笑顔のさきは いつか迎える大人への扉

事業所情報
特定非営利活動法人Petal
放課後等デイサービスぺたる

住所:〒651-2226
 兵庫県神戸市西区桜が丘中町3丁目2-3
     タウンセンタージョイフル1F
  電話番号:078-995-3883
  Fax 番号:078-995-3893

  管理者責任者 中塚 久代

きょうもね・・・2019.08.17 更新

💮がんばってます!!

お盆が明けて8月も後半に入りましたね。
子ども達は宿題の再確認と最後の追い込みに悪戦苦闘しながらそれぞれ大作を仕上げています😀
夏休みの初めに宿題の進捗状況がより分かりやすいように表を作りました!
もちろん、出来た!の結果が良い思い出で残る計画もあります(*'▽')
8月17日現在、1名の児童さんが宿題全部を仕上げました(≧▽≦)
コツコツ頑張る姿に担当についた職員共々たいへんよくできました💮
達成おめでとう(*^-^*)
後に続いて子ども達頑張ろうね(≧▽≦)

2019.08.09は親子イベントでした(*'▽')

初の試み、親子でランチ懇親会でした(*^-^*)
夏は毎年バーベキューイベントでしたが、今年は職員や子ども達、ご家族様も一緒に過ごす内容に変更してみましたが、子ども達も大喜でお母様方もそれぞれお話する時間がもてたことに有意義な一日となり大変うれしく思います(*^-^*)

保護者の皆様におかれましては、日頃から事業所の活動に多大なご理解とご協力をいただきまして誠にありがとうございます。
微力ではありますが、これからも支援に有益となる情報や内容をお伝え出来るように取り組んでまいりますので、お力添えいただけますよう宜しくお願い申しあげます。
                           


豊富なメニューが勢ぞろいでしたよ~(≧▽≦)

三木市にあります三木山森林公園内のレストラン、デルパパランチバイキング!!
子ども達とのお約束は、ご飯とおかずを食べること!、おかずにチャレンジしてみること!そして、デザートをいただくことでした(*^-^*)
しっかりルールを守る勉強とマナーを守ることもできたので、全員💮です(≧▽≦)

以下、少しですが様子のご紹介です(*´▽`*) あぁ~~嬉しいかぎりです(*´▽`*)

大自然の中で・・・

恒例の水あそび~(*´▽`*)

さすが!カマキリも見つけたよ😂

流しそうめんですよね( ゚Д゚)

きょうは夏休み最初のイベントーーー!
流しそうめん風~そうめんふぅ( ゚Д゚)!!

毎年、流れるもので驚きと楽しみがMAX(≧▽≦)
今年はスルメやチーズ、焼き鳥も登場( ゚Д゚)💦

子ども達は役割分担をきちんと決めてそれぞれ準備に取り掛かりました(*^-^*)

お水も漏れることなく無事に流れています💦

食材を切り、そうめんを湯がき、水の流れを確認していざスタート(≧▽≦)!!
野菜からお肉やフルーツ、お漬物やデザートまで子ども達に大人気の品物がオンパレード!

お母さん手作りのわらびもちやスイカのご寄付まで様々な食材が集まりました。
ご協力いただきありがとうございましたm(__)m

今年で3回目となる流しそうめんですが、初参加の児童さんや職員も昔から居たような勢いで上手にお箸でつかんでおりました。
毎年の苦戦は、プチトマトとわらびもち💦💦
今年はミニゼリーまで加わりなかなかの賑わいでした(*´▽`*)

水の流れに逆らいながらお箸を掬い掴むことはなかなか簡単ではありません。指先の動きだけでもすごい集中のなか、「立つ・お椀を持つ・手を動かす」と、沢山の動きが同時に入ります。
今日も子ども達は食欲を満たすため、五感を働かせて楽しく仲良く過ごすことができました。

ご協力いただきました皆さま、ありがとうございました(*^-^*)

運営規定
(事業の目的)
・特定非営利活動法人Petalの設置経営する放課後等デイサービスぺたるが行う指定放課後等デイサービス事業の適正な運営を確保するために、人員及び管理運営に関する事項を定め、事業所の従業者が、通所給付決定保護者及び障害児童に対し、適正な指定放課後等デイサービスを提供することを目的とします。 

