自信がない、自分はダメだと思っている子どもたちへ

子どもの自信のなさ、やる気のなさにお困りのおかあさんへ


どうして、たった3時間で
子どもの自信とやる気を取り戻すことができるのか

こんなことでお悩みではありませんか?

  • 子どもが子ども自身のことが好きじゃない
  • 子どもが自分のことを“ダメな人間”だと思っている
  • 子どもが何事に対してもチャレンジしない
  • 子どもがすぐに「無理!」っていうのが気になる
  • 子どもが落ち込んだら、立ち直るまでがとにかく長い
  • 子どもに特技が1つもない
  • 子どもを誉めてやっても素直に受け入れない
  • 子どもがお友だち関係で委縮してしまう
  • 子どもが心の疲れがたまりやすい
  • 子どもが子ども自身のことが好きじゃない
と、いろいろ挙げましたが、要するに

【お子さんの自信とやる気を取り戻したくないですか?】

ということです。

その解決にこんな取り組みをしていませんか?

その

1

「無理!」って言う子どもに「やればできる!」と励ます。

無理!が口癖のお子さん、増えていますよね。やる前から無理だと思ってチャレンジしない。
そんなことないよ!やればできるよ!がんばってやろうよ!
もしかして「やればできる!」と励ましていませんか?
“やればできるの罠”にはまっていませんか?

その

2

宿題しない、勉強しない。でも宿題忘れや成績が下がっては困る。
だから、やるようにマメに声かけをしている。

何にもやる気のでない子ども、いわゆる『無気力な子ども』は、近年とても増えています。
宿題やりなさい! 勉強しなさい! 片付けしないさい! 明日の準備しなさい!
言われないと何もできない子どもを見て、「うちの子は、本当にやる気がない」と嘆いていませんか。
でもそれ、本当に何にもやる気がないのでしょうか?

その

3

人より優れているところが見つかれば自信につながるだろうと思い、
習い事をさせている。

自信がないのは、特技がないから?何か得意なことが一つでもあれば、自身がつくのでは?
そう思って、塾や習い事に通っていませんか?
計算が苦手だからそろばん、字がきたないからお習字、苦手科目だけ塾に通う。
自信をつけるために、苦手をなくして、特技を身につけようとしていませんか?

その

4

始めた習い事の目標をクリアするまで続けさせる。

せっかくはじめたスイミング。子どもはやめたいって言っているんだけど、ここまでやってきたのに、今やめたらもったいない。
せめて25m泳げるようになるまで?平泳ぎまでマスターしたら?そこまでやったらやめてもいいよ。
それ、今やめたら本当にもったいないですか?

その

5

とにかく褒める!

「100点取れてエライね!」「進級テスト合格、すごいね!」「かけっこ1位でカッコイイ!」
“褒めて伸ばす!”は正しい方法でしないと、自己肯定感を高めないどころか、逆効果です。
自信を高めるつもりが、他の人との比較で“優越感”を高めていませんか?

その

6

「成功体験をさせましょう」と読んだので、無理矢理チャレンジさせる

「何でもいいので成功体験をすれば、自己肯定感は高くなる」と、よくある育児書には書いてあります。
少しでも成功体験をするチャンスを増やそうと、いろんなことに挑戦してみていませんか?
でも、そもそも自己肯定感が低い子は、成功してもそれを成功と認められないのです。

その

1

「無理!」って言う子どもに「やればできる!」と励ます。

無理!が口癖のお子さん、増えていますよね。やる前から無理だと思ってチャレンジしない。
そんなことないよ!やればできるよ!がんばってやろうよ!
もしかして「やればできる!」と励ましていませんか?
“やればできるの罠”にはまっていませんか?

多くのお母さんは、このような方法で解決しようとしますよね。

とにかく、子どものいいところをみつけて褒める! 特技をつくって成功体験をさせようとする。
子どものことを思って、思考錯誤の日々です。

でも、なぜなかなか解決しないのでしょう。  実は・・・

本当に大切なのは
【まわりからのOK】ではなく、

【自分で自分に出すOK】なのです。


《自己肯定感》って、聞いたことありますか?

