直記【1部】
1985年8月11日佐賀県生まれ。5歳の時交通事故で父を亡くし、母に兄弟3人の真ん中として女手一つで育てられる。同時期に空手を始め、そこで出会った恩師に多大な影響を受ける。ロータリー財団の親善大使として一年間派遣されメキシコ合衆国へ一年間の語学留学。大学在学中に幼児教育に興味を持ち、関東の保育コンサルティング会社に入社。50件以上の保育園の立ち上げや運営に関わりながら乳幼児教育を学ぶ。25歳でおへそ保育園園長に就任。現在、0歳~12歳までの子どもたち、障害を持つ子どもたちが共存する“おへそグループ” を統括。執筆・講演活動、また、一男一女の父として子育てにも奮闘中。
富岡健【1部】
プロ野球元ドラフト4球団の候補から怪我に泣き、ブライダル業界を経て23歳で独立。 「夢が人生を創る」 この言葉をモットーに事業を多角的に展開。 老若男女問わず全国にファンを持つ。コミュニティービジネスのトップリーダーの1人。8年目を超える夢カフェは累計の参加者が1万人を超えるメガコミュニティーに。 親子夢カフェやママさん夢カフェなど親子で楽しめたり子供の教育に夢カフェもあります。 現在は人材育成事業を個人から法人まで展開。リーダーシップやチームビルディングの研修は人生を変えた人が続出。 夢の叶え方を現場で見たものや実践した再現性の高い成功法則を次世代のリーダーに伝授すべく全国で講演中。「大人が輝けば子供も輝き、子供が輝けば日本の未来が輝きます。 大人から子供までが学びは楽しいし必要だと自発的にと思える世の中にします!」

みかん先生【1部】
教師歴12年・担任歴11年・担任した児童約400人の小学校教師。現在は5年生を担任している。金メダリストコーチである平本あきお氏に師事し、アドラー心理学に基づいたコーチングを学ぶ。 心理学・脳科学・コーチングを活用した学級経営法を確立。 現在はオンラインでグループ相談会を開催して「どんな子供でもやる気をだす教育法」を伝えたり、平本式認定講師として登壇するなど活躍の幅を広げている。

藤村正憲【3部】
2002年より北京、香港・マカオ、マレーシア、オランダと移り住み、自身や家族に必要なものがある国に移動する「国境を意識しない生活」というライフスタイルを実践している。海外の経験を生かし、価値観が多様化する時代の生き方を講演や著作活動を通じて提案。主にビジネスや教育の分野で、日本と海外をつなぐ架け橋としてアドバイザー業務も行なっている。NHK・TBS・日経ビジネス・東洋経済など多くのマスコミに活動を取り上げられ、AERA「アジアで勝つ日本人100人」に選ばれる。 著書に「国際自由人という生き方」(角川フォレスタ)「国際自由人」(IBCパブリッシング)「さあ、あなたも「世界一住みたい国」で幸せに暮らす計画を立てよう」(ゴマブックス)「生き残るためのコミュニケーション」(水王舎)「世界で通用する最強の子育て」(秀和システム)

加藤路瑛【3部】
株式会社クリスタルロード取締役社長。12歳の時に親子起業スタイルで法人設立。子どもを理由に「今」をあきらめなくていい社会を目指して活動中。メディア事業やクラウドファンディング事業を経て、現在、雑誌事業とセルフファンディング事業に取り組む。

大倉昌子【3部】
チアフルスマイル代表 静岡県湖西市公立小学校PTA顧問(前PTA会長) PTA会長・顧問として、情報共有と関わり方を改革。役員はひたすら大変というイメージを払拭、消耗する役員からスキルアップになる役員への風土づくりに貢献。「誰もが楽しさを感じる新しいPTA活動の形」としてメディア掲載。 静岡県西部地区PTA連絡協議会家庭教育委員代表もつとめ、日々、「言葉の力」と「受容と変革する力」を軸に、PTAに積極的に関わることが、こどもの健やかな成長環境を整え、自身の豊かなキャリアになることを伝え続けている。

小幡和輝【2部】
1994年、和歌山県生まれ。約10年間の不登校を経験。当時は1日のほとんどをゲームに費やし、トータルのプレイ時間は30000時間を超える。その後、定時制高校に入学。地域のために活動する同世代、社会人に影響を受け、高校3年で起業。地域活性化を軸に様々なプロジェクトを立ち上げる。2018年より不登校を肯定するムーブメント「#不登校は不幸じゃない」を立ち上げ、8月19日に全国100ヶ所でイベントを同時開催。SNSの関連投稿は2万件を超え、多くのメディアにも取り上げられた。2019年も継続して活動中。

葉一【2部】
東京学芸大学を卒業後、営業職、塾講師を経て独立。2012年より、YouTubeチャンネル「とある男が授業をしてみた」を運営開始。小学校3年生から高校3年生までの学習動画や学生からの悩みに答える動画を投稿している。その授業の分かりやすさから、学生間での口コミで人気が広がり、これまでの動画の総再生数は2億2000万回、チャンネル登録者は72万人を超える。近年、メディアでの注目も高まっており、「ZIP!」「おはよう日本」「ビートたけしのTVタックル」などでも取り上げられた。代表的な著書に「合格に導く最強の戦略を身につける!一生の武器になる勉強法」がある。

代田昭久【2部】
昭和40年長野県飯田市生まれ。平成2年、リクルート入社。平成15年、株式会社トップアスリートを創業し代表取締役に就任。平成20年より、民間人として東京都杉並区立和田中学校の校長を5年間務める。ICTを活用した新しい授業スタイルの導入や、民間学習塾と連携した夜間補習事業「夜スぺ」、休日の部活動をプロコーチに委託する「部活イノベーション」など、地域や民間の活力を生かした学校経営を推進し、注目される。平成25年より、佐賀県武雄市教育監。翌年から、武雄市立武内小学校校長兼教育監。学習塾「花まる学習会」と連携した官民一体型学校や、市内全児童生徒に一人一台のタブレット端末を貸与し「武雄式反転授業(スマイル学習)」を推進する。平成28年4月より現職。

みかん先生【1部】
教師歴12年・担任歴11年・担任した児童約400人の小学校教師。現在は5年生を担任している。金メダリストコーチである平本あきお氏に師事し、アドラー心理学に基づいたコーチングを学ぶ。 心理学・脳科学・コーチングを活用した学級経営法を確立。 現在はオンラインでグループ相談会を開催して「どんな子供でもやる気をだす教育法」を伝えたり、平本式認定講師として登壇するなど活躍の幅を広げている。

イデアホリック会議室

東京都千代田区西神田二丁目8番5号
03-5212-3737

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。