 (運営の方針)
・事業所の従業者は、障害児童が生活能力の向上のために必要な訓練を行い、及び社会との交流を図ることができるよう、当該障害児童の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて、適切かつ効果的な指導及び訓練を行います。

・事業の実施に当たっては、都道府県、関係市町、障害福祉サービスを行う者、児童福祉施設その他の保健医療サービス又は福祉サービスを提供する者との密接な連携を図り、総合的なサービスの提供に努めます。

・事業者は、児童福祉法(昭和22年法律第164号)及び児童福祉法に基づく指定通所支援の事業の人員、設備及び運営に関する基準(平成24年厚生労働省令第15号)その他関係法令等を遵守して、事業を実施します。

(営業日及び営業時間)
・営業日   :月曜日から土曜日。ただし、国民の祝日および8月13日~8月15日、12月2 9 日 ~1月3日を除きます。


・営業時間:平日は午前9時30分から午後6時30分

     :土曜日及び休校日(長期休暇等)は午前9時から午後6時

 ・サービス提供時間
     :通常授業日は午後2時30分から午後5時30分

     :土曜日及び、休校日(長期休暇等)は午前9時30分から午後5時

(指定放課後等デイサービスの利用定員)
・当事業所における利用定員は、10人です。

(保護者から受領する費用の種類及びその額)
・指定放課後等デイサービスを提供した場合の利用料の額は、厚生労働大臣が定める基準によるものとし、当該指定放課後等デイサービスが法定代理受領サービスであるときは、各市町村が保護者の家計の負担能力等をしん酌して定める額とします。ただし、基準により算定した費用の額の1割に相当する額が低い場合には、当該相当する額となります。

・その他の費用の額は、次のとおりです。
 おやつ代 1日/50円
 昼食代  実費
 イベント参加費(内容により変動しますので、事前にお知らせにて通知します。)
 水分補給費(毎年5月から9月の期間限定で行います) 1日/10円 

費用の支払いを受けた場合は、領収証を交付します。またサービスの提供に当たっては、保護者様に対して事前にサービスの内容及び費用について文書で説明を行い、支払に同意する旨の文書に署名(記名押印)をいただきます。

(通常の事業の実施地域)
・事業の実施地域は、神戸市西区、三木市になります。

(緊急時等における対応方法)
・従業者は、指定放課後等デイサービスの提供を行っているときに障害児童の病状の急変、その他緊急事態が生じた場合は、速やかに医療機関への連絡を行う等の必要な措置を講ずるとともに、管理者に報告し対応します。

(非常災害対策)
・事業所は、非常災害に関する具体的計画を立てておくとともに、非常災害に備える為、定期的に避難、救出その他必要な訓練を行います。

(契約時の文書の交付)
・保護者様及び児童に対して、運営規程の概要、勤務体制、その他重要事項を記した文書を交付して説明を行います。
・契約締結に際しては、提供する指定放課後等デイサービスの内容、苦情受付窓口等を記載した文書を交付します。

(サービス提供の記録)
・指定放課後等デイサービスを提供した際は、その提供日、内容、実績日数、利用者負担額その他必要な事項を記録します。また、サービスの提供の完結の日から5年間保存します。

(勤務体制の確保等)
・管理者は、従業者の勤務の体制を定めるとともに、従業者の資質の向上を図るための研修の機会を次のとおり設けるものとします。

 採用時研修 採用後3か月以内
 継続研修 年1回

(衛生管理)
・従業者の清潔の保持及び健康状態について必要な管理を行うとともに、事業所の設備及び備品等について衛生的な管理に努めるものとします。

(重要事項の掲示)
・事業所の見やすい場所に運営規程の概要、勤務体制、その他重要事項を掲示

(秘密保持)
・従業者は、正当な理由なく、その業務上知り得た障害児又はその家族の秘密を第三者に漏洩しません。また、従業者であった者に業務上知り得た障害児又はその家族の秘密を保持させるために従業者でなくなった後においてもこれらの秘密を保持すべき旨を、従業者との雇用契約時に書面にて誓約しています。