POINT
1

自己肯定感とは、自分で自分のことを認めてあげること

自己肯定感とは「自己を肯定する感覚」、つまり「自分は大切な存在だ」と思う感覚です。
つまり、自己肯定感が高いと「自分は大切な存在、価値ある存在だ」と感じている、ということです。

自己肯定感が高い人と低い人とでは、同じ事柄を見ても受け取り方が変わってきます。
《同じことをして、同じように褒めた場合》
自己肯定感が高い人は、

  • 素直によろこぶ
  • 相手に感謝する


自己肯定感が低い人は

  • 素直によろこべない
  • 嫌味なのでは?と感じる
  • 何か裏がある?おだててるだけでは?と疑う
  • あの人の方ができるしと、他人と比較して落ち込む

あなたやお子さまは、どちらに当てはまりますか?
POINT
2

日本の子どもたちは自己肯定感が低い

財団法人「日本青少年研究所」が2011年に、日米中韓の高校生計約8000人に実施した調査の結果で、

日本人の高校生はアンケートにこう答えています。
「自分はダメな人間だと思うことがある?」→思う  83.7% 1980年の調査の約3倍

「自分価値のある人間だ」  →ある  39.7% 4カ国中 最低!

日本人は、自己肯定感が低いのです。そして、それには原因があるのです。

POINT
3

自己肯定感が低いと幸せになりにくい

自己肯定感が低すぎると、どうしても幸せになりにくいです。
自己肯定感が低い(自信がない)人は、次のような傾向があります。

自慢話ばかりする……自分をより良く見せたい、スゴいと思われたい
アドバイスしまくる……相手に認められたい
よく他人を批判する……自分が上だと感じたい
とても怒りっぽい……怒りで相手をコントロールしたい、相手より上に立ちたい

自己肯定感が低いと、
必要以上に落ち込んだり、「私はなんてダメな人間なんだ」と自分を責めたり、
または逆に人に認められたいという気持ちから、他人をコントロールしようとします。

そのため、物事から幸せを感じ取るハードルが高いのです。

2017年版の自殺対策白書によると、自殺死亡率を諸外国と比較したところ、日本は6番目に高かったのです。
若年層の自殺と事故の死亡率を先進7カ国で比べると、自殺が事故を上回ったのは日本だけでした。
白書は「若い世代の自殺は深刻な状況にある」としている。

今の子どもたちは、これほどまでに自分の未来に明るい希望を持ちにくくなっているのです。


自己肯定感を高めるうえで最も大切なことは
「ダメな自分も含めて、ありのままの自分を認めること」です。

申し遅れました

子ども未来がっこう 講師の吉田淑恵(よっちゃん先生)です。

かつて私は、毎日イライラ怒ってばかりの母でした。

娘をイライラ怒ってばかりで育てたので、自己肯定感の低い子に育ちました。

ですが、今は違います。昔のように“自分が大嫌い”な娘からは卒業しました。 

なぜ、娘にそのような変化が起きたのでしょうか?

それは、潜在意識を開放して自己肯定感を高めたおかげなのです。

“自尊心は高いのに、劣等感が強い。” 

これは、娘が小4の春に、担任の先生から言われた言葉です。

まさにその通り。娘は、プライドは高いのに自信がない。
自分自身のことが好きじゃない。自分はダメだと思い込んでいるのです。

とにかく、どうにかしたかった。

でも、色々調べれば調べるほど
「小さい時に怒られ過ぎたことが原因」
と書いてあるものが出てきて自己嫌悪。

私自身も初めての子育てで、目安も加減もよく分からないまま、怒り過ぎたと思います。



とても後悔。何とかしなければ。


方法を探して、手当たりしだい育児書を読みあさりました。

先ほどお話した、『こんな解決法をしていませんか』は、私の失敗談でもあります。

自己肯定感の基礎となる3歳までが大事、6歳までが大事。

どの育児書にも、こう書いてありました。たくさん目にするので、正しいことなのでしょう。

3歳まで、6歳まで・・・今の状況をどうにかしたくて読んだ育児書には、逆に落ち込むようなことしか書いてありませんでした。

「それはもう、わかった。」

当時の私の率直な感想です。そのとき娘は、すでに10歳です。
多くの育児書には、3歳までにすること、6歳までにすることはたくさん書いてありました。
けれども、過ぎてしまった育児をやり直す方法はかいてありませんでした。


そんな育児の悩みが一気に解消するきっかけが、子ども未来がっこうでした。

さて、今までの話を聞いて、いかがですか?
今どのように感じていますか?
自己肯定感を高めるために、いままでやってきたことは無駄だったの?

他の育児書に書いてあることは間違っているの?

自己肯定感を高める以外に、やる気を起こさせる方法はないの?

ダメな自分も受け入れるって、ダメな自分のままでいいってこと?

結局、今の子ども達が幸せになるには、何が必要なの?

これからの時代に必要なのは
《3つの未来創造力》です。


今の子どもたちが大人になる頃は、変化が大きく、予想のつかない時代です。

今あるものを目指すのではなく、未来を想像して創造していく力《未来創造力》が必要となります。

子どもの成功を体験する・幸せを感じるのに必要なのは自己肯定感であり、

自己肯定感のカギを握るのは潜在意識(無意識の意識・深層心理)なのです。

子ども未来がっこう 親子クラス カリキュラム詳細

学校では教えてくれないヒミツの授業! 1時間目~5時間目まで、おかあさんのためのミニ授業もあります。

これからの時代に必要な、自分の未来を自分で切り開く力『未来創造力』をはぐくむ3時間。

親子で一緒に受講することで、共通言語もできて、よりコミュニケーションも深まります。

おかあさんのためのミニ授業

1


子どもの才能を引き出すには、潜在意識を味方につけることが大切です!
潜在意識の解説と、これからの時代に必要な3つの“未来創造力”についてお話。

1

「夢と才能」のお話

みんな神様と夢を約束し才能をもらってきたんだよ。
『こころの中のまほうのランプ』のお話。

2

夢はわくわくにある

夢を見つけるヒント、わくわくするお話。

3

みんなの中の「才能」という宝物

子どもたちは、みんな才能を持っています。みんなちがって みんないい!
子どもたちの「才能」を見つけるコツのお話。

おかあさんのためのミニ授業

2

子どもの才能が見つけにくいのには、理由がある!
子どもの才能を見つけるには?親が子どもにしてあげたいサポートとは?

