こうべソーシャルフォーラム

盛会に終わりました。
ありがとうございました。

こうべソーシャルフォーラム3つの特徴

  • 様々なフィールド(NPO、企業、行政、学校、個人)で活躍する19名のゲストが集結!分科会・交流会で一同に接点を持てる!
  • 社会のニーズを捉え、違う分野の人たちと連携をしながら、新たな成果を生み出すゲストから、今、そしてこれから求められる働き方、仕事のあり方のヒントが得られる!
  • 「こうべ」で活躍するプレーヤーたちから、「こうべ」の現状・課題・これからの可能性を知ることができる!
行政や企業では対応できない「当たり前ではない社会の現状」を「当たり前」にしていく取り組みとして、NPOやソーシャルビジネスへの関心が高まっています。

そして、既存の仕組みにとらわれずに事業を推進する企業や、従来の立場を超えて活動をする行政や学校の職員、フリーランスとして強みを活かしつつ多くの人や組織として連携をしている方々など、NPOに限らず様々な立場の方が「より良い地域・社会をつくる」ための動きをしています。

今回のフォーラムでは、そのような実践をしているプレーヤーをゲストにお呼びしています。参加された方がゲストの交流をすることで、今の自分の仕事のスタイルを少し変化させたり、視点を変えることで新たな可能性が広がることを期待しています。

また、こういった機会を通して「こうべ」で活躍するプレーヤーが増え、より良い地域を生み出していくきっかけにしていきたいと考えています。

こんな人に来てほしい!

  • 就職活動や就職など今までのやり方に疑問や問題意識を持っている大学生
  • 現在の仕事に不満があるorより良くしたいと考えている社会人
  • ソーシャルビジネス、社会課題解決に関心がある方
  • 神戸や兵庫をフィールドとして何かをしたいor活動されている方

開催概要

日 時:2016年10月8日(土)15〜19時
場 所:コープこうべ生活文化センター
主 催:こうべソーシャルフォーラム実行委員会
参加費:社会人2,000円 学生1,000円

STEP

1

基調講演(15:00〜)

テーマ「新たな働き方:ソーシャルでこうべを切り拓く」
本田 勝裕 氏(京都造形芸術大学教授・キャリアソリューショニスト)

STEP

2

分科会A(16:00〜)

①「企業の私とソーシャル」
・吉川 公二 氏(株式会社フェリシモ 経営企画室 広報部 部長)
・河崎 保徳 氏(ロート製薬株式会社 広報CSV推進部 部長)
・河合 誠雄 氏(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社)
モデレーター:本木 時久(コープこうべ)

②「社会福祉の源流を知る老舗団体とソーシャル」
・景山 歩 氏(生活協同組合コープこうべ)
・坂本 幸枝 氏(三木市社会福祉協議会)
・西崎 由莉 氏(神戸YMCA)
モデレーター:能島 裕介(NPO法人Brain Humanity)

③「社会問題から生まれた若手団体とソーシャル」
・前畑 温子 氏(NPO法人J-heritage)
・中山 迅一 氏(NPO法人まなびと)
・菊池 信孝 氏(NPO法人インターナショクナル)
モデレーター:小嶋 新(NPO法人しゃらく)

STEP

3

分科会B(17:00〜)

④「個人でかかわるソーシャル」
・鶴巻 耕介 氏
・高木 恵美 氏
・川人 ゆかり 氏(ローカルキャリアカフェ 代表)
モデレーター:山崎 清治(NPO法人生涯学習サポート兵庫)

⑤「教員の私とソーシャル」
・吉川 晶子 氏(百合学院高等学校)
・内平 隆之 氏(兵庫県立大学 地域創造機構 教授)
・佐伯 亮太 氏(明石工業高等専門学校 URA(特命助教))
モデレーター:塩見 優子(NPO法人JAE)

⑥「公務員の私とソーシャル」
・菅野 将志 氏(加西市 ふるさと創造部 文化・観光・スポーツ課)
・馬袋 真紀 氏(朝来市 市長公室 あさご暮らし応援課 あさご人財創生係長)
・秋田 大介 氏(神戸市 住宅都市局 計画部 計画課 計画係長)
モデレーター:松田 康之(神戸YMCA)

STEP

4

交流会(18:00〜)

パネルディスカッションでお話いただいたゲストの方と交流することが出来る場です。
※飲食代として、別途1,000円かかります。

STEP

1

基調講演(15:00〜)