(苦情解決)
・指定放課後等デイサービスの提供に対する保護者及び障害児童からの苦情に迅速かつ適切に対応するため、相談窓口の設置その他必要な措置を講じます。


(事故発生時の対応)
・障害児童に対するサービスの提供により事故が発生した場合には、速やかに県、市町、当該障害児童の家族等に対して連絡を行うとともに、必要な措置を講じます。
・当事業所は、前項の損害賠償のために損害賠償責任保険に加入しています。

(虐待の防止のための措置に関する事項)
・指定放課後等デイサービスの提供に対する障害児童の人権擁護・虐待の防止等に対応するため、責任者の設置、相談窓口の設置等苦情解決体制の整備、成年後見制度の利用支援、全ての職員に対し年1回以上障害児童の人権擁護・虐待の防止等の研修を実施する等、その他必要な措置を講じています。

事業所案内

当事業所は神戸電鉄に近い住宅地と一部商業地区が隣接した四季の移り変わりを五感で感じられる緑豊かな地域にございます。
また地域交流を主として、隣接農家をはじめ各団体との交流を図り子ども達と活動を行っております。

支援内容
*学校就学中の発達がゆっくりとしたお子さまや障がいのあるお子さまに対して、放課後や夏休み等の長期休暇を利用し、主に生活力向上に向けた活動を継続的に提供します。
また、成長する子ども達の育つ力の原動力とも言える「出来た!」を一つでも多く引き出せるような関わりを行います。 


一日の流れ

★学校登校日(放課後)の過ごし方★
13:30~  学校順次お迎え
 14:30  来所 
      来所のあいさつ
  宿題・個別療育の時間 
  室内活動など
 
15:00~  おやつの時間

  個別自由時間又は集団活動など

17:00~  後片付け・帰宅の準備   
  ことば遊び
  お帰りのあいさつ
17:30~  送迎


★学校休校日
 (土曜日・学校振替休日・春・夏・冬休みなど)の過ごし方★
 9:00~  ご自宅へお迎え
 9:30   来所
  朝のあいさつ 健康チェック
  水分摂取・休憩 

10:00~   個別又は集団活動
      学習時間
  室内活動など

12:00~  昼食
  お弁当の用意、又は自己決定によるお買い物支援

13:00~   自由時間
   室内遊び 地域交流 集団活動など
 
15:00~  おやつの時間

  おやつ終了後は各自自由時間又は、集団活動

16:30~  後片付け・帰宅の準備
  ことば遊び
  お帰りのあいさつ
17:30~  送迎

  
       ~お便りのご紹介~

      子ども達の日常やイベントを毎月のお便りでお知らせをしています
   
スタッフ紹介

職員の配置状況

法令に基づき、人員配置を行っております。
(1日定員10名)
放課後等ディサービス事業におきましては、

・管理者及び児童発達支援管理責任者1名 以上(兼務可)
・従業者(指導員又は保育士)
 2名以上  
 ※1名以上は常勤の配置が必要になります。

当事業所では、下記の通り人員配置を行い事業展開を行っております。
・管理者兼児童発達管理責任者 1名
・保育士3名  ※正規職員   
・保育士 2名  ※非常勤職員  
・指導員 3名          
・その他職員2名
            
 
※平成31年6月19日現在

こころで感じた思いを言葉で伝える事が出来れば素敵ですよね。
このように、それぞれにある個性の力で必要なときに「出来ることはできるように」なればと日々の関わりを大切にしています。
子ども達、保護者様には厳しいこともお話ししますが、共に協力のもとで支援の継続が出来れば幸いです。
40代 女性
子ども達一人ひとりの「これから」を考えた支援を、目の前の小さなことからコツコツ丁寧に取り組みます。
一緒に思いっきり笑い、時には心からぶつかり合う、そんな一瞬一瞬を大切に過ごしていきます。
20代 女性
楽しい時も苦しい時も寄り添い同じ目線に立って!をモットーに日々子ども達との毎日を楽しんでいます。
‘‘明日も皆に会いたいな♪‘‘と思えるような空間を作っていきたいです。
20代 女性
子ども達の笑顔を大切に一人ひとり「考えて出来る!」を増やせるよう、日々の関わりの中で見つけて形としていきたいと思っています。