4

たのしく夢を叶える3つの秘密

フタとメガネと言葉の秘密。
自分で自分の未来を切り拓くために必要な思考の話を、子どもにもわかりやすく解説。

5

がっこうでは教えてくれない まほうの授業

夢を叶える魔法「イメージ」について。
おかあさんもやって楽しい!目からウロコの実習付き。

おかあさんのためのミニ授業

3


親の言葉は無意識のイメージトレーニング。
何気ない言葉がけが、子どもの才能をブロックすることも。気をつけたい言葉について解説します。

おかあさんのためのミニ授業

1


子どもの才能を引き出すには、潜在意識を味方につけることが大切です!
潜在意識の解説と、これからの時代に必要な3つの“未来創造力”についてお話。

子育てに関する悩みや迷い、今背負っているものを全部持ってきてください。

この講座を受講することで
あなたが受けるメリットをまとめます。

子どものココが変わる!リスト

  • 子どもたちの自信を才能を引き出し、授業後には勉強、スポーツなど前向きに取り組めるようになります。

  • 潜在意識を味方につけ、子どもの可能性を引き出せるようになります。

  • 子どもが持っている才能を引き出し、伸ばす子育てができるようになります。

  • 子どもとの絆、関係性がより良くなります。

  • 子育てへの不安がなくなり、お母さん自身がイキイキ輝けます。

  • 子ども、家族との絆が強まり、関係性が良くなります。

  • 子どもにイライラしたり怒ることが減ります。

  • 子どものレジリエンス(困難を乗り越える心の力)を高め、たくましく、しなやかな心を育みます。

  • 潜在意識を味方につけ、子どもの可能性を引き出せるようになります。

  • 子どもが持っている才能を引き出し、伸ばす子育てができるようになります。

  • 子どもの才能を活かしながら夢を叶えるサポートができます。

  • 子どもたちの自信を才能を引き出し、授業後には勉強、スポーツなど前向きに取り組めるようになります。

受講したおかあさんの感想

  • 授業の勉強の取り組み方が変わりました。難しい問題も途中であきらめず自分で最後まで取り組もうとしています!

  • 授業後すぐに水泳の自己ベスト更新!

  • 鉄棒や自転車、できなかったことが良いイメージをつくることでできるようになりました。

  • 一生ものの自信がつきました!これからどんなこともしなやかに乗り越えられる力になりました。

  • 子どもが進んで勉強、お手伝い、運動をするようになりました。

  • 最高でした!たくさんの子どもたちに知って欲しいと思います。

  • すぐに毎日の生活に取り入れ、素晴らしい子供たちの未来を育てられると思いました。

  • 強くイメージすれば願いは叶うこと、自分の知識としては知っていても、直接子どもに伝える機会はありませんでしたが、早速実践して行きます。

  • あっという間の時間で楽しかった。こんなに楽しい授業があたりまえになるといいな。

  • 子どものセルフイメージをどんどん上げてあげようと思いました。

こんな方も受講いただけます

“おかあさん”限定ではありません

  • もちろん、おとうさんも大歓迎です!
  • これからご出産されて、おかあさん・おとうさんになる方
  • おじいちゃん・おばあちゃん
  • 学校の先生・塾の先生など、子どもの教育に関わる方
  • スポーツチームの監督・コーチなど、子どもの指導に携わる方
  • 企業で人材育成に関わる方
  • もちろん、おとうさんも大歓迎です!

子ども未来がっこう 親子クラスの3大効果

効果

1

子どもは子ども自身の“人生の台本”を持っていることを認識する

認識することで、親のイライラを軽減することができます。

効果

2

誰もが才能を持って生まれてきていることを知る

知ることで、子どもが本来持っている才能を引き出すことができるようになります。

効果

3

子どもの“人生の台本”の元となる親の声かけの注意点を理解する

子どもの『心理的限界』を取りはらう声かけができるようになります。

効果

1

子どもは子ども自身の“人生の台本”を持っていることを認識する

認識することで、親のイライラを軽減することができます。

受講料について

今回の講座では短期的に通用するノウハウではなく、長期的に活用することのできる《未来創造力》を身に付けます。

はじめは、おかあさんとお子さんで受講いただき、その後に他の方を連れて再受講される方も多数です。
おとうさん、おばあちゃん、おじいちゃん。お友だち親子とご一緒に参加される方も多いです。

生涯的な利益を考えれば、受講料は1万円、あるいは2万円でも決して高くはないでしょう。

ですが、今回の講座の受講料は8,000円(税込)にさせて頂きたいと思います。

一般価格:8,000円(税込)

無料メール講座 受講生特別価格→ 7,000円(税込)

無料メール講座 受講生&多治見開催限定価格→ 6,000円(税込)


さらに、14日間無料メール講座 受講生様には、1,000円引きの特別価格で受講いただけます。

さらに

2組以上での受講《複数割》→各500円off

2回目以降の受講 何回でも《再登校割》→1,000円off


さらに! 多治見教室は各種割引あり! 通常価格より最大3,500円引きの4,500円で受講いただけます。

《再登校割》は、他の子ども未来がっこう認定講師の親子クラスを受講済みの場合にも、適用されます。

お子さま(5歳~小学生)が二人目以降は、お一人につき1,500円で受講いただけます。

お申込みはこちら

子ども未来がっこう 親子クラス

年長さん~小学生のお子さまと保護者さまが対象です。
(年長未満は無料)


日程リクエストも受付中です。
ご都合のいい日をご相談ください。

3組以上で出張も開催します。

講座詳細

場所 多治見市内(お申込みの方へ別途ご連絡します)
持ち物 筆記用具、お飲み物(簡単なおやつが出ます)
受講料 (一般)8,000円 
(メール講座受講生限定)7,000円
(メール講座受講&多治見開催)6,000円

お子さま追加 →お一人1,500円(年長さん以上)
※年長さん未満の付き添いは無料です。
※年長さん未満で授業に参加する(教材が必要な)場合は、有料です。

2組以上での受講《複数割》→各500円off
2回目以降の受講 何回でも《再登校割》→1,000円off
お支払い方法 事前お振込となります。
定員 定員 各回5組
受講料 (一般)8,000円 
(メール講座受講生限定)7,000円
(メール講座受講&多治見開催)6,000円

お子さま追加 →お一人1,500円(年長さん以上)
※年長さん未満の付き添いは無料です。
※年長さん未満で授業に参加する(教材が必要な)場合は、有料です。

2組以上での受講《複数割》→各500円off
2回目以降の受講 何回でも《再登校割》→1,000円off

親子クラスお申込みフォーム

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

よくあるお問い合わせ

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

Q
乳幼児を連れて行ってもいいですか?
A
はい。大丈夫です。おもちゃをお持ちいただけますが、音の出るものはご遠慮ください。
Q
おかあさんのためのミニ授業だけ受講できますか?
A
約3時間の親子クラスを全部受けた方へ、修了証をお渡ししています。
全カリキュラムを受けていただくことが前提です。

ただし、学校などの講演会でミニ授業を受講された方は、授業形態によりますので、ご相談ください。

なお、再登校の場合はご自由ですので、途中からでもお気軽にご参加ください。
Q
都合が悪くなった場合は、どうすればいいですか?
A
3日前から100%のキャンセル料が発生します。
ただし、受講予定初日より6ヶ月以内であれば、キャンセル料なしでお振替がいただけます。
Q
年長さん未満の子どもも受講できますか?
A
はい。大丈夫です。
授業に参加せずに横で一緒にお話を聞くだけの場合は、5歳未満は無料です。
授業に参加される場合は、お子さまセット(授業で使う教材・休み時間のおやつ・修了証など)をお渡ししますので、お子さま追加が必要です。
Q
中学生以上の子どもも受講できますか?
A
はい。大丈夫です。ただし、中学生以上は大人料金となります。
Q
乳幼児を連れて行ってもいいですか?
A
はい。大丈夫です。おもちゃをお持ちいただけますが、音の出るものはご遠慮ください。

追伸

ここまでお読みいただき、ありがとうございます。

おかあさんは、お子さんの未来のために何をしてあげられますか?

明るい未来が想像できると、子どもたちは自分の未来に明るい希望が持てます。

教育学者のドロシー・ロー・ノルトは言いました。

認めてあげれば、子どもは自分が好きになる

まずは、おかあさんが、ありのままのお子さんを認めてあげましょう。

政治家 ・哲学者 ルキウス・アンナエウス・セネカはいいました。

難しいからやる気が出ないのではない。やる気がないから難しいのだ。

まずは、やる気です。やる気を取り戻すには、自己肯定感を高めることが必要不可欠です。



この【子ども未来がっこう 親子クラス】が、
少しでも「役に立ちそうだな」と思われたのであれば、お早めにお申込みくださいね。

最後になりますが、これだけをお伝えさせて頂いて締めとさせてください。

今までの育児の失敗は、やり直せます。

子どもの自己肯定感を高めて、自信とやる気を取り戻す方法は、この講座にあります。
あとは、あなたとお子さんがその知識やノウハウを身につけて、未来創造力を手に入れるだけです。

私はあなたたち親子の未来が明るく変わることに対して、手助けができると思います。

 

ここまでお読み頂いて、もし私のメッセージにご共感頂けたのであれば、ぜひ受講ください。

あなたと講座でお会いできることを楽しみにしています。