小林製作所

まずは相談ください! 
実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

職人の極み
作る力で想いをかたちに

信頼の技術・巧の技

まずはご相談ください!
小数ロットから承ります。

半導体製造装置部品のアルミ加工

半導体関係のアルミ加工はミクロンレベルの精度と複合加工技術が特徴です。
弊社の鏡面切削加工技術や歪み抑制加工技術が活かせます。半導体ウエハーのアームは薄肉の板厚(1~3ミリ)で平面度0.03レベルが特徴。

吸着プレートは直径350ミリ、平面度0.02、多数穴(5000穴以上)の小径穴加工(0.1~0.5㎜)、面粗度Ra0.03レベルが特徴。
真空用筐体は直角度、平面度、平行度0.02レベルが特徴。他にも表面処理など複合加工技術を多数求められますが、何れも弊社のネットワークで 解決に導きます。

光学・電子部品のアルミ加工

ミクロンレベルの精度と小径穴加工が必要な小さいアルミ加工品が特徴です。弊社の微細加工技術が活かせます!
特にチャッキング(保持)し難い形状や、小さいワーク、薄肉のワークなど、試作から量産まで一貫生産が可能です。

産業用ロボットのアルミ加工

ロボット関係のアルミ加工は材質がA7075、A6061、A2024などジュラルミン系を多く使用します。

熱変形や歪みの発生など精度を維持するのが難しい材質です。世で有名なロボットには弊社のアルミ加工品が多く使用されています。
ロボット独自の構造や軽量化に配慮したアルミ加工品に関しては、設計開発段階からご相談下さい。

液晶製造装置部品のアルミ加工

液晶関係のアルミ加工は、大型プレート(最大1000×170ミリ)を中心とする平面穴あけ加工が特徴です。
弊社の鏡面切削加工技術や自社開発の治具が生かせます。
液晶フレームなど通常では敗れたり段差がつき易い広範囲のポケット加工による薄肉(0.1~0.3ミリ)の維持や細溝加工が特徴です。

医療医薬機器部品のアルミ加工

ミクロンレベルの精度と平面度、平行度、直角度が必要なアルミ加工品が多い。
弊社の高面粗度加工(鏡面加工)技術や歪み抑制加工技術が活かせます。
面粗度Ra0.05レベルの多面体、薄肉(1~2ミリ)で細溝加工(0.05~0.1ミリ)が必要なアルミ加工品が特徴。

アルミ加工品の表面処理技術

各色アルマイト処理、タフラム、テフロンコーティング、カニゼンメッキ、アロジン(ノンクローム)など多数の表面処理対応が可能です。

何れも弊社の協力企業様の技術ですが、アルミ加工を行った上で必要な情報や治工具を協力会社様に提供することでより良い表面処理技術が生まれます。
なお、表面処理技術を生かすには、アルミ加工の製造段階から打合せを行う必要がございます。

小林製作所
〒300-1217 茨城県牛久市さくら台1‐25‐1

029-872-1345
  FAX 029‐874‐2485
受付 月~土 8:00〜18:00 日祝 休み

整骨院・接骨院をお探しなら

交通事故・頭痛・坐骨神経痛・骨盤矯正・猫背矯正・四十肩、五十肩

社労士・行政書士・人材派遣をお探しなら!

助成金・ビザ・入管申請など 
株式会社ネクスト

マッサージをお探しなら!

癒やしの空間
安心価格!