40代 女性
一人ひとりと親身に関わり、少しの変化にも気付けるよう心がけ、子ども達の成長に関われるよう努力します。
皆が笑顔になれるような場所作りを目指します。
20代 男性
子ども達の笑顔を大切に一人ひとり「考えて出来る!」を増やせるよう、日々の関わりの中で見つけて形としていきたいと思っています。

40代 女性
自己評価結果と公表の義務及び貸借対照表の情報公表について

厚生労働省より平成29年4月から、放課後等デイサービス事業における運営基準の見直しとして、自己評価結果等公表の義務付けが始まりました。
保護者アンケート実施結果をもとに、当事業に係る自己評価結果を公表いたします。

平成30年度貸借対照表

第17回神戸市小学校社会科作品展及び理科・生活展に選ばれました
平成30年9月15日から24日まで社会科作品展はコミスタ神戸理科・生活展は青少年科学館で展示されました☺☺☺☺☺☺

小学校3年生の作品です
プラスチックが世界的に問題として取り上げられるなか、日本のごみの排出量が多いという事が証明できた良い取り組みの学習になりました

小学校2年生の作品です
平成28年秋に頂いたカブト虫の幼虫からのストーリーです
上手に写真を絵に描き替え工夫して作りました
なかなか見る事の出来ない生き物の不思議を知ることが出来ました

KWN作品展を見に行きました(*'▽')✌

第10回KOBE WEST NET作品展を見に、6月3日(月)児童さんと一緒に見学してきました。今年の作品展では、アンケートの集計をもとに表彰されるようで子ども達も選ばれると嬉しいなとのこと。どうなるのか結果が楽しみです(*'▽')

令和元年5月3日 in 兵庫県広域防災センター

防災センターの建物に入ると、事業所名が書かれていることに子ども達も真剣モードになる事が出来ました。

地震の時の対応を学びました。

地震の時のあいことばを一緒に学ぶいい機会になりました。

災害時の事を見る・知る・わかることは大事だが、実際に出来ることが一番大事とお話を聞き、印象に残りました。

これからの季節に向けて、大雨・雷・竜巻についての防災を学ばせて頂きました。
大変いいお話を聞かせて頂き、子ども達も真剣でした。

水蒸気による燻煙体験も行い、実際に地震の揺れも体験していただきました。
色々な消防車の役割も聞き、災害を最小にするために大変必要な車だと皆再確認できました。

陸上競技場のスタジアムの観覧席の下は、災害時の備蓄倉庫になっています。中を見学させて頂き、子ども達も驚きを隠せない様子でした。

終了後は担当していただいた職員さんにみんなで挨拶をしてわかれました。その後は、広場でお弁当を頂き、冠作り。クローバーとシロツメクサでかわいい作品が完成です。
 
学習と、製作、広場遊びと内容の濃い一日となりました。
 
一日を無事に終わり、ご家族の皆様はじめ、職員一同にご協力を頂き感謝でいっぱいです。

ありがとうございました。

防災訓練をしました( ;∀;)

今回の防災訓練では、先日の防災センターでのお話しや体験から、地震の時の対応について勉強しました。今は携帯電話の普及により、公衆電話を使うことがほとんどありません。しかし、いざという時に備えて公衆電話の使い方を学びに入れましたが、子ども達はなかなか上手に使うことが出来なく、皆苦戦しながら最後まで頑張って取り組み終了。
防災カードを使っての学習や実際の体験などを含めて、見る・知る・わかるは大事ですが、実際に出来るが大切であると実感できた一日となりました。

 
ー 働く女性を応援します ー

NPO法人Petalでは、育児休業制度を導入し働きやすい職場環境を目指しています。

産前休暇に入ります(*^-^*)

5月30日~産前休暇に入るS職員さん。初めての出産に備えて、5月27日から有休休暇と合わせて長期お休みに入ります。安産で無事に生まれてくれますようにと子ども達と激励会を行いました。
涙する子、胸がいっぱいで言葉につまる子、涙をこらえる子と、様々な表情を見せながら思いを伝えています。
職員一同元気な赤ちゃんが生まれてきますようにと言葉をおくりました。
Sさん、おつかれさまでした。次は赤ちゃんと一緒に会いに来てあげてくださいね(*´▽`*)


お子さまの支援について、詳しくは下記までお問い合わせください