テーマ「新たな働き方:ソーシャルでこうべを切り拓く」
本田 勝裕 氏(京都造形芸術大学教授・キャリアソリューショニスト)

基調講演

本田 勝裕 氏
京都造形芸術大学教授
キャリアソリューショニスト

1997年に独立。就職・起業・進学・留学など学生のキャリアデザインをテーマに大学などで講演。現在は甲南大学など4校1200人を担当。SVJU設立ボードメンバー、ポンタキャリアスタディツアー主宰。

「企業の私とソーシャル」

吉川 公二 氏
株式会社フェリシモ 経営企画室
広報部 部長

1984年に​株式会社ハイセンス(現・フェリシモ)入社。電算室・顧客サービス部を経てビジネス・デザインルーム担当。その後商品企画、チャネル開発室等を経て、2005年より現職。PR・パブリシティ、IR等を担当。

河崎 保徳 氏
ロート製薬 広報CSV推進部 部長

大阪府出身、1986年ロート製薬入社、営業・マーケティング部門長を歴任、2011年から東北復興支援室長として雄勝町漁業支援、石巻ハラル食材開発、女川町との地域健康協定など企業と地域をつなぐ新事業を次々と実施。2014年から現職。

河合 誠雄 氏
プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社

1968年カナダ・トロント生まれ。トロント大学大学院卒業後、P&Gに入社。研究開発本部 安全性薬事部を経て2012年7月よりガバメントリレーションズ シニアマネージャー。社外においても国・地域の競争力の向上と世界を舞台に活躍できる次世代の人材育成に取り組んでいる。2013年より兵庫県立大学にてグローバル・リーダー育成ユニット(現:グローバル教育ユニット)の立ち上げに関わる。

「社会福祉の源流を知る老舗団体とソーシャル」

景山 歩 氏
生活協同組合コープこうべ

大学卒業後、2002年にコープこうべ入所。宅配、店舗の現場、人材開発担当を経て、2014年より組織改革「次代コープこうべづくり」に従事。2015年11月に出産、現在は育児休職中。

坂本 幸枝 氏
三木市社会福祉協議会

1999年4月に高校生の時から始めたボランティア活動に魅力を感じ、三木市社会福祉協議会に入局。ボランティアコーディネーターとして現在に至る。 現在、1児の男児のママとして、仕事と家庭の両立の難しさと家族の支援に日々感謝を感じながら「出来ることを出来る範囲で精一杯」をモットーに住民・市民のみなさまとの出会いを大切に変化や環境に対応できる機動性をもつプラザ運営に努めています。

西崎 由莉 氏
神戸YMCA

大学在中にYMCAで青少年育成事業のボランティアとして4年努める。大学卒業後、2012年に神戸YMCA入職。現在は、太山寺児童館指導員として、地域のコーディネートを担う。「地域に根差した児童館」を目標に邁進中。

「社会問題から生まれた若手団体とソーシャル」

前畑 温子 氏
NPO法人J-heritage

産業遺産探検家。カメラと一緒に日本中の産業遺産を制覇するべく旅を重ね、日本の近代化を物語る産業遺産の価値や魅力を伝え、触れてもらうためのヘリテージツーリズムを実施。著書に『女子的産業遺産探検』。

中山 迅一 氏
NPO法人まなびと

京都大学中退後に、海外放浪を経て、小学生から高校生までの学習支援を行うNPO法人を設立。神戸市や西宮市の5ヶ所で居場所と学習支援を両立させる第三の学び場を作ることに挑戦中。

菊池 信孝 氏
NPO法人インターナショクナル

宗教やベジタリアン、アレルギーなどの理由により食べられないものがある人でも、言語や文化の違いを越えて食事を楽しむための絵文字を開発・普及。日経ソーシャルイニシアチブ大賞のクリエイティブ賞を受賞。NHK Eテレ「2020 TOKYO みんなの応援計画」出演予定。

「個人でかかわるソーシャル」

鶴巻 耕介 氏

東京で18年過ごした後、兵庫県の大学へ進学。教育系の民間企業やNPOを渡り歩き、2014年4月に神戸市北区淡河町という農村地域に移住。移住支援、茅葺き屋根の葺き替え、インターンコーディネートなど様々な仕事を並行することで生活スキルを高めていく現代版『複業』に取り組んでいる。

高木 恵美 氏

ウェブディレクター、IT会社マネージャーを経て、2009年よりフリーランスで活動。出産・子育てをきっかけに自主保育や森のようちえんの運営に関わる。2015年、淡路島へ移住。2016年、ハタラボ島協同組合を立ち上げる。

川人 ゆかり 氏
ローカルキャリアカフェ(合同会社ミラマール)代表

大阪市出身。大学卒業後、人材紹介会社にて約3年間採用支援業務に従事。世界一周を経て、現在は地域移住定住促進支援組織ローカルキャリアカフェを運営し日本全国の地域をサポートしながら、企業の採用支援事業を行っている。

「教員の私とソーシャル」

吉川 晶子 氏
百合学院高等学校

高校3年生の担任。キャリア教育、人権教育担当。学外では、みんなのサマーセミナー実行副委員長、ハーバードスタディーツアー関西代、NPO法人Colorbath理事。プライベートでの活動を学校に持ち込む公私混合の働き方がモットー。平成27年度文部科学省・優秀教職員表彰をユネスコ活動、国際交流部門で受賞。

内平 隆之 氏
兵庫県立大学 地域創造機構 教授

1974年生まれ。神戸大学自然科学研究科修了。博士(工学)。神戸大学農学部地域連携センター、兵庫県立大学環境人間学部エコ・ヒューマン地域連携センターを経て、現在、兵庫県立大学地域創造機構教授。専門は建築学をベースに地域連携のデザイン。年間400件にせまる産学官民からのよろず相談に対応しながら、実践的な地域課題解決に兵庫県を中心に地域連携で挑戦中。

佐伯 亮太 氏
明石工業高等専門学校URA(特命助教)

1988年生まれ。横浜国立大学大学院 建築都市スクールY-GSA修了。2013年より現職。地域と高専の協働コーディネート・新規科目の開設・WSファシリテーターなどを担当。現在、播磨町の団地コーポラスはりまに住みながら、住民ファーストのコミュニティを実践中。その他、DIYリノベ・地域再生等をキーワードとして様々な場作りに関わっている。

「公務員の私とソーシャル」

菅野 将志 氏
加西市 ふるさと創造部
文化・観光・スポーツ課

高校生の頃から青少年育成に携わり、NPO法人生涯学習サポートを経て加西市役所職員となる。公務員として働く傍ら、若者が活躍できる社会を目標に様々な市民活動を展開する。誰にも負けない加西愛の持ち主。

馬袋 真紀 氏
朝来市市長公室 あさご暮らし応援課
あさご人財創生係長

2005年から市民自治のまちづくりのしくみづくり、シティプロモーションなどを担当し、2016年から朝来市創生の核となる人財育成を担当。与布土地域自治協議会部会長や、起業や移住を応援する市民活動グループ「あさごぜる」副代表など、地域をフィールドに様々な活動を実践中。

秋田 大介 氏
神戸市 住宅都市局 計画部
計画課 計画係長

神戸のまちづくりにおいて、市民や同僚など多くの人を巻き込みながら将来像を描いている。関わったプロジェクトは、ミント神戸下の三宮バスターミナル、新長田の鉄人28号、阪神三宮駅東口整備、都心三宮再整備プロジェクト、1000 SMiLE Projectなど。

こうべソーシャルフォーラム実行委員会

私たちは、ソーシャルにかかわる方々の話を聞くことで、働きの多様さを知り、自分に出来ることを見つけて、形にしていただくことを夢に抱きながら、このフォーラムを準備しております。そして神戸でソーシャルなプレイヤーが増えることによって、より魅力的な街を市民自らが創りだしていくことを望みます。特に若い世代でのソーシャルなプレイヤーの増加につながり、未来の私たちのために社会をよくしていくことを目指していきたいと思います。

坂野 充

NPO法人JAE

HP

小嶋 新

NPO法人しゃらく

HP

山崎 清治

NPO法人
生涯学習サポート兵庫

HP

能島 裕介

NPO法人
Brain Humanity

HP

岩本 祥裕

神戸市
市民参画推進局

HP

武藤 紘明

神戸市
市民参画推進局

HP

本木 時久

コープこうべ

HP

圓井 秀樹

コープこうべ

HP

岩田 健二朗

コープこうべ

HP

松田 康之

神戸YMCA

HP

西崎 由莉

神戸YMCA